ウインターコスモスの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

ウインターコスモスの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

ウインターコスモスの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 忍耐
  • もう一度愛します
  • 真心
  • 淡い恋
  • 美しい調和

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

ウインターコスモスの花言葉は「もう一度愛します」「淡い恋」「真心」「美しい調和」「忍耐」

秋から冬にかけて黄色の花が咲くウインターコスモスは、「もう一度愛します」「淡い恋」「真心」「美しい調和」「忍耐」花言葉をもちます。

「もう一度愛します」や「淡い恋」はかわいらしくて切ない気持ちも感じられますが、「美しい調和」は親やカップルに向けて贈れる花言葉です。

また「真心」の花言葉ももつので、親や友人に「日頃の感謝の気持ち」を込めて、花束やブーケで贈ると喜ばれるプレゼントになりおすすめです。

花束の通販

ウインターコスモスの花言葉は色によって違うの?

淡い黄色の花びらに白い斑のような模様が入る花が人気のウインターコスモスですが、品種によっては橙(だいだい)・ピンク・白の花を咲かせるものもあります。

そのため、花の色によって違う花言葉が付けられています

花の色花言葉
「もう一度愛します」「忍耐」
「真心」
ピンク「もう一度愛します」「淡い恋」
「美しい調和」

ウインターコスモスの怖い花言葉

「もう一度愛します」「淡い恋」「真心」などの花言葉が付けられたウインターコスモスには、怖い意味はとくにありません

どの色を選んでもマイナスなイメージや印象を与える心配があまりないので、贈り物としてプレゼントができます。

ただし、黄やピンクのウインターコスモスは「もう一度愛します」「淡い恋」の花言葉が付けられているので、人によっては誤解を招くことがあるかもしれません。

勘違いと思われないように花と一緒にメッセージカードも添えて言葉の意味づけやアレンジを加えるといいです。

ウインターコスモスの花言葉の由来

複数に枝分かれした茎の先に、黄や白の花が咲くウインターコスモスは、長い期間何度も咲き続けることから「もう一度愛します」の花言葉が付けられたようです。

また、海外から伝わった説もありますが、冬の間でも花を咲かせ、耐え忍ぶ姿から「忍耐」の花言葉も付けられたとされています。

ウインターコスモスの花言葉に似ている花は?

「もう一度愛する」や「真心」の花言葉をもつウインターコスモスですが、近い意味をもつ花もたくさんあります。

「もう一度愛する」に似た花と花言葉

  • 赤いバラ「あなたを愛しています」
  • 赤いアネモネ「あなたを愛しています」
  • 赤いキク「あなたを愛しています」
  • ピンクのコチョウラン「あなたを愛しています」
  • サボテン「枯れない愛」

「淡い恋」に似た花と花言葉

  • 月下美人(ゲッカビジン)「はかない恋」
  • アネモネ「はかない恋」
  • 黄色いチューリップ「失恋」「望みのない恋」
  • プリムラ・ポリアンサ(プリムラ・ジュリアン)「青春の恋」

「真心」に似た花と花言葉

  • デンドロビウム「実直」
  • カポック「真面目」
  • キキョウ「正直」「誠実」

「美しい調和」に似た花と花言葉

  • ベゴニア「釣り合い」
  • コトネアスター「安定」

「忍耐」に似た花と花言葉

ウインターコスモスの花言葉と真逆の意味の花

ウインターコスモスの花言葉と真逆の意味をもつ花は、少し怖いイメージや不快な感じがします。

しかし、どの花もきれいな花を咲かせるので、花言葉以上の魅力があります。

ウインターコスモスとは真逆の意味の花と花言葉

  • 黄色いバラ「愛情の薄らぎ」
  • シレネ「偽りの愛」
  • ゲッケイジュ「裏切り」
  • ダイモンジソウ「不調和」

【英語版】ウインターコスモスの花言葉

メキシコやアメリカを原産とするウインターコスモスは、海外では「Patient(忍耐)」の花言葉が付けられているようです。

寒さや乾燥した地域に自生し、過酷な環境でも耐えて美しい花を咲かせることから付けられたのでしょう。

花束の通販

ウインターコスモスは誕生花の花なの?

ウインターコスモスは、品種によって誕生花の日付が違います。

ウインターコスモス全体11月20日12月8日
ビデンス2月1日10月1日
ビデンス・トリプリネルヴィア10月16日

ウインターコスモスの名前の由来

晩秋ごろに咲かせるウインターコスモスは、冬に黄色い花が無数に咲き、満開になることから「ウインターコスモス」と呼ばれるようになったようです。

しかし、本当は学名である「Bidens(ビデンス)」の名前で知られていることが多く、園芸でも流通しています。

ウインターコスモスは開花を終えると、2つのトゲをもった細長い黒いタネをたくさん付けます。

この2本のトゲの付いたタネをみて、ラテン語で「2つの」意味を指す“bi ”と「歯」の“dens ”を組み合わせて名付けられたようです。

ちなみに、タネは衣類に付きやすいため、日本では「ひっつき虫」とも呼ばれています。

英名の由来

ウインターコスモス海外では、「Largrer bur-marigold(ラージャーバーマーリーゴールド) 」や「Arizona beggartics(アリゾナベガースティックス)」と呼ばれます

「Largrer bur-marigold 」は、直訳すると「大きなイガのようなマリーゴールド」という意味で、無数に付くタネ・マリーゴールドのような繊細な葉・黄や橙の花の姿が由来です。

一方で「Arizona beggartics」は、「アリゾナのセンダングサ」という意味になります。

センダングサとはビデンスの和名であり、ウインターコスモスを指します。

和名の由来

ビデンスの名前で親しまれるウインターコスモス和名は、大まかにいうと「センダングサ(栴檀草)」です。

5〜6月に紫の花を咲かせるセンダンの木の葉に似ていることから名付けられました。

しかし、センダングサは厳密にいうと、いわゆる日本の雑草に分類される白い花を指します。

ウインターコスモスのようなきれいな花を咲かせる品種は、正式には「キクザキセンダングサ(咲き栴檀草)」や「キンバイタウコギ(金梅田五加木)」です。

正式な学名

学名である「Bidens(ビデンス)」はセンダングサ全般を指し、ウインターコスモスも含まれます。

そもそもウインターコスモスといっても複数の品種があり、1種類とは限りません。

北アメリカ・メキシコ・南アメリカを原産とするセンダングサを指し、「Bidens laevis(ビデンス・レイビス)」や「Bidens aurea(ビデンス・オーレア)」が正式名となるでしょう。

ちなみに「Bidens laevis」はキクザキセンダングサで、「Bidence aurea」がキンバイタウコギです。

ウインターコスモスってどんな花?

原産地北アメリカ南東部・メキシコ・南アメリカ
科・属キク科センダングサ属
分類1年草・2年草・多年草(宿根草)
花の直径3〜4cm
香りはちみつのような甘い香り
草丈30〜200cm
開花時期5〜1月(品種によって違う)
旬の季節10〜12月
花持ち日数2〜3週間程度
出回り時期4〜1月

地面から空へ真っ直ぐと伸びた茎の先に、黄色いコスモスのような花を咲かせるウインターコスモスは、アメリカ大陸に自生するキク科センダングサ属の植物です。

キクコスモス属に分類されるコスモスと混同されがちですが、全く別の種族で1年草・2年草・多年草などがあります

比較的寒さに強い植物ですが、氷点下を下回ると枯れてしまう場合も。

ウッドチップなどでマルチングをして防寒すると冬を越せ、黄や橙の花を長く観賞できます。

大きくなると草丈が200cm以上になることもあり、庭の背面として花壇の寄せ植えや、切花として楽しめます。

ウインターコスモスの風水

茎が上に伸び、黄色い花を咲かせるウインターコスモスは、風水において「金運」を上げる効果が期待できるでしょう。

新しい収入を増やしたり、無駄な出費を抑えたりする効果をもつといわれているので、定期的にハンディモップでホコリを取り除いてきれいにします。

また、しゅっと尖った細長い小さな葉は「陽の気」「強さの気」「活気の気」が強く、ポジティブさや魔除けなどの効果が得られるといわれることもあります。

ウインターコスモスの飾り方

金運上昇や魔除けの効果が期待できるウインターコスモスは、玄関に飾るのがおすすめです。

金運や悪い気は玄関から入りやすいので、パワーの強いウインターコスモスを飾れば運気が良くなり、快適な生活が送れます。

ただし、暗過ぎるとしおれたり枯れたりすることもあるので、できるだけ明るい窓際やライトの下に置きましょう

切花だとしおれやすいので飾る場合は、花瓶の水を少なくし、葉を取り除いて活けてあげると長持ちします。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES