父の日の贈る花とメッセージのサンプルと添え方

父の日のギフトに迷ったときには、花を贈ってみませんか。

父の日にも母の日のように感謝の気持ちを込めて花を贈る風習があります。

しかし、母の日のカーネーションほどは定着していないので、花を贈るとしても、どのような花を贈ったら良いのかイメージが浮かびにくいかもしれません。

そこで、父の日に贈るおすすめの花の種類やスタイル、そしてフラワーギフトに欠かせないメッセージの添え方についても合わせてご紹介します。

\メッセージカード無料&7日間保証つき/

父の日ギフト用のお花を見る

父の日に花を贈ろう!ギフトにおすすめの花は?

父の日に花を贈ろう!ギフトにおすすめの花は?

日本では、家族への愛情や健康を願うという意味のある黄色が父の日のイメージカラーとして定着しています。

そのため、花を贈る場合にも黄色を中心とした色が用いられることが多いです。

しかし、特に黄色でなければならないというわけではなく、花のもつ花言葉やイメージから花を選んでもかまいません。

父の日のギフトによく選ばれている花と、その意味をご紹介します。

バラ

父の日にバラを贈るようになったのは、父の日を提唱したアメリカのジョン・ブルース・ドット夫人が亡くなった父へ白いバラを供えたことがルーツとされています。

アメリカでは、存命中の父親には赤いバラを、亡くなった父親には白いバラを贈るのが風習です。

しかし、日本では「日本ファーザーズ・デイ委員会」が黄色をイメージカラーとして父の日を普及させる「イエローリボンキャンペーン」を行いました。

これがきっかけで、バラの中でも黄色のバラを贈るという日本独自の風習が生まれています

黄色のバラ以外にも、「誇り」や「信頼」を意味するオレンジ色のバラもおすすめです。複数の色を組み合わせても良いでしょう。

花束 ローズブーケ カップバラ30本  #688 size:100 YEL

花束 ローズブーケ カップバラ30本 #688 size:100 YEL

花束 ローズブーケ バラ30本 #688 size:100をお祝いやプレゼント用に無料のメッセージカード付きで最短当日に出荷します。明るく優しさにあふれるイエローバラの花束で気持ちを晴れやかにお部屋を華やかに彩ります。

詳しく見る

ひまわり

黄色で元気よく花を咲かせるひまわりも、父の日のギフトによく用いられます。

ひまわりには「憧れ」「尊敬」という意味がある上、太陽のような明るさも持ち合わせていること、そして親しみやすい花であることから、気軽に贈れる花として人気です。

父の日向けのフラワーギフトには、ひまわりのアレンジも数多く見つかります。

お父さんに元気をあげたいという人は、ひまわりを選んでみてはいかがでしょうか。

ガーベラ

黄色系の色をはじめ、カラフルな花が華やかなガーベラは、「希望」「前進」などの花言葉があり、父の日に贈るにもふさわしい花です。元気を与えてくれるような明るさがあることからも人気があります。

また、ガーベラは単品はもちろん、他の花々との組み合わせも映える花です。

花束やアレンジメントに取り入れるのにもおすすめします。ガーベラはどの色を選んでもOKです。

胡蝶蘭

胡蝶蘭の中でも、ミディ胡蝶蘭という小さな胡蝶蘭がよく父の日のギフトに選ばれています

胡蝶蘭といえば白で、開店祝いなどで並んでいる大きな鉢植えのイメージが強いかもしれませんが、ミディ胡蝶蘭という小型の胡蝶蘭もあります。

黄色やオレンジなどの父の日のイメージカラーのものも揃っており、大きなものに比べると価格も手が届きやすいでしょう。サイズもテーブルや棚に飾るのにぴったりです。

また、生花の中でも水やりなどの手入れの手間は少なく、長く楽しめるという点でもおすすめの花と言えます。

ミディ胡蝶蘭 3本立ち フォーチュン・ザルツマン

ミディ胡蝶蘭 3本立ち フォーチュン・ザルツマン

ミディ胡蝶蘭 3本立ち フォーチュン・ザルツマンを送料無料で全国にお届けします。一般の方から法人様まで幅広いシーンでお贈りできる華やかで人気の胡蝶蘭を、立札やメッセージカード、ラッピングを無料でお付けしてご提供します。

詳しく見る

父の日のフラワーギフトはどのスタイルで選ぶ?

花を贈るというと、アレンジメントや花束をイメージする人も多いかもしれませんが、フラワーギフトには鉢植えやプリザーブドフラワーなども揃っています。

そこで、どのスタイルで花を贈ると喜ばれるのか、選び方のポイントをご紹介します。

定番はアレンジメント・花束

父の日のフラワーギフトは、アレンジメントや花束が定番です。

直接手渡しするシーンには花束が華やかですが、もらったあとは花瓶に生ける必要があります。

お花好きな人にとっては自由な楽しみ方ができますが、あまり花の扱いに慣れていないお父さんに贈るなら、そのまま飾れるように作られている花束かアレンジメントの方をおすすめします。

育てる楽しみを贈るなら鉢植え

逆に、花に慣れておりガーデニングにも興味があるお父さんに贈るなら鉢植えを選んでも良いでしょう。鉢植えなら、花束やフラワーアレンジメントよりも長い期間花の美しさを楽しむことができます。

最近では花だけでなくブルーベリーやレモンなど、実のなる鉢植えも父の日のギフトとして選ばれるようになってきていますので、こちらも検討してみてはいかがでしょうか。

枯れないプリザーブドフラワーもあり

また、生花ではなくプリザーブドフラワーを選ぶという方法もあります。

水やりなどの世話は不要で枯れずにずっと美しい姿を楽しむことができるので、雑貨感覚で贈ることができることがメリットです。

父の日のギフトにはメッセージを忘れずに

父の日のギフトにはメッセージを忘れずに

父の日にお花を贈る際に欠かせないのがメッセージカードです。

実は、父親が父の日のプレゼントに望んでいるものの上位には、感謝の言葉がランクインしています。せっかくの機会ですので、素敵なメッセージとともにフラワーギフトを贈りましょう。

メッセージに書く内容

父の日の花に添えるメッセージには決まったフォーマットはありませんので、自分らしい自然な文体で書いて構いません

日頃直接伝えることが気恥ずかしい感謝の言葉も、メッセージカードなら難しくありませんので、ぜひこの機会に思いを込めてみてください。

たとえば、自分の実父に贈るなら、

  • 「お父さんありがとう。いつまでも元気でいてください」
  • 「大好きなお父さんへ。感謝の気持ちを込めて贈ります」
  • 「お父さんにはいつも感謝しています。ありがとう」

など、感謝の言葉と愛情や気遣いを伝えるメッセージを添えるのがおすすめです。

義父に贈るなら、

  • 「お父さん、いつもお力添えをいただきありがとうございます。いつまでもお元気でいてくださいね」
  • 「お父様のお心遣いにはいつも感謝しております。今後ともよろしくお願いいたします」

など、少し改まった感じの丁寧なメッセージにすると良いでしょう。義父の場合も、「お父さん」「お父様」などと表記します。

メッセージの添え方

メッセージカードは、フラワーショップで申し込みをする際に一緒に手配するケースがほとんどです。

多くのショップでカードのデザインなどが選べるようになっているので、お父さんのキャラクターやメッセージの内容のイメージにあったカードを贈ることができるでしょう。

ショップによっては、配送の場合でも持ち込みのメッセージカードをギフトに添えて贈ることができる場合もあります。自筆や自作のメッセージカードを贈りたいなどのこだわりのある人は、事前に問い合わせをして対応可能かどうか確認しておきましょう

インターネットで申し込む場合には、注文時にカードの種類を選んだり、メッセージを入力する画面が用意されていたりするのが一般的です。

字数制限が設けられている場合があるので、あらかじめどんなメッセージを添えるか考えておくことをおすすめします。

まとめ

父の日のギフトに花を贈るというと少し照れ臭いと感じる人もいるかもしれませんが、花は感謝の気持ちをダイレクトに伝えることができる素敵なギフトです。

今年は父の日にぜひ花と心を込めたメッセージを贈ってみてはいかがでしょうか。

父の日に花を贈るなら、ぜひHanaPrimeをご利用ください。父の日にぴったりの黄色のバラやひまわり、ガーベラなどを使用した花束などを取り揃えております

全国各地へ配送可能で、ラッピングやメッセージカードもご用意していますので、お気軽にお問い合わせください。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES