インパチェンスの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

インパチェンスの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

インパチェンスの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 強い個性
  • 私に触れないで
  • 鮮やかな人
  • 短気
  • 豊かさ

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

インパチェンスの花言葉は「鮮やかな人」「強い個性」「豊かさ」「私に触れないで」「短気」

インパチェンスには、「鮮やかな人」「強い個性」「豊かさ」「私に触れないで」「短気」という意味の花言葉があります。

「鮮やかな人」があるので、注目を集めるタイプの方へプレゼントすると喜ばれそうです。また、自身にも華やかさを加えたい場合に、家の明るい場所に飾るのも吉です。

「強い個性」という花言葉もあり、鮮烈なイメージが欲しいときに贈ると一層映える花です。

「私に触れないで」「短気」というちょっとネガティブな花言葉もありますので、プレゼントの場合には花言葉をメッセージに添えると良いでしょう。

花束の通販

インパチェンスの花言葉の由来

「鮮やかな人」「強い個性」は、赤やピンクなどの鮮やかな花色が存在感を発揮し、多くを魅了することを表現しています。

「豊かさ」は、こんもりとした株からたくさんの花がドーム状に咲き誇り、開花の回数も多いこと、花の形も豊富なことに由来します。一重、八重咲き、バラ咲きなど多種多様です。

「私に触れないで」や「短気」は、軽く触れただけで莢(サヤ)が弾け種子が飛び散る様を表しています。インパチェンスの気持ちを素直に表している花言葉です。

インパチェンス花言葉は色によって違うの?

全体の花言葉は共通しますが、色によって花言葉が強調されることがあります。

ピンクは「鮮やかな人」です。エレガントで鮮やかな花をたくさん咲かせるという理由からです。

赤は「強い個性」です。見た目の鮮烈な印象そのものです。

インパチェンスの花言葉に似ている花は?

「鮮やかな人」という花言葉に似ている花

「豊かさ」という花言葉に似ている花

  • 「豊かさ」ナノハナ
  • 「豊かなみのり」タチアオイ
  • 「豊かな教養」サトザクラ、ヤエザクラ

「強い個性」という花言葉に似ている花

インパチェンスの花言葉と真逆の意味の花

ヤマツツジは「曖昧」、ヒヤシンスは「控えめな愛らしさ」、ボケは「平凡」、セリは「貧しくても高潔」という花言葉を持ちます。

インパチェンスは誕生花の花なの?

インパチェンスは7月25日9月1日誕生花です。

インパチェンスの名前の由来

インパチェンスは英語で、「Impatiens」で、ラテン語の「impatient」(我慢できない)に由来しています。

インパチェンスの熟した莢(サヤ)に触れだけで弾けてタネが飛び散ります。その様子が「我慢できない」と表されました。花に愛おしさを感じますね。

本来インパチエンス(Impatiens)はツリフネソウ属を意味しますが、日本で「Impatiens(インパチェンス)」というと一般にツリフネソウ属の一種「アフリカホウセンカ」を指します。

英名の由来

「Buzy Lizzy(ビジー リジー)」は、次々と休む間も無く花を咲かせるインパチェンスの様子が、忙しく見えることに由来します。Lizzy(リジー)は、Elizabethの愛称です。

「Touch-me-not(タッチ ミー ノット)」(私に触れないで)は、熟した莢(サヤ)が弾けることから名付けられました。

花束の通販

和名の由来

インパチェンスの和名は、「アフリカホウセンカ(アフリカ鳳仙花)」です。

熱帯アフリカを原産とするホウセンカ(鳳仙花)という意味です。

正式な学名

インパチェンスの正式な学名は「Impatiens walleriana(インパチェンス ウァレリアナ)」です。

「walleriana(ウァレリアナ)」は、イギリスの宣教師(反奴隷活動家)であるHorace Waller(ホレス ウォーラー)への献名です。

インパチェンスってどんな花?

原産国熱帯アフリカ
科・属フリツネソウ科・フリツネソウ属
タイプ一年草
花のサイズ3~4㎝程
香りほとんどしない
草丈15~40㎝程
開花時期5月~11月上旬
旬の季節夏〜秋
花持ち日数2週間〜4週間
出回り時期5月下旬

インパチェンスは、初夏から秋まで咲く1年草です。日当たりの悪い半日陰でもよく育つ強い花です。生育が早く株がこんもりと盛り上がり、鉢からはみ出すようにドーム状に花を咲かせる姿は豪華です。絶えずたくさんの花が咲き、日々の生活に彩を与えてくれます。次々に咲く時期は、追肥を忘れないようにしましょう。

夏に切り戻すと、秋から再び美しい花を楽しむことができます。寒さに弱く暑さにもやや弱いですが、直射日光を避けるなど置き場所に注意すれば丈夫な花です。

一般の花色に加え、赤・ピンク・白などのバイカラーの花もあり、葉に白やクリームの斑(フ)が入っておしゃれな品種もあります。

インパチェンスの飾り方

インパチェンスは、シェードガーデンで色とりどりの花を咲かせる珍しい一年草です。

ハンギングバスケットやプランターに飾るなど、おしゃれな空間作りに最適です。北向き玄関・日陰の花壇・ビルの間スペースなど、半日陰のスペースに鮮やかな彩を与えてくれます。

枯れた花も自然と落ちメンテナンスの手間がかからないため、初心者でも安心して育てられます。

おすすめは、横長プランターの寄せ植えです。

好きな色のインパチェンスを2株ほど選んで間を開けて横に配置します。次に、斑(フ)が涼しげなアメリカズタなど葉がゆらゆらと風になびくようなグリーンを両サイドに置きます。

イポメアなどの紫の葉をインパチェンスの真ん中に置くとポイントになります。あしらいの葉は、自身の感性で選ぶとそこに個性が現れます。完成したら、直射日光が当たらない明るい場所に置きましょう。

北側の玄関でも明るければ十分育ちますので、既製の寄せ植えを置いても素敵です。種類が豊富なので、好きな花色・花形・葉の色など感性のままに選びましょう。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES