ハナニラの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

ハナニラの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

ハナニラの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 悲しい別れ
  • 耐える愛
  • 恨み
  • 卑劣
  • 愛しい人
  • 星に願いを

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

ハナニラの花言葉は「悲しい別れ」「卑劣」「愛しい人」「耐える愛」「星に願いを」「恨み」

ハナニラの花言葉は「悲しい別れ」「卑劣」「愛しい人」「耐える愛」「星に願いを」「恨み」

ハナニラには、「悲しい別れ」「卑劣」「愛しい人」「耐える愛」「星に願いを」「恨み」という意味の花言葉があります。

可愛らしい花からは想像しにくいネガティブな花言葉が多くついているので、プレゼントにする際は、他の花と一緒に花束やアレンジメントにするのがおすすめです。

花束の通販

ハナニラの花言葉は色によって違うの?

ハナニラには、色の違いによって異なる花言葉があります。

「悲しい別れ」「耐える愛」
紫・青「恨み」「卑劣」
ピンク「愛しい人」「星に願いを」

ハナニラの怖い花言葉

紫や青のハナニラは、「恨み」「卑劣」という花言葉を持っています。

ハナニラの葉をちぎったり、球根を傷つけるとニラのようなキツイ匂いがすることからつけられました。

また、繁殖力が強いことから、扱いづらい植物だと思われていたことに由来するとの説もあります。

ハナニラの花言葉の由来

ハナニラの花言葉の由来を、それぞれの言葉別に紹介します。

「悲しい別れ」

ハナニラの薄い紫や青、白などのはかなげな色合いが、悲し気な印象であることに由来します。

「恨み」「卑劣」

葉をちぎったり、球根を傷つけるとニラのような匂いがすることからつけられました。

「耐える愛」「愛しい人」

ハナニラの球根が寒い冬を耐えて、春に美しい花を咲かせることにちなんでいます。

「星に願いを」

星のような形をした花の姿に由来します。

ハナニラの花言葉に似ている花は?

ここでは、ハナニラに似た意味合いの花言葉を持つ花を紹介します。

「悲しい別れ」に似ている花言葉

「耐える愛」に似ている花言葉

  • 「何も求めない」オキナグサ
  • 「さびしい恋」黄色のストック
  • 「献身的な愛」ラベンダー
  • 「私を無視しないで」ガマズミ
  • 「寂しさに耐える」カタクリ

「恨み」に似ている花言葉

「愛しい人」に似ている花言葉

ハナニラの花言葉と真逆の意味の花

ここでは、ハナニラとは真逆の意味の花言葉を持つ花を紹介します。

「悲しい別れ」と真逆の意味の花言葉

  • 「いつまでもあなたと一緒」アングレカム
  • 「予期せぬ出会い」黄色のゼラニウム

「耐える愛」と真逆の意味の花言葉

  • 「長すぎた恋愛」リアトリス
  • 「破れた恋」黄色のキク

「恨み」と真逆の意味の花言葉

「愛しい人」と真逆の意味の花言葉

  • 「離れゆく愛」ハス
  • 「私はあなたの愛を信じない」白いゼラニウム

【英語版】ハナニラの花言葉

ピンク色のハナニラの英語版の花言葉は「Wish Upon a Star(星に願いを)」です。

ハナニラの6枚の花びらが、星の形に見えることからつけられました。

花束の通販

ハナニラは誕生花の花なの?

ハナニラは2月22日2月23日3月26日誕生花です。

ハナニラの名前の由来

ハナニラの名前は、葉が野菜のニラに似ていて、美しい花を咲かせることに由来します。

英名の由来

ハナニラの英名は「Spring Starflower(スプリング・スターフラワー)」です。

春に星のような形の花を咲かせることから、「春」を意味する「Spring(スプリング)」 と、「星の花」を意味する「Starflower(スターフラワー)」を組み合わせた名前がつけられました。

和名の由来

ハナニラは漢字で「花韮」と書き、葉が野菜のニラに似ていることに由来します。

また、ニラが成長するとツボミがついて「花ニラ」と呼ばれる野菜になります。

ハナニラと花ニラは同じ名前ですが、別の植物であり、ハナニラは観賞用のため食べられません。

見分け方のポイントは、ハナニラは1本の茎に1輪の花を咲かせるのに対して、花ニラは複数の花をつけることです。

正式な学名

ハナニラの正式な学名は「Ipheion uniflorum(イフェイオン ユニフロルム)」です。

「Ipheion」は、ハナニラが分類されているイフェイオン属を意味します。

「uniflorum」は、ラテン語で「1輪の花」という意味があり、ハナニラが1本の茎に1輪の花をつける姿からつけられました。

ハナニラってどんな花?

原産国南アメリカ
科・属ネギ科・ハナニラ属(イフェイオン属)
タイプ多年草の球根植物
花のサイズ2cm~3cm程度
香り葉や球根を傷つけると、ニラやネギのような香りがする
草丈15~25cm程度
開花時期2月~4月
旬の季節
花持ち日数2日~3日程度
出回り時期9月~11月(球根)

ハナニラは、学名のイフェイオンやアイフェイオンの名前で呼ばれることもあります。

明治時代に観賞用として持ち込まれ、強い繁殖力で日本に根付いた花です。

花の色は白や薄紫色、青色が主流ですが、ピンクや黄色の品種もあります。

植えっぱなしにしておいても育つほど丈夫で手間がかからないため、園芸初心者にもおすすめです。

野菜の「花ニラ」と同じ名前ですが、観賞用のハナニラは有毒で食べられませんので注意してください。

ハナニラの風水

風水では、生花を飾ると運気を上げる効果があると言われています。

ハナニラを代表する3つの色と風水の効果についてまとめました。

  • 紫色:落ち着きや冷静な判断をもたらし、仕事運アップが期待できます。
  • 水色:気の流れをスムーズにするので、リフレッシュ効果が期待できます。
  • 白色:浄化を象徴する色で、仕事や人間関係などの悩みに効果的です。

また、白色は他の色を補助する役割がありますので、白色のハナニラと他の色を組み合わせて飾るのもおすすめです。

ハナニラの飾り方

淡い色が多いハナニラは、白や透明などの花器に活けると優しい色合いや星形の花が際立ちます。

植木鉢やプランターにムスカリやスノードロップ、チューリップなどと寄せ植えにすると、春の暖かい陽気やワクワクする気分を感じられるでしょう。

また、ハナニラは、水はけが良く、日当たりが良い土地から半日陰の土地でよく育ちます。

乾燥に強く、土がカラカラに乾いていなければ、水やりをしなくても大丈夫なほどです。

グランドカバーとして、庭一面にハナニラの花が咲いている様子は圧巻です。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES