お花を育てる 上手な育て方

胡蝶蘭の根腐れは何が原因?対処法と今後の対策まとめ

鉢植えの胡蝶蘭を飾るときに、注意するべきことの一つに「根腐れ」があります。根腐れとはその名の通り根の部分が腐ってしまうことを言い、根腐れを起こすと胡蝶蘭は花がしおれ、枯れることがあるため、育てる際には根腐れを防ぐことが重要になります。

また、根腐れを起こしても対策次第では、元気がなくなってしまった胡蝶蘭を復活させることもできます

そこで今回は、胡蝶蘭の根腐れについて、原因や対処法を詳しく解説していきたいと思います。

胡蝶蘭の根腐れとは?

胡蝶蘭の根腐れとは、胡蝶蘭の根の部分が腐ってしまうことを言います。根は植物にとって土から養分を吸収する大事な部分になるため、根腐れは植物にとって致命的なのは言うまでもないでしょう。胡蝶蘭の花が枯れてしまったとき、葉が傷んでしまったときは、根腐れが主な原因として考えられます。

胡蝶蘭が根腐れを起こす原因

では、胡蝶蘭はなぜ根腐れを起こしてしまうのでしょうか。根腐れの主な原因は、水をあげすぎることです。水をあげすぎると土が常に湿った状態になってしまい、それが根腐れを起こす原因になります。

胡蝶蘭の水やりの頻度はどれくらいが適切?

胡蝶蘭の水やりの頻度を誤ってしまい、水をあげすぎると根腐れの原因になります。では、胡蝶蘭にはどれくらいの頻度で水やりをすると良いのでしょうか。水やりの頻度は基本的に1週間に1回ほどが目安となります。胡蝶蘭にとって成長期となる春~夏の時期でもこの程度の水やり頻度で問題ないことがほとんどです。

また、ポイントとなるのは土の乾燥具合をチェックすることです。1週間に1回程度というのはあくまで目安の頻度なので、基本的には土の乾燥具合の様子を見ながら水をあげていくのが望ましいです。胡蝶蘭の鉢植えの土が乾燥していると思ったら水やりをする、といった頻度を意識していきましょう。ちなみに冬場などは特に水が乾きづらいため、1ヶ月に1回程度の頻度になることもあります

受け皿の水を捨てることも忘れずに

胡蝶蘭の根腐れの原因は、主に水のあげすぎですが、受け皿に水が残っていたことが原因となっている場合もあります。受け皿の水を長い間そのままにしておくと、土の部分に湿気が残ってしまいます。根腐れを防ぐためには、受け皿の水を捨てることも忘れないようにしていきましょう。

肥料のあげすぎが原因となる場合もある

胡蝶蘭が根腐れを起こす主な原因は水のあげすぎですが、他に考えられる原因としては肥料のあげすぎもあります。水は適切な量をあげているはずなのに…と思ったときは、肥料のあげ方を間違っていないかを考えてみましょう。

胡蝶蘭の育て方として肥料をあげることも大事なポイントの一つになりますが、肥料をあげすぎると養分が多すぎて逆に根腐れを起こす原因になるため注意が必要です。肥料をあげて育てる際は、胡蝶蘭の育成に適した肥料を適切な量分あげること、育ちやすい育成期にのみあげることなどを意識していきましょう。

根腐れしていると胡蝶蘭はどんな状態になる?

胡蝶蘭が根腐れしていると、その状態の悪さは胡蝶蘭の葉や花の部分に現れてきます。数日前と比べて見た目が変化してきたような…と思ったら、胡蝶蘭の根腐れを疑ってみましょう。状態の変化としては、主に以下のようなものが挙げられます。

葉にシワが出た

胡蝶蘭が根腐れを起こすと、最初は葉の状態が悪くなってきます。そのため葉の状態に変化を感じたときは、胡蝶蘭が根腐れを起こしている可能性が高いです。ちなみに葉の状態が悪くなったときは根腐れの初期の段階なので、対策すれば胡蝶蘭の状態を元に戻せることは多いです。

葉の状態の変化としては、主にシワが出たり、ツヤがなくなったりすることなどが挙げられます。葉に水分が行き届いていない証拠です。その他、茎にシワが出てくることもあります。

花が枯れた・咲かない

胡蝶蘭の根腐れが進行すると、花が咲かなくなったり枯れたりします。胡蝶蘭は通常、長持ちしやすい特徴があるため、そこまで気を遣ってお世話をしなくても花は長く咲いている状態になります。にもかかわらずすぐに枯れてしまったというときは、根腐れが原因として考えられます。

カビのような臭いがする・臭いが変わった

根腐れを起こしていると、植え込み材(土)にカビが生えることがあります。そのため急にカビ臭くなった、変な臭いがするようになった…などの変化を感じたときは、根腐れの可能性を考えましょう。特に胡蝶蘭は匂いの少ない花の一つなので、カビが生えるとそのカビ臭さは一層際立つかもしれません。

胡蝶蘭が根腐れにより傷んでしまったときは植え替えを

では、胡蝶蘭が根腐れにより傷んでしまったときはどうすれば良いのでしょうか。根腐れを起こした胡蝶蘭を復活させて、再びきれいな花の状態を楽しむためには、対処法として植え替えを実践してみましょう。

ではここからは、植え替えの方法や気をつけるべきポイントを解説していきます。胡蝶蘭は根腐れを起こして復活させたいときは、ぜひ植え替えにチャレンジしてみましょう。

胡蝶蘭の植え替えに適した時期

植え替えには適した時期があります。それは胡蝶蘭が成長しやすい時期である春ごろのタイミングです。植え替えをするなら、成長期のタイミングを見計らって春ごろにするようにしましょう。

ただ、冬や秋などに根腐れを起こして枯れてしまっているのなら、春のタイミングを待つよりも早めに植え替えを行っていくのが望ましいです。

胡蝶蘭を植え替える方法

まずは胡蝶蘭を丁寧に鉢植えの中から取り出します。いきなりグイッと引っ張ってしまうと茎や根が傷ついてしまうため、ゆっくり出すことを意識してください。そして全体を取り出したら、根腐れしている根の部分をハサミでカットしていきます。このとき使うハサミは、あらかじめ火であぶって消毒してあるものが良いでしょう。

根腐れしている根の見極め方ですが、黒ずんでいる根を目印に探していきましょう。根腐れしていない健康的な根は、白色の根をしています。また、根腐れしている状態の根はすでにかなり弱っているため、触るとすぐにグズグズに崩れることがあります。触ってみた感覚で判断するのも良いでしょう。

そして根腐れしている根をすべてハサミでカットしたら、残っている健康な状態の根に水苔を巻き付けていきます。その後は新しい鉢植えに植え替えて完了です。

植え替え後の水やり

植え替え後の水やりは、なるべくすぐに行わないようにしましょう。根腐れしている根がなくなったとはいえ、胡蝶蘭はまだ新しい植え込み材・土に適応していない状態です。そのデリケートな状態のときに水やりをしてしまうと、再び根腐れを起こす可能性があります。しばらくそのままにして、植え替えをして2週間前後で水やりを再開すると良いでしょう。

まとめ

胡蝶蘭に突然元気がなくなってしまったときは、根の部分が腐っていることが原因として考えられます。根腐れを起こすと花が咲かない、葉が乾燥するなどの症状が見られるため、胡蝶蘭の状態に違和感を覚えたときは根腐れを可能性として考えておきましょう。そして再びきれいな花を咲かせるためにも、ぜひ植え替えにもチャレンジしてみてください。

HanaPrimeでは、胡蝶蘭をはじめとしたフラワーギフト、その他にも観葉植物のグリーンギフトを数多く取り扱っています。お祝いに喜ばれる生花のギフトに、上品な見た目の胡蝶蘭は非常におすすめです。長く美しい見た目が楽しめるのも胡蝶蘭の良さの一つなので、プレゼントをお探しの際にはぜひ胡蝶蘭の鉢植えや花束などを選んでみてはいかがでしょうか。

胡蝶蘭 大輪 27輪〜30輪 3本立ち 白
胡蝶蘭 大輪 27輪〜30輪 3本立ち 白

♦27輪以上保証 ♦1本あたり9輪~10輪 ♦安心の品質保証7日間

3本立ちで30輪程度の花が咲いている姿は、見る人の心を一瞬でとらえます。華やかな印象を持ちながらも、お手軽な価格となっております(送料無料)。白色の胡蝶蘭はお祝いのギフトからお悔やみの供花までどんなシーンでもご利用いただけます。

詳しく見る

HanaPrime公式サイト】【HanaPrime公式Instagram

-お花を育てる, 上手な育て方
-,

© 2022 HanaPrimeマガジン