ケイトウの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

ケイトウの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

ケイトウの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • おしゃれ
  • 警戒心
  • 色褪せぬ恋
  • 風変り
  • 勇敢

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

ケイトウの花言葉は「おしゃれ」「風変わり」「勇敢」「警戒心」「色褪せぬ恋」

ケイトウは、その唯一無二の個性的な見た目が花言葉として表されています。

ケイトウには「気取り」「おしゃれ」「個性」「風変わり」「警戒心」「勇敢」「色褪せぬ恋」という意味の花言葉があります。

「おしゃれ」「個性」という花言葉のとおり、おしゃれ好きな方へのプレゼントにも最適。

「風変わり」という花言葉から、ケイトウは印象に残りやすく、他の人とも被りにくいので、一味違ったプレゼントにもおすすめです。

「色褪せぬ恋」という花言葉もあるので、恋人へのプレゼントにもぴったりのお花です。

花束の通販

ケイトウの怖い花言葉

ケイトウは怖い意味の花言葉はありません

しかし「気取り」「風変わり」「警戒心」などの、受け取る人によっては快く感じない花言葉もあるので、プレゼントとして送る際は注意が必要です。

ケイトウの花言葉の由来

珍しい花の形が特徴のケイトウ。ケイトウの花言葉は、その独特な見た目が由来となっています。

「気取り」「おしゃれ」「個性」は、ケイトウの名前の由来にもなっている、オスの鶏の赤いトサカに由来していると言われています。

堂々と誇らしげに歩くオスの鶏をイメージしており、男性にプレゼントするのもおすすめです。

「風変わり」は、古くから染料として使われていたケイトウが、長い間花言葉を持っていなかったため、「奇異」や「風変わり」のシンボルに見立てられたとも言われています。

「色褪せぬ恋」は、ケイトウはドライフラワーにしても色褪せないことが由来しています。

普通のお花は乾燥すると茶色っぽく変色するもの。しかしケイトウは、乾燥させても色褪せず、鮮やかな色が残ります。

ケイトウの花言葉は色によって違うの?

ケイトウの花の色は、赤やピンク、黄色、オレンジ、淡緑などがありますが、花の色によって花言葉に違いはありません

しかし色のイメージや、他の花の花言葉と合わせて全体でメッセージ性を作るのもおすすめです。

  • 赤のケイトウ:情、情熱
  • ピンクのケイトウ:、思いやり
  • 黄色・オレンジのケイトウ:陽気、親しみ
  • 白のケイトウ:無垢、純潔
  • 淡緑:やすらぎ、新鮮

ケイトウの花言葉に似ている花は?

リュウノヒゲ(竜の髯)

  • 変わらぬ想い
  • 不変の心
  • 深い思いやり

アフリカホウセンカインパチェンス

  • 強い個性
  • 鮮やかな人

ヘリコニア

  • 独特な個性
  • 風変わりな人

ケイトウの花言葉の真逆の花

ケイトウは誕生花の花なの?

ケイトウは8月24日」「8月29日」「9月5日」「9月8日」「9月28日」「9月30日」の誕生花です。

ケイトウの名前の由来

ケイトウの名前の由来は、英名も和名も、花の形がオスの鶏のトサカに似ていることから来ています。

学名では、その燃えるような炎をイメージして、ギリシア語で「Celosia」(燃えた)が由来となっています。

花束の通販

英名の由来

ケイトウの英名は「Cockscomb」です。

「Cockscomb」とは、オスの鶏のトサカを意味します。

オスの鶏の赤いトサカに似た形の花が咲くことに由来しています。

和名の由来

ケイトウの和名は「鶏頭」です。

使われている漢字のとおり、オスの鶏の赤いトサカに似た形の花が咲くことに由来しています。

ケイトウは歴史が古く、奈良時代に中国から日本に伝わったと言われており、日本最古の歌集である万葉集にも登場しています。

秋に染料にしようと思っていたケイトウが誰かに摘み取られてしまったという歌です。

このケイトウは女性を意味しており、妻にしようと思っていた女性が、他の男性に奪われてしまったという悔しい思いが込められていると言われています。

またかつては、中国から伝わったことから「韓藍(からあい)」とも呼ばれていました。

正式な学名

ケイトウの正式な学名は「Celosia cristata」(セロシア・クリスタータ)です。

ギリシア語の「Celosia」(燃えた)、「cristata」(鶏冠のような)が由来です。

ケイトウってどんな花?

原産国アジア、アフリカの熱帯地方
科・属ヒユ科ケイトウ属
タイプ1年草
花のサイズ3~20㎝
草丈20~200㎝
開花時期7月~11月
旬の季節夏~秋
花持ち日数5~7日程度
出回り時期5月~11月

別名「鶏冠花」(ケイカンカ)、「韓藍」(カラアイ)、セロシアとも呼ばれるケイトウ。

ケイトウは夏から秋にかけて咲く花で、花の色は色鮮やかな、赤やピンク、黄色、オレンジ、白、淡緑などがあります。

ケイトウは花の形によっていくつかの系統に分けられます。

  • 鶏冠鶏頭(絶妙なニュアンスの色が多く、オスの鶏のトサカのような花)
  • 久留米鶏頭(よく見かける、トサカ部分が球状になった花)
  • 羽毛鶏頭(燃え上がる炎のような、ふさふさとした羽毛状の花)
  • 槍鶏頭(槍のように尖った花)

ケイトウの飾り方

ケイトウは小さいものから大きいものまでさまざまな品種があり、ブーケにしたり鉢植えにしたり、さまざまなアレンジを楽しめるお花です。

エキゾチックで色鮮やかな色とユニークな形から、ハロウィンやお彼岸などの行事でも大活躍のケイトウ。

ケイトウはドライフラワーにするのもおすすめです。色褪せにくいので、長くケイトウを楽しむことができます。

「ハッピーキャンドル」という、いろいろな色のケイトウを寄せ植えした、カラフルで豪華なキャンドルのようなアレンジも人気です。

ケイトウの商品の紹介

花束 スタンダードブーケ #1343 size:100

花束 スタンダードブーケ #1343 size:100

花束 スタンダードブーケ #1343 size:100をお祝いやプレゼント用に無料のメッセージカード付きで最短当日に出荷します。おしゃれでアイディア性のある花束で気持ちを晴れやかにお部屋を華やかに彩ります。

詳しく見る

ケイトウ・カーネーションバラをメインにアレンジされた、フレッシュな明るい黄色の花束です。

元気が出るフレッシュな花束は、お家に飾るのはもちろん、プレゼントやお祝い事などにも最適です。


胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES