カワラケツメイの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

カワラケツメイの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

カワラケツメイの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 自由

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

カワラケツメイの花言葉は「自由」

カワラケツメイの花言葉は「自由」です。

カワラケツメイはフラワーアレンジメント用の花としてよりも健康茶として昔から重宝されてきました。

マメチャ、ネムチャ、コウボウチャなど別名が多いことからも間薬として人々の生活に根付いていることがわかります。

花束の通販

カワラケツメイの花言葉の由来

カワラケツメイの花言葉は「自由」ですが、その由来ははっきりと分かっていません。

カワラケツメイは河原や畦道、野原などさまざまな環境でたくましく咲く野草です。

環境を選ばず育つところからついた花言葉かもしれません。

カワラケツメイの花言葉は色によって違うの?

カワラケツメイの花色は黄色の一色と言われています。

元気をイメージさせる黄色は「自由」というカワラケツメイの花言葉にぴったりです。

カワラケツメイの花言葉に似ている花は?

「自由」という花言葉に似ている花言葉

カワラケツメイの花言葉と真逆の意味の花

カワラケツメイの花言葉と真逆の意味の花を2つ紹介します。

1つは黒いバラです。

黒いバラは「永遠の愛情」、「滅びることのない愛」という花言葉をもつ反面、「あなたは私のもの」という花言葉をもっています。

2つめはツル科の植物のテッセンで「縛りつける」という花言葉をもっています。

どちらもその華やかな見た目からは想像できない怖い花言葉です。

カワラケツメイは誕生花の花なの?

カワラケツメイは9月17日」の誕生花です。

カワラケツメイの名前の由来

カワラケツメイはエビスグサ(ケツメイ)という植物に似ており、河原などに多く自生していることからこの名前になったと言われています。

晩夏から初秋にかけ小さな黄色い花を咲かせ、健康茶として古くから人々に親しまれてきました。

英名の由来

カワラケツメイの英名はCassia NomameでCassiaはカワラケツメイ属を意味し、Nomameは日本語の野豆が由来と言われています。

植物の学名が国際的な分類法で分類されラテン語表記されているのに対し、植物の英名は通称で地域によって呼び方が違うようです。

植物の個体を正確に見分けたい場合は学名を確認すると良いでしょう。

花束の通販

和名の由来

カワラケツメイの和名はカタカナを漢字にした河原決明(カワラケツメイ)です。

エビスグザ(ケツメイ)に似ていて、河原で多く見かけることから河原決明となったと言われています。

正式な学名

カワラケツメイの学名はChamaecrista nomameです。

以前はChamaecrista mimosoidesと同一種とされていたようですが、植物の構造を比較することで違いが明らかになり現在はChamaecrista nomameと呼ばれています。

カワラケツメイってどんな花?

原産国日本
科・属マメ科カワラケツメイ属
タイプ一年草
花のサイズ約7mm
香りほとんどない
草丈30~60㎝
開花時期8~9月
旬の季節晩夏~初秋
花持ち日数不明
出回り時期8~10月

カワラケツメイはマメ科の一年草です。

8~9月に小さな黄色い花を葉の脇に咲かせます。

マメ科の花はスイートピーのような蝶型花を咲かせるものが多いですが、カワラケツメイの花はあまり開かず放射状に咲きます。

草丈は30~60㎝ですが環境によって1mほどになることもあります。

葉は偶数羽状複葉でオジギソウに似ていますが、触ると閉じる傾性運動はカワラケツメイでは起こりません。

またネムチャ、コウボウチャ、ハマチャなど地域によって呼び方が違うこともあります。

カワラケツメイの茶は葉だけでなく、茎、莢、葉全ての部分を使用して作られます。

カワラケツメイの飾り方

カワラケツメイは観賞用よりも食用として使用されることが多い植物です。

しかし黄色く小ぶりな花は可愛らしく、葉が特徴的なため野の花を摘んでつくるナチュラルブーケの中にいれると良いアクセントになります。

種が販売されているので他の植物と一緒に育て、テーブルフラワーとして食卓に飾っても部屋が明るくなるでしょう。

家事の合間などふとした時にグリーンが目に入ると癒されます。

カワラケツメイの商品の紹介

カワラケツメイは昔から利尿作用や整腸作用のある健康茶として人々の生活に根付いてきました。

今でもお茶として加工・販売されることが多いです。

カワラケツメイを名産にしている地域ではお茶やアイス、茶粥が売られています。

カワラケツメイは地域によって呼び方が異なる場合があり、ネムチャ、ハマチャ、コウボウチャなどと呼ばれ健康茶として飲まれています。

それらの名前のお茶を見かけたらカワラケツメイが使われているはずです。

最近は和ハーブとしても見直されてきているカワラケツメイ、見つけたらぜひ試してみてください。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES