イキシアの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

イキシアの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

イキシアの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 純粋な愛
  • 誇り高い
  • 秘めた恋
  • 団結
  • 灼熱の激しい愛
  • 恥ずかしがり屋の愛
  • 楽しく優しい愛

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

イキシアの花言葉は「誇り高い」「秘めた恋」「団結」

イキシアの花言葉には、「誇り高い」「秘めた恋」「団結」という意味の花言葉があります。

ひとつの茎にたくさんの華麗な花を咲かせることで知られるイキシアは、仲間で挑戦するプロジェクトや試合を控えている方への贈り物におすすめです。

「秘めた恋」という花言葉もついているので、片思いをしている友人にエールとして贈るのも良いでしょう。

花束の通販

イキシアの花言葉は色によって違うの?

イキシアには、白色、赤色、ピンク、黄色、紫色、オレンジ、複色など様々な花色があります。

その中でも色別の花言葉がついているのは、以下の4つの花色です。

純粋な愛
灼熱の激しい愛
ピンク恥ずかしがり屋の愛
オレンジ楽しく優しい愛

イキシアの怖い花言葉

イキシアの花言葉はポジティブなものばかりで、怖い意味は含まれていません

イキシアの花言葉の由来

「誇り高い」「秘めた恋」「団結」という花言葉は、イキシアが持つ花の特性に由来しています。

「誇り高い」は、人目を惹きつけるほど美しい花を咲かせる神秘的な魅力から付けられました。

白色やピンク色など、彩り豊かな花に香りをまとったその姿は、見る人に高貴で暖かな時間を与えてくれます。

「秘めた恋」は、美しい花を咲かせる前のつぼみの段階では、あまり目立たないことから付けられました。

暖かい光を浴びてつぼみが段階的に開花するイキシアの姿に、秘めた恋心が感じられます。

「団結」は、イキシアの花の咲き方が由来です。

ひとつの花茎に5から10輪の花を咲かせる様子が、仲間を連想させることから付けられました。

つぼみの段階では目立たずとも、一度開花すると次々と華麗な花を咲かせるイキシアの姿から、前向きな気持ちをもらえるでしょう。

イキシアの花言葉に似ている花は?

イキシアに似た花言葉を持つ花を紹介します。

「誇り高い」という花言葉に似ている花

「秘めた恋」という花言葉に似ている花

  • 「初恋」:イベリス
  • 「秘密の恋」:ミモザ(アカシア)
  • 「あどけない恋」:スミレ(白)

「団結」という花言葉に似ている花

  • 「固い絆」:アサガオ
  • 「協力」:ニリンソウ、ブルーデイジー
  • 「融通のきく仲間」:ベンジャミン

イキシアの花言葉と真逆の意味の花

イキシアとは真逆の意味の花言葉を持つ花に、エリカがあります。

エリカの花言葉は「団結」とは真逆の「孤独」です。

また「誇り高い」とは反対の意味として「卑下」の花言葉を持つエニシダがあります。

【英語版】イキシアの花言葉

英語版のイキシアの花言葉は「Solidarity(連帯)」です。

1本の花茎に5~10輪もの花を咲かせる姿に、一体感のあるグループが思い浮かべたことから「連帯」という意味が込められました。 
 

花束の通販

イキシアは誕生花の花なの?

イキシアは、3月17日4月20日、5月16日の誕生花です。

イキシアの名前の由来

流通しているイキシアという名前は、学名からついたものです。

英名と和名、学名それぞれの由来を紹介します。

英名の由来

イキシアの英名は「African corn lily (アフリカン・コーン・リリー)」です。

イキシアの原産地、南アフリカにあるトウモロコシ畑に多く自息していたことから、この名前が付けられました。

和名の由来

イキシアの和名は「槍水仙(ヤリズイセン)」です。

長い茎の先に花をつける姿が水仙(スイセン)に似ており、細く伸びた葉が槍のように見えることから名付けられました。

正式な学名

イキシアの学名は「Ixia hybrida(イキシア ヒブリダ)」です。

Ixiaは、古代ギリシャ語の「Ixia(有名な植物)」または「ixos(とりもち)」が語源となっています。

茎や球根から出るねばねばした液が「鳥もち」に似ていることから、この名前がつけられました。

イキシアってどんな花?

原産国南アフリカ
科・属アヤメ科・イキシア属
タイプ多年草
花のサイズ3㎝ほど
香り芳香
草丈30~80㎝
開花時期4月~5月
旬の季節
花持ち日数5日~1週間
出回り時期4月~6月

イキシアは、4月から5月にかけて次々と開花します。

一本の茎に約5から10輪ほどの花を咲かせ、色は白色、赤色、ピンク、黄色、紫、オレンジ、最近では青色の花も出回っています。

日当たりの良い場所を好み、やや寒さに弱いものの南関東沿いの暖かな地域では屋外でも冬越しができる丈夫な花です。

球根から植え付ける場合は、10月から11月頃が適しています。

じめじめする環境が苦手なため、日当たりと水はけの良い場所に植え付けるようにしましょう。

イキシアの風水

イキシアは花の色が豊富なため、さまざまな風水効果を取り入れることができます。

ピンク色は恋愛運をアップさせる効果があるので、告白をする時などに飾ると恋愛成就を後押ししてくれるでしょう。

また、白色は浄化作用があることから、玄関や窓の近くに飾ることで家の中のエネルギーを常に良い状態に保てるとされています。

イキシアのカラフルな花色を風水にも取り入れてみましょう。

イキシアの飾り方

イキシアは花茎が長いことから、切り花として飾るのがおすすめです。

つぼみが多い状態で購入すると、次々に開花する美しい花を楽しむことができます

また、存在感のあるイキシアにカスミソウなどの小花を加えることで、より華やかなアレンジメントになるでしょう。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES