愛の意味を持つ花と花言葉一覧

恋人への愛情を伝える方法として、プレゼントと共にお花を贈るのも良い方法です。

大切な人には「変わらぬ愛」「あなたを愛する」など、愛の意味を持つ花言葉のお花を選んで贈ると喜ばれます。

本記事では、愛を意味する花言葉を持つお花25種類を解説します。

HanaPrimeでは、恋人へのプレゼントにふさわしいお花を数多く取りそろえていますので、確認してみてください。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

愛の意味を持つ花と花言葉一覧の花言葉は以下になります。

  • 深すぎる愛
  • 濃厚な愛
  • 移り気な愛
  • 熱愛
  • 永遠の愛
  • 心に秘めた愛
  • 慎重な愛
  • 純愛
  • 求愛
  • 愛を待つ
  • 愛の絆
  • 燃える神秘の愛
  • 誠実な愛
  • 真実の愛
  • あなたに愛されて幸せ
  • 私の愛は増すばかり
  • 幸福な愛
  • 究極の愛
  • もう一度愛します
  • 無言の愛
  • 変わらぬ愛
  • 深い愛
  • 情熱的な愛
  • 純粋な愛
  • 固く結ばれた愛
  • 愛の告白
  • あなたを愛します

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

目次

INDEX

  1. 愛の意味を持つ花言葉一覧

愛の意味を持つ花言葉一覧

花の名前花言葉
ギョリュウバイ濃厚な愛
サイネリア純愛
ムスクローズ移り気な愛
トルコキキョウ永遠の愛
カーネーション熱愛・純粋な愛情
ブルースター幸福な愛
胡蝶蘭純粋な愛・あなたを愛します
バラ永遠の愛
マーガレット真実の愛・心に秘めた愛
リューココリーネ慎重な愛
アッツザクラ愛を待つ
パンジー純愛・誠実な愛
ストック求愛・愛の絆
ローズマリー変わらぬ愛
ヒヤシンス変わらぬ愛
ガーベラ究極の愛・燃える神秘の愛
ナンテン深すぎる愛・私の愛は増すばかり
チューリップ愛の告白・真実の愛
ウインターコスモスもう一度愛します
ベゴニア愛の告白
スプレーマムあなたを愛します
エキナセア深い愛
ムクゲ愛の告白・純粋な愛・情熱的な愛
ヒルザキツキミソウ固く結ばれた愛・無言の愛
アザレアあなたに愛されて幸せ

表にあるお花について一つずつ詳しく紹介していきます。

お花の簡単な紹介と愛の花言葉の由来について解説していますので、あなたの気持ちにあったものを選んで贈ってみてください。

花束の通販

① ギョリュウバイの花言葉「濃厚な愛」

ギョリュウバイはニュージーランドやオーストラリア原産の花で11月から5月と寒い時期に赤や白、ピンクのかわいいお花を咲かせる常緑の低木です。

ニュージーランドではマヌカハニーの蜜源である「マヌカ」と呼ばれ親しまれています。

ハチミツとの縁が深いため蜜月という花言葉がついたといわれており、転じて「濃厚な愛」などの甘い花言葉が生まれたとされています。

ギョリュウバイは花色によって花言葉が違い「濃厚な愛」は特に赤い花の花言葉です。

恋人への熱烈な愛情をギョリュウバイの花に託して贈りましょう。

② サイネリアの花言葉「純愛」

サイネリアは冬から春にかけて長く花を咲かせる花で、富貴(フウキギク)や富貴(フウキザクラ)との和名も持つお花です。

寒い冬にも可憐な花を咲かせるため「喜び」「希望」「快活」「常に輝かしく」などポジティブな花言葉を持ちます。

「純愛」は赤色のサイネリアの花言葉で、元々ある前向きな花言葉から派生してつけられたのでしょう。

サイネリアの花言葉|名前の由来

③ ムスクローズの花言葉「移り気な愛」「魅力」

ムスクローズバラ科の白い野生バラでとても香りが良いのが特徴です。

バラの花言葉が「美」や「愛」なので、そこから派生してムスクローズには「魅力」という花言葉がつけられたようです。

ただし、ムスクローズには「移り気な愛」という花言葉もあるので、気になるなら他の花と一緒にアレンジしてもらうなど工夫するといいでしょう。

④トルコキキョウの花言葉「永遠の愛」

トルコキキョウキキョウという名前が入っていますがキキョウの仲間ではなく、リンドウ科のお花です。

またトルコとありますが、トルコ原産でもありません。

トルコキキョウは種類が豊富なためか、多くの花言葉を持ち、色ごとにも花言葉を持っています。

「永遠の誓い」の他に「楽しい語らい」「優美・優雅」などの花言葉も持っており、恋人に贈る花としてふさわしいでしょう。

色別では青のトルコキキョウには「あなたを想う」という花言葉があるので、あなたの気持ちを伝える際にもピッタリです。

色の種類が豊富で、形も一重咲きのものや八重咲きのもの、さらにはフリンジ咲き、バラ咲きとかなり多くの種類があります。

他のお花と一緒にアレンジしても映えるので素敵な贈り物になるでしょう。

⑤ カーネーションの花言葉「熱愛」「純粋な愛情」

カーネーションの開花シーズンは春と秋ですが、一年を通して手に入れやすいお花です。

母の日のイメージが強いためか、カーネーション全体の花言葉は「無垢で深い愛」ですが、カーネーションには多くの色の種類があり、それぞれに美しい花言葉を持っています。

特に恋人に贈るのにふさわしい花言葉を持つ色は、赤や白の「純粋な愛」ピンクの「感謝」オレンジの「熱愛」です。

さらに青いカーネーションには「永遠の幸福」という花言葉があるので、特別なシーンの花束にワンポイントとしてアレンジすると、より素敵な贈り物になるでしょう。

ただし黄色は「友情」「愛情の揺らぎ」といった花言葉があるため、気になる場合は他の色のカーネーションや他の花とミックスして贈るとよいです。

⑥ ブルースターの花言葉「幸福な愛」

ブルースターは5月から10月に咲くので小さな可愛らしいお花が長く楽しめます。

青い花弁が星形のように開いて咲くことから、ブルースターの名前がつけられています。

ブルースターは「幸福な愛」の他にも「信じあう心」の花言葉を持っているため、サムシングブルーとも合わせてウエディングに使われることも多いお花です。

恋人に贈るにはぴったりのお花といえるでしょう。

ブルースター単体の花束も素敵ですが、他のお花と一緒にアレンジするとアクセントとして楽しむこともできます。

花束の通販

⑦ 胡蝶蘭の花言葉「純粋な愛」「あなたを愛します」

贈り物としてよく使われる胡蝶蘭は「純粋な愛」「あなたを愛します」の他にも「幸福が飛んでくる」など素敵な花言葉です。

花の形が神様の使いとも言われる蝶に似ていることから、このような前向きな花言葉がつけられています。

定番の白い胡蝶蘭は「純粋」という花言葉を持つので、あなたの純粋な愛情を込めて贈ると良いでしょう。

胡蝶蘭といえば白を思い浮かべる人が多いでしょうが、より可愛らしいピンク色もあります。

ピンクの胡蝶蘭には、もっとストレートな「あなたを愛する」という花言葉があり、ストレートな気持ちを伝えるのにぴったりです。

胡蝶蘭(コチョウラン)の花言葉|名前の由来

⑧ バラ(薔薇)の花言葉「永遠の愛」

愛の花といえば薔薇が思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

バラの花言葉は「愛」や「美」ですが、色や本数によってかなり印象の違う花言葉があるので注意しましょう。

まず恋人に贈るのにふさわしい色のバラは以下の通りです。

愛情・情熱
純潔
ピンク感謝
オレンジ信頼・安らぎ
奇跡・神様からの祝福

赤はインパクトがあるので単色の花束としても人気があります。

「愛情・情熱」の花言葉が示すようにプロポーズなど大切なシーンを盛り上げるのにぴったりです。

白はウエディングの定番色で、花束として贈るなら他の花や他の色とアレンジしてもらっても素敵です。

ピンクやオレンジは赤よりもカジュアルに贈ることができると人気で、誕生日や記念日以外にも小さなブーケなどを何気なく贈っても喜ばれるでしょう。

青のバラは品種改良を重ねてやっとできた色のため「奇跡」という花言葉があり、特別なシーンに贈ると効果的です。

ビタミンカラーの黄色は元気になる色ですが、恋人に贈るには「友情」「薄らぐ愛」などの花言葉があるため、黄色が好きな相手に送る場合、他の花と一緒にアレンジするなど工夫するといいでしょう。

バラ(薔薇)の花言葉|色・本数・組み合わせの意味を詳しく解説

⑨ マーガレットの花言葉「真実の愛」「心に秘めた愛」

マーガレットはキク科の花で、葉が春菊に似ていることから和名はモクシュンギクといいます。

語源は真珠を表すギリシャ語のマルガリテスで、清楚な純白の花姿につけられたようです。

真珠を連想させる可憐な姿から「真実の愛」「心に秘めた愛」という花言葉がつけられました。

白で一重の印象が強いお花ですが、実はピンクや黄色もあり八重咲きの華やかなものもあります。

白には「秘めた愛」ピンクには「真実の愛」黄色には「美しい容姿」とどの色を恋人に贈っても問題ないでしょう。

⑩ リューココリーネの花言葉「慎重な愛」

リューココリーネは甘い香りが特徴の春に咲く優美なお花です。

フリルのような6枚の花びらと淡い色合いがエレガントで主に切り花として流通しています。

白や紫、ピンク、青と比較的色の種類は多いお花ですが、色ごとの花言葉はなく「慎重な愛」の他にも「あたたかい心」「信じる心」など恋人との仲が深まりそうな花言葉がついているお花です。

⑪ アッツザクラの花言葉「愛を待つ」

アッツザクラは、濃いピンクや赤、白と小ぶりで可愛らしい花の見た目から「可憐」という花言葉がついています。

また厳しい冬を越え、春をじっと待って咲く様子から「愛を待つ」という健気な花言葉もあるので相手への深い愛情を示すことができるでしょう。

色ごとの花言葉はなく、単色でもミックスしても、さらに他のお花とアレンジしても映えるお花です。

⑫ パンジーの花言葉「純愛」「誠実な愛」

パンジーは花びらが思想にふける顔に見えることから、フランス語の「思想」が語源になっています。

和名は三色菫で、ビオラと混同されがちですが、パンジーの方が花びらが少し大きいことが特徴です。

物思いにふける顔に見える模様を持つお花の見た目から「思い」に関連する花言葉が多く、「私を思って」「思慮深い」などがつけられています。

「純愛」「誠実な愛」は青いパンジーの花言葉で、紫色には「揺るがない魂」白には「愛の思い」など恋人に贈ると喜ばれる花言葉がたくさんあります。

⑬ ストックの花言葉「求愛」「愛の絆」

ストックの名前の由来はまっすぐ伸びる茎の様子を表しています。

そのまっすぐな姿から「愛の絆」「豊かな愛」「求愛」などのストレートな愛の言葉が花言葉としてつけられているようです。

花の色も豊富でそれぞれに花言葉があり、恋人に贈るのにふさわしい色別の花言葉は以下の通りです。

思いやり
私を信じて
ピンクふくよかない愛
おおらかな愛情

欧米では黄色にあまり良いイメージがないようで、どの花でも黄色はネガティブな花言葉が多いです。

黄色が好きな恋人に贈る場合は、他の花や他の色の花と混ぜてアレンジしてもらうといいでしょう。

またピンクのストックは風水では恋愛運を高める効果が期待されるので、自分のお部屋に飾ってみるのもおすすめです。

⑭ ローズマリーの花言葉「変わらぬ愛」

ローズマリーは古代ギリシャ時代からお祝い事や結婚式に使われていたため、ポジティブな花言葉の多いお花です。

ハーブとして料理に使うことも多く、簡単に育てられるので人気があります。

ローズマリーはローマ時代記憶力を高めるとされていたことから「追憶」などの花言葉を持っており、長く愛されてきた花だからこそ「変わらぬ愛」という花言葉がつけられています。

ローズマリーはシェイクスピアのハムレットにも重要な場面で出てくるため海外でも「あなたに会うと幸せ」「忠誠心」「記憶」などの花言葉を持ちます。

料理好きな恋人に花言葉を添えて、かわいい鉢植えなど贈ってみてはいかがでしょう。

ローズマリーの花言葉|名前の由来

⑮ ヒヤシンスの花言葉「変わらぬ愛」

ヒヤシンスはギリシャ神話のヒュアキントスが語源と言われています。

アポロンと愛し合っていたヒュアキントスが円盤投げをしていたところ、ヒャキントスが好きなゼピュロスが嫉妬をして邪魔をします。

そして、不運にも円盤がヒュアキントスに当たって命を落とし、ヒュアキントスの血からヒアシンスが咲くという悲運の話です。

この話から紫のヒヤシンスには「悲哀」「初恋のひたむき」などの花言葉がつけられています。

少し悲しい花言葉を紹介しましたが、色別に見ると青いヒヤシンスは「変わらぬ愛」、ピンクの花言葉は「しとやかな可愛らしさ」、白は「心静かな愛」といずれも恋人に贈るのに相応しい言葉なので安心して贈ることが可能です。

ヒヤシンスの花言葉|風水の効果

⑯ ガーベラの花言葉「究極の愛」「燃える神秘の愛」

ポップで元気をくれる印象のガーベラには「希望」「前向き」といったポジティブな花言葉がついています。

色ごとにも花言葉があり、「前向き」「希望」から派生されたと感じる素敵なものです。

以下、恋人に贈るのにふさわしい色別の花言葉を紹介します。

ピンク感謝・燃える神秘の愛
黄色究極の愛
オレンジ神秘
純潔
神秘の愛・情熱

ガーベラは単体で花束にしても素敵ですし、他の色や花を混ぜてアレンジしても魅力的な贈り物になります。

大きめのアレンジメントにしても、仰々しくないカジュアルな贈り物になるので人気があります。

小さなブーケなら日常のちょっとした贈り物にぴったりで、受け取る相手に負担をかけません。

⑰ ナンテンの花言葉「深すぎる愛」「私の愛は増すばかり」

冬に赤い小さな実をつけるナンテンは「難を転じて福をなす」から「福をなす」という花言葉がつけられたようです。

古くから縁起の良いものとされており、お正月の花材として欠かせません。

徐々に赤く色づく身の様子から「愛が増すばかり」と情熱的な花言葉もあり、恋人に贈るにはもってこいでしょう。

赤い実が色づくと長く色褪せないことから「深すぎる愛」などの魅力的な花言葉も持っています。

「家庭円満」「良い家庭」など花言葉があるので、夫婦や付き合いの長いカップルで言葉を添えて贈るのも素敵です。

⑱ チューリップの花言葉「愛の告白」「真実の愛」

チューリップの花言葉の由来はオランダの3人の騎士と少女の物語が由来とされています。

3人の棋士に求婚された少女が誰も選べず、チューリップの花になるという物語で、そこから「愛の告白」「思いやり」などがつけられたようです。

チューリップには色別にも花言葉があり恋人に贈るなら以下3色がおすすめです。

愛の告白・真実の愛
ピンク愛の芽生え・誠実な愛
不滅の愛

白には「失恋」黄色は「希望のない恋」黒は「私をわすれて」との花言葉があるので、色にこだわる場合は他の色とミックスしてもらうなど工夫するといいでしょう。

可愛らしいチューリップは季節感のある贈り物になり喜ばれるでしょう。

⑲ ウインターコスモスの花言葉「もう一度愛します」

ウィンターコスモスは、淡い黄色の花びらに白い斑のような模様がある花で、晩秋に咲きます。

黄色のものが多いですが、品種によりいくつか色がありそれぞれ花言葉がつけられています。

長く咲き続けることから「もう一度愛します」という言葉がついたようです。

「もう一度愛します」という言葉は特に、黄色やピンクのウィンターコスモスの花言葉になっていて、状況に応じて愛する人に贈ることが可能といえます。

⑳ ベゴニアの花言葉「愛の告白」

ベゴニアは原種の数が多く、バリエーションの多いお花です。

ベゴニアのハート型のつぼみが開花する様子から「幸福な日々」、ハートの形そのものが由来の「愛の告白」ととても素敵な花言葉がついているため、恋人に贈りたくなる花といえます。

また品種によって葉っぱが左右非対称のため「片思い」という花言葉もつけられているとてもロマンティックなお花です。

㉑ スプレーマムの花言葉「あなたを愛します」

スプレーマムとは、1本の茎からスプレー状に枝分かれして花を咲かせる、キク科のお花です。

マムとは欧米で品種改良されたもので、古くから日本にある和菊以外のものを指します。

和菊は仏花のイメージが強いですが、スプレーマムは花嫁の姿をイメージしているので「清らかな愛」「高潔」などの花言葉がつけられています。

また小さな花びらがたくさん集まった花の様子から「あなたを愛します」などの言葉も持っているので恋人に贈るのに安心です。

㉒ エキナセアの花言葉「深い愛」

エキナセアは北アメリカ原産の花で、ネイティブアメリカンの間ではインディアンハーブとして、鎮痛や免疫を高めるものとして親しまれていました。

日々の生活を支えるエキナセアには「深い愛」や「優しさ」といった花言葉がつけられています。

色別につけられた花言葉も癒しを感じるものが多く、どれも恋人に安心して贈ることが可能です。

ピンク優しさ
赤・オレンジ・黄色深い愛
あなたの痛みを癒します

恋人やあなたの好きな人が落ち込んでいる時、あなたの優しさと共にエキナセアのお花を贈ってみてはいかがでしょうか。

㉓ ムクゲの花言葉「愛の告白」「純粋な愛」「情熱的な愛」

ムクゲは夏に咲く花で、耐寒、耐暑共に強いため庭木や公園の木としてよく使われています。

十字軍によって持ち込まれ、困難に負けない強い木の印象から「信念」「尊敬」「粘り強さ」「一途な心」の花言葉を持ち、色別の花言葉も持っています。

恋人に贈るなら以下の花の色がいいでしょう。

純潔・純粋な愛
ピンク愛情・愛の告白
情熱的な愛
尊敬

ムクゲは、韓国では国章として使われるほど大切にされていて、「一途な心」「粘り強さ」という花言葉がついています。

㉔ ヒルザキツキミソウの花言葉「固く結ばれた愛」「無言の愛」

優しい色合いのヒルザキツキミソウはツキミソウとその咲き方で区別できるよう名前がつけられました。

一夜で花がしぼむツキミソウと違い何日も咲くことから「固くむずばれた愛」という花言葉がつけられたようです。

また、やや俯き加減で咲いているように見える花の姿から「無言の愛」清らかで可憐な色彩の花色から「清純」との花言葉もあります。

どれも可憐な恋人をイメージできる素敵な花言葉ですが、昼夜にとらわれず花を咲かせる様子から「自由な心」との花言葉もあるため、気になるなら他の花と一緒にアレンジメントしたり、メッセージをつけたりしましょう。

㉕ アザレアの花言葉「あなたに愛されて幸せ」

乾燥が名前の由来であるアザレアは「節制」「禁酒」といった花言葉を持ち、さらに次々に花が咲く様子から「恋の喜び」という花言葉もあります。

花色が複数あるアザリアには色別の花言葉もあり、白のアザレアはその可憐な花びらがウエディングドレスを連想させるため「あなたに愛されて幸せ」「充足」などです。

また淡く可憐なピンクのアザレアは、儚い印象から「青春の喜び」という花言葉があるため、卒業式や同窓会で、思いを寄せる人にさりげなく贈ってみてはいかがでしょう。


胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES