ハボタンの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

ハボタンの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

ハボタンの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 祝福
  • 慈愛
  • 利益

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

ハボタンの花言葉は「慈愛」「祝福」「利益」

ハボタンには「慈愛」「祝福」「利益」という花言葉があり、その美しい葉と縁起の良い花言葉から、お祝い事や特別な場面での贈り物として人気があります。

「慈愛」という花言葉は、赤ちゃんの誕生を祝い、母親に癒しと温かさを贈るという意味で、出産祝いのプレゼントにむいています。

また「祝福」という花言葉があるので、結婚式の贈り物や誕生日のプレゼント、昇進や退職、卒業などのさまざまなお祝い事でのプレゼントにも最適です。

また縁起が良い植物として、お正月飾りのアレンジにも使われます。

花束の通販

ハボタンの花言葉は色によって違うの?

ハボタンの色は白、ピンク、赤、紫、緑などがありますが、色によって花言葉に違いはありません

「ブラックルシアン」という黒いバラのような見た目のとても希少な品種もありますが、特別な花言葉はないようです。

ハボタンの怖い花言葉

ハボタンの花言葉はどれも縁起の良いもので、怖い意味をもつ花言葉はありません

またハボタンを漢字で表記すると「葉牡丹」ですが、この牡丹が日本三大怪談の一つ「牡丹灯籠(ぼたんどうろう)」をイメージさせ、怖い印象を抱く方もいるかもしれません。

しかしこの話に出てくる牡丹飾りは葉牡丹ではなく、一般的なボタン科ボタン属の牡丹と言われています。

ハボタンの花言葉の由来

ハボタンはその見た目からつけられた、ポジティブで縁起の良い花言葉が多い花です。

「慈悲」という花言葉は、ハボタンの花姿が中心を葉で包んでいるように見え、赤ちゃんが愛情深く包まれている様子にちなんでつけられました。愛情や思いやりを表現する花言葉です。

「祝福」は、ハボタンの葉が紅白のような見た目でめでたいことから、正月飾りとして親しまれるようになったことからこの花言葉が生まれました。お祝い事にぴったりの意味を持ちます。

「利益」は、ハボタンの葉がキャベツに似ているため、キャベツの花言葉「利益」がつけられたと言われており、豊かさや繁栄を象徴する花言葉です。

ハボタンの花言葉に似ている花は?

「慈愛」という花言葉に似ている花

  • 「慈しみ」トベラ
  • 「深い愛情」マトリカリア
  • 「愛」バラ

「祝福」という花言葉に似ている花

  • 「門出」スイートピー
  • 「幸運を祈る」ポインセチア
  • 「寿ぎ」マンリョウ

「利益」という花言葉に似ている花

  • 「一攫千金」金の生る木
  • 「金運」ヤマブキ
  • 「富」リュウキンカ

ハボタンの花言葉と真逆の意味の花

「慈悲」という花言葉と真逆の意味の花

  • 「離れゆく愛」ハス
  • 「哀れみ」マツ
  • 「冷酷」アジサイ

「祝福」という花言葉と真逆の意味の花

「利益」という花言葉と真逆の意味の花

  • 「私はすべてを失った」スカビオサ
  • 「無益」シモツケ
  • 「愚か」オダマキ

【英語版】ハボタンの花言葉

ハボタンの英語版の花言葉はありません。

一般的に、花言葉は国や文化によって異なります。ハボタンはヨーロッパ原産の花で、英語圏では「Flowering kale」(花のようなケール)「Ornamental kale」(観賞用のケール)などと呼ばれていますが、とくに花言葉はつけられていないようです。

花束の通販

ハボタンは誕生花の花なの?

ハボタンは11月27日」「12月4日」「12月30日」の誕生花です。

ハボタンの名前の由来

ハボタンは美しく重なり合った形状の葉が特徴で、牡丹の花を思わせるような美しさがあります。

とくに、その葉が牡丹の葉に似ていることから、この名前が付けられました

牡丹は古来から美しい花として評価されており、日本の伝統的な文化や詩文においても重要な役割を果たしてきました。ハボタンの名前に「ボタン」という言葉を使うことで、その美しさを讃えたとも言われています。

 英名の由来

ハボタンの英名は下記の通りです。

  • 「Flowering kale」(フラワリングケール)「花のようなケール」
  • 「Ornamental kale」(オーナメンタルケール)「観賞用のケール」
  • 「Ornamental cabbage」(オーナメンタルキャベツ)「観賞用のキャベツ」

これらの名前は、キャベツやケールに似ていることからつけられました。

観賞用に栽培され装飾や飾りつけに使用されることから、これらの名前が付けられました。

和名の由来

ハボタンの和名は「葉牡丹」です。

ハボタンの葉は、とくに寒い季節に美しく色づく特徴があり、幾重にも重なり合って美しい模様を作り出します。その葉の模様が牡丹の花びらに似ているとされ、「葉牡丹」と名付けられました。

「花キャベツ」と呼ばれることもあります。

正式な学名

ハボタンの正式な学名は「Brassica oleracea var.acephala f.tricolor」です。

この学名は、ハボタンがケール(Brassica oleracea var.acephala)の一種であることを示しており、「 f.tricolor」は「3色の」という意味です。

つまり「色をもつケール」という意味になります。

ハボタンってどんな花?

原産国ヨーロッパ
科・属アブラナ科アブラナ属
タイプ二年草、多年草
草丈5~100㎝
開花時期3月~5月(花)、11月~3月(鑑賞期)
旬の季節
花持ち日数2週間以上
出回り時期10月~11月

ハボタンは冬から春にかけて花を咲かせ、とくに寒い季節に美しい色合いを見せるので、花壇や庭園に植えて楽しむことができます。

またハボタンは白やピンク、紫などの小さい花を咲かせますが、花は葉の中央部分に集まり、葉の美しい模様と調和しています。そのため花自体は目立たないことがあり、その美しい葉を観賞用とされることも多いのが特徴です。

ハボタンの風水

ハボタンは風水においても特別な意味をもつ花とされています。

白や赤、ピンクのハボタンは家庭やビジネスの繁栄を促し、とくに南西の方向に飾ると富や豊かさを高めると信じられています。

またハボタンは対人関係を改善し良好なコミュニケーションをサポートする、美しさと清潔感を象徴する植物です。

このようにハボタンは、さまざまなポジティブなエネルギーを引き寄せます。

ハボタンの飾り方

ハボタンの花は3月~5月に咲きますが、観賞用として楽しまれているのは美しい葉です。

葉はとても日持ちがよく、黄色くなった葉をしたから取り除いていけばお正月はもちろん、春先までたっぷり楽しめます。

お正月に玄関に飾るのも良いですが、冬のインテリアとして室内に飾るのもおすすめです。

お気に入りの器に苗ごと移し替えるのもよし、切り花のように水に挿せばバラのような品格のある佇まいになります。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES