ジニア(百日草・ヒャクニチソウ)の花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

ジニア(百日草・ヒャクニチソウ)の花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

ジニア(百日草・ヒャクニチソウ)の花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • いつまでも変わらぬ心
  • 注意を怠るな
  • 不在の友を思う

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

ジニア(百日草・ヒャクニチソウ)の花言葉は「不在の友を思う」「注意を怠るな」「いつまでも変わらぬ心」

ジニアには、「不在の友を思う」「注意を怠るな」「いつまでも変わらぬ心」という花言葉があります。

「不在の友を思う」は、長く会えていない友人や、転勤・転校への贈り物にぴったりな花言葉です。

「注意を怠るな」は気のゆるみへの戒めに、自分のワークスペースへ飾るのもおすすめです。

「いつまでも変わらぬ心」は想いを伝えるときに渡すのに相応しいですね。

花束の通販

ジニア(百日草)の花言葉は色によって違うの?

ジニアは色のバリエーションが豊富ですが、明確な色別の花言葉はありません。

ジニア(百日草)の怖い花言葉

怖い花言葉はありませんが、「不在の友を思う」に故人を偲ぶイメージがあり、献花として使われることがあります

また日本では昔から盆花として馴染みが深いので、年配の人だと百日草という名前にお墓参りをイメージする人も多いかもしれません。

ジニア(百日草)の花言葉の由来

ジニアは開花期間が長いため、時の経過をイメージした花言葉が多くついています。

「不在の友を思う」は、ほかの花が枯れてしまったのにジニアだけ咲き続ける様子が、そこにはもういない友を思う姿に見えたことが由来です。

「注意を怠るな」は長い時の流れの中、ついゆるんでしまう気を引き締めるためにつけられました。ジニアは丈夫で長く咲いているからと、花の手入れを怠ってしまう戒めともいわれています。

「いつまでも変わらぬ心」は、色褪せずに咲き続ける姿が由来です。またジニアは丈夫なため、どんな環境でも変わらず咲くからともいわれています。

ジニア(百日草)の花言葉に似ている花は?

「不在の友を思う」という花言葉に似ている花

  • 「友の帰りを願う」キキョウ
  • 「また会う日を楽しみに」ネリネ
  • 「大切な思い出」エーデルワイス

「注意を怠るな」という花言葉に似ている花

  • 「用心する」キョウチクトウ
  • 「警戒」シャクナゲ

「いつまでも変わらぬ心」という花言葉に似ている花

  • 「不変」ツリガネソウ
  • 「変わらぬ思い」ローダンセ

ジニア(百日草)の花言葉と真逆の意味の花

ヒガンバナの「悲しき思い出」という花言葉は、友人を懐かしむ「不在の友を思う」とは反対の意味になります。警戒を意味する「注意を怠るな」と真逆なのは、ヘチマの「お調子者」です。

【英語版】ジニア(百日草)の花言葉

英語版のジニアの花言葉は「あなたの不在を悲しむ」です。

ヨーロッパでは「友情」「絆」の花言葉がつけられ、ジニアは友情を象徴します。

南米ではカーニバルを彩る花に使われ、「幸福」という花言葉がつけられています。

花束の通販

ジニア(百日草)は誕生花の花なの?

ジニアは8月6日10月3日12月22日誕生花です。

ジニア(百日草)の名前の由来

ジニアという名前は、18世紀にジニアを発見した植物学者Johann Gottfried Zinnの名前が由来です。

英名の由来

「Zinnia linearis(ジニアリネアリス)」は、ジニアの代表的な品種です。リネアリスとはラテン語で「細い線」を意味します。

「Youth-and-old-age(ユース・アンド・オールド・エイジ)」は若さと老いという意味で、長い開花期間に次々と咲いていく姿が由来です。

和名の由来

ジニアの和名は「百日草(ヒャクニチソウ)」です。開花の時期が長いことに由来し、100日間も咲く=ヒャクニチソウと呼ばれるようになりました。「浦島草(ウラシマソウ)」とも呼ばれますが、由来を考えると納得ですね。

正式な学名

ジニアの正式な学名は「Zinnia elegans(ジニアエレガンス)」です。発見者のJohann Gottfried Zinnの名前と、「上品」「洗練」という意味のラテン語からつけられました。

ジニア(百日草)ってどんな花?

原産国メキシコ、南北アメリカ
科・属キク科ヒャクニチソウ属
タイプ一年草
花のサイズ5~12cm程
草丈15~100cm程
開花時期5~11月
旬の季節初秋
花持ち日数5~10日程
出回り時期7月~9月

ジニアはとても多くの品種があり、色やサイズがさまざまなキク科の一年草です。花の咲き方まで品種によって違い、一重咲き・八重咲き・カクタス咲き・ダリア咲き・ポンポン咲きと幅広く楽しめます。

和名で百日草と呼ばれるとおり開花の期間が長いのが特徴ですが、5月~11月と約半年にわたるので、実際は100日以上になります。

ジニア(百日草)の飾り方と風水

ジニアの花はポップで鮮やかなものから、くすみカラーや複色と幅広くあり、ジニアだけで色とりどりのブーケやリースを作成できます。

大輪タイプなら、存在感抜群なので一輪挿しに飾るのもおすすめです。

ジニアを部屋に飾るなら、この機会に風水を取り入れて飾ってみましょう。

八重咲きのジニアで才能開花

花びらが多く複雑に重なる八重咲きは、華やかで生命力に満ちています。努力が実る力を高めてくれるので、才能を開花させたいなら八重咲きのジニアを選びましょう。飾る方角は、成功運が高まる東がおすすめです。

一重咲きのジニアは出会い運アップ

ふわふわと揺れる花びらの一重咲きのジニアは、出会い運をアップさせてくれます。良縁は風の気に乗って運ばれてくるからです。ピンクか白のジニアを南東に飾ってみましょう。

黄色く丸いジニアで金運上昇

ふっくらと丸い形の「ダリア咲き」「ポンポン咲き」のジニアは、金運を高めてくれます。風水では角がない丸い形は、エネルギーの凝縮と考えられているからです。黄色のジニアを西か北東へ飾りましょう。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES