カスミソウ(かすみ草)の花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

カスミソウ(かすみ草)の花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

カスミソウ(かすみ草)の花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 幸せ(幸福)
  • 感謝
  • 感激
  • 親切
  • 清らかな心
  • 切なる願い
  • 無邪気
  • 純潔

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

カスミソウ(かすみ草)の花言葉は「感謝」「親切」「幸福」

カスミソウの花言葉感謝」「親切」「幸福」です。

小さな花が集まって咲く繊細で可らしい様子からつけられた花言葉は温かい印象のものが多く、大切な人やお世話になった人に感謝のしるしとしてプレゼントするのにぴったりの花だと言えるでしょう。

記念日に贈るのも良いですが、特に何でもない日に「いつもありがとう」という気持ちを込めてカスミソウのブーケを贈るのも素敵ですね。

花束の通販

カスミソウの花言葉は色によって違うの?

カスミソウといえば白い花のイメージですが、ピンクの花を咲かせる品種もあります。

また、着色液で染められた水色や紫、赤のものもあり、以下のようにそれぞれ花言葉が違います。

  • 白のカスミソウは「純潔」
  • ピンクのカスミソウは「切なる願い」
  • 水色のカスミソウは「無邪気」
  • 紫のカスミソウは「清らかな心」
  • 赤のカスミソウは「感激」

カスミソウの怖い花言葉

カスミソウには特に怖い花言葉はありません。

ただ、カスミソウはお葬式やお通夜などお別れの席でお供えに使われることも多いため、何となく怖いイメージを持つ人もいるようです。

しかしお別れのシーンでカスミソウが使われるのは清らかに美しく故人をお見送りしたいという意図によるものであり、特に良くない意味があるわけではありません

カスミソウの花言葉の由来

カスミソウの「感謝」「親切」という花言葉は、ふわふわとした可らしい小さな花が優しい情を感じさせることや、どんな花とも合わせやすく良い引き立て役になってくれることからつけられたと言われています。

また、カスミソウは結婚式で花嫁が持つブーケや会場の飾り付けによく使われることから「幸福」という花言葉がつけられました。

カスミソウの花言葉に似ている花は?

感謝」という花言葉を持つ花

「親切」という花言葉を持つ花

「幸福」という花言葉を持つ花

カスミソウの花言葉と真逆の意味の花

カスミソウの花言葉「親切」と真逆の意味を持つ花言葉としては、アジサイの「冷淡」やレタスの「冷たい人」などがあります。

また、マリーゴールドの花言葉「絶望」やスカビオサの「私はすべてを失った」、アロエの「悲嘆」などはカスミソウの花言葉「幸福」と相反する意味だと言えるでしょう。

【英語版】カスミソウの花言葉

英語版のカスミソウの花言葉は「purity of heart(心の純粋さ)」または「innocence(純潔)」です。

どちらも日本の花言葉と同じく、カスミソウの花の清らかでピュアな印象からつけられたと考えられます。

花束の通販

カスミソウは誕生花の花なの?

カスミソウは2月3日4月4日」「5月21日」「6月1日」「11月30日誕生花です。

また、色別に誕生花にもなっています。

4月4日
ピンク4月12日6月4日

カスミソウは元々は初夏に咲く花ですが、現在ではハウス栽培などにより一年を通して生花店に置かれているので、バースデープレンゼントに贈るのにぴったりです。

カスミソウの名前の由来

英名の由来

カスミソウの英名は「Baby’s breath(赤ちゃんの吐息)」です。

カスミソウの小さな可らしい花がまるで赤ちゃんの吐く息のようだ、という由来でつけられました。

和名の由来

カスミソウは漢字で「霞草」と書き、白くてふんわりした花が春霞を思わせるためその名がつけられました。

ナデシコ科のカスミソウには「ムレナデシコ」という別名もあり、小さな花が群れて咲くナデシコという意味でつけられたと言われています。

正式な学名

カスミソウの正式な学名は「Gypsophila」です。

カスミソウは石炭質の土壌を好んで咲くため、ギリシャ語で「石膏」という意味の「gipsos」と「〜を好む」という意味の「phila」を組み合わせて学名がつけられました。

カスミソウってどんな花?

原産国ヨーロッパ一帯、アジア
科・属ナデシコ科カスミソウ属
タイプ一年草または宿根草
花のサイズ5mm〜1cm
香り独特のツンとくる香り
草丈20〜50cm
開花時期5〜9月
旬の季節5〜7月
花持ち日数約10日
出回り時期通年

カスミソウは花束には欠かせない花であり、その控えめで可憐な雰囲気で日本人にされてきた花でもあります。

カスミソウの品種は実は100〜150種ほどあり、一年だけで枯れる一年草タイプや、冬になると一度枯れるけれど春になるとまた芽を出す宿根草タイプがあります。

花束によく使われるのは宿根草タイプで水揚げがよく、10日ほど花持ちするので長く楽しむことができます。

カスミソウの風水

カスミソウのような白い花には場を浄化する効果があるため、家の中に飾ると家族のイライラや怒りをおさめてくれます。

またリラックス効果もあるため、玄関に飾ると家族に家に帰ってきた幸せとくつろぎを感じさせてくれるでしょう。

カスミソウの飾り方

控えめでらしいカスミソウはどんな花とも相性が良く素敵なアレンジになりますが、カスミソウを主役にして飾るときは同じく繊細なイメージのデルフィニウムなどと一緒にすると優しい印象になります。

花の小さいスプレータイプのバラや白や緑のアジサイとも相性が良く、ロマンチックな雰囲気に仕上がるのでおすすめです。

花器は透明なガラスのものや、淡い色の陶器のものがよく似合います。

カスミソウは簡単にドライフラワーにできるため、他の花が枯れた後もカスミソウだけ抜き出して吊るしておくとらしい花を長く楽しむことができます。


胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES