マンデビラの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

マンデビラの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

マンデビラの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 情熱
  • かたい友情
  • 危険な恋

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

マンデビラの花言葉は「情熱」「かたい友情」「危険な恋」

マンデビラには「情熱」「かたい友情」「危険な恋」という意味の花言葉があります。

赤やピンク色の濃く鮮やかな花には「情熱」という言葉がよく似合います。

そして、まるで依存したり支え合っていたりするように見えるツルの様子からは「恋」や「友情」という言葉のイメージがぴったりです。

花束の通販

マンデビラの花言葉は色によって違うの?

マンデビラは主に、赤・ピンク・白といった色の花を咲かせます。

しかし、現在色ごとに異なる花言葉を持っているという情報はありません。

そのため、マンデビラの花言葉はすべての色において共通であると考えられるでしょう。

マンデビラの怖い花言葉

マンデビラには「危険」という単語が含まれた花言葉があります。

「危険」は、どちらかといえばネガティブなイメージがある単語ですが、決して怖さや恐ろしさを感じる意味を持った花言葉ではないので安心してください。

情熱的で華やかな花の見た目を比喩して「惑わせる」「依存する」といった意味が込められています。

詳しい由来については次の見出しにて紹介します。

マンデビラの花言葉の由来

開花期になると色が濃くて鮮やかな花を咲かせる姿から「情熱」という花言葉がつけられました。

また、マンデビラはツルを長く伸ばして成長する植物です。

成長とともに支柱やほかの植物にツルを絡ませる様子が、まるで友人と肩を組んでいるように見えることから「かたい友情」という花言葉がついたと言われています。

さらに、肩を組むだけではなく絡みついたり寄り添ったりと「依存」しているようにも見えるとつけられた花言葉が「危険な恋」です。

また「危険な恋」には、人々を惑わせるような立派で華やかな花の見た目も由来していると言われています。

マンデビラの花言葉に似ている花は?

「情熱」という花言葉に似ている花

  • 「情熱」ジャーマンアイリス、バラ(赤)
  • 「情熱に燃える心」フェイジョア
  • 「熱情」レモン(実)

「かたい友情」という花言葉に似ている花

「危険な恋」という花言葉に似ている花

  • 「情熱的な恋」グラジオラス(紫)
  • 「危険」キョウチクトウ、シャクナゲ
  • 「あなたしか見えない」ブーゲンビリア

マンデビラの花言葉と真逆の意味の花

「情熱」と真逆の意味を持つ花言葉には、アジサイの「冷酷」や「冷淡」などがあります。

「かたい友情」は、相手との関係性が悪いことを感じさせるゲッケイジュやハナズオウなどの「裏切り」をはじめ、ユリ(黄)の「偽り」やオトギリソウの「敵意」などが反対の意味を持つと言えるでしょう。

「危険な恋」の対義となる花言葉には、ウスベニアオイの「穏やか」やルピナスの「いつも幸せ」といった前向きであたたかな意味を持つ言葉が当てはまります。

【英語版】マンデビラの花言葉

花言葉のなかには、日本と西洋で異なった意味を持つものがあります。

しかし、現在本記事ではマンデビラに関する西洋版(英語版)の花言葉は確認されていません

花束の通販

マンデビラは誕生花の花なの?

マンデビラは品種によって花言葉がちがいます。

マンデビラ全般6月28日7月30日10月10日
サマードレス7月28日
ジャイアントデプラ9月24日

マンデビラの名前の由来

ここからはマンデビラの名前の由来について、英名・和名・学名の三つの項目に分けて解説していきます。

英名の由来

英名は「Mandevilla」と表記し、日本で一般的に呼ばれている名前と同じく「マンデビラ」と読みます。

この花を最初に見つけたとされる、アルゼンチンの首都であるブエノスアイレス駐在イギリス公使の「ヘンリー・マンデビル氏」の名前が由来です。

和名の由来

和名は「チリソケイ属」となっているものの、あまり使われることはありません。

日本では「マンデビラ」または、旧属性である「ディプラデニア」と呼ばれています。

正式な学名

マンデビラの学名は、英名と同じく「Mandevilla(マンデビラ)」と表記します。

また、Mandevillaは花の科・属名である「キョウチクトウ科マンデビラ属」の総称です。

マンデビラってどんな花?

原産国メキシコ、アルゼンチン
科・属キョウチクトウ科、マンデビラ属(チリソケイ属)
タイプ常緑つる性低木
花のサイズ約4~10cm
草丈30~300cm
開花時期5月~10月頃
旬の季節春~秋
出回り時期4~5月頃より

マンデビラは春頃にポット苗や鉢植えが出回り、よく日の当たる場所で育てることで真夏の暑い時期にもどんどん立派なツルを伸ばしながら成長する植物です。

ツル性なので、ある程度大きくなったタイミングで必ず支柱やネットなどを用意するようにしましょう。

うまくツルを絡ませると、緑のカーテンや迫力のある鉢植えを作って楽しむことができます。

冬の寒い時期は苦手なので、主に春から秋頃の暖かい季節に大きく成長して花を咲かせます

マンデビラの飾り方と風水

マンデビラは大きくて華やかな花を咲かせるため、庭や玄関先などで育てると家の周りに彩りを添えることができます

長く伸びるツルを家の外壁に沿わせて緑のカーテンを楽しむのも良いでしょう。

一方でツルがあまり伸びない品種もあるので、支柱やネットを使用せずに植木鉢や花壇にて気軽に栽培を楽しむことも可能です。

マンデビラの商品の紹介

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES