キンモクセイの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

キンモクセイの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

キンモクセイの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • あなたの気を引く
  • 気高い人
  • 謙虚
  • 謙遜
  • 高潔
  • 初恋
  • 真実
  • 陶酔
  • 幽世

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

キンモクセイの花言葉は「謙虚」「謙遜」「気高い人」「真実」「陶酔」「初恋」「幽世」

キンモクセイの花言葉は「謙虚」「謙遜」「気高い人」「真実」「陶酔」「初恋」「幽世」です。

道端でフワッと香るキンモクセイの香りに秋の到来を感じる人が多いのではないでしょうか。

キンモクセイは香りの良い花木として有名です。

花言葉「謙虚」「謙遜」はキンモクセイの小さく愛らしい花が由来となっています。

また「気高い人」「真実」「陶酔」「初恋」「幽世」はキンモクセイの甘く強い香りからつけられた花言葉です。

花束の通販

キンモクセイの花言葉は色によって違うの?

オレンジ色の花が特徴的なキンモクセイは色によって花言葉が違います。

色違いの植物はギンモクセイと呼ばれ花言葉は「初恋」「高潔」「あなたの気を引く」です。

実はギンモクセイはキンモクセイの別の色と紹介されていることが多いですが、ギンモクセイがキンモクセイの原種でキンモクセイは後から生まれた植物なのです。

ギンモクセイはキンモクセイと同じ形状の花をつけますが、花色は白く、弱く爽やかな香りがします。

「初恋」「高潔」という花言葉は白く可愛らしい花のイメージから。

花言葉「あなたの気を引く」は古代中国では、デートの前に木犀(ギンモクセイ)を浮かべたお酒を飲み吐く息を花の香りにしたことからきています。

キンモクセイの怖い花言葉

キンモクセイの花言葉の1つに「幽世(カクリヨ)」という花言葉もあります。

「幽世(カクリヨ)」とは「死んだ人の行く世。あの世。」という意味で、少し怖い印象を受けるかもしれません。

しかしこの花言葉はキンモクセイの強い香りには邪気除けの効果があり、神社やお寺に多く植えられているところからきています。

キンモクセイの花言葉の由来

キンモクセイの花言葉の由来は次のように言われています。

「謙虚・謙遜」

キンモクセイは葉のすぐ上のつけ根の部分に花をつけます。

その花の大きさが控えめで可愛らしいことが由来となっています。

「気高い人」

キンモクセイの香りに高貴な印象をもつ人がいたことが由来と言われています。

「真実」

キンモクセイの香りはどんなに離れていても隠しきれないくらい強いことから、この花言葉がついたと言われています。

「陶酔」

花言葉「陶酔」はキンモクセイの優雅で甘い香りに酔いしれるさまからつけられました。

「初恋」

キンモクセイは9月下旬から10月上旬の短い期間に咲きます。

その香りは強く、一度嗅ぐと忘れられないことから「初恋」という花言葉がつけられました。

「幽世」

キンモクセイはその香りの強さが邪気を払うとされ、神社やお寺によく植えられています。

これが「幽世」という花言葉の由来になっています。

キンモクセイの花言葉に似ている花は?

「謙虚・謙遜」という花言葉に似ている花

  • 「謙虚な心」バイモ
  • 「謙虚な恋」エビネ
  • 「謙譲の美」モントブレチア

「気高い人」という花言葉に似ている花

「真実」という花言葉に似ている花

「陶酔」という花言葉に似ている花

  • 「恋に酔う」フジ
  • 「あなたの姿に酔いしれる」クルクマ
  • 「うぬぼれ」「自己愛」スイセン

「初恋」という花言葉に似ている花

  • 「あどけない恋」スミレ(白)
  • 「恋の予感」ポピー
  • 「はにかみ」シャクヤク
  • 「ひそやかな愛」ストック(白)

「幽世」という花言葉に似ている花

  • 「私の命を捧げます」タツナミソウ
  • 「(純真・有徳な者の)死」デージー
  • 「ともに死のう」クワ

キンモクセイの花言葉と真逆の意味の花

キンモクセイの花言葉「謙虚・謙遜」と真逆の意味をもつ花はルコウソウで「でしゃばり」という花言葉をもっています。

「気高い人」という花言葉の反対の意味の花はマリーゴールドで花言葉は「下品な心」、「真実」の逆の意味の花言葉をもつ花はイヌホオズキで花言葉は「嘘つき」です。

花言葉「陶酔」の真逆の意味の花はハッカで花言葉は「迷いからさめる」、「初恋」の反対の意味の花はブタナで「最後の恋」という花言葉をもっています。

また、「幽世」の反対の意味の花はユーカリで花言葉は「新生」です。

【英語版】キンモクセイの花言葉

キンモクセイの英語の花言葉はないようです。

花束の通販

キンモクセイは誕生花の花なの?

キンモクセイが誕生花として設定されている日にちは下記の通りです。

キンモクセイが誕生花に設定されている日が複数あると、「本当はどの日が正しいの?」と思うかもしれません。

誕生花はギリシャ・ローマ神話の考え方が根源とされ多くの国で親しまれていますが、旬の時期などで国ごとに違いがあります。

そのため、どれが正しい誕生花か決めることはできません。

もし、花を選ぶ際に迷った場合は花言葉や相手の好きな花を参考に選ぶと良いでしょう。

キンモクセイの名前の由来

キンモクセイを漢字で書くと「金木犀」です。

キンモクセイはオレンジ色の花を「金」に見立て、その名前がつけられました。

「犀」という字はキンモクセイの樹皮が動物の犀(サイ)の皮膚に似ていることから使われています。

英名の由来

秋の風物詩と言われるキンモクセイの英名はfragrant olive(フレグラントオリーブ)です。

fragrantは「良い香りの」という意味をもち、oliveは「モクセイ科の常緑高木」のことを指します。

最近では商品名にOsmanthus(オスマンサス)とついた香水などが販売されることが多いですが、これはラテン語になります。

和名の由来

生薬の花としても知られているキンモクセイの和名は金木犀(キンモクセイ)です。

上の名前の由来と同様「金」は橙色の花から、「犀」は木の皮が哺乳動物の犀(サイ)の皮膚に似ていることからつけられました。

花の部分は陰干しし、焼酎などに漬けて薬用酒になります。

原産国の中国では楊貴妃は白ワインにキンモクセイを漬けた「桂花酒」を好んで飲んだと言われています。

正式な学名

甘い芳香で多くの人を魅了するキンモクセイの学名はOsmanthus fragrans var. aurantiacus(オスマンツス フラグランス オウランティアクス)です。

Osmanthusはギリシャ語の「香り」を意味する「osme(オスメ)」と「花」を意味する「anthos(アンサス)」からきており、「香りのする花」という意味があります。

またfragransは「芳香のある」、 aurantiacusは「橙黄色の」という意味をもっています。

キンモクセイってどんな花?

原産国中国
科・属モクセイ科モクセイ属
タイプ常緑小高木
花のサイズ約5mm
香り上品で甘い芳香
樹高5~8m
開花時期9月下旬~10月上旬
旬の季節
花持ち日数7~10日
出回り時期9~10月

9月下旬~10月上旬に花を咲かせるキンモクセイは江戸時代頃に中国から日本に渡来したと言われ、日本の秋の風物詩となっています。

昔は香りが良いことから汲み取り式トイレの近くに植えられており、トイレの芳香剤にキンモクセイの香りが使われるのが多いのはここからきていると言われています。

雄株しかないため、挿し木で増やします。

挿し木で増やした木は花が咲くまでに2~3年程かかることもあるので、早く花を楽しみたい場合は苗を買うのがおすすめです。

キンモクセイの飾り方と風水

家の生垣や街路樹として人気のキンモクセイは育てやすい木として昔から親しまれてきました。

その強い香りは穢れや邪気を払うとされ、神社やお寺でもよく見かけます。

風水的には裏鬼門である家の南西の方角に植えると邪気が払われ開運すると言われており、家のシンボルツリーとして植えている人もいます。

しかし、生育が良いので植える場合は大きくなることを見越し、十分にスペースをとり植えることが大切です。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES