ホウセンカ(鳳仙花)の花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

ホウセンカ(鳳仙花)の花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

ホウセンカ(鳳仙花)の花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 快活
  • 心を開く

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

ホウセンカ(鳳仙花)の花言葉は「快活」「心を開く」

ホウセンカ(鳳仙花)には、「快活」「心を開く」という意味の花言葉があります。

熟したホウセンカ(鳳仙花)には、触れただけで、種を周りにはじき飛ばしてしまう性質があります。

「快活」という花言葉は、ホウセンカ(鳳仙花)の種がはじき飛ぶ様子を元気な姿として、とらえたものです。

「心を開く」という花言葉は、ギリシャ神話に由来しています。

昔、とある女神が無実の罪を着せられ、地上へ追放されました。

地上へ降りた後も女神は無実を訴え続けましたが、その言葉が届くことはなく、女神は息を引き取ってしまいます。

女神を憐れんだ花の精は、息絶えた女神を花の姿へと変えた花が、ホウセンカです。

花束の通販

【英語版】ホウセンカ(鳳仙花)の花言葉

【英語版】ホウセンカ(鳳仙花)の花言葉は、「impatience(短気)」「ardent love(燃えるような)」です。

ホウセンカ(鳳仙花)は、英語で【Rose balsam】【Touch‐me‐not】と言います。

「impatience(短気)」という花言葉は、「Touch‐me‐not」の直訳「私に触れないで」に由来しています。

「ardent love(燃えるような)」という花言葉は、ホウセンカ(鳳仙花)の真っ赤な花の色になぞらえたものだと言われています。

ホウセンカ(鳳仙花)の花言葉は色によって違うの?

ホウセンカ(鳳仙花)の花の色は、赤色・ピンク色・紫色・白色など様々ですが、色によって花言葉に違いはありません。

ホウセンカ(鳳仙花)の花言葉に似ている花は?

「快活」という花言葉に似ている花

「心を開く」という花言葉に似ている花

  • 「閉ざした心を開く」リューカデンドロン
  • 「あなたを慕う」ブッドレア
  • 「あなたに打ち明ける」ビワ
  • 「あなたと一緒なら心がやわらぐ」ペチュニア

ホウセンカ(鳳仙花)の花言葉と真逆の意味の花

ムスカリは、「快活」の逆の「悲しみ」「憂鬱」という花言葉を持ちます。

同じく、アネモネやハスも「悲しみ」という花言葉を持ちます。

ホウセンカ(鳳仙花)は誕生花の花なの?

ホウセンカ(鳳仙花)は8月27日9月8日9月18日誕生花です。

ホウセンカ(鳳仙花)の名前の由来

花の形が中国神話に登場する鳳凰に似ていることから、「ホウセンカ(鳳仙花)」と名づけられました。

英名の由来

ホウセンカ(鳳仙花)の英語名は「Impatiens(インパチェンス)」です。

ラテン語で「せっかちな」という意味の「impatiente」に由来しています。

花束の通販

和名の由来

ホウセンカ(鳳仙花)の和名は、「ツマクレナイ」「ツマベニ」です。

ホウセンカ(鳳仙花)の花で、爪を赤く染めていたことに由来しています。

正式な学名

ホウセンカ(鳳仙花)の正式な学名は「Impatiens balsamina(インパティエンス バルサミナ)」です。

ホウセンカ(鳳仙花)ってどんな花?

原産国東南アジア
科・属ツリフネソウ科・ツリフネソウ属
タイプ一年草
花のサイズ2~3㎝程
香り草むらのような自然な香り
草丈30~60㎝程
開花時期6月~9月
旬の季節
花持ち日数1~2週間程度
出回り時期初夏(5月頃)

ホウセンカ(鳳仙花)は、1本の花茎に2~3輪前後の花をつける、種子植物です。

最大の特徴は、ホウセンカ(鳳仙花)の熟した実に触れると、種がはじけ飛ぶという性質を持っていることです。

この特殊な性質から、小学校の教材としても使用されています。赤色・ピンク色・紫色・白色の花が咲き、種を植えてから、約2カ月程度で開花します。

ホウセンカ(鳳仙花)に毒性はありません。

ホウセンカ(鳳仙花)の飾り方

ホウセンカ(鳳仙花)は、丈夫で暑さに強いため、園芸用の花として人気があります。

花壇や庭などに植えることがおすすめです。

ホウセンカ(鳳仙花)の切り花を飾るときは、日当たりのよい場所に花瓶を置くと、長持ちします。


胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES