ブバリアの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

ブバリアの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

ブバリアの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 情熱
  • 空想
  • 交流
  • 清楚
  • たゆまぬ情熱
  • 幸福な愛
  • 親交
  • 誠実な愛

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

ブバリアの花言葉は「交流」「空想」「誠実な愛」「幸福な愛」「夢」「情熱」

ブバリアの花言葉「交流」「空想」「誠実な愛」「幸福な愛」「夢」「情熱」です。

「交流」「空想」「夢」「情熱」の花言葉には、ブバリアを交配させ、さまざまな品種を生み出してきた園芸家たちの熱い思いが込められています。

ブバリアには愛を象徴する花言葉もあり、ウェディングブーケの定番として使用されることも多いお花です。

ブバリアが誕生した経緯から、花嫁のためのお花と呼ばれることもあります。

花束の通販

ブバリアの花言葉は色によって違うの?

ブバリアは多くの品種があり、花の色によって花言葉に違いがあります。

  • ピンクのブバリア「夢」「愛の誠実」「情熱」
  • 赤色のブバリア「たゆまぬ情熱」
  • 白色のブバリア「交流」「親交」「清楚」

ブバリアの怖い花言葉

ブバリアに怖い花言葉はありません

ブバリアは多くの園芸家が長きにわたる研究の末に誕生させたお花です。そのため、花言葉にはポジティブな意味が込められています。

ブバリアの花言葉の由来

「交流」「空想」「夢」「情熱」には、ブバリアを誕生させるために研究を続けた園芸家たちの思いが由来になったと言われています。

園芸家たちの熱い情熱と深い愛で誕生したブバリアは、交配種も多く存在します。そのため、「誠実な愛」「幸福の愛」といった愛が込められた花言葉もつけられました。

「愛」や「交流」といった誰かとの結びつきを大切にする花言葉から「花嫁のための花」として親しまれるようになりました。

ブバリアの花言葉に似ている花は?

「交流」という花言葉に似ている花

「空想」という花言葉に似ている花

  • 「回想」バイカウツギ
  • 「追想」ストケシア
  • 「妄想」カンナ

「誠実な愛」という花言葉に似ている花

  • 「あなたを愛します」エキザカム
  • 「大切なあなた」ミセバヤ
  • 「果てしなき愛」ミニバラ

「幸福な愛」という花言葉に似ている花

「夢」という花言葉に似ている花

  • 「甘い夢」エゾギク
  • 「願い事」ベンタス

「情熱」という花言葉に似ている花

  • 「熱情」レモン
  • 「情熱の燃える言葉」フェイジョア
  • 「切望」クロッカス

ブバリアの花言葉と真逆の意味の花

マツバギクには「怠惰」という花言葉があり、ブバリアの花言葉である「情熱」とは真逆の意味をもっています。

また、ブバリアの花言葉「誠実な愛」「幸福な愛」に相反するものとしては、スカオビサやクロッカスの花言葉「不幸せな愛」などがあります。

どちらもマイナスの印象を与えてしまう花言葉ですので、相手へ贈る際には注意が必要です。

【英語版】ブバリアの花言葉

英語のブバリアの花言葉は、「enthusiasm(エンスージアズム)」です。熱意や情熱といった意味があります。

日本と由来は一緒であり、園芸家たちの情熱にちなんでつけられました。

花束の通販

ブバリアは誕生花の花なの?

バブリアは、色によって誕生花の日付に違いがあります。

赤色のバブリア10月10日10月30日
白色のバブリア9月10日11月4日11月6日12月26日
ピンクのバブリア6月20日10月18日11月10日

切花として周年出回っているお花ですので、大切な人へのプレゼントとしてもおすすめです。

ブバリアの名前の由来

ブバリアの名前は、ブバルディアとも呼ばれており、フランス王室の庭園長であったシャルル・バブールが由来です。

英名の由来

ブバリアの英名「bouvardia」です。

フランス王室の庭園長であり、ルイ13世の従医であったシュルル・ブバールさんの名前が由来になっています。

和名の由来

ブバリアの和名は「管丁字(かんちょうじ)」です。

香辛料として使用される丁字と呼ばれる植物の形に似ていることが由来となっています。

丁字の花も、ブバリアの花もラッパのような小さな花を咲かせます。

正式な学名

バブリアの正式な学名は「bouvardia」です。

ブバリアってどんな花?

原産国熱帯アメリカ メキシコ
科・属アカネ科ブバルディア属
タイプ低木
花のサイズ約1㎝
香りほのかに甘い香り
草丈(樹高)50~100m程
開花時期10月~12月
旬の季節秋~冬
花持ち日数約7日間
出回り時期オールシーズン

ブバリアは四角形の蕾から、4つの花びらを咲かせる可憐で美しいお花です。

寒さには弱いため、日本ではあまり栽培されていません。温暖な地域で栽培されており、切花としてオールシーズン楽しむことができます。

咲いた花が十字架のような形をしていたり、花言葉の意味からウェディングブーケに使用されることが多いお花でもあります。

現在でもブバリアの研究は進められており、ハイブリッドと呼ばれる品種も誕生しています。

ブバリアの風水

ブバリアを部屋に飾るときは、北の方角に飾るのがおすすめです。

ブバリアは白色や淡い色合いが特徴のお花です。白色は悪い気を浄化させる効果があると言われています。

家族関係で悩んでいる・好きな人との関係性が上手くいかないなどの悩みがある際には、ブバリアをいれたフラワーアレンジを飾ってみるといいでしょう。

ブバリアの飾り方

オールシーズン出回っているお花ですので、いつでもフラワーアレンジメントに取り入れることが可能です。

ブバリアだけの花束は、儚く美しい印象を与えます。淡い色合いのため、どんなお花ともケンカせずになじむこともできるでしょう。

花言葉の意味を考えながら、好きな人への花束や自分が花嫁になるときのウェディングブーケとしてブバリアのアレンジを楽しんでみてください。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES