ブルースターの花言葉は?「幸せな愛」以外にある?

誕生花

BIRTH
FLOWER

ブルースターの花言葉は?「幸せな愛」以外にある?は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

ブルースターの花言葉は?「幸せな愛」以外にある?の花言葉は以下になります。

  • 望郷
  • 幸福な愛
  • 信じあう心
  • 星の精
  • 早過ぎた恋
  • 身を切る想い

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

ブルースターの花言葉は「幸せな愛」「信じ合う心」「望郷」「星の精」「早過ぎた恋」「身を切る想い」

ブルースターには、幸せな愛、信じ合う心、望郷、星の精、早過ぎた恋、身を切る想い、など多くの花言葉があります。

ブルースターはウエディングブーケなどにも使われることが多く、花言葉からも、結婚式にうってつけの花です。

欧米では、男の子の誕生祝いにブルースターを贈る習慣があるといわれています。

なお、ブルースターは、3月8日4月14日、6月14日の誕生花とされています。この日に誕生日を迎える男性に、ブルースターの花束やアレンジメントをプレゼントしてはいかがでしょうか。

「ブルースター」の基本情報

花束の通販

ブルースターの特徴

ブルースターはキョウチクトウ科トゥイーディア属(ルリトウワタ属)の植物です。また、ガガイモ科に分類されることもあります。

別名、オキシペルタムトゥイーディア(ツイーディア)とも呼ばれます。和名はルリトウワタ瑠璃唐綿です。

ブルースターはブラジルやウルグアイといった南米が原産です。なお、日本では、本種ルリトウワタが高知県の特産品となっています。

透きとおるような美しい青色の花色が特徴で、5枚ある花弁の形が星のように見えることから、ブルースターと名付けられました

清楚で美しい花姿であること、何か青いもの(サムシング・ブルー)を身に着けると幸せになれるという西洋の言い伝えから、ウエディングブーケにもよく使われる花です。

英単語を組み合わせた名称であるものの、英語圏でブルースターと呼ばれることはほとんどなく、トゥイーディア(Tweedia)が使われるのが一般的です。

花期は5月~10月頃と長く、可憐なピュアブルーがガーデンを彩ります。

ブルースターは花終わりに近づくと色が濃くなる

ブルースターは透明感のあるライトブルーの花色が印象的ですが、花が終わりに近づいてくると、徐々に色が濃くなります。

そのため、切り花などを購入するときは、花色が濃いものではなく、なるべく透きとおるような明るいブルーの花を選ぶのがおすすめです。

「ピンクスター」や「ホワイトスター」も存在する

ブルースターのほかに、「ピンクスター(ローズスター)」や「ホワイトスター」と呼ばれる品種も存在します。

花色がピンク、ホワイトのものをそれぞれのカラー名で呼んでいます。

ブルースターは、ほかの花に添えるとアクセントになりますが、同種の異なるカラー同士を組み合わせて、星をたくさん集めたような、かわいいアレンジメントに仕上げるのもおすすめです。

ブルースターの育て方や管理のポイント

ブルースターは南米原産であり、暑さに強いため、高温でもよく生育します

比較的育てやすい植物で、鉢植え、プランター、地植えなど、さまざまな栽培方法に向きます。

日光を好むので、日あたりの良い場所で育てましょう

一方、過湿を嫌うため、水はけの良い土壌で育てることが大切です。ただし、適度に保水が必要なため、土の表面が乾いたら、たっぷり水をあげましょう。

屋外で育てる場合、梅雨などの長雨の時期は注意が必要です。

ブルースターは耐寒性があり、寒さに強い種類であるものの、寒冷地では霜よけ対策をしましょう。

冬は地上部が枯れますが、あたたかくなると、再び芽を出します。

また、ブルースターは種まきのほか、挿し木で増やすことも可能です。

【ブルースターの基本的な栽培方法】

  • 種まき…4月~5月
  • 植え付け…4月~7月
  • 植え替え…3月~4月
  • 開花期…5月~10月
  • 肥料やり…5月~10月
  • 挿し木…6月~9月

「ブルー スター」の品種や種類

ブルースターの品種には、次のような種類があります。

  • ピンクスター(ローズスター)
  • ホワイトスター
  • ピュアブルー

ピンクスターやホワイトスターは、前述の通り、花弁の色がブルーではなく、ピンクまたはホワイトのタイプです。

ピュアブルーは、ブルースターと同じ、透明感のある青色の花弁を5枚持つ花ですが、よく見ると花弁の形が異なります。

ブルースターが細長い花弁であるのに対し、ピュアブルーは丸みのある、やや太めの花弁が特徴です。

また、ピュアブルーの方が水揚げおよび花持ちが良いというメリットがあります

「ブルースター」の豆知識

ブルースターは、茎を切り戻すと、切り口から粘性の白い乳液が出ます。そのため、茎をカットしたときは、よく水で洗い流しましょう。

乳液が残っていると、水揚げが悪くなるため、注意が必要です。

また、乳液が肌にふれると、敏感な方はかぶれたり、炎症がおきたり、などの可能性があります

したがって、茎を切り戻す際に乳液が肌に付着した場合は、水でよく洗い流してください。

まとめ

ブルースターは、その名の通り、青色の星形が特徴の花です。

透き通るような美しいブルーのカラーは、眺めているだけで幸せな気持ちになります。見た目もかわいらしく、ウエディングや誕生祝いにもぴったりの花ではないでしょうか。

花束やアレンジメントを贈る際は、ぜひブルースターを取り入れるのをおすすめします。

花のギフト通販サイトのHanaPrime(ハナプライム)では、おしゃれなフラワーギフトを多数取り扱っているので、ぜひご利用ください。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES