ベゴニアの花言葉|色別の花言葉と名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

ベゴニアの花言葉|色別の花言葉と名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

ベゴニアの花言葉|色別の花言葉と名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 愛の告白
  • 公平
  • 幸福な日々
  • 真実
  • 親切
  • 丁寧
  • 繁栄
  • 片思い

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

ベゴニアの花言葉は「幸福な日々」「愛の告白」「片思い」

ベゴニアは2000以上の原種と、その数倍の交配種があるとてもバリエーション豊富なお花です。

花の色ごとに花言葉がつけられていますが、共通するのは「幸せな日々」「愛の告白」「片思い」です。

どの花言葉もネガティブな意味はなく、恋心を抱く相手に贈るのに向いています。告白の際や、交際して間もない相手にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

花束の通販

ベゴニアの花言葉は色によって違うの?

ベゴニアはピンク・白・赤・黄色・オレンジ、青紫などカラーバリエーションが豊富で、色ごとに花言葉が異なります

  • ピンク:「丁寧」(柔らかなカラーと繊細な花の造形から)
  • 白:「親切」(誰にでもほほ笑むような花のイメージから)
  • 白:「真実」(何色にも染まらず清廉潔白なイメージから)
  • 赤:「公平」(上下の花弁が均等な大きさから)
  • 黄色、オレンジ:「繁栄」(黄色やオレンジが持つ繁栄のイメージから)

ベゴニアの怖い花言葉

ベゴニアには怖い花言葉はありません

しかしベゴニアの共通の花言葉は、恋心を抱いていると連想されるので、そのような感情がない相手に贈る際は、誤解を招かないように注意が必要です。

ベゴニアの花言葉の由来

ベゴニアの花言葉が恋愛に関することが多い理由は、品種によってつぼみや葉がハートに見えるものがあるからです。

「幸福な日々」はハートの形をしたつぼみが開花することで、幸せな日々を送るというイメージからつけられました。

「愛の告白」は、ハートの形をしたつぼみや葉が愛の象徴とされたことが由来となっています。

「片思い」は、ベゴニアの葉は品種によって左右非対称の形をしたものがあることからつけられました。

ベコニアの花言葉に似ている花は?

「幸福な日々」という花言葉に似ている花

「愛の告白」という花言葉に似ている花

  • 「あなたを愛しています」バラ(赤)
  • 「君を愛す」アネモネ(赤)
  • 「ラブレター」アガパンサス

「片思い」という花言葉に似ている花

  • 「この恋に気づいて」リナリア
  • 「私に振り向いて」ソリダスター
  • 「私はあなただけを見つめる」ヒマワリ

ベゴニアの花言葉と真逆の意味の花

「幸福な日々」という花言葉と真逆の意味の花

「愛の告白」という花言葉と真逆の意味の花

「片思い」という花言葉と真逆の意味の花

  • 「愛されることを知った喜び」アザレア
  • 「愛の絆」ストック
  • 「変わらぬ熱愛」イロマツヨイグサ

【英語版】ベゴニアの花言葉

ベゴニアの英語版の花言葉も色ごとに異なり、色から連想される花言葉が付けられています

  • ピンク、赤「愛」「ロマンス」
  • 白「無邪気さ」「純粋」
  • 黄色「幸福」「富」
  • オレンジ「幸福」「満足」
  • 青紫「情熱」「芸術性」
花束の通販

ベゴニアは誕生花の花なの?

ベゴニアは10月18日」「11月17日」「11月29日」「12月17日」の花言葉です。

ベゴニア全般10月18日11月29日12月17日
赤色のベゴニア11月17日

ベゴニアの名前の由来

ベゴニアの名前は、フランス人の「Michel Begon」(ミシェル・ベゴン)の名前が由来となっています。

ミシェル・ベゴンは当時フランスの植民地だったハイチの元知事で、植物コレクターでした。

英名の由来

ベゴニアの英名は「Perpetual begonia」(パーペチュアル ベゴニア)です。

由来は定かではありませんが、「Perpetual」は「途切れることのない、永久の、絶え間ない、四季咲きの」という意味があるため、ベゴニアが一年を通して花を咲かせることからつけられたと考えられます。

和名の由来

ベゴニアの和名は「四季咲きベゴニア」で、ベゴニアが一年を通して花を咲かせることに由来しています。

正式な学名

ベゴニアの正式な学名は「Begonia semperflorens」(ベゴニア センパフローレンス)で、つねに開花しているという意味があり、ベゴニアが開花時期が長いことに由来しています。

ベゴニアってどんな花?

原産国ブラジル
科・属シュウカイドウ科シュウカイドウ属(別名:ベゴニア属)
タイプ多年草
草丈20~60㎝
開花時期周年(品種により異なる)
旬の季節4月中旬~11月
花持ち日数10~14日
出回り時期周年

ベゴニアは品種もカラーバリエーションも豊富で、ほぼ1年中楽しめるお花です。

花や葉は厚みのある多肉質のものが多く、形は品種によって異なるので好みのものを探す楽しみもあります。

ベゴニアの代表的な品種は下記のとおりです。

  • 「ピンクレディ」茎が立ち上がるように伸び、豪華な咲き姿が特徴
  • カサブランカ」ベルベットのような葉と白い花が特徴の、世界最高峰と呼ばれる品種
  • 「ピンクミュージアム」ベビーピンクの花と、葉がリバーシブルなのが特徴

ベゴニアの風水

さまざまな品種があるベゴニアは、見ているだけで気分が上がるお花です。風水では「素直な心を育てる」「幸運のシンボル」とされています。

ピンクのベゴニアは恋愛運をアップする力を持っていると言われています。

またベゴニアの葉は厚みがある特徴的な形状をしていますが、これをコインとみなし、金運を引き寄せるいう説もあります。とくに玄関に置くと気の流れを正常に保ち、金運上昇が期待できます。

ベゴニアの飾り方

木立性のベコニアは開花期間が2か月も続き、長い期間お花を楽しむことができる人気の品種です。

淡いピンクやオレンジ色、透明感のある白色の花をまるでシャンデリアのように咲かせます。シンプルな花瓶に生ければ、ベゴニアだけで豪華な花瓶が出来上がります。

またベゴニアは葉にも個性があり、白やピンクの水玉模様や、鮮やかなオレンジの葉などバリエーション豊富です。お花を楽しむだけではなく、個性的な葉を観葉植物として飾るのもおすすめです。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES