クチナシの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

クチナシの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

クチナシの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 喜び
  • とても幸せです
  • 洗練

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

クチナシの花言葉は「とても幸せです」「洗練」「喜びを運ぶ」

クチナシの花言葉は「とても幸せです」「洗練」「喜びを運ぶ」です。

ポジティブな花言葉を持つので、大切な人へのプレゼントとしても喜ばれるでしょう。

実際に、アメリカではパートナーをダンスへ誘うときのプレゼントとして使われる花です。

また、日本では精神安定効果を期待できる漢方薬や和菓子の染料としても使用されます。

初夏の訪れとともに甘く優しい香りを届けてくれるので、庭に植えたり家に飾ったりするのもおすすめです。

花束の通販

クチナシの花言葉は色によって違うの?

クチナシの花言葉は色による違いがありません

なお、花の色は白のみです。

クチナシの怖い花言葉

クチナシには、怖い花言葉はありません

クチナシの花言葉の由来

「とても幸せです」は、パートナーへクチナシを贈るアメリカの習慣からつけられました。

「洗練」は、混じりけのない純白な花を咲かせる様子が由来です。

「喜びを運ぶ」は、クチナシの花が甘い香りを運んでくれることに由来しています。

クチナシの花言葉に似ている花は?

クチナシの花言葉に似ている花は、以下のとおりです。

「とても幸せです」の花言葉に似ている花

「洗練」の花言葉に似ている花

「喜びを運ぶ」の花言葉に似ている花

  • 「幸福を告げる」カランコエ
  • 「幸せが飛んでくる」コチョウラン
  • 「永遠の喜び」スイートピー

クチナシの花言葉と真逆の意味の花

クチナシの花言葉と真逆の意味の花を紹介します。

「とても幸せです」の花言葉と真逆の意味の花

  • 「不幸な恋」スカビオサ
  • 「不幸な愛」マツムシソウ
  • 「絶望」マリーゴールド

「洗練」の花言葉と真逆の意味の花

「喜びを運ぶ」の花言葉と真逆の意味の花

  • 「深い悲しみ」アリウム
  • 「別れの悲しみ」キンセンカ
  • 「裏切りの恋」オキナグサ

【英語版】クチナシの花言葉

クチナシの英語版の花言葉は「I’m Too Happy(とても幸せです)」と「Transport of Joy(幸せを運ぶ)」です。

アメリカのダンスパーティーでは、パートナーにクチナシの花を贈る習慣があります。

「I’m Too Happy」は、プレゼントされた側の気持ちを表してつけられました。

「Transport of Joy」は、贈った側を表現したことが由来とされています。

花束の通販

クチナシは誕生花の花なの?

クチナシは3月19日4月29日5月6日6月7日、6月30日の誕生花です。

クチナシの名前の由来

クチナシの名前の由来は諸説あり、熟しても割れない果実の様子から「口がない」と表現されたことに由来している説が有力とされています。

なお、日本で古くからいわれる「死人に口なし」ということわざとは関係ありません。

英名の由来

クチナシの英名は「Cape Jasmine(ケープ・ジャスミン)」と「Common Gardenia(コモン・ガーデニア)」です。

「Cape Jasmine」の「Cape」は南アフリカの地名で、かつて南アフリカがクチナシの原産国として誤認されていたことからつけられました。

なお、正式な原産国は日本をはじめ、中国やインドシナなどです。

また「Jasmine」は、ジャスミンのように甘い香りの花を咲かせることに由来しています。

「Common Gardenia」は、植物学者の「Alexander Garden(アレキサンダー・ガーデン)」が最初にクチナシの記録を取ったことからつけられました。

補足すると「Common」は「広く知れ渡った」という意味の英語です。

和名の由来

クチナシの和名は「クチナシ」で、下記のとおり由来には諸説あります。

  • 果実が熟しても割れないことから「口がない」に由来した説
  • 花のガクが鳥のくちばしに、果実が梨に似ていることから「口梨」に由来した説
  • 果実の突起がポットなどの注ぎ口に似ていることから「口を成す」に由来した説

正式な学名

クチナシの正式な学名は「Gardenia Jasminoides」です。

「Gardenia」は、植物学者の「Alexander Garden(アレキサンダー・ガーデン)」が初めてクチナシを記録したことからつけられました。

「Jasminoides」は、ジャスミンのような香りの花を咲かせることに由来しています。

クチナシってどんな花?

原産国日本、中国、台湾、インドシナなど
科・属アカネ科・クチナシ属
タイプ常緑低木
花のサイズ4~8cm
香り甘い香り
樹高1~2cm
開花時期5月下旬~7月中旬
旬の季節初夏~夏にかけて
花持ち日数2~3日
出回り時期6月初旬~下旬

クチナシは温暖な地域に自生し、主に東アジアでよく見られる常緑低木です。

7月から9月に花芽を出し、翌5月下旬ごろから繊細かつ短命な純白の花を咲かせます。

三大芳香木のひとつといわれていて、短期間ですが強く甘い花の香りを楽しむことができるでしょう。

なお、三大芳香木の残り2つはキンモクセイジンチョウゲです。

クチナシの風水

クチナシの風水では良い運気をもたらすのに効果的です

室内では北向きに置き、庭では南向きに植えることで恋愛運アップを期待できるでしょう。

ただし「嫁の口がない(口なし)」から「嫁の貰い手がない」と連想させるとされ、女の子が暮らす家庭には不向きとされる言い伝えもあります。

クチナシの飾り方

クチナシの花は、大きく存在感があるので切り花として飾るのがおすすめです。

花に刺激を与えると変色してしまうので、飾る際には手でふれないように注意してください。

花は2日から3日と短命ですが、花が終わってからは他の花を目立たせるグリーンとしての役割を果たします。

グリーンとして飾る場合は、不要な葉を取り除いてからにしましょう。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES