カランコエの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

カランコエの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

カランコエの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • あなたを守る
  • おおらかな心
  • たくさんの小さな思い出
  • 幸福を告げる

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

カランコエの花言葉は「たくさんの小さな思い出」「幸福を告げる」「おおらかな心」「あなたを守る」

カランコエの花言葉「たくさんの小さな思い出」「幸福を告げる」「おおらかな心」「あなたを守る」です。

「たくさんの小さな思い出」「幸福を告げる」などの花言葉からは、大切な人に対する思いやりや愛情が感じられます。友人や同僚に贈れば、優しい気持ちを伝えられるでしょう。

「あなたを守る」という花言葉もあるため、配偶者や両親に贈るのもおすすめです。

花束の通販

カランコエの花言葉は色によって違うの?

カランコエは赤や黄、白、ピンク、オレンジなど色鮮やかな花を咲かせますが、花色ごとに花言葉の違いはありません

色ごとに花の印象は異なるため、プレゼントする場合は相手の印象や好みを考慮しながら花色を選びましょう。

カランコエの怖い花言葉

カランコエに、怖い意味の花言葉はついていません

温かい響きの花言葉ばかりなので、プレゼントとして選んでも相手にネガティブな印象を与える心配はないでしょう。

カランコエの花言葉の由来

カランコエの花言葉は、花が咲く様子や形状に由来しています。

カランコエの花姿はさまざまで、カランコエ ウェンディのように釣鐘状の花を咲かせる種類もあります。

釣鐘のような花姿は幸せや祝福を象徴するベルを連想させるため、「幸福を告げる」という花言葉がつけられました。

「あなたを守る」「たくさんの小さな思い出」という花言葉は、仲良く身を寄せ合うように小花を咲かせる姿に由来しています。

花言葉に大切な人へのメッセージを添えて、プレゼントしてはいかがでしょうか。

カランコエの花言葉に似ている花は?

カランコエと似た意味の花言葉としてポインセチアの「幸運を祈る」、ヒイラギの「あなたを守る」などが挙げられます。

カランコエと同様に、これらの花言葉からは相手に対する思いやりや愛情が伺えます。

「たくさんの小さな思い出」という花言葉に似ている花

  • 「大切な思い出」エーデルワイス
  • 「大切な思い出」カエデ
  • 「初恋の思い出」イベリス

「幸福を告げる」という花言葉に似ている花

「あなたを守る」という花言葉に似ている花

  • 「あなたを守る」「保護」「用心深さ」ヒイラギ
  • 「私はあなたを見守る(守る)」ナナカマド

「おおらかな心」という花言葉に似ている花

  • 「寛容」白いアジサイ
  • 「おおらかな愛情」紫色のストック

カランコエの花言葉と真逆の意味の花

カランコエの花言葉と相反するものとして、クロユリの「復讐」「呪い」赤いシクラメンの「嫉妬」が挙げられます。

思いやりや優しい感情を示す「あなたを守る」「おおらかな心」というカランコエの花言葉に対し、これらの花言葉は相手への攻撃的な姿勢や激しい感情を示しています。

どちらの植物もネガティブな印象の花言葉を持つため、プレゼントに選ぶのは避けたほうが無難でしょう。

さらに黒いチューリップには「私を忘れて」という花言葉があり、カランコエの「たくさんの小さな思い出」とは対の意味になるといえます。

明るい印象のチューリップですが、色ごとに花言葉の意味は異なります。赤みがかった黒い花色を持つチューリップからは、別れや死を連想する方もいるでしょう。

それに反して、小花が寄り添う姿に由来するカランコエの花言葉からは、色鮮やかな記憶や思い出を連想できます。

【英語版】カランコエの花言葉

英語版での花言葉は「popularity」で、「人気」「人望」という意味があります。

小さな花が集まって咲く姿は、人々が密集しているようにも見えます。

日本での花言葉とは少し意味が異なりますが、カランコエにぴったりの花言葉であるといえるでしょう。

花束の通販

カランコエは誕生花の花なの?

カランコエは2月25日12月1日12月7日誕生花です。

12月や2月生まれの誕生日プレゼントとして贈れば、冬の寒い時期を彩ってくれるでしょう。

カランコエの名前の由来

可愛い小花を咲かせるカランコエですが、乾燥に強く繁殖力が高い植物でもあります。

その特性や姿にちなんだ説が名前の由来とされ、英名では「Kalanchoe」、和名では紅弁慶(ベニベンケイ)や琉球弁慶(リュウキュウベンケイ)などと呼ばれています。

英名の由来

「Kalanchoe」は、「落ちて育つもの」を意味する「加籃菜(Kalan Chauhuy)」という中国語が由来です。

この発音をもとに、フランスの植物学者ミシェル・アダンソンが「カランコエ」と名付けたというのが通説です。

名前の由来は諸説あり、古代インド言語である「Kalanka(赤さび)」や「Chaya(照り)」が語源である説も存在します。

和名の由来

和名の由来は、強健な人物として知られる「弁慶」です。

丈夫でたくましい植物であることから、和名で紅弁慶(ベニベンケイ)や琉球弁慶(リュウキュウベンケイ)などと呼ばれています。

カランコエは乾燥地域に生育することが多い多肉植物であり、肉厚の葉に水分を蓄えられるため乾燥に強い植物としても知られています。

正式な学名

カランコエの正式な学名は「Kalanchoe 」です。

マダガスカル原産の「Kalanchoe Blossfeldiana」が、カランコエの代表的な品種として有名です。

カランコエってどんな花?

原産地アフリカ南部、東部、アラビア半島、東アジア、東南アジア
科・属ベンケイソウ科 / リュウキュウベンケイ属(カランコエ属)
タイプ多年草
花のサイズ1cmほど
草丈5cm~3m
開花時期11月~5月※品種に応じて異なる
旬の季節秋~春
出回り時期通年(開花調整されているため)

カランコエはベンケイソウ科の多肉植物で、バリエーション豊かなことが魅力のひとつです。

大まかには「葉姿を楽しむ種類」と「花姿を楽しむ種類」に分かれています

葉姿が楽しめる種類を選べば多肉質の葉を鑑賞でき、その個性的な見た目や質感に癒されるでしょう。

なかには葉の表面が毛で覆われている種類(月兎耳)もあり、お部屋のインテリアとして育てるのもおすすめです。

花の鑑賞を楽しめる種類を選べば、一重咲きや八重咲、釣鐘型などのさまざまな花姿を楽しめます。

お手入れも簡単で乾燥に強いため、新しい趣味として園芸を始める方にもおすすめの植物です。

日が短い時期に開花する短日植物なので秋以降に開花し、冬の間に鑑賞できるのも嬉しいポイントといえるでしょう。

カランコエの風水

カランコエは子孫を増やす繁殖能力が高い植物であり、「子宝に恵まれる」という風水効果が期待できます

「鋸歯(きょし)」と呼ばれる部分に生長点を持つ種類があり、落葉すると成長点から新しい芽をだし新たな個体を形成します。

この特徴から「子宝草」として知られているため、子どもを望んでいる方にもおすすめの植物です。

カランコエを自宅に飾り、運気を引き寄せましょう。

カランコエの飾り方

カランコエは、お部屋のインテリアとして飾るのにぴったりな植物です。

飾る場所やアレンジ方法を工夫すれば室内のアクセントとなり、ワンランク上の空間づくりに役立ちます。

カウンターや窓辺にずらっ並べるだけでも、個性的な葉や花がお部屋を明るく彩ってくれるでしょう。

透明な容器に植えこみテラリウムとして飾ったり、天井や壁に吊るしてハンギングにしたり、多様なアレンジを楽しめるのも嬉しいポイントです。

お気に入りの多肉植物と組み合わせて寄せ植えにすれば、愛着を持って育てられるでしょう。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES