ホワイトデーギフトの相場やおすすめ商品を紹介!

\大切な記念日にお花を贈ろう/

お祝い・プレゼントの花束を見る

日本では、3月14日は「ホワイトデー」で知られています。

ホワイトデーは、バレンタインデーギフトに対するお返しを贈る、日本ならではの習慣です。

バレンタインデーはチョコレートであるのに対し、ホワイトデーのお返しはホワイトチョコレート、キャンディ、マシュマロなどというのが従来のスタイルでした。

近年、バレンタインギフトの多様化にともない、ホワイトデーのお返しにも変化が見られます。

そこで、ホワイトデーのお返しの相場や、おすすめの商品などを紹介します

\メッセージカード無料&7日間の保証つき/

ホワイトデーは日本で誕生した、独自のお返しの習慣

ホワイトデーは日本で誕生した、独自のお返しの習慣

「ホワイトデー」とは、2月14日のバレンタインデーにチョコレートなどのプレゼントをもらった人が、お返しを贈るイベントのことです。

従来の日本のバレンタインデーは、女性から男性にチョコレートを贈る風習であったため、ホワイトデーは、男性が女性にお返しを渡す日と認識されていました。

また、バレンタインデーに渡すのがチョコレートであるのに対し、ホワイトデーでは、ホワイトチョコレート、キャンディ、マシュマロなどを贈るのが定番とされていた時期もありました。

これらのお菓子には、それぞれに込められた意味があり、チョコレートを贈った女性に対して、暗にメッセージを伝えているともされています。

ちなみに、ホワイトデーに贈るお菓子の意味は次の通りです。

  • ホワイトチョコレート…ピュアな関係でいたい
  • チョコレート…今まで通りの関係で
  • キャンディ…あなたが好き
  • マシュマロ…あなたが嫌い
  • チョコレート入りのマシュマロ…あなたの気持ちを純白の愛で包む
  • クッキー…友だちでいたい
  • マカロン…あなたは特別な人

上記のお菓子の意味は参考にする程度で、あまり大げさに考える必要はありません。

ただし、女性によっては気にする方もいるので、あまり良い意味を持たないお菓子を贈るのは避けた方が無難です。

バレンタインデーが定着しはじめた当初は、女性が思いを寄せる男性にチョコレートを渡す、いわゆる「本命チョコ」のみであったのが、一緒にプレゼントを渡したり、「義理チョコ」、「友チョコ」、「ファミチョコ」などが登場したりするなど、時代とともにスタイルが多様化しています

それにともなって、ホワイトデーの習慣も変化し、お返しの内容も多彩になっています。

他方、韓国、中国、台湾などの一部の国をのぞき、世界の国々ではホワイトデーの習慣がありません

これはホワイトデーが日本で誕生した習慣であるためです。

ホワイトデーの起源は諸説ありますが、1970~1980年代頃にさまざまなお菓子メーカーが独自にはじめた、バレンタインデーのお返しギフトのキャンペーンが次第に統合されて、現在のようなスタイルになったと考えられています。

韓国、中国、台湾など、アジアの一部の国でホワイトデーの習慣があるのは、日本から伝わったのがきっかけのようです。

お返しに贈るホワイトデーのギフト代の相場や平均予算を紹介

ホワイトデーにお返しを贈るのは男性の方が多いためか、一般的に、バレンタインデーに贈られた品物の1.5倍ほどの価格を予算にする傾向が見られます。

なお、相手との関係性や、バレンタインデーに受け取ったチョコレートやプレゼントの内容により、相場も異なります。

「義理チョコ」や「友チョコ」などのお返しをする場合の相場

バレンタインデーに贈るチョコレートの金額の相場は、一人あたり平均1,500円前後です。

その中でも、職場の同僚などから贈られる「義理チョコ」や、学校の友だち同士などで贈り合う「友チョコ」などでは、500~1,000円、あるいは500円以下が平均的な予算です。

義理チョコや友チョコは、本命チョコとは意味合いが異なることもあり、ホワイトデーにお返しを贈る場合は、同額程度、もしくは2,000円ほどを上限にギフトを選ぶことをおすすめします。

「本命チョコ」やプレゼントをもらった方やパートナーにお返しをする場合の相場

バレンタインデーに、本命の相手やパートナーにチョコレートおよびプレゼントを贈る場合、一人あたり5,000円程度が平均予算とされています。

社会人の中には、10,000円、またはそれ以上を予算にしている方もいるほどです。

ホワイトデーのお返しを贈る相手が、自分にとっても本命であったり、すでに恋人や夫婦などのパートナー関係にあったりといった場合は、最低でも同等の金額、平均で1.5~2倍(場合によって3倍)くらいがお返しの相場といわれています

なお、バレンタインデーにチョコレートのみを本命に渡す場合の相場が2,000~3,000円です。

そのため、チョコレートのみをもらった場合、お返しは2,000~5,000円ほどが相場の目安です。

ホワイトデーに贈るお返しにおすすめのギフト5選!

「スイーツ」なら相手も気軽に受け取れる!義理チョコや友チョコのお返しに

義理チョコや友チョコのお返しには、チョコレート系や焼き菓子などのスイーツがおすすめです。

食べたら形に残ることもないので、相手も気軽に受け取れるメリットがあります。

なお、お菓子には特別な意味を含むものもあるので、贈る相手によって、種類選びに注意しましょう

形に残らない、おしゃれで実用的な「バスタイムグッズ」もおすすめ

スイーツ同様、形に残らないものをお返しに贈りたいときに、入浴剤、バスボム、バスソルトといったバスタイムグッズも適しています。

バスタイムグッズは、自分では買わないけれど、もらったらうれしいアイテムではないでしょうか。

使うとなくなる「消えもの」であるため手軽な上、見た目もおしゃれで、センスのあるギフトです。

本命やパートナーには、身に着けられる「アクセサリー」

本命や意中の人、パートナーなどにお返しを贈るときは、消えものではなく、形に残るアイテムがおすすめです。

その中でも、相手に普段から身に着けてもらえる、ピアス、イヤリング、ネックレス、ブレスレットなどのアクセサリーが喜ばれます。

お返しを贈る相手とアクセサリーショップに行って、相手の好みの合うものを一緒に選ぶといった演出もすてきです。

なお、贈る相手によっては、アクセサリーのお返しは重たすぎると感じる場合があります。

そのため、本命やパートナー以外に贈るときは、注意しましょう

「食事」や「映画」など、経験を共有するのも◎

ホワイトデーに贈るお返しに特別感を出して相手を喜ばせたい、と考えている方は、食事や映画などに一緒に出かけて、楽しい時間を共有するのもおすすめです

夜景のきれいなレストランでディナー、相手の好きなジャンルの映画を映画館で観賞するなども喜ばれます。

形には残らないものの、そのときの経験が「思い出」という形で記憶に残るでしょう。

お返しに悩んだら「フラワーギフト」を!そのまま飾れるタイプがおすすめ

ホワイトデーに贈るお返し選びに悩んだら、フラワーギフトがおすすめです。

花束やアレンジメントなど、さまざまな種類があり、時期になると、ホワイトデー向けのラインアップも多く販売されています。

中でも、好きな場所に置いて飾れるアレンジメントや「そのまま飾れる花束」など、手間がかからない上、インテリアとして楽しめるタイプが適しています。

そのまま飾れるブーケ #845 size:80 PNK

そのまま飾れるブーケ #845 size:80 PNK

そのまま飾れる花束 #845 size:80をお祝いやプレゼント用に無料のメッセージカード付きで最短当日に出荷します。おしゃれでアイディア性のある花束で気持ちを晴れやかにお部屋を華やかに彩ります。

詳しく見る

まとめ

まとめ

ホワイトデーは日本ならではのお返しの習慣です。

お返しは必須ではないものの、良い人間関係を保ったり、コミュニケーションを円滑にしたりなどに役立つこともあります。

バレンタインデーのギフトと同様に、ホワイトデーに贈るお返しもさまざまなラインアップがそろいます。

品物選びに迷ったら、フラワーギフトがおすすめです。

花と植物のギフト通販サイト「HanaPrime(ハナプライム)」では、かわいらしいデザインから、シックでスタイリッシュなものまで、多彩なフラワーギフトを扱っています。

ホワイトデーのお返しに、ぜひご利用ください。

花束 ラウンドブーケ #684 size:100

花束 ラウンドブーケ #684 size:100

花束 ラウンドブーケ #684 size:100をお祝いやプレゼント用に無料のメッセージカード付きで最短当日に出荷します。ふんわり可愛らしい色合いのラウンド型の花束で気持ちを晴れやかにお部屋を華やかに彩ります。

詳しく見る

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES