知っておきたいマナー 花と植物を贈る

胡蝶蘭をお祝いで贈るのはいつがいい?タイミングの注意点は?

お祝いの贈り物として選ばれやすいお花の一つに胡蝶蘭がありますが、胡蝶蘭をお祝いとして贈る際にはタイミングなどのマナーに気をつける必要があります。

また、せっかく贈るのですから、胡蝶蘭がなぜ人気なのか、どんな花言葉を持っているのかなども理解しておきたいですよね。お祝い・ギフトとして胡蝶蘭が人気・定番なのには理由があります。

そこで今回は、胡蝶蘭を贈るべきタイミングのマナーについて解説していきたいと思います。

胡蝶蘭はどんなお祝い・ギフトに向いてる?

お祝いで贈るお花にはいろいろな種類がありますが、人気のものの一つに胡蝶蘭があります。では、実際のところ胡蝶蘭はどんなお祝いのシチュエーションで選ばれることが多いのでしょうか。胡蝶蘭が贈り物として選ばれるシーンは、例として以下のようなものがあります。

・開店祝い
・昇進祝い
・栄転祝い
・引越し祝い
・結婚・婚約祝い
・入学・進学祝い・卒業祝い
・誕生日
・母の日・敬老の日
・バレンタイン・ホワイトデー

このように、胡蝶蘭はお祝い・ギフトとして非常に人気が高くかつ幅広く選ばれています。清楚で上品なイメージから、特に女性には喜ばれやすいのが特徴的です。

ちなみに鉢植えの胡蝶蘭は「根付く」というイメージから、一般的にはお見舞いには選ばれません。お見舞いで贈るべき花を選ぶときは、鉢植えの胡蝶蘭はチョイスしないように気をつけてください。

胡蝶蘭 大輪 30輪~33輪  3本立ち 赤リップ
胡蝶蘭 大輪 30輪~33輪 3本立ち 赤リップ

♦30輪以上保証 ♦1本あたり10輪~11輪 ♦安心の品質保証7日間

胡蝶蘭 30輪~33輪 3本立ち 赤リップを送料無料で全国にお届けします。一般の方から法人様まで幅広いシーンでお贈りできる華やかで人気の胡蝶蘭を、立札やメッセージカード、ラッピングを無料でお付けしてご提供します。

詳しく見る

胡蝶蘭はなぜお祝いとして人気なの?

胡蝶蘭がお祝いとして人気なのは、主に位以下のような理由があります。

・ギフト用の花として通年栽培されている
・匂いや花粉による影響が少ない
・手入れしやすく長持ちもする
・花言葉や華やかな見た目から縁起が良い印象がある

まず、胡蝶蘭は通年栽培されていて、どの季節でもきれいな花を咲かせることができるため、お祝いとしては定番になっています。他の花と比べて花粉が匂いがきつくないことも、選ばれやすい理由の一つです。

さらにお手入れが簡単なこと、長持ちしやすいことも人気には強く影響しています。生花を贈る際にはお手入れがしやすい方が先方には喜ばれやすく、長持ちもしやすければきれいな見た目が保たれることで良いイメージになります。

そして、花言葉による印象が良いこともお祝いに向いている理由の一つです。胡蝶蘭の花言葉の一つに「幸福が飛んでくる」という言葉があります。まさにお祝いの気持ちを込めるには、ぴったりのギフトと言えるでしょう。

胡蝶蘭を贈るのはいつが良い?タイミングで気をつけること

胡蝶蘭を贈る際には、先方の迷惑になったり嫌な思いをさせてしまったりしないよう、まずタイミングに注意する必要があります。気をつけたいポイントを整理していきましょう。

胡蝶蘭は長持ちするため余裕を持って贈っても問題ない

前項でもお伝えしたように、胡蝶蘭は比較的長持ちしやすい花です。そのためある程度余裕を持って贈っても、「早く贈りすぎたせいで開店日には見た目が悪くなってしまった」となる心配はありません。

店の開店日・開業日やイベントなどにあわせて贈る場合は、1週間前から前日を贈るタイミングの目安にしておくと良いでしょう。逆に早すぎると先方が管理に困る可能性があるため、迷惑にならないタイミングを意識しましょう。

相手にとって忙しいタイミングは避ける

お祝いで胡蝶蘭を贈る際に、タイミングで配慮するべきことは、相手の忙しいタイミングは避けることです。特に開店祝い・開業祝いの場合、当日に贈るのはあまり好ましくありません。

当日は準備などで先方も忙しくしていることが多いため、受け取れない可能性があるためです。開店してから直接店に贈ってしまうと、店を訪れたお客さんの邪魔になることもあります。そのため基本的には前日までに贈るように手配しておきましょう。

当日に贈るべきお祝いシーンとは

胡蝶蘭をお祝いで贈る際、栄転祝いや就任祝い、昇進祝いは当日に贈るのが望ましいでしょう。ただ、これもあくまでケースバイケースです。先方の仕事の状況によっては、当日はバタバタしていて受け取れないことはありますし、前日までの方がむしろありがたいという場合もあります。

大事なのは、どのタイミングで贈れば相手の迷惑にならないのかという点です。また、就任祝いの場合は職場に直接手配してしまうと、前任者に少し嫌な思いをさせてしまうこともあります。職場に送れば良いのか自宅に送れば良いのか、そしてそれぞれの送り先の場合どのタイミングで送るのがベストなのかよく確認しておきましょう。

時間帯はいつのタイミングが一般的?

当日・前日に関わらず、時間帯の指定は午前中にするのが一般的です。

ですがこのタイミングも場合によりけりなので、先方の都合も考えて別の時間帯を指定する配慮も大事になってきます。午前中は会議・ミーティング中で対応ができないという場合もあります。

サプライズでない場合は可能な日時を聞くのもおすすめ

胡蝶蘭をお祝いで贈る場合、サプライズなどの演出を考えていない場合は、基本的には相手に送って良い日時を確認しておくのもおすすめです。その方が迷惑にならないという意味では確実です。

お祝いに生花を贈りたいことを伝えたうえで、いつのタイミングなら問題なのかを手配する前に聞いておきましょう。その際、どのくらいのサイズのものなのかをあわせて伝えておくと、相手も飾る場所をあらかじめ用意できるためより親切です。

日柄を選んで贈るのもおすすめ

なるべくなら、贈るべきタイミングとして日柄を選んでおくのが望ましいでしょう。「六曜」において、日柄が良いとされるのは「大安」や「友引」があります。

もちろんそれよりも優先すべきタイミングがあれば、日柄はそこまで気にしなくても問題はありません。たとえ「仏滅」の日だったとしても、相手がその日が都合が良いというのではあれば、相手の指定した日に贈るのが一番です。

ですがこちらである程度日柄を選べそうな場合は、気にしておいた方がより丁寧と言えるでしょう。

お祝いのタイミングを逃してしまったときは…

胡蝶蘭をお祝いで贈る際に、ちょうど良いタイミングを逃してしまった場合は、遅れてしまったことをお詫びしつつ、いつ贈って良いのか相手に都合を聞きましょう。お祝いの内容にもよりますが、表書きは1日~2日の遅れならそのままでも問題ない場合もあります。もしくは、開店祝い・開業祝いなどで胡蝶蘭を贈る場合は「祈 御発展」と表書きを変えるのもありですね。

胡蝶蘭を贈るべきタイミングを逃さないためには

お祝いで胡蝶蘭を贈るときは、タイミングを逃さないためには、早めの手配を心がけることが一番です。贈るべき日時の前日に準備をしたのでは、手配が間に合わない可能性があります。

開店祝いや就任祝い、誕生日祝いなどは贈る相手によって時期が決まっていないためなんとも言えませんが、例えば母の日や敬老の日、バレンタイン、入学祝いなど、贈り物が集中しやすい時期は特に注意が必要です。ギフトショップも注文が集中し混み合うため、特に早めに手配しておかないと希望のタイミングに届けられない可能性があります。いずれにせよ、早めの手配はしておいて損はないということです。

胡蝶蘭 大輪 30輪~33輪 3本立ち ピンク
胡蝶蘭 大輪 30輪~33輪 3本立ち ピンク

♦30輪以上保証 ♦1本あたり10輪~11輪 ♦安心の品質保証7日間

胡蝶蘭 30輪~33輪 3本立ち ピンクを送料無料で全国にお届けします。一般の方から法人様まで幅広いシーンでお贈りできる華やかで人気の胡蝶蘭を、立札やメッセージカード、ラッピングを無料でお付けしてご提供します。

詳しく見る

まとめ

胡蝶蘭はさまざまなお祝いで選ばれるため、定番の花のギフトとして知られています。お祝いで生花を贈りたいと思ったら、候補として胡蝶蘭はぜひ入れておきたいところです。上品で可憐なイメージから、胡蝶蘭をもらって喜ぶ人も非常に多いです。

HanaPrimeでは、胡蝶蘭をはじめとした花・観葉植物を全国に手配しています。胡蝶蘭を贈る際には、立て札やラッピングも無料でご利用いただけます。リーズナブルな価格での提供も行っているため、「胡蝶蘭は高そうで手が出せない…」という方にもおすすめです。ぜひ華やかな胡蝶蘭をお祝い・ギフトに選んで、大切な方へ気持ちを伝えていきましょう。

HanaPrime公式サイト】【HanaPrime公式Instagram

-知っておきたいマナー, 花と植物を贈る
-,

© 2022 HanaPrimeマガジン