ミニバラの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

ミニバラの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

ミニバラの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 奇跡
  • 爽やかさ
  • 一時の感銘
  • 輝かしい
  • 満足
  • 愛を持つ
  • 内気な愛らしさ
  • 猛烈な恋
  • 無意識の美
  • 果てしなき愛
  • 特別の功績
  • 神様からの祝福
  • 情熱
  • 薄らぐ愛
  • 私はあなたにふさわしい
  • 誇り
  • 愛情
  • 嫉妬
  • 無邪気
  • 尊敬
  • 清らかな愛
  • 純粋
  • 気品

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

ミニバラの花言葉は「特別の功績」「果てしなき愛」「無意識の美」

ミニバラ花言葉には「特別の功績」「果てしなき愛」「無意識の美」という意味があります。

「特別な功績」は、何かに打ち込んで努力している方にとって、大きな励みとなる花言葉です。

パートナーや友人、仕事仲間など、大切な誰かを応援したいときに贈れば、きっと喜ばれるでしょう。

また「果てしなき愛」や「無意識の美」は、愛する方への贈り物にも向いています。

花束の通販

ミニバラの花言葉は色によって違うの?

ミニバラの花言葉は、それぞれの色によって違います

  • 赤:「愛情」「情熱」「猛烈な恋」「内気な愛らしさ」
  • 白:「清らかな愛」「純粋」「尊敬」「私はあなたにふさわしい」
  • 黄:「薄らぐ愛」「嫉妬」
  • 青:「神様からの祝福」「奇跡」
  • 紫:「誇り」「尊敬」「気品」
  • ピンク:「愛を持つ」「満足」「輝かしい」「一時の感銘」
  • オレンジ:「無邪気」「爽やかさ」

このように、同じミニバラでも、色によって随分と花言葉が違います。

そのため、ミニバラをプレゼントで贈るときは、色も意識して選ぶのがおすすめです。

例えば、恋人に贈る場合は「愛情」の意味を持つ赤やピンク、父の日や母の日には「尊敬」の意味を持つ、紫や白を贈るなど、相手のことをイメージするとよいでしょう。

また、黄色のミニバラの花言葉には、「薄らぐ愛」や「嫉妬」など、マイナスな意味が揃っているため、プレゼントで贈るのは避けたほうが無難かもしれません。

ミニバラの怖い花言葉

前項で紹介した通り、黄色のミニバラには「薄らぐ愛」「嫉妬」という、マイナスイメージの花言葉があります。

「薄らぐ愛」という花言葉からは、愛情が消えていくような、もの悲しさや寂しさを感じてしまいます。

さらに、「嫉妬」からは、悲しさや寂しさを超え、少し怖さを感じてしまいやすいです。

ミニバラの花言葉の由来

ミニバラは、大きなバラが主流であった、19世紀にヨーロッパで生まれた品種です。

長年の品種改良の末に誕生したバラであることから「特別の功績」という花言葉が名付けられたといわれています。

そして、19世紀から現代において長年愛されていることから「果てしなき愛」という花言葉が付けられたそうです。 

ミニバラの花言葉に似ている花は?

「特別の功績」という花言葉に似ている花

  • 「成功」カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)

「果てしなき愛」という花言葉に似ている花

「無意識の美」という花言葉に似ている花

  • 「繊細な美」ハイビスカス

ミニバラの花言葉と真逆の意味の花

「特別の功績」という花言葉と真逆の意味の花

  • 「絶望」マリーゴールド

「果てしなき愛」という花言葉と真逆の意味の花

  • 「孤独・寂しさ」エリカ
  • 「私の元へ戻って・もう一度愛して欲しい」黄色のスイセン
  • 「儚さ」シモツケ

「無意識の美」という花言葉と真逆の意味の花

  • 「愚か」オダマキ

【英語版】ミニバラの花言葉

英語版のミニバラの花言葉は「特別の功績」「果てしなき愛」「無意識の美」で、日本の花言葉との違いはないようです。

「果てしなき愛」は「Endless Love(エンドレスラヴ)」になります。

この美しい響きに心ときめく方も多いのではないでしょうか。

花束の通販

ミニバラは誕生花の花なの?

ミニバラ3月20日5月4日10月7日10月22日誕生花です。

ミニバラの名前の由来

ミニバラという名前は、その名の通り一般的なバラよりも、小さなバラであることが由来です。

英名の由来

ミニバラは、英語で「Miniature Rose(ミニチュア ローズ)」と呼ばれています。

英名も同じく、小さなバラであることが由来です。

和名の由来

ミニバラは、和名もそのまま変わらず「ミニバラ」です。

また、正式名称ではありませんが、別名で「姫バラ」と呼ばれることもあります。

正式な学名

ミニバラの正式な学名は「​​Rosa hybrids(ローザ ハイブリッズ)」です。

ミニバラってどんな花?

原産地ヨーロッパ、アジア、北アメリカ、中近東、アフリカ(一部)
科・属バラ科・バラ
タイプ多年草
花のサイズ約2cm
香りやさしく甘い香り
草丈約0.1〜1m
開花時期4月〜6月、9月〜11月頃
旬の季節春、秋
花持ち日数約5日〜10日(切り花の場合)
出回り時期

ミニバラは、バラ科・バラ属の落葉低木です。

一般的なバラよりもコンパクトな株で、小さく可憐な花をたくさん咲かせます。

ピンク、オレンジ、白、黄色など、カラーバリエーションが豊富なことも、特徴のひとつです。

あまり香りがしない品種もありますが、やさしく甘い香りがする品種も増えています。

ミニバラは、バラが持つゴージャス感とかわいらしさの両方を併せ持つ、魅力的な花です。

鉢植えはもちろんですが、フラワーブーケやアレンジメントでも人気があります。

なお、ミニバラは多年草なので、鉢植えや地植えの場合は、丁寧に手入れをすれば毎年花を楽しむことができます

ミニバラの風水

ミニバラの風水効果は「決断力を上げること」「悪い運気を払うこと」だといわれています。

ミニバラの葉やトゲには、邪気を払う効果が期待できるため、「気」の出入りが激しい玄関先や、窓際に置くのがおすすめです。

また、ミニバラ色によっても、それぞれ違う効果が期待できるといわれています。

恋愛にもっと前向きになりたい時はピンク、金運をアップさせたい時は黄色、更なる決断力を高めたい時は赤やオレンジを置くとよいでしょう。

ミニバラの飾り方

ミニバラは小ぶりではありますが、バラの華やかさや高貴さを感じさせてくれる、とても存在感のあるお花です。

そのため、ミニバラ一輪挿しでも、十分お部屋を素敵に彩ってくれます

一輪挿しの場合は、小ぶりで高さが低めのフラワーベースや、シュッと細く縦に長いフラワーベースがおすすめです。

思い切りゴージャスで優雅な空間を演出したい場合は、大胆に数十本ほどのミニバラを飾るのも良いと思います。

まるで海外のおしゃれな洋館にいるような、華やいだ気分に浸れることでしょう。

また、ミニバラは、トルコキキョウやかすみ草など、他の花との相性も抜群です。

いくつかの花とミックスして飾ることで、より素敵なオーラを放ってくれます。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES