• ディスキディア シェルハンギングの写真 1
  • ディスキディア シェルハンギングの写真 2
  • ディスキディア シェルハンギングの写真 3

ディスキディア シェルハンギング

♦全国お届け可能 ♦サイズ:30cm以下 ♦樹形・作り方  吊り

12月〜3月(4ヶ月間)の期間は、 植物が温度障害を起こしてしまう可能性があるため、寒冷地へのお届けはお断りをする場合がございます。

在庫
在庫あり

最短のお届け日

より可能

価格
¥ 2,800(税込)

在庫
在庫あり
数量を選択

カートに入れる

  • 夜間配送OK

    平日21時まで配送しております。東京都23区内

  • 立て札・メッセージカード無料
  • 配送前写真無料

    発送の準備ができ次第メールにてお送り致します

  • 枯れ・痛み保証

    お届けから7日以内は保証(スタンド花は除く)

  • 選べる支払い方法

    クレジットカード | 銀行振込 | コンビニ決済 | 請求書払い

    VISA | MasterCard | AMERICAN EXPRESS | JCB | Diners Club | DISCOVER
商品価格: ¥ 2,800
配送料: ¥ 0
合計金額(税込)

カートに入れる

レビュー投稿で
Amazonギフト券300円分プレゼント

※ この商品をご購入したお客様に限ります

商品説明

※シェルの大きさ、色味は個体差がございます。

〈 ディスキディアとは 〉


ディスキディアは立体的な葉が魅力的なカガイモ科の植物です。
本来は樹木に着床して成長する植物ですが、ハンギングし育てると、葉の重みで下に垂れ下がるように伸び、個性的な葉姿を楽しむ事ができます。
古葉が出にくいディスキディアは、あまり手入れのいらない管理が楽な観葉植物です。

〈 ディスキディアの原産国 〉


東南アジア、北オーストラリア

〈 ディスキディアの花言葉 〉


「平和」

〈 水やりの頻度 〉


ディスキディアは多肉質の葉に水を蓄える性質があるため、常に過湿の状態を嫌います。鉢土がしっかり乾いてからたっぷりと与えるメリハリのある水やりを心がけましょう。
置き場所の温度や湿度によって水やりの頻度が変わってきてしまうので、様子を見ながら水やりしていきましょう。

気温が下がる冬の間は、鉢土は乾かし気味に管理します。ただし、ディスキディアは空中湿度を好むため、室内の湿度が下がり過ぎないように注意してください。
対策としては、こまめに葉水を与えたり、加湿器で室内の湿度を上げたりすると良いでしょう。


〈 気を付けること 〉


夏の高温でムレると株が弱ってしまいます。風通しの良い場所で管理しましょう。
真夏の直射日光に当てると葉焼けを起こすため、カーテン越しなどの明るい半日陰に置くようにしましょう。
気温が35℃を超えると生育が鈍ります。
冬場は7℃以下にならぬように注意しましょう。適した温度は20~30℃が理想です。
葉にホコリが付着すると虫の住処になってしまいますので、定期的にホコリを拭く様にしましょう。ホコリの付着を未然に防ぐ為に霧吹きなどで葉水をかけてあげるのも効果的です。


〈 お勧めの設置場所 〉


一年を通して明るい半日陰で管理しましょう。
夏の直射日光に当てると葉焼けを起こすため、カーテン越しなどの明るい半日陰に置くようにしましょう。
頻繁にいじったり、鉢を移動させたりしないようにしましょう。
ディスキディアの葉は多肉質のため、長くなるとつるの一本一本が重くなり、移動の際にからんで葉が取れやすくなります。長く伸ばしたいのであれば、慎重に扱うようにしましょう。
エアコンの風などが直接当たってしまうと枯れてしまうことがあるため、エアコンの風が当たらない風通しの良い場所に置きましょう。


※植物の樹形や樹高には固体差があり、お写真とは多少異なることがございます。