お花をプレゼントしたいけど買うのが恥ずかしい!原因と対策を解説

お花は贈られて喜ぶ人が多いことから、幅広い年代の人へのプレゼントに最適です。

しかし、慣れていないと「お花選びが難しい」「プレゼントしたいけど、買うのが恥ずかしい」と諦める人もいるかもしれません。

本記事では、お花をプレゼントするメリットや喜ばれるお花のプレゼント方法について紹介します。

大切な方へのプレゼントを考えている方やお花の贈り方で悩んでいる方はぜひ最後まで確認してみてください。

HanaPrimeでは用途にぴったりのフラワーギフトを取り揃えております。

\お花を買うのが恥ずかしい人におすすめ/

プレゼント向けのお花を探す

お花をプレゼントするのが恥ずかしい人は損している?

お花は多くの人から喜ばれる定番ギフトです。

誕生日や記念日など、私たちの身近ではお花をプレゼントする機会がたくさんあります。

しかし、お花をプレゼントしようと思っても「そんなタイプじゃない」「お花屋さんに行くのが億劫」と思う人もいるでしょう。

お花以外のものをプレゼントした場合、下記のようなデメリットも考えられます。

  • 形が残るプレゼントの場合、相手の精神的な負荷になってしまうことがある
  • 相手の好みでないプレゼントの可能性がある
  • 文房具や食器など実用的すぎるものは相手への気持ちが伝わりにくい場合がある

お花は相手への負担が少なく、万人に好かれやすいのでプレゼントにぴったりです。

お花のプレゼントをしたいけど恥ずかしい3つの理由と対策

お花を贈ろうと考える人の中には、買いに行くのが恥ずかしいとためらう人がいるかもしれません。

下記では、お花をプレゼントするのが恥ずかしいと思う理由と対策をあげました。

花束の通販

① 花束を購入&渡すまでが恥ずかしい

お花をプレゼントすることに慣れていない人にとって、購入から渡すまでの間も人目が気になるかもしれません。

大切な記念日だから、花も一緒にプレゼントしたいという人は実は多いです。

そういった場合は、花を手渡すのではなく、贈る方法がベストです。

花専門のECサイトで日付指定して贈るのがおすすめです。

花束の通販

② お花をプレゼントする経験がなくて不安

初めてお花をプレゼントする場合、お花の選び方が分からないかもしれません。

誰でも初めてのことはためらいますし、お花をプレゼントして喜んでもらえなかったらと思うと不安になるものです。

しかし、何度かお花を贈ると次第に慣れてきます。

恥ずかしくて店員とうまく話せない人は、オンラインショップで注文するのもおすすめです。

③ 感情表現が苦手でお花を贈るのを躊躇する

お花を贈るとあからさまに感情が伝わって気恥ずかしいと考える人もいるのではないでしょうか。

また、そんな自分がお花を贈ったら、相手に嫌悪感を与えないか不安な気持ちもあるでしょう。

しかし、逆に感情表現が苦手な人だからこそお花をプレゼントするのがおすすめです。

お花であれば、緊張で言葉がでてこなくても花言葉メッセージカードで自分の気持ちを伝えることができます。

さらに、直接渡すのも恥ずかしい場合は郵送サービスを活用しても良いでしょう。

メッセージカード無料/

お花の購入が恥ずかしくて躊躇する3つの理由と対策

いざお花をプレゼントすることに決めても、お花屋さんに行くのが恥ずかしいと感じる人もいるでしょう。

下記ではお花を贈ろうと考えている人へ向けて、購入を躊躇する理由とその対策を紹介しています。

① お花屋さんは女性が多く人目が気になる

「花屋=女性客が多い」というイメージが強い方もいるかもしれません。

実際にそういうケースもありますが、女性客の中に男性が一人だけだと、緊張する方もいるはずです。

その場合は早朝や夜遅くなど、人の少ない時間帯に来店すると落ち着いて商品を選べます。

また、ネットショップなら周りを気にせずじっくり考えてお花を購入できるでしょう。

\大切な人にお花を贈ろう/

② お花の種類や相場など選び方が分からない

初めてお花をプレゼントする場合、お花の種類や相場が分からず戸惑うこともあるはずです。

そんな方に向けて、お花の相場と注文するときのポイントを紹介します。

ざっくりと予算を知っていると、安心してお花を注文できるでしょう。

用途予算
プチギフトとして1,000~3,000円
記念日などに5,000~10,000円
プロポーズ10,000~20,000円

HanaPrimeでは予算や用途に合わせ人気のフラワーギフトを選べるのが魅力です。

用途にぴったりの花束を選ぶ

また、店員に花束やフラワーアレンジメントを注文するときは下記のポイントを伝えるとスムーズに購入できます。

  • 予算
  • 大きさ
  • 希望の色(相手の好きな色がわかっている場合は好きな色)
  • 用途(記念日やプロポーズなど)

③ お花の注文方法やラッピングなどが分からない

お花を贈ったことがない人にとって、購入する際に戸惑うことは多いでしょう。

「注文方法が分からない」「ラッピングはどうしたら良いの?」といった疑問はつきものです。

もし分からないことがあれば店員に聞いたり、ネットショップなら問い合わせると良いでしょう。

そうすることで、注文がスムーズに済みます。

また、店員は相談されることに慣れているので、用途や相手にぴったりのラッピングを提案してくれるでしょう。

恥ずかしさを克服してお花をプレゼントする3つのメリット

色々考えてお花をプレゼントしても、「万が一喜んでもらえなかったら」と思うと不安になるかもしれません。

しかし、恥ずかしさを克服してお花を贈るメリットもあります。

花束の通販

① お花は言葉よりも手軽に気持ちを伝えられる

お花は花言葉で選び、メッセージカードをつけることで、言葉よりも手軽に気持ちを伝えられるプレゼントになります。

恥ずかしくて気持ちを伝えるのを躊躇してしまう人は、伝えたい気持ちの花言葉の花を選ぶと相手に想いが伝わりやすいでしょう。

また、緊張しやすい人はメッセージカードにあらかじめ気持ちを書いておくことで言いそびれることがなくなります。

恥ずかしがり屋の人や緊張しやすい人ほど、お花のプレゼントがおすすめです。

② お花をもらって喜ばない人はいない

お花はプレゼントの定番とされ、老若男女問わず多くの人から愛されています。

また、部屋に飾ることで花を見るたびにあなたのことを思い出してくれるのも魅力の1つです。

もし、相手がお花を好きかわからない場合は、事前に相手にさりげなく聞いておくようにしましょう。

花屋の前を通ったり、飾ってある花を見たときに話題にすると、自然に聞くことができます。

③ 他に比べて安くてコスパ最高のプレゼント

お花は相手との関係性や渡す場面によって内容を柔軟に変えられるため、プレゼント選びで悩んでいる人にはおすすめです。

たとえば、男性が恋人の女性にブランドのジュエリーをプレゼントする場合を考えてみます。

ブランドや相手の年齢にもよりますが、もしネックレスを贈るなら予算は約1~5万円するでしょう。

一方、お花をプレゼントするなら1輪から購入でき、高価な花束やアレンジメントでも1万円ほどです。

また、男性が出会って間もない女性とのデートでプレゼントをするなら、食べ物やボディケア用品、お花が定番にあがります。

しかし、相手の好みがわからない場合、食べ物やボディケア用品を選ぶのは難しいでしょう。

その点、お花は価格もリーズナブルで相手の好みがわからなくても花言葉や相手の雰囲気で選ぶことができます。

恥ずかしがりやの人向け|喜ばれるお花のプレゼント方法

お花を贈った経験が少ない人にとって、花束やフラワーアレンジメントを選ぶのはハードルが高いかもしれません。

初めてのことに挑戦するのと同じように、お花をプレゼントするのも始めの数回は緊張するものです。

そこで「お花を贈るのに躊躇してしまう」「失敗したくない」という人に向けて、喜ばれるお花のプレゼント方法を紹介します。

大きすぎないサイズ感の花束を贈る

お花を贈るときは、用途やイベントに合ったサイズ感のものを選ぶようにしましょう。

出会って間もない人に両手で抱えるほど大きな花束を渡したら、相手は困惑してしまいます。

「重たい」と思われ、せっかくの気持ちが台無しになってしまう可能性もあるでしょう。

また、公共交通機関を使って来ている相手の場合、持ち運びなども考慮する必要があります。

花束やフラワーアレンジメントを選ぶときには、相手との関係性や受け取る人の気持ち、渡すシーンを考えてサイズを決めることが大切です。

メッセージカードを添えて気持ちを伝える

せっかくお花を贈るなら、メッセージカードを添えるとより相手に気持ちが伝わります。

普段恥ずかしくて伝えられない言葉もメッセージカードなら、伝えやすいでしょう。

何を書いていいかわからない方に向けて、例文を用意しました。

メッセージに悩んだときは参考にしてみてください。

メッセージカードの文例

  • (恋人への誕生日プレゼントに)誕生日おめでとう!いつも○○(名前)の優しいところに助けられています。ありがとう!これからもよろしくね。
  • 結婚記念日に奥様へのプレゼントに)今年で結婚して〇年だね。苦しいときも、楽しいときもいつもそばにいてくれてありがとう。とても感謝しています。これからもよろしくお願いします。
  • (プロポーズのプレゼントに)いつも笑顔で明るい○○(名前)と一緒にいると、自然と笑顔になっている自分がいました。世界で一番幸せにします。結婚してください。

プレゼントにぴったりの花束を探す

恥ずかしくないお花の渡し方のコツ

お花をプレゼントし慣れない人にとって、渡す瞬間が一番緊張するでしょう。

しかし、緊張しすぎると相手にも伝わり、ぎこちない雰囲気になってしまいます。

せっかくなら、スマートにお花を渡し相手に良い印象を与えたいものです。

そこで「お花を直接渡すのが恥ずかしい」「緊張しやすい」という人に向けて、渡すときのコツを下記にまとめました。

お花を渡すときのコツ

  • 自然な笑顔で渡す。緊張しやすい場合は事前に鏡の前で笑顔の練習をする。
  • 人目が気になる場合は、自宅やレストランの個室で渡す。
  • 相手の顔色を気にしすぎず、笑顔を意識する。
  • ありがとう」など、日頃の気持ちを伝えながらお花を渡す。
  • 花言葉でお花を選んだ場合は、花言葉の意味を伝える。

「直接渡すと赤面してしまう」という人は、ネットショップでの購入を検討してみても良いでしょう。

ネットショップを利用してお花を贈る

恥ずかしがり屋の人が花をプレゼントする際のよくある質問

恥ずかしがり屋の人にとって、花屋の店員との会話やネットショップの問い合わせは億劫かもしれません。

「こんなことを聞いたら変に思われないか」と不安になることもあるでしょう。

下記に、お花を購入するときよくある質問をまとめました。

お花をプレゼントするか悩んだら、ぜひ参考にしてみてください。

男性がお花をプレゼントするのは変ですか?

男性からお花をプレゼントされて喜ぶ女性は多いでしょう。

たとえば、記念日やプロポーズなど男性から女性にお花をプレゼントする場面はよくあります。

自分のために考えてお花を選んでくれたことに女性は喜びを感じるはずです。

「自分がお花をプレゼントするのは柄じゃない」と思っていている方も、勇気をもってプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

初めてのお花プレゼントにおすすめのお花は?

初めてお花をプレゼントするなら、定番のお花や相手の好きな色の花や伝えたい気持ちの花言葉をもつお花を選ぶのがおすすめです。

相手の好きな色のお花をプレゼントすれば「自分の好きな色を覚えていてくれたこと」に相手は嬉しくなるでしょう。

また、花選びで悩んだら花言葉からお花を選べば迷うことが少なく、渡す相手にも気持ちが伝わります。

どんな機会にお花を贈るのがいい?

お花をプレゼントする機会はたくさんあります。

たとえば、誕生日や記念日、プロポーズ、初めてデートをするときなど、お花をプレゼントする場面は多いものです。

人生の節目にお花を贈ることで、相手の記憶にも深く残るでしょう。

恥ずかしくても思い切ってお花をプレゼントしよう!

お花をプレゼントする経験が少ないと、恥ずかしかったり戸惑うこともあるでしょう。

しかし、相手を想って選んだお花のプレゼントはきっと相手の心をつかみます。

また、お花は大切な人との思い出に彩りを与えてくれる存在です。

恥ずかしくても、思い切ってお花をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。


胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES