アネモネの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

アネモネの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

アネモネの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 希望
  • あなたを愛します
  • 期待
  • 真実
  • はかない恋
  • 見放された
  • 待ち望む
  • 固い誓い
  • あなたを信じて待つ

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

アネモネの花言葉は「あなたを愛します」「はかない恋」 「見放された」

アネモネの花言葉は「あなたを愛します」「はかない恋」 「見放された」

アネモネには「あなたを愛します」「はかない恋」 「見放された」といった花言葉があります。

詳細は後述しますが、これらはギリシャ神話における悲しい愛の物語が由来となっています。

花束の通販

アネモネの花言葉は色によって違うの?

アネモネには赤・ピンク・オレンジ・黄・白・青・紫・黒などの色があり、色ごとに花言葉が異なります。

君を愛す
ピンク希望・待ち望む
真実・希望・期待
固い誓い
紫や黒あなたを信じて待つ

色によって花言葉が違うため、友人や恋人などにプレゼントする際は気をつけて選びましょう。

また、オレンジと黄色のアネモネは花言葉を持っていないので、意味を込めて贈りたい場合は他の色を選ぶことをおすすめします。

アネモネの怖い花言葉

アネモネには怖い意味の花言葉はありません

アネモネの花言葉の由来

アネモネの花言葉は、2つのギリシャ神話が由来となっています。

①女神アフロディーテの神話

アフロディーテはキューピッドが放った矢を受けたことで、少年アドニスに恋に落ちます。

しかし、アドニスは狩りをしているときに不慮の事故で死んでしまいました。

その際に流れたアフロディーテの涙やアドニスの血から、アネモネが咲いたと言われています。

②ゼフィロスの神話

西風の神であるゼフィロスは、フローラという花の女神と結婚していましたが、フローラの侍女である妖精アネモネに恋をしてしまいました。

フローラに禁断の愛がバレたゼフィロスは、アネモネを自分のそばに置いておくために、一輪の花に変えたとされています。

これらのギリシャ神話から、アネモネには「あなたを愛します」「はかない恋」 「見放された」といった、悲しい愛の花言葉がつけられました。

アネモネの花言葉に似ている花は?

アネモネと似た花言葉がついている花を紹介します。

「あなたを愛します」に似ている花

「はかない恋」に似ている花

 「見放された」に似ている花

アネモネの花言葉と真逆の意味の花

アネモネと真逆の意味の花言葉がついている花を紹介します。

「あなたを愛します」と真逆の意味を持つ花

  • 「私に触らないで」ホウセンカ(鳳仙花)
  • 「あなたが嫌いです」セキチク(石竹)
  • 「敵意」オトギリソウ(弟切草)
  • 「不信感」ラベンダー
  • 「憎しみ」黒いバラ

「はかない恋」と真逆の意味を持つ花

  • 「幸福な愛」ブルースター
  • 「恋の訪れ」「愛の訪れ」アガパンサス
  • 「枯れない愛」「燃える心」サボテン
  • 「永遠の愛」アイビー
  • 「純愛」ナデシコ(撫子)

 「見放された」と真逆の意味を持つ花

  • 「富」「成功」ハナビシソウ
  • 「栄光」「勝利」ジンチョウゲ(沈丁花)
  • 「密会」「勝利」グラジオラス
  • 「恋の喜び」アザレア
  • 「燃える神秘の愛」赤いガーベラ

【英語版】アネモネの花言葉

英語版でのアネモネの花言葉は「anticipation(期待)」「forsaken(見捨てられる・見放される)」で、日本語と大きな違いはありません。

花束の通販

アネモネは誕生花の花なの?

アネモネは、1月22日3月12日3月13日4月6日4月23日誕生花です。

また、以下のように一部の色のアネモネは月日が異なります。

2月15日4月2日
白と紫4月2日
3月5日4月4日

アネモネの名前の由来

アネモネはギリシャ語のアネモス(Άνεμος・anemos)が由来で「風」という意味です。

アネモネは「風の娘」という意味になります。

英名の由来

「アネモネ」は英名であり、ギリシャ語の「アネモス」が変化した言葉です。

また、風が良く当たるところに生え、春風に揺れる美しい姿から、「風の花」を意味する「wind flower(ウィンドフラワー)」とも呼ばれます。

和名の由来

アネモネの和名は「ボタンイチゲ(牡丹一華)」「ハナイチゲ(花一華)」「ベニバナオキナグサ(紅花翁草)」です。

ボタンイチゲ(牡丹一華)という和名は、まるで牡丹(ボタン)のような華が一輪咲くことに由来しています。

正式な学名

アネモネの正式な学名は「Anemone coronaria(アネモネ・コロナリア)」で「花冠」という意味です。

アネモネってどんな花?

原産地ヨーロッパの地中海沿岸部
科・属キンポウゲ科・アネモネ属
タイプ多年草
花のサイズ4~8cmほど
香り多種多様な香り
草丈15~50cmほど
開花時期3月~5月
旬の季節春~初夏
花持ち日数約1週間
出回り期間2月~4月

アネモネはヨーロッパの地中海沿岸部を原産地とする多年草で、春〜初夏にかけて旬を迎えます。

春の訪れを感じられる花ですので、春先に飾ったり贈ったりすると季節感を堪能できるでしょう。

また、アネモネは100以上の種類があり、品種ごとに香りが異なるのが特徴です。

シトラス、ハーバル、スパイシー、フルーティーなど、バラエティーに富んだ香りが楽しめます。

アネモネの風水

複数の色があるアネモネの中でも、赤いものには風水の効果があると言われています。

赤のアネモネは金運と健康運のエネルギーを持っているとされているので、運が水によって流れやすいバスルームに飾ると、運が家から流れ出るのを防いでくれます

また、赤色には陽の気を一か所に留めておくパワーがあるため、陰の気が貯まりやすいトイレに飾るのも良いでしょう。

アネモネの飾り方

アネモネは花の直径が4〜8cmほどと大ぶりですので、1輪だけでも充分に見応えがあります。

スペースが確保できるなら一輪挿しがおすすめで、アネモネの美しさを存分に楽しめます

机や棚などに置くところがない場合は、壁に吊るすタイプの花瓶を使うとデッドスペースを有効活用できるでしょう。

アネモネは光に敏感で、明るい場所で花が開き、暗くなると閉じるという性質を持っています。

また、暖かい場所に飾るとすぐに開いてしまうため、できるだけ涼しくて日が直接当たらないところに飾ると長く楽しめます

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES