クラスペディアの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

クラスペディアの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

クラスペディアの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • エネルギッシュ
  • 永遠の幸福
  • 心の扉をたたく

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

クラスペディアの花言葉は「永遠の幸福」「心の扉をたたく」「エネルギッシュ」「個性的」

クラスペディアには、「永遠の幸福」「心の扉をたたく」「エネルギッシュ」「個性的」という花言葉があります。

「永遠の幸福」とは、クラスペディアが綺麗な色と形を長く保つ特長を持つため、いつまでも見る人をハッピーにするという意味から成ります。結婚式のブーケなどに最適なお花です。

「エネルギッシュ」や「個性的」とは、クラスペディアの外観の魅力を表します。ビタミンカラーである黄色の花は「エネルギッシュ」で、温かみを感じさせる真ん丸のフォルムは「個性的」です。

「心の扉をたたく」とは、クラスペディアの明るいイメージが、見る人の心を前向きな方向へ誘ってくれるという意味が込められています。

花束の通販

クラスペディアの花言葉は色によって違うの?

本来、クラスペディアの花色は、黄色だけなので、色による花言葉の違いはありません。

ドライフラワーとしては、ピンク、オレンジ、ブルーなどに染められたものが出回ることもありますが、染めていないクラスペディアに比べれば、流通量はごくわずかです。

花言葉は、元々の鮮やかな黄色のクラスペディアだけに向けたものと考えられます。

クラスペディアの怖い花言葉

クラスペディアは、怖い花言葉を持っていません。

クラスペディアの花言葉の由来

「永遠の幸福」という花言葉は、クラスペディアの花の美しさを「幸福」とし、花持ちの良さを「永遠」となぞらえています。

クラスペディアは、色褪せや型崩れが殆どなく、ドライフラワーにしても生花のような美しさを長く保てるからです。

「心の扉をたたく」「エネルギッシュ」「個性的」などは、クラスペディアの見た目が由来です。「エネルギッシュ」とは、黄色の花の明るく元気なイメージを指します。

クラスペディアは、茎から花までの形が、太鼓や木琴のバチに似ているため、「個性的」なバチで、人びとの「心の扉をたたく」という意味です。

クラスペディアの花言葉に似ている花は?

「永遠の幸福」という花言葉に似ている花

  • 「永遠の幸福」ムーンダスト(青いカーネーション
  • 「永久の幸せ」フィカス・アルテシマ
  • 「永遠の愛情」プリムラ・シネンシス
  • 「永遠の喜び」スイートピー

「エネルギッシュ」という花言葉に似ている花

  • 「元気」「生命力」セイタカアワダチソウ(背高泡立草)
  • 「活力」「生命力」デイゴ
  • 「元気いっぱい」ナノハナ(菜の花)
  • 「快活」カンナ

「個性的」という花言葉に似ている花

  • 「個性的」ガーリックバイン
  • 「強い個性」インパチェンス
  • 「個性美」ヒオウギ(檜扇)

クラスペディアの花言葉と真逆の意味の花

カラシナ(芥子菜)は、「心の扉をたたく」と逆の「無関心」という花言葉を持っています。

アツミゲシには「エネルギッシュ」と逆に「無気力」「怠惰」という花言葉があり、クサボケには「個性的」とは逆の花言葉「平凡」があります。

【英語版】クラスペディアの花言葉

英語版のクラスペディアの花言葉は「永遠の愛」「誠実な約束」「あなたは私の光」などです。

美しい色と形が長持ちするクラスペディアの長所が、「永遠の愛」「誠実な約束」などの素敵な花言葉に繋がっています。

「あなたは私の光」とは、まっすぐ伸びる茎の先に、真ん丸の黄色い花が付いているクラスペディアの姿が、街頭の明かりのように見えるからです。

花束の通販

クラスペディアは誕生花の花なの?

クラスペディアは6月25日」「8月17日」「11月6日」「11月11日誕生花です。

クラスペディアの名前の由来

クラスペディアという名前は、ギリシャ語の「Kraspedon(房飾り)」が由来です。

クラスペディアの花後にできる種の冠毛(毛状の突起)が、房飾り(タッセル=Tassels)に似ている品種があるため、名づけられました。

英名の由来

「Craspedia(クラスペディア)」という名前の由来は、上記で説明した日本語カタカナ表記と、同じ意味です。

クラスペディアには、その他にもたくさんの呼び名がありますが、殆ど全て、見た目を表現しています。

「Yellow ball(イエローボール)」とは、ボールのように丸い、黄色の花のことです。

「Billy Button(ビリーボタン)」「Drumstick(ドラムスティック)」「Gold stick(ゴールドスティック)」などは、ドラムのバチのように見える茎から花までの形が、由来となっています。

和名の由来

クラスペディアには、ひらがな・漢字の和名はありません。

カタカナの和名は、クラスペディアです。

別名として、イエローボール、ビリーボタン、ドラムスティック、ゴールデンスティック(またはゴールドスティック)などと呼ばれています。

全ての由来は、英名と同じです。

正式な学名

クラスペディアの正式な学名は、「Craspedia globosa」です。

Craspediaは、先にも説明した通り、ギリシャ語の「Kraspedon(房飾り)」が語源です。

Globosaとは、ラテン語で「球状」という意味で、クラスペディアの頭花のことを表しています。

クラスペディアってどんな花?

原産国オーストラリア、ニュージーランド
科・属キク科・クラスペディア属
タイプ多年草(日本の気候では1年草または宿根草)
花のサイズ直径3~5cm(小さな花が集まったボール状の花序)
香りなし
草丈約50~90cm
開花時期6月~10月
旬の季節5月~7月
花持ち日数切り花としては約1~2週間(ドライフラワーにすると長持ちする)
出回り時期通年

クラスペディアの花は、小さな花が集まってできた黄色い球状の形です。

葉を取った状態(花と茎のみ)で流通されていますが、シルバーグリーン色にも見える葉部分も見応えがあります。

育てる場合には、風通しの良い温暖な土地を好みます。雨と高温多湿に弱い点に注意すれば、比較的、丈夫で育てやすい植物です。

クラスペディアは、香りがほぼないので、香りを楽しみたい方は、クラスペディアのドライフラワーに、好きなアロマオイルを数滴垂らすと良いでしょう。

クラスペディアの風水

クラスペディアの花は、風水的に見て大吉です。金運、結婚運、対人運と、人間関係の改善に効果的だと言われています。

花色の黄色は、金運を呼び込み、丸い形は、円満、調和などの良いエネルギーが流れ続けるという謂れがあるからです。

方角は「西に黄色」が金運アップに良いため、クラスペディアは、西方位に飾ることをおすすめします。

クラスペディアの飾り方

クラスペディアは、単独で花瓶に入れても素敵ですが、白色や緑色の花々などにクラスペディアを数本合わせると、より一層、華やかになります。

鮮やかな黄色のコロンとした可愛い花を、ずっと観賞し続けたい場合は、ドライフラワーにしてみましょう。

ドライフラワーを作るには、直射日光の当たらない涼しい場所で、約2~4週間、自然乾燥させます。壁や天井から吊り下げておくだけで大丈夫です。

花束、アレンジメントなどはもちろん、クラスペディアを数本飾るだけでも、部屋全体が明るくおしゃれな印象になりますよ。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES