観葉植物 シェフレラ・アンガスティフォリア 曲がり(8号鉢)の写真1枚目
観葉植物 シェフレラ・アンガスティフォリア 曲がり(8号鉢)の写真2枚目
観葉植物 シェフレラ・アンガスティフォリア 曲がり(8号鉢)の写真3枚目

 

全国お届け

観葉植物 シェフレラ・アンガスティフォリア 曲がり(8号鉢)

♦全国お届け可能 ♦サイズ:120cm前後 ♦樹形や作り方 曲がり

価格
¥ 12,100(税込)

在庫
オーダー商品

北海道・東北・山岳地帯へのお届けにつきましては、寒さの影響によりお花の劣化、凍傷の発生が予想されます。 冬期期間中の寒冷地へのお届けは品質保証(返品・交換)の対象外となりますのでご了承頂けますようお願い致します。

この商品は予約商品のため、入荷次第の発送となります。

鉢を選ぶ

アトリエポット 08 ¥ 1,100(税込)

アトリエポット 08 ¥ 1,100(税込)

アトリエポット 08の詳細な画像1枚目
アトリエポット 08の詳細な画像2枚目
アトリエポット 08の詳細な画像3枚目

ラスターポット グリーン 08 ¥ 1,320(税込)

ラスターポット グリーン 08の詳細な画像1枚目
ラスターポット グリーン 08の詳細な画像2枚目
ラスターポット グリーン 08の詳細な画像3枚目

アートストーングレー08 ¥ 4,180(税込)

アートストーングレー08の詳細な画像1枚目
アートストーングレー08の詳細な画像2枚目
アートストーングレー08の詳細な画像3枚目

アートストーンベージュ08 ¥ 4,180(税込)

アートストーンベージュ08の詳細な画像1枚目
アートストーンベージュ08の詳細な画像2枚目
アートストーンベージュ08の詳細な画像3枚目

アートストーンブラック08 ¥ 4,180(税込)

アートストーンブラック08の詳細な画像1枚目
アートストーンブラック08の詳細な画像2枚目
アートストーンブラック08の詳細な画像3枚目

ビアス アルトエッグ IV 8 ¥ 8,580(税込)

ビアス アルトエッグ IV 8の詳細な画像1枚目
ビアス アルトエッグ IV 8の詳細な画像2枚目
ビアス アルトエッグ IV 8の詳細な画像3枚目

ビアス アルトエッグ BK 8 ¥ 8,580(税込)

ビアス アルトエッグ BK 8の詳細な画像1枚目
ビアス アルトエッグ BK 8の詳細な画像2枚目
ビアス アルトエッグ BK 8の詳細な画像3枚目

アルマミドル 08 ¥ 11,000(税込)

アルマミドル 08の詳細な画像1枚目
アルマミドル 08の詳細な画像2枚目

アルマコニック 08 ¥ 9,350(税込)

アルマコニック 08の詳細な画像1枚目
アルマコニック 08の詳細な画像2枚目

鉢カバーなし ¥ 0(税込)

鉢カバーなしの詳細な画像1枚目

 

カートに入れる

  • 夜間配送OK

    平日21時まで配送しております。
    東京都23区内

  • 立て札・メッセージカード無料
  • 配送前写真無料

    発送の準備ができ次第メールにてお送り致します

  • 枯れ・痛み保証

    お届けから7日以内は保証(スタンド花は除く)

  • 選べる支払い方法

    クレジットカード | 銀行振込 | コンビニ決済 | 請求書払い

    • Visa
    • American Express
    • Diners Club
    • JCB
    • MasterCard
商品価格: ¥ 11,000
鉢価格: ¥ 0
合計金額(税込)

カートに入れる

レビュー投稿で
Amazonギフト券100円分プレゼント

※ この商品をご購入したお客様に限ります。
※ 本キャンペーンは予告なく変更や中止、対象となる条件を変更する場合があります。

サイズ目安

サイズ観葉植物(サイズM)

商品説明

〈 シェフレラ・アンガスティフォリアとは 〉

シェフレラ・アンガスティフォリアは、フィリピンが原産のシェフレラの仲間で、カポックなどと比べると葉が細長いのが特徴です。

シェフレラ・ アルボリコラを品種改良して、シェフレラ アンガスティフォリアは作られました。

学名はSchefflera angustifolia、ラテン語でアンガスティは「狭い、細い」、フォリアは「葉っぱ」と言います。

性質は強健で非常に育てやすく、観葉植物初心者の方にもおすすめの観葉植物です。

〈 シェフレラ・アンガスティフォリアの原産国 〉

フィリピン

〈 シェフレラ・アンガスティフォリアの生産農園 〉

埼玉県 提携農園

その他提携農園

〈 シェフレラ・アンガスティフォリアの花言葉 〉

「実直」、「真面目」比較的丈夫な植物でどんな環境にも順応し、元気な葉が育つ事からこのような名前がつけられました。

〈 水やりの頻度 〉

置き場所の温度や湿度によって水やりの頻度が変わってきてしまうので、土の表面が乾いてきたら、鉢底から水が出るまで入れる事を基本として様子を見ながら水やりしていきましょう。

特に5〜8月は生育期で土が乾きやすい為、水切れしないように注意しましょう。

〈 設置場所 〉

日光の当たる風通しの良い場所を好みます。耐陰性が高いので半日陰でも生育しますが、あまり日光不足になると間延びします。

ただし、夏の直射日光は葉焼けの原因になるので、レースカーテン越しの柔らかな日が当たる場所に置いてください。

また、夏の暑さが苦手です。風通しの良い場所で管理して蒸れないようにしましょう。

〈 気を付けること 〉

受け皿に溜まった水は根腐れの原因になるのでまめに捨てる様にしましょう。

葉にホコリが付着すると虫の住処になってしまいますので、定期的にホコリを拭く様にしましょう。ホコリの付着を未然に防ぐ為に霧吹きなどで葉水をかけてあげるのも効果的です。

5度以下の場所は避けましょう。

葉が乾燥し過ぎると落葉してしまうので葉水はこまめに行いましょう。