プロポーズにネックレスはあり?選び方と注意点を解説

プロポーズといえば指輪や花束を思い描く人が多いですが、ネックレスという選択肢もあります。

エンゲージネックレスと呼ばれ、仕事柄指輪をつけることができない人や、そもそも指輪よりネックレスが好きな人などへのプロポーズに選ばれています。

とはいえ、いざ贈るとなると「本当にネックレスだけでいい?」「指輪なしだと結婚後に後悔しない?」など不安や疑問を持つこともあるでしょう。

本記事では、プロポーズにネックレスを贈る際の選び方と注意点、おすすめのネックレスブランド5選について解説します。

\バラの花束で成功率アップ/

プロポーズに贈るバラの花束を見る

目次

INDEX

  1. プロポーズにネックレスはあり、なし?
  2. プロポーズにネックレスを贈る5つのメリット
  3. 彼女に喜ばれるプロポーズ用ネックレス選びのポイント
  4. プロポーズにおすすめのネックレスブランド6選
  5. プロポーズのネックレスに関するよくある質問
  6. プロポーズはバラの花束も贈ろう

プロポーズにネックレスはあり、なし?

プロポーズに贈り物を贈る場合、8割以上の方が指輪を贈っています。

しかし、全体の1割程度はネックレスを贈る人がいるのも事実です。

ネックレスを贈る理由はさまざまですが、主に次の2つのケースが考えられます。

  • 結婚指輪を贈る予定なので、プロポーズにはネックレスを贈りたい
  • 相手に喜んでもらいたいため、プロポーズの際にネックレスと指輪をセットで渡す

女性がネックレスをもらうことに対して前向きな理由がある場合は、きっと喜ばれることでしょう。

また、彼女が指輪を付けたくない場合や、何らかの理由で指輪を付けられない場合は、相手を思いやってネックレスを贈るケースもあります。

注意しなければいけないのが、「指輪はいらない」という相手の言葉の真意を読み違えた場合です。

相手が本心で指輪を拒否しているのかどうか、しっかり見極めなければプロポーズ自体がうまくいかないかもしれません。

あなたの懐事情を知っていて遠慮している場合や、あなたの意見を尊重したいという気持ちが強い優しい相手の場合、自分の要求を伝えることをためらうケースがあります。

また、サプライズなど「変わったことがしたい」といった、あなたの自分本位なプロポーズでネックレスを贈ってしまうのも危険です。

プロポーズは相手次第なので、最大限相手の意思を考慮することが成功への鍵になります。

プロポーズにネックレスを贈る5つのメリット

プロポーズにネックレスを贈るメリットを5つ解説します。

一生の記念になるものですので、注意点をふまえて贈りましょう。

① サイズ確認やサイズ間違いの心配不要

一番のメリットと言えるのがサイズ違いを防ぐことです。

指輪の場合、相手のサイズを知らないと選ぶことが難しく、サイズ選びに失敗する可能性がありますが、ネックレスならサイズの失敗はほぼありません

特にサプライズでプロポーズをする場合、ネックレスはサイズ選びが容易なので、ばれる心配が少ないためおすすめです。

ネックレスを贈る際に「結婚指輪は一緒に選びに行こう」など言葉を添えると、相手が指輪を欲しいと思っていた場合も納得してくれるでしょう。

② 指輪よりもネックレスの方が選びやすい

婚約指輪は結婚指輪に比べて凝ったデザインのものや、宝石や材質などこだわったものが多く、好みが分かれることが多いです。

しかし、指輪に比べるとネックレスは細かい金属の違いや、デザインを気にするケースは少ないことが多いので選びやすいでしょう。

婚約に使うなら、長く愛用できるようデザインがシンプルなものがおすすめです。

③ ネックレスは普段使いしやすい

ネックレスのメリットは使いやすさです。

仕事中に手先を使う人は、指輪が邪魔になることがあります。

例えば、パソコン作業で気になる人がいるため、ネックレスならそのような問題が起きにくく仕事中にも着用しやすいでしょう。

シンプルなものにすれば、常につけていても気にならないため、普段使いが可能で常に身につけてもらえる確率が上がります。

婚約指輪は凝ったデザインのものが多く結局、結婚指輪をつけていることが多くなってしまいタンスの肥やしになってしまうことも少なくありません。

使いやすいネックレスにすれば、常につけてもらえる確率が上がります。

④ 指輪に比べてリーズナブルな場合が多い

婚約指輪はその材質や宝石などにより価格が高くなりがちですが、ネックレスの場合は価格を少し抑えることが可能です。

同じプラチナやK24を使用していても婚約指輪と比較すると安くなることが多く、選ぶ幅が増えるでしょう。

また宝石も指輪より大きめなものを選んでも自然に見えるため、より良いものを贈ることができるというメリットもあります。

⑤ 指輪+ネックレスの2倍楽しめる 

婚約指輪を渡す際、ネックレスも一緒に贈ってみてはいかがでしょう。

指輪とネックレスをそれぞれ単独で使用したり、セットで使ったり使い道に幅ができるので相手にとても喜ばれます。

指輪は毎日つけて愛を確認するアイテムとして、ネックレスは特別な日に改めてあなたの存在を感じるためのアイテムとして、使用してもらうことが可能です。

色々なシーンで使えるため、文字通り一生ものの贈り物になるでしょう。

彼女に喜ばれるプロポーズ用ネックレス選びのポイント

彼女に喜ばれるプロポーズ用ネックレス選びのポイント

プロポーズにネックレスを贈ることを決めたら、大事なのはどのネックレスにするかです。

あなたのこだわりだけでなく、相手に喜んでもらえるものを選びましょう。

彼女の好みに合ったデザインを選ぶ

一番大事なのは相手がどのようなものが好きか、ということです。

相手の好きなデザインであればずっとつけてもらえるため、あなたの満足感にもつながります。

日頃の服の趣味やアクセサリーにどのようなものをつけているか、しっかりチェックしてみるといいでしょう。

好きなブランドなどを聞いたり、リサーチしておいたりすると相手の好みのネックレスを探しやすいのでおすすめです。

素材はプラチナ、ゴールド、パールなど

ネックレスの素材にはいくつかの素材があります。

それぞれの素材の特徴は以下の通りです。

素材特徴
プラチナ・プラチナはPtと表記され、続く数字が純度
・純度が高いと柔らかい
・国際基準ではPt950以上の純度を求められるため海外のハイブランドはPt950以上のものが多い
・日本では強度が高いPt900がブライダルジュエリーとして主流
・金属アレルギーでもつけられる可能性がある
ゴールド・金はKと表記され、続く数字が純度(KはKaratの略)
・純度が高いと柔らかい
・K24は99%以上の純金
・K18(純金75%:混合物25%)以上がブライダルジュエリーとして主流(金属アレルギーの場合もK18以上がおすすめ)
パール・形、巻き、てり、傷の有無でランクがある
・冠婚葬祭などフォーマルな場面で活躍する

金属アレルギーが心配な場合はチタンという選択もありますが、プラチナや金の純度の高いものも使える可能性があります。

相手のアレルギーに関してはしっかり把握しておきましょう。

宝石はダイヤモンド、ルビー、サファイアなど

ネックレスに使用される宝石は以下のものがあります。

宝石特徴費用
ダイアモンド・シーンを選ばず飽きない
・石言葉は「永遠の絆・普遍・純潔」
・4月の誕生石
・0.4ct以上なら一粒でも存在感がある
ノーブランドであればK18チェーンで50,000円くらい〜
ルビー・7月の誕生石
・石言葉は「情熱・勝利・良縁」
・宝石の女王とも言われるほど希少価値が高い
・色が濃いほど希少性が高い
・物によって価格に差が出やすい
・ノーブランドでK18チェーンで30,000円くらいから
・高いものはダイヤモンド以上にもなる
サファイア・9月の誕生石
・石言葉は「誠実・真実・慈愛・貞操」
・サムシングブルーに結びつけて結婚を連想させる
・ルビーと同じ鉱石
・ノーブランドでK18チェーンで25,000円くらいから
エメラルド・5月の誕生石
・石言葉は「幸運・幸福・安定・夫婦愛」
・浮気防止の意味を持つ
・熱や紫外線に弱い
・希少価値の高い宝石
・k18チェーンで30,000円くらいから
オパール・10月の誕生石
・石言葉「希望・幸運・純真無垢」
・遊色効果で多彩な色が楽しめる
・ブラックオパールが価値が高いと言われ価格もがる
・裏が金属で覆われている場合偽物の可能性がある
・k18チェーンで20,000円くらいから

プロポーズの贈り物としてはダイヤモンドが一番人気があり喜ばれます。

他の宝石に関しては記念に残るものなので、宝石一つ単独で使われたものなら粒の大きなものを選びましょう。

またプロポーズで贈るなら正規品を選ぶことが重要なので、鑑別書は必ず確認しましょう。

誕生石を贈るなら、ダイヤモンドと一緒にあしらわれたものは豪華に見えるのでおすすめです。

誕生石は以下の通りです。
・1月ガーネット
・2月アメジスト
・3月アクアマリン
・4月ダイヤモンド
・5月エメラルド
・6月パール
・7月ルビー
・8月ペリドット
・9月サファイア
・10月オパール
・11月トパーズ
・12月トルコ石

*ひと月に二つ以上の誕生石が設定されている場合があり、他の宝石を誕生石としている場合もあります。

予算は数万円~30万円以上と幅広い

ネックレスは婚約指輪に比べて価格帯が広く、無理なく購入することができます。

婚約指輪の平均値は300,000円くらいとされていますが、ブランドにこだわりがない場合、k18チェーンでダイヤモンドを使ったものでも、探せば数万円からあります。

良質なネックレスを贈りたい場合、婚約指輪と同じ予算で、より宝石の粒が大きなものやグレードの高いものを選べる可能性があります。

プロポーズにおすすめのネックレスブランド6選

プロポーズにおすすめのネックレスブランド6選

プロポーズに贈るネックレスで、よく選ばれている人気のブランドは以下の通りです。

参考にしてみてください。

① Tiffany & Co.(ティファニー)|若い女性の憧れる高級ブランド

ティファニーは特に若い女性に人気があります。

カジュアルからフォーマルまで、どんなシーンにも違和感なく使用できるため喜ばれます。

華やかなものから、シンプルで重ね付けが楽しめるものまでラインナップも豊富です。

特にティファニーのハートジュエリーはシンプルかつデザイン性があるため、プロポーズで想いを伝えるのにぴったりの逸品でしょう。

おすすめ:エルサ・ペレッティ™のオープン ハート

  • 素材:18Kローズゴールド
  • 長さ:チェーン41cm
  • 価格:100,100円

② Cartier(カルティエ)|上品さとエレガントな魅力

誰もが知るハイブランドのカルティエは、憧れている人も多くプロポーズの贈り物としてぴったりです。

上品なデザインで年齢問わず身につけることができることも魅力で、いつまでも長く愛用してもらえます。

男性にも人気があるので、結婚指輪をネックレスとそろえてカルティエにしても素敵です。

おすすめ:カルティエ ダムール ネックレス、XS

  • 素材:ピンクゴールド750/1000
  • 宝石:ブリリアントカット ダイヤモンド1石(計0.04ct)
  • 価格:125,400円(税込)

③ 4℃ BRIDAL(ヨンドシーブライダル)|可愛くて洗練されたデザイン

定番のブランドで間違いないのが4℃でしょう。

シンプルで飽きのこないデザインが人気です。

ブライダルシーンに使われることも多いため、プロポーズ贈るのにふさわしい一粒ダイヤモンドのネックレスなど、記念に残るものを多数そろえています。

おすすめ:プラチナ ダイヤモンド ネックレス 約0.1ct

  • 素材:トップ:プラチナ950 チェーン:プラチナ850
  • 長さ:40cm
  • 宝石:ダイヤモンド0.1ct
  • 価格:77,000円

④ agete(アガット)|個性的で洗練されたカジュアルさ

個性的なお相手におすすめなのがアガットです。

洗練され、特別感はあるのに飽きのこないデザインは、日常使いもできます。

「他とは差をつけたい」「シンプルだけど少し個性を重視したい」という人の心に響くブランドです。

普段カジュアルな装いが多い人には、特に喜ばれるでしょう。

おすすめ:K18ダイヤモンドネックレス

  • 素材:K18
  • 長さ:45cm
  • 価格:132,000円

⑤ K-uno(ケイウノ)|オーダーメイドで特別感あふれる

ケイウノは 1981年創業のオーダーメイドを手掛ける会社です。

世界でただ一つのアクセサリーを既製品と変わらない価格で提供しています。

唯一無二のネックレスはプロポーズの贈り物としてふさわしいといえるでしょう。

さらにケイウノでは、ディズニーのキャラクターをモチーフにしたジュエリーも扱っています。

アレンジオーダーやフルオーダーも可能なのでディズニー好きにはおすすめです

おすすめ:Engagement Necklace

  • 素材:プラチナ950、K18イエローゴールドなどから選ぶ
  • 宝石:ダイヤモンドの種類(カラット数:0.1~0.599ct)

⑥ ete(エテ)|モダンなデザインで若者に人気

エテは日本のブランドで広く知られている割に、手の届きやすい価格で若い世代にも人気です。

さらにデザインはシンプルなものが多く使いやすいため、大人世代にも愛されています。

「いつも自分らしさを大切に」のコンセプト通り、シンプルな中に遊び心のあるデザインは飽きずにずっとつけていられるジュエリーです。

おすすめ:K18YG ホースシュー ダイヤモンド ネックレス

  • 素材:K18イエローゴールド(ニッケルフリー)
  • 宝石:ダイヤモンド0.03ct
  • 価格:48,400円

プロポーズのネックレスに関するよくある質問

よくある質問について4つの疑問にお答えします

モヤモヤした気持ちを解消してからネックレスを選びましょう。

プロポーズのネックレスはどこで購入するのがおすすめ?

プロポーズの際、指輪の購入先として8割近くの人が独立した路面店やデパートなどを選んでいます。
参考:聞きたい!婚約指輪ってみんなどこで買ったの-結婚STYLE

指輪の購入同様、プロポーズに贈るネックレスも路面店やデパートでの購入が安心でしょう。

ただし欲しい商品が決まっている場合は、実店舗だけでなくWEBサイトという選択肢もあります。

公式WEBサイト限定や実店舗限定など、それぞれ商品の用意がある場合もあるので、ブランドが絞れているなら、どちらも確認してから購入するのがおすすめです。

どちらにしてもブランド商品の場合は公式のお店で購入することをおすすめします。

プロポーズのネックレスの渡し方は?

プロポーズをするなら王道ですが、レストランやホテルでストレートに「結婚してください」と伝えながらネックレスを渡すのがおすすめです。

渡すものが指輪であれネックレスであれ、しっかり結婚の意志をわかりやすく伝えることで成功率が上がります。

またネックレスを渡す際に「指輪は普段つけられないから、いつもつけて欲しくてネックレスにした」や「結婚指輪は一緒に選びたいからネックレスを記念に」などネックレスを選んだ理由も添えると納得感があります。

ネックレスのサイズはどう選ぶ?

「チョーカー」と呼ばれるのは、35〜40cmの長さのネックレスで、首元を華やかに演出する効果があります。

定番は「プリンセス」と呼ばれる40〜45cmの長さのものです。
毎日つけるのであれば定番の長さが最も使いやすいでしょう。

少し長めの「マチネ」は、50〜55cmのものを指し、個性的でカジュアルさと上品さを併せ持つ長さです。

ダイヤモンドの品質を判断する基準は?

ダイヤモンドの価値を決める基準でよく見られるのが4Cという要素です。

4Cについて以下の表にまとめているので参考にしてください。

要素意味備考
Carat重量1カラット=0.2g
より大きな粒の方が価値が高い
Color最高ランクはD(無色)
無色のものが人気
Cut輝き「Excellent」が最高グレード
ラウンドブリリアントカットが理想
婚約にはH&Q(ハート&キューピッド)が人気
Clarity透明度「Flawless」が最高グレードだが一般には流通しない希少品
「VVS1」が一般流通での最高グレード

それぞれのグレードが高いものは価格が高く、4つの組み合わせによって品質が決まります。

プロポーズはバラの花束も贈ろう

プロポーズはバラの花束も贈ろう

プロポーズにネックレスを贈る人は一定数いて、仕事でつけられないや指輪が苦手などの理由でネックレスの方が喜ばれる可能性もあります。

プロポーズは相手に受け取ってもらうことが大事なので、何を贈るにしても事前の準備やリサーチが必須です。

相手が本当にネックレスを喜んでくれるのかしっかり調べた上で、プロポーズのシュチュエーションもしっかり整えましょう。

また多くの女性がプロポーズの際に花束を望んでいるというデータがあるので、花束も一緒に贈ると成功率も上がるはずです。

王道ですが、素敵なレストランで花束とネックレスを贈って「結婚してください」というプロポーズは憧れの人が多いので、成功率も上がることでしょう。


108本のバラは「結婚してください」の意味を持つので、プロポーズにぴったりです。

HanaPrimeでは、他にもプロポーズに相応しい花束を多数用意しています。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES