プロポーズを早くしたいけど、早すぎると失敗する?

「プロポーズを早くしたいけど早すぎる?」「付き合って何年目にするべき?」と、プロポーズをするタイミングに悩んでいる方は少なくありません。

プロポーズが早すぎると、相手の気持ちの準備が出来ておらず、断られてしまう可能性もあるからです。

この記事では、プロポーズをする前に解消しておきたい不安や、準備が整っていない相手への対応について解説します。

意中の相手に早めにプロポーズをしたい男性は、ぜひ参考にしてみてください。

HanaPrimeでは、プロポーズにぴったりの花束を多数取りそろえています。

\バラの花束で成功率アップ/

プロポーズに贈るバラの花束を見る

プロポーズまでの期間は?2年以内が一つの目安

交際が始まってからプロポーズするまでの期間は、2年以内が一つの目安とされています。

交際を始めて半年後くらいから結婚を意識しはじめ、1年過ぎたころからプロポーズを検討する方が多いからです。

最初から結婚前提のお見合いでの交際スタートでは、1年以内にプロポーズする方も少なくありません。

逆に、学生の頃からの長い付き合いだと、プロポーズを焦らず年数をかける方もいます。

しかし、社会人の交際では、付き合い始めから結婚が頭の片隅にある方も多いため、2年以内でプロポーズするケースも少なくないです。

プロポーズを早くする前に事前に相手の不安を消しておく事が大切

プロポーズを早くする前に事前に相手の不安を消しておく事が大切

プロポーズを早くする前に、事前に相手の不安を消しておく事が大切なので、焦らないようにしましょう。

相手の気持ちに少しでも結婚への不安があると、プロポーズを断られる可能性が高まるからです。

どのような不安を解消しておくべきかは、次の5つが挙げられます。

  1. 経済的な不安
  2. 仕事や将来への不安
  3. どのような家庭を作りたいか
  4. 相手の結婚願望
  5. 女性が束縛されたくないタイプかどうか

それぞれ順番に解説します。

① 経済的な不安を解消する

プロポーズをする前に、経済的な不安を解消しておきましょう。

彼女はあなたの年収や支出、貯蓄に不安があるかもしれません。

一般的な平均年収より低かったり、貯蓄をあまりしていないようだと、結婚しても経済的に大変なのではと思われてしまいます。

借金がある場合も、結婚生活に返済が重くのしかかってくるのではと、不安にさせてしまうでしょう。

いざ結婚となれば挙式や新婚旅行、結婚指輪や妊娠出産費用など、まとまったお金が必要となります。

そのため、節約や収入アップ、借入金の早期返済により、経済面での不安をなくしていくことが大切です。

それ以外にも、将来のために貯蓄を始めたり、年収を上げるために資格取得の勉強をしているなど、前向きに努力していることがあれば伝えてみましょう。

② 仕事や将来への不安を解消する

経済的な不安だけでなく、仕事や将来への不安を解消しておくことも大切です。

派遣社員や期間労働、アルバイトなどで将来が不安定な状態だと、相手は結婚後に安定した生活を送れるか不安になります。

昇進や昇給しにくい職種だと、ふたりの生活だけでなく、将来子どもが生まれたときに育てられるかも心配になるでしょう。

幸せな結婚生活を送っているお手本となる先輩がいたら、一緒に会ってみたり生活の様子を伺ってみると不安解消につながります。

仕事も含めた将来の生活設計を一緒に考えたり、ファイナンシャルプランナーやキャリアプランナーに相談してみるのもいいでしょう。

将来の展望が明るいものであれば、相手も結婚へ踏み切りやすくなるはずです。

③ どのような家庭を作りたいかを一致させておく

どのような家庭を作りたいか、ふたりの間で考えを一致させておくことも、結婚に対する不安の解消につながります。

相手が結婚によるライフスタイルの変化に対して、不安を感じているかもしれないからです。

結婚後も仕事を続けたいと考えているなら、転勤の可否も気になるでしょう。

結婚したらすぐに子どもが欲しいのか、しばらくはふたりの生活を楽しみたいのかでも考えが異なります。

相手が共働きをするにしても、専業主婦になるにしても、二人の意見の一致が大切です。

家族や友人など周りの家庭環境や、テレビドラマなどを例に挙げて、どう思うか聞いてみると家庭に対する考えが分かります。

自分の考えと違う場合は、話をする機会を設けて議論を交わし、お互いの意見や考えをすり合わせることで、ふたりで築く家庭のイメージを一致させましょう。

④ 相手の結婚願望を把握する

プロポーズをする前に、そもそも相手に結婚願望があるかも把握しておく必要があります。

相手は、まだ結婚したくないと思っているかもしれません。

お付き合いをしていても、恋愛の先に結婚をイメージしていないこともありえます。

交際相手がいないと寂しいという理由で、遊び相手として付き合っている可能性もないとはいえません。

現状の生活が安定していたら、結婚適齢期を過ぎていても、それほど結婚を焦っていない可能性もあります。

ストレートに、結婚願望があるか聞いてみるのもありです。

結婚願望があるかないかが把握できれば、結婚できる可能性や脈のありなしが分かり、次の行動に移りやすくなります。

⑤ 女性が束縛されたくないタイプだったら危険

相手が極端に束縛されたくないタイプだと、プロポーズを断られる可能性が高まります。

束縛を嫌うタイプは、結婚すると自由が減ったり自分の行動を制限されるかもと考えてしまうからです。

束縛を嫌うタイプには、次のような特徴があります。

  • 一人の時間を大切にする
  • 一人での行動が多い
  • マイペース
  • 自分の気持ちが優先

逆に、相手を頼りたがる依存型のタイプなら、プロポーズの成功率はアップするでしょう。

依存型のタイプには、次のような特徴があります。

  • 意見を聞いてくる
  • 常に連絡を取りたがる
  • 自分の予定に合わせてくれる

プロポーズをする前に、相手がどのようなタイプかも考えてみるといいでしょう。

プロポーズする前に同棲についてどう考えるか話してみるのがおすすめ

結婚に対して前向きに考えているかを知るには、プロポーズをする前に、同棲について話してみるのがおすすめです。

同棲に否定的な相手の場合は、早めにプロポーズしても成功率が低いかもしれません。

交際自体は楽しくても、結婚までは考えていない可能性があるからです。

逆に、同棲に前向きな場合は、後日改めてプロポーズをしましょう。

プロポーズには、言葉だけでなく指輪や花束があると、彼女も気持ちが高まります

婚約指輪はデザインの好みやサイズもあるため、後から婚約指輪に加工できるプロポーズリングがおすすめです。

花束は、プロポーズの意味を持つ本数のバラを用意すると、相手に真剣な気持ちが伝わります。

108本は「結婚してください」、12本は「わたしの妻になってください」という意味があり、プロポーズにおすすめです。

プロポーズへの準備が整っていない彼女への対応

プロポーズへの準備が整っていない彼女への対応

プロポーズを受ける準備がまだ整っていない相手なら、次の3つを心がけてプロポーズできるタイミングを待ちましょう。

  1. 焦らずに関係構築に時間をかける
  2. プロポーズする準備を進めておく
  3. ダメそうなら結婚カウンセラーに相談する

具体的に何をしていったらいいのか、解説します。

① 焦らずに関係構築に時間をかける

プロポーズを成功させるためには、焦らずに彼女との関係構築に時間をかけましょう

彼女が、「あなたと結婚したい」「もっと一緒にいたい」と思ってくれるように、相手のことを思いやり絆を深める努力をすることが大切です。

彼女が現状のままで満足していたり、あなたとの将来をまったくイメージしていなかったら、プロポーズしても成功する確率は低いでしょう。

将来の夢を語り合うことで、ふたりの結婚生活をイメージしやすくなります。

相手のことを気遣ったり、感謝の気持ちを伝えるだけでも、あなたが彼女を大切にしている気持ちが伝わるでしょう。

相手が自然と結婚を意識するように、一つずつ行動していくことが大切です。

② プロポーズする準備を進めておく

結婚に向けた関係構築を行いながら、プロポーズする準備も進めておきましょう。

プロポーズは、タイミングも大事です。

彼女が結婚を前向きに考えてくれていると感じたら、すぐにプロポーズできるように準備しておくと、慌てて失敗せずにすみます。

まずは、プロポーズをどこでするのか、場所を選んで下見をしておくと安心です。

プロポーズの言葉も、あらかじめ決めておけば、スムーズに言えるでしょう。

婚約指輪も探すのに時間がかかるため、あらかじめ探し始めておくことも必要です。

指輪の好みやサイズが分からない場合は、後で婚約指輪に加工できるプロポーズリングや、指輪にはめるダイヤモンドのみを用意するのもおすすめです。

さらに、プロポーズの時に花束があると、よりロマンティックな雰囲気になります。

花束を購入する花屋や、どんな花束にするかも決めておくと、注文もスムーズにできて慌てることがないでしょう。

プロポーズにおすすめの花束を探す

③ ダメそうなら結婚カウンセラーに相談する

自分ではどうにもできない、どうしたらいいか分からないと感じたら、結婚カウンセラーに相談するのも一つの方法でしょう。

当事者同士では分からなかった問題が、第三者の専門家の意見を聞くことで、解決するケースもあるからです。

家族や友人は、どうしてもどちらかの味方になってしまい、客観的に判断できません。

数多くの事例や知見を知っている専門家に、客観的かつ総合的に判断してもらい、的確な意見をもらうのも重要です。

プロポーズを早くしたい方のよくある質問

最後に、プロポーズを早くしたい方のよくある質問に、答えていきます。

プロポーズを早くするのに最も重要なこととは?

プロポーズを早くするのに最も重要なことは、彼女の結婚に対する不安要因をなくし、心の準備を整えてあげることです。

ふたりの将来に対して不安があったり、結婚への前向きな気持ちがなければ、プロポーズを断られてしまう可能性が高いでしょう。

早い段階で家族や友人に紹介したり、普段から将来の話をし合っていれば、長く交際を続けなくてもプロポーズをOKしてもらいやすくなります。

彼女のプロポーズOKの前兆はどうやって知る?

彼女のプロポーズOKの前兆を知るには、ふたりの関係性や将来のことについて、それとなく聞いてみるのがおすすめです。

前向きな意見が聞けたら、プロポーズをOKしてくれる確率が高まります。

「一緒にいると落ち着くね」と言った時に、彼女から肯定的な言葉が出れば、結婚後の生活を想像してくれているかもしれません。

デート中に幸せそうな家族を見つけたら、「幸せそうだね」「あんな家族に憧れるよね」など、会話を投げかけてみるのもいいでしょう。

あなたとの結婚を意識していれば、プロポーズをOKしてくれそうな言葉や態度を示してくれるはずです。

プロポーズは遅くてもいつまでやるべき?

プロポーズは、交際スタートから2年~3年以内にする方が多いため、そのくらいの期間を目安にするといいでしょう。

とはいえ、5年、10年と長く交際の後で結婚するカップルもあるので、一概には言えません。

しかし、あまり期間を置いてしまうと彼女の気持ちが離れてしまったり、結婚したい気持ちが薄れてしまったりする可能性もあります。

仕事の都合などで、結婚までに時間が必要な時は、プレプロポーズもおすすめです。

「〇〇までにはプロポーズしたいと思っている。それまで待っていてくれるかな」と、結婚の意志を伝えておけば、相手も安心して待てるでしょう。

約束の証となるアクセサリーを一緒にプレゼントすることで、あなたに対する信頼感も高まります。

プロポーズを早くしたいなら問題を一つずつ解決しよう!

プロポーズを早くしたいなら問題を一つずつ解決しよう!

結婚を意識し出したら、早くプロポーズしたくなるのは当然です。

しかし、彼女が結婚に対して不安を感じていたり、心の準備が整っていない状態では、プロポーズを断られる可能性が高いでしょう。

まだ早いと感じたら、焦らずにプロポーズの準備をしながら、ふたりの絆を深めてタイミングを待つことも大切です。

問題を一つずつ解決し、彼女が結婚に前向きでいてくれると感じたら、意を決してプロポーズしましょう。

プロポーズには定番のバラの花束がおすすめですので、準備しておくと相手に気持ちを伝えやすいです。
HanaPrimeでは、プロポーズ用のバラの花束を多数取りそろえているので、ぜひチェックしてみてください。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES