花を贈る

喪中見舞いを贈る時期で変わるお花のマナー

2023年11月30日

喪中見舞いを贈る時期で変わるお花のマナー

年の暮れが近づくと、お付き合いのある方から喪中はがきをいただくことがあります。

喪中見舞いとして、残されたご家族にお悔やみの気持ちを表すために、お花を贈る方は多いのではないでしょうか。

しかし、喪中見舞いのお花には、マナーや注意点があり失礼の無いように配慮する必要があります。

本記事では、喪中見舞いのお花の選び方、タブーのお花、定番のお花、贈り方やマナーなどを解説します。

\ 定番のお花を多数取り揃え /

喪中見舞いのお花を探す

目次

喪中はがきが届いたらどうすればいいの?

喪中はがきは「喪に服しているので年賀状は控えさせてもらいます」というお知らせとして送られます。喪中はがきを受け取ったら、差出人に対して年賀状を送らない、というのが一般的なマナーです。

喪中見舞いや寒中見舞いのはがきを送ることも多いですが、それ以外にも「お悔やみや励ましの気持ちを伝えたい」という方もいらっしゃいますよね。

そのような場合、喪中見舞いとしてメッセージやお供え物を贈ることで、思いを伝える方が増えているようです。お供え物にはお花やお菓子など、相手に気兼ねをさせないものを選ぶとよいでしょう。

喪中見舞いに贈るお供えの花の選び方

喪中見舞いを贈るとき、なんとなくで選ぶとマナー違反になる可能性もあります。贈りたい相手の状況によって、贈る花を使い分けていきましょう

① 亡くなってから49日以内は白いお花

お亡くなりになってから日が浅く、四十九日をまだ迎えていない場合には、白いお花を贈るのが一般的です

白いお花だけが使用された「白上がり」のアレンジメントを贈るようにしましょう。お花の種類には特に指定はなく、ある程度自由に選ぶことができます。

喪中見舞いでよく選ばれる白い花

・菊
・ユリ
・カーネーション
・トルコキキョウ

供花 アレンジメント  #1541 size:80
供花 アレンジメント #1541 size:80

♦可憐で清らかなお供えアレンジメント

供花 アレンジメント #1541 size:80 をお祝いやプレゼント用に無料のメッセージカード付きで最短当日に出荷します。おしゃれでアイディア性のあるアレンジメントで気持ちを晴れやかにお部屋を華やかに彩ります。

詳しく見る

② 49日以降は白や淡い色合いのアレンジメント

四十九日を過ぎてからは、白を基調にしつつ淡い色合いを組み合わせるアレンジメントや花束が選ばれることが多いです。

白いお花だけを使用したアレンジメントでも良いですが、水色・ピンク・薄紫のような優しい色合いのお花が含まれるアレンジメントは、ご遺族にも喜ばれる優しい雰囲気で人気があります。

供花 アレンジメント バスケット #1125 size:100
供花 アレンジメント バスケット #1125 size:100

♦上品で可愛らしいアレンジメント

供花 アレンジメント バスケット #1125 size:100をお祝いやプレゼント用に無料のメッセージカード付きで最短当日に出荷します。おしゃれでアイディア性のあるアレンジメントで気持ちを晴れやかにお部屋を華やかに彩ります。

詳しく見る

③ 故人が生前好きだったお花も参考にする

生前好きだったお花があるようでしたら、取り入れてみてもよいかもしれません。

「喪中お見舞いのお花は必ずこうでないといけない」という決まりはなく、好きなお花や喜ばれそうなお花を取り入れてアレンジメントされる方も多いです。

ご遺族の喜ぶ姿が想像できるようなおを贈るとよいでしょう。

そのまま飾れる供花 花束 #826 size:60
そのまま飾れる供花 花束 #826 size:60

♦淡い色合いが心に安らぎをくれるお供え花束

そのまま飾れる供花 花束 #826 size:60を無料のメッセージカードをつけて全国に送料無料で最短当日に出荷します。故人のご冥福を祈り、心に寄り添う優しい色合いでお作りした癒やしのお花をお届けします。お供え、お悔やみ、ご霊前用、枕花、お盆などにご利用いただけます。

詳しく見る

④ 仏教なら白菊、キリスト教ならユリをメインで選ぶ

仏教の方には白菊など和花を含んだアレンジメント、キリスト教の方にはユリなどを含んだアレンジメントが選ばれることが多いです。

宗教によって風習が異なりますので、配慮したアレンジメントを贈ることも喜ばれるポイントといえます。

仏教における菊、そしてキリスト教におけるユリにはそれぞれお釈迦様や聖母マリアを表すものとして特別な意味があり、故人を偲ぶ気持ちが伝わりやすいのも選ばれる理由のひとつです。

供花 花束 #723 size:120
供花 花束 #723 size:120

♦美しさと優しさを感じさせるお供え花束

供花 花束 #723 size:120を無料のメッセージカードをつけて全国に送料無料で最短当日に出荷します。故人のご冥福を祈り、心に寄り添う優しい色合いでお作りした癒やしのお花をお届けします。お供え、お悔やみ、ご霊前用、枕花、お盆などにご利用いただけます。

詳しく見る

⑤ お花の費用相場は3,000~20,000円

喪中見舞いの花束やアレンジメントの費用相場は、故人との関係性にもよりますが、3,000〜20,000円程度のお花を贈る方が多いです。

たとえば、個人間で送る場合の喪中見舞いのお花の予算は3,000円〜10,000円で、法人企業名義で贈る場合は10,000円〜20,000円程度が相場の目安です。

相手との関係性や、立場などを考慮しつつ、贈る側や貰う側の負担とならない価格帯のお花を用意するようにしましょう。

ご自身でのお花選びが難しい場合には、予算に合ったアレンジメントや花束を選んで購入すると安心です。

供花 アレンジメント  #1538 size:140
供花 アレンジメント #1538 size:140

♦安らぎに満ちた華やかなお供えアレンジメント

供花 アレンジメント #1538 size:140に無料のメッセージカード付きで最短当日に出荷します。シンプルでありながら上品さを兼ね備えたアレンジメントは、故人を送るシーンに華を添えてくれます。

詳しく見る

喪中見舞いにタブーのお花

故人の好きだった花を使用したアレンジメントは喜ばれますが、避けておいた方が無難なお花もいくつかあります。

どのようなお花を避けるべきか知り、ご遺族に失礼のないアレンジメントを贈りましょう

濃い色や派手な色のお花は避ける

「血」をイメージさせる赤色のお花は、喪中見舞いには不向きです。

赤以外でも、色が濃かったり派手なお花のアレンジメントはきつい印象になってしまいがちです。ご遺族のデリケートな感情に寄り添うような、やわらかい印象を与えられるアレンジメントを選びましょう。

トゲ・毒のあるお花は避ける

トゲ・毒のあるお花は、怪我や死を連想させるため避けた方が良いとされています。

棘のあるお花としてはバラが有名ですが、生前好きだったとしても選ばない、もしくは少量に抑えた方が無難です。

毒のあるお花で人気があるものとしては、彼岸花などがあります。綺麗なお花ですが、喪中見舞いの際は避けておきましょう。

喪中見舞いにふさわしいお花を探す

死を連想させるお花は避ける

スノードロップは可憐な白いお花を咲かせるため、喪中見舞いにもよさそうにみえます。

しかし、「あなたの死を望みます」という花言葉をもつため、お悔やみに贈るのはやめておきましょう。

その他にもハナズオウは「裏切りのもたらす死」、クワは「共に死のう」など、見た目には美しくても死を連想させる花言葉のものも多いので、ご自身でお花を選ぶ場合は注意が必要です。

香りの強すぎるお花は避ける

お花の豊かな香りに癒やされる方も多いですが、喪中見舞いでお花を贈る場合にあまり香りの強いものを選ぶのは避けましょう。

ご遺族の方は、心身ともに敏感な状態です。そんなとき香りの強いものを贈ると、気分が悪くなったりする可能性もあります。

香りが弱く、お部屋に飾っても気にならないようなものを贈るなど気遣いができると良いでしょう。

喪中見舞いで定番のお花4選

「喪中見舞いを贈るとき、定番のお花では無難すぎるかも」と思われるかもしれませんが、定番といわれるのには理由があります。

喪中見舞いで定番とされている4つのお花がなぜ選ばれているのかを知り、お花選びの参考にしてみてください。

① 菊|喪中見舞いで最も多用されるお花

菊|喪中見舞いで最も多用されるお花

花言葉:高貴、高尚、高潔

【色別の花言葉

慕う、真実、誠実な心
ピンク 甘い夢
破れた心、長寿と幸福、わずかな愛
私を信頼してください、恋の勝利、夢がかなう
愛情、あなたを愛しています

【特徴】
・とても縁起の良いお花である
・国花として選ばれる格式高いお花
・花のもちが良く、長く楽しめる
・どのシーズンでも手に入れることができる

菊はとても縁起が良いお花であるといわれています。お供えや喪中見舞いだけでなく、結婚式でも使われる高貴なお花です。

花のもちが良く、手に入りやすいことも喪中見舞いに向いているといえます。国花としても選ばれる、日本人にとって特別なお花を贈ることでご遺族の方もきっと喜ばれるはずです。

そのまま飾れる供花 花束 #826 size:60
そのまま飾れる供花 花束 #826 size:60

♦淡い色合いが心に安らぎをくれるお供え花束

そのまま飾れる供花 花束 #826 size:60を無料のメッセージカードをつけて全国に送料無料で最短当日に出荷します。故人のご冥福を祈り、心に寄り添う優しい色合いでお作りした癒やしのお花をお届けします。お供え、お悔やみ、ご霊前用、枕花、お盆などにご利用いただけます。

詳しく見る

② ユリ|キリスト教の献花にも用いられる

ユリ|キリスト教の献花にも用いられる

花言葉:純潔、無垢、威厳

【色別の花言葉

純潔、清浄、高貴
ピンク 虚栄心
陽気
虚栄心
オレンジ 華麗

【特徴】
・日本では美しさの例えに用いられるお花
・西洋では聖母マリアの象徴
・花のもちが良く、長く楽しめる
・どのシーズンでも手に入れることができる

西洋では聖母マリアの象徴とされているユリは、キリスト教の献花にも用いられるような神聖なお花です。

日本では美の象徴としてことわざなどにも用いられますし、佇まいも美しいお花ですので贈り物によく使われます。

ユリを喪中見舞いとして贈る場合には、白いユリを選ぶようにしましょう。また、香りの強い品種もありますので、そのあたりも配慮すると安心です。

供花 花束 #1702 size:100
供花 花束 #1702 size:100

♦優しい色合いの可愛らしいお供え花束

供花 花束 #1702 size:80を無料のメッセージカードをつけて全国に送料無料で最短当日に出荷します。故人のご冥福を祈り、心に寄り添う優しい色合いでお作りした癒やしのお花をお届けします。お供え、お悔やみ、ご霊前用、枕花、お盆などにご利用いただけます。

詳しく見る

③ カーネーション|淡い色合いの選択肢が多い

カーネーション|淡い色合いの選択肢が多い

花言葉:無垢で深い愛

【色別の花言葉

純潔の愛、尊敬、あなたへの愛情は生きている
ピンク 温かい心、感謝、上品
気品、誇り
オレンジ 純粋な愛、清らかな慕情、あなたを愛します
美、友情
母への愛、熱烈な愛、愛を信じる
濃い赤 欲望、心の哀しみ
永遠の幸福

【特徴】
・デザインが豊富で自由度が高い
・花のもちが良く、暑い季節でも丈夫
・どのシーズンでも手に入れることができる

カーネーションは母の日に送られる花として有名ですが、その色や大きさなど、デザインがとても豊富であることが特徴です。

主役にも脇役にもなるカーネーションは、花束やアレンジメントでよく用いられます。

カーネーションには感謝や愛を表す花言葉が多く、故人への愛を伝えるにはうってつけのお花といえるでしょう。

そのまま飾れる供花 花束 #1103 size:80
そのまま飾れる供花 花束 #1103 size:80

♦上品で優しさ溢れるお供え花束

そのまま飾れる供花 花束 #1103 size:80を無料のメッセージカードをつけて全国に送料無料で最短当日に出荷します。故人のご冥福を祈り、心に寄り添う優しい色合いでお作りした癒やしのお花をお届けします。お供え、お悔やみ、ご霊前用、枕花、お盆などにご利用いただけます。

詳しく見る

④ トルコキキョウ|花持ちが良くて上品な見た目

トルコキキョウ|花持ちが良くて上品な見た目

花言葉:優美、希望、すがすがしい美しさ

【色別の花言葉

思いやり、永遠の愛
ピンク 優美
良い語らい
毅然とした態度
あなたのことを想う
希望

【特徴】
・豪華な雰囲気を演出できる
・花のもちが良く、暑い季節でも丈夫
・どのシーズンでも手に入れることができる

トルコキキョウは美しいお花ですが、菊やユリを引き立てる名脇役としても人気があります。

色やかたちの種類も豊富にあるので、さまざまなアレンジメントが可能です。

トルコキキョウの中でも、フリルのようなボリュームのある花びらが上品で美しい八重咲き(フリンジ咲き)のものがよく使われます。

そのまま飾れる供花 花束 #1120 size:80
そのまま飾れる供花 花束 #1120 size:80

♦心安らぐ優しいお供え花束

そのまま飾れる供花 花束 #1120 size:80を無料のメッセージカードをつけて全国に送料無料で最短当日に出荷します。故人のご冥福を祈り、心に寄り添う優しい色合いでお作りした癒やしのお花をお届けします。お供え、お悔やみ、ご霊前用、枕花、お盆などにご利用いただけます。

詳しく見る

喪中見舞いお花の贈り方とマナー

喪中はがきをいただいたら、喪中見舞いや寒中見舞いでお返事するのが一般的です。

その際、一緒にお花を贈ると哀悼の気持ちをより伝えることができますが、ご遺族の負担にならないために気をつけておきたいマナーを紹介します。

お花は遅くても12月中旬までに贈る

12月中旬までにお花を贈る理由は、年末年始はなにかと忙しくなりやすく、贈り物がご遺族の負担となる可能性があるからです。

また、年始には正月など世間一般におけるお祝いの行事が控えているため、その前に故人を偲ぶ気持ちを伝えるためでもあります。

喪中はがきをいただいたらなるべく早いうちに喪中見舞いを贈りましょう。12月中旬までに送っておくと安心です。

葬儀から一定期間が経ってから贈る

葬儀から一定期間が経ってから贈る理由は、葬儀が行われてからしばらくの間、ご遺族は葬儀やその他の手続きに追われることが考えられるからです。

葬儀やその他の手続き等で忙しく、贈り物への対応ができない可能性があるため、ご遺族の負担になるような葬儀直後の時期には送らないようにしておきましょう。

喪中はがきは、葬儀からしばらく経った年の暮れに送られてきますので、喪中はがきが届いてから、なるべく早いうちに喪中見舞いを送ると間違いないでしょう。

喪中見舞いにおすすめのお花を探す

宗教が不明な場合は確認した上で贈る

宗教が不明な場合は確認した上で贈る理由は、それぞれの宗教における特別な習わしが存在することもあるからです。

故人に対してお花を捧げる習慣は、神道・仏教・キリスト教ともに存在します。

ですから、喪中見舞いとしてお花を贈ることは、宗教に関わらず失礼にはあたらないといえるでしょう。

故人の宗教が不明な場合は、確認したうえで贈ると安心です。

仏教とキリスト教での喪中見舞いのお花の違い

仏教では菊などの和花を用いた花束やアレンジメントが喜ばれます。しかし、キリスト教では大きな輪菊のようなお花は敬遠されがちです。

そもそもキリスト教には、「忌」というものがありません。しかし、日本では忌中・喪中という考え方が存在するため、それに合わせて約1ヶ月間の忌中を設けています。

キリスト教の方に喪中見舞いを送る場合には、白いユリやカーネーションなどの洋花を用いたコンパクトな花束やアレンジメントが人気です。

また、仏教・キリスト教だけでなく、地域によっても風習が異なり、場合によっては喪中見舞いの品物が決まっていることもありますので、念のため確認しておくことをおすすめします。

キリスト教の供花の贈り方とマナーは?よく使われるお花は?

キリスト教と仏教の葬儀では、人の死に対する考え方や具体的な儀式の内容など様々な点で異なります。 さらに、キリスト教の宗派によっても葬儀の方法や供花のマナーが変わるため、日本で一般的に行われる仏式に慣れ ...

続きを見る

喪中見舞いのお花に添えるメッセージの文例

喪中見舞いに贈るメッセージの内容で悩まれる方も多いかと思います。

喪中見舞いに使われるメッセージの文例を2つほど載せておきますので、参考にしてみてください。

喪中はがきでお亡くなりになったことを知った場合

このたびはご丁寧なご挨拶状をいただきありがとうございました
お手紙を拝見して初めて◯◯様のご他界を知って驚いております
存じ上げず失礼致しましたことをお許しください
お悔やみを申し上げますとともに◯◯様のご冥福を心よりお祈り申し上げます
服喪中でいらっしゃいますので新年の挨拶は控えさせていただきます
どうぞお身体を大切に新しい年をお迎えくださいますようお祈り申し上げます

弔問をすませている場合

このたびはご丁寧なご挨拶状をいただきありがとうございます
◯◯様が亡くなられてから△か月になりますね
とはいえまだまだお寂しい毎日を過ごされているかとお察し申し上げます
服喪中でいらっしゃいますのでお年賀状をご遠慮させていただきます
どうぞお元気に新しい年をお迎えになられますよう心よりお祈り申し上げます

喪中見舞いのお花に関するよくある質問

最後に、喪中見舞いのお花に関するよくある質問をまとめました。

喪中見舞いのお花にプリザーブドフラワーは失礼?

喪中見舞いにプリザーブドフラワーを贈っても、失礼にはあたりません。

生花でなくとも、ご遺族の方のつらい心を和ませるという意味ではプリザーブドフラワーも素敵な贈り物といえるでしょう。

しかしながら、お花本来の香りは生花ならではですので、生花を贈ることでより五感で楽しんでいただくことが可能です。

喪中見舞いのお花を年越しに贈るのは失礼?

喪中見舞いを年が明けてから送っても、失礼にはあたりません。

ですが年明けに贈る場合には、寒中見舞いとして贈るようになります。喪中見舞いとは寒中見舞いよりも早くお悔やみを伝えたい、という考えから始まったものです。

喪中見舞いとしてお花を贈りたいのであれば、できる限り早く贈るようにしましょう。

そのまま飾れる供花 花束 #1681 size:100
そのまま飾れる供花 花束 #1681 size:100

♦清涼感がある優しさあふれるそのまま飾れる花束

詳しく見る

喪中はがきをもらってなくてもお花を贈っていい?

喪中はがきをいただいていなくても、お花を贈ることは可能で、とくにマナー違反にはあたりません。

喪中はがきは、故人の訃報を知らせるものでもありますが、それと同時に新年の挨拶を控える、ということを知らせるために送られるものです。

故人を偲ぶためにお花を贈ることで、嫌な気持ちになる方は少ないでしょう。

喪中はがきをいただいていない相手にお花を贈る場合は、そのまま飾れてお手入れも簡単なアレンジメントなどがよいかもしれませんね。

お花以外で喪中見舞いにおすすめの品物は?

お花以外の贈り物としては、お線香やろうそく・お菓子・お茶といった品が定番です。

また、カタログギフトや商品券、故人が好きだったものを贈る方もいます。

相手の宗教によってはお線香は不向きな場合もありますし、現代ではお供え場所がないご家庭もあるので商品券などが選ばれるシーンも多くなっています。

いずれにしても、贈る相手のことを想いながら品物を選ぶと喜ばれるでしょう。

喪中見舞いには定番のお花で故人を偲びましょう

お花には、オキシトシン、ドーパミン、セロトニンを分泌させる効果があります。幸せホルモンと呼ばれ、ストレスが緩和される、といわれています。

残されたご遺族に少しでも元気でいてほしい、という気持ちをお花に込めて喪中見舞いを贈ってみてはいかがでしょうか。

喪中見舞いに喜ばれる花

・菊
・ユリ
・カーネーション
・トルコキキョウ

これらの花はどの時期でも手に入りやすく、花の持ちが良いため贈り物として人気が高いです。

花言葉も感謝や愛など清らかな意味のものが多いため、喪中見舞いとしても失礼なく贈ることができます。

HanaPrimeでは、喪中見舞いにぴったりな花束やアレンジメントを多数取り揃えています。喪中見舞いでお悩みの方は是非ご活用ください。

\ 気持ちが伝わるお花の贈り物 /

喪中見舞いを贈るならHanaPrime

-花を贈る
-, ,

© 2024 HanaPrimeマガジン