花を贈る

取引先のお歳暮に人気のお花ランキングTOP5

2024年1月14日

取引先のお歳暮に人気のお花ランキングTOP5

取引先の企業や担当者に贈るお歳暮として、心温まるフラワーギフトが人気です。

お歳暮にお花を贈った経験が少ないと、「お花を贈るマナーは?」「どんなお花がいい?」などわからないことも多いでしょう。

本記事では、お歳暮にふさわしいお花トップ5、お花を贈る際の注意点、よくある質問などを解説します。

HanaPrimeでは、取引先のお歳暮にぴったりのお花を用意していますので、素敵なお花を見つけてみてはいかがでしょうか。

\メッセージカードが無料/

取引先のお歳暮におすすめのお花を探す

胡蝶蘭が最も人気があります

お花は取引先のお歳暮におすすめ

取引先へのお歳暮は、1年間お世話になった気持ちと今後も関係性を築いていきたい気持ちを表す意味合いがあります。

お花は年齢、性別、国を問わず万人に受け入れやすく、企業間のお歳暮としてもふさわしいでしょう。

また、お花は取引先の社内を素敵な空間に彩ることができ、好みが大きく別れやすい飲料や食品と違ってお歳暮として選びやすいです。

取引先に贈るお歳暮のお花の選び方

取引先に贈るお歳暮のお花の選び方取引先に贈るお歳暮のお花の選び方は2つあります。

  • ① 会社の規模に見合ったお花を選ぶ
  • ② ビジネス向けの派手すぎないお花を選ぶ

それでは順番に解説します。

① 会社の規模に見合ったお花を選ぶ

取引先に贈るお歳暮としてお花を選ぶ際には、会社の規模に見合ったものを選ぶことが大切です。

小規模な会社には控えめで洗練されたアレンジメントが適しています。

例えば、シンプルなデザインの生け花や、小さめのフラワーバスケットなどが好ましいでしょう。

一方、大企業や重要なビジネスパートナーには、より豪華で存在感のあるフラワーアレンジメントがふさわしいかもしれません。

たとえば、大きな生け花や、色とりどりの花々をふんだんに使用した大きなフラワーバスケットなどが印象的です。

② ビジネス向けの派手すぎないお花を選ぶ

取引先のお歳暮にお花を贈る時は、ビジネス向けの派手すぎないお花を選びましょう。

無難な選択肢としては、落ち着いた色合いの花束やアレンジメントなどが適しています。

例えば、白や淡いピンク、クリーム色などの優しい色のバラやカーネーション、ユリ、胡蝶蘭などが良いでしょう。

また、中には魅力的な香りを放つお花もありますが、香りの強すぎるお花は会社によってはふさわしくない場合もあります。

そして、花粉が落ちやすいお花も手入れが大変になってくるため、贈る際には注意が必要です。

取引先のお歳暮におすすめのお花を探す

お花の相場の目安は3,000円~10,000円

取引先へのお歳暮に贈るお花の予算相場は、3,000円~10,000円です。

お花の予算は贈る会社の規模や関係性によっても異なるため、迷ったらお花屋さんに相談してもよいでしょう。

取引先の中でも大規模な会社や重要な取引先の場合は、ワンランク上のフラワーアレンジメントを選ぶ場合もあります。

お歳暮は感謝の気持ちを表す機会のため、心を込めたお花は金額によらず喜んでもらえるでしょう。

企業間の関係性や取引先としての重要度を考えながら、選ぶと選びやすいです。

取引先のお歳暮におすすめのお花を探す

取引先向けのお歳暮に人気のお花ランキングTOP5

取引先向けのお歳暮に人気のお花ランキングTOP5取引先にお歳暮として贈る人気のお花をランキング形式で5つ紹介します。

ランキング基準は、「ビジネスシーンにふさわしいデザインのお花」「花言葉の意味」「お手入れのしやすさ」「花持ちの良さ」「香りの少なさ」に分けて考えました。

①ビジネスシーンにふさわしいデザインのお花
  • 控えめで洗練されたデザイン
  • シンプルな色合い
  • 過度に派手でなく、強い香りもない
花言葉の意味
  • ビジネスシーンに相応しい言葉
  • ポジティブな意味合い
③お手入れのしやすさ
  • お手入れの頻度が少ない
  • 風通しが良いところに置く必要がない
  • 乾燥に強い
④花持ちの良さ
  • 花持ち期間の平均的長さが長い
  • 水やりの頻度
⑤香りの少なさ
  • 独特な匂いがしない
  • 香りが強くない

上記を参考にして、以下ランキングにまとめました。

順位 ①お花 ②デザイン 花言葉 ④手入れのしやすさ ⑤花持ち ⑥香り少なさ
1 胡蝶蘭
2 ユリ
3 シンビジウム
4 シクラメン
5 ポインセチア

下記、詳しく解説していきます。

  • ① 胡蝶蘭|上品でビジネスシーンにも最適なお花
  • ② ユリ|華やかで上品な香りのお花
  • ③ シンビジウム|エレガントで優雅なお花
  • ④シクラメン|冬を印象付けるカジュアルなお花
  • ➄ ポインセチア|クリスマスの象徴的なお花

① 胡蝶蘭|上品でビジネスシーンにも最適なお花

胡蝶蘭は、見た目も上品で、ビジネスシーンの贈り物にぴったりなお花です。

また、花粉も少なく香りもほとんどないため、幅広い方に満足していただけるでしょう。

胡蝶蘭の花言葉は、尊敬・発展・幸福が飛んでくるなどポジティブな言葉のため、取引先に贈るお花としてふさわしいです。

また、風通しが良く明るい室内に置いておけば、1ヶ月程度楽しむことができ、無臭であるため、会社に置くのにも適したお花でしょう。


定番の白色の胡蝶蘭には「清純」といった花言葉もあります。そのため、純真な気持ちを表すお花として、どなたにも喜んでいただけます。


ミディアムサイズの胡蝶蘭は場所を取らず、オフィスなどのビジネス空間にも最適です。


ピンク色の胡蝶蘭は愛らしく、感謝を示す贈り物としてもぴったりです。

② ユリ|華やかで上品な香りのお花

ユリは、見た目が上品かつ華やかで人々を魅了します。

花言葉は純潔・威厳・無垢などといった、万人に純粋なイメージをもたらす意味が連なっています。

ユリは適切な水やりなどお手入れすることで、2週間前後は楽しむことができます。

ユリの香りは、フローラルで甘い香りが特徴的で、多くの人にとって心地よいとされています。

ただし、甘い香りが苦手な方もいるため、その点は配慮が必要です。


豪華なユリを使ったスタンド花は、落ち着いた高級感を演出し、ビジネスシーンで特に好評を得やすいお祝いのお花です。


ピンクのユリを使ったスタンド花は、可愛らしさと同時に幸福感やリラックス感を与え、特にサロンやクリニックへの贈り物にぴったりです。


上品さと豪華さを兼ね備えたユリのスタンド花は、重要な大手の取引先へのお歳暮に最適です。

③ シンビジウム|エレガントで優雅なお花

シンビジウムは、1つの花茎に多い時は10個以上のお花を付けるため、エレガントながらも豪華な印象を与えます。

開花期が長いため、長期間楽しむことができる点も特徴的です。

シンビジウムの花言葉は、素朴・飾らない心・華やかな恋など、外見の豪華さとは対照的な素朴な印象から恋愛を連想させるものまで多岐にわたります。

シンビジウムは、乾燥に弱いため適宜に水やりをする必要があります。

また、風通しが良く日光が当たる場所で管理することで、2ヶ月程度と花持ちが長く、香りも少ないです。

取引先のお歳暮におすすめのお花を探す

④ シクラメン|冬を印象付けるカジュアルなお花

シクラメンは、冬を印象づけるカジュアルなお花で、球根植物としてポピュラーです。

冬の時期に成長期を迎えるシクラメンは、冬の間に美しいお花が開花します。

下向きがちに咲くお花であることから、遠慮・はにかみ・内気といった花言葉がつけられたと言われています。

室内にて管理すれば初心者でも簡単に管理できますが、乾燥に弱いため注意が必要です。

シクラメンは外見に反して香りがほとんどないため、香りに敏感な方にも適しています。

花持ちは3週間前後と比較的長期にわたって楽しむことができます。

HanaPrimeでは、取引先のお歳暮に人気のお花を多数取り揃えています。ぜひ、HanaPrimeで素敵なお花を探しましょう。

➄ ポインセチア|クリスマスの象徴的なお花

ポインセチアは、多くの人にとって赤色のお花で12月のクリスマスシーズンを印象づけるお花ですが、白色やピンク色など多様な色の品種も存在します。

花言葉としては、祝福・幸運を祈る・私の心は燃えている・聖夜など情熱的に感じる言葉が特徴的です。

クリスマスのイメージがあるため、寒さに強いと思われがちですが、実は寒さに弱いため温かい部屋での管理が必要です。

また花持ちは1週間前後であり、独特なビターな香りは好き嫌いが分かれる可能性があります。

取引先のお歳暮におすすめのお花を探す

取引先へのお歳暮のお花を贈る際の注意点

取引先へのお歳暮のお花を贈る際の注意点が3つあります。

  • 12月初旬から下旬までに贈る(地域で異なる)
  • ショップの年末年始の営業日やお届け可能日を確認する
  • メッセージカードやラッピングを用意する

それでは、順番に解説していきます。

12月初旬から下旬までに贈る(地域で異なる)

お歳暮は、地域によって異なりますが12月初旬から下旬までに贈るのが一般的です。

元々は、12月13日のお正月の準備を始める「事始め」から贈るのがならわしです。

東日本は11月下旬~12月20日前後、西日本は12月13日~20日前後と言われていますが、地域によって細かい日付は異なります。

そのため、あなたが贈りたい取引先の地域に合わせて贈る日を調べておきましょう。

ショップの年末年始の営業日やお届け可能日を確認する

お歳暮としてお花を贈る場合、ショップの年末年始の営業日やお届け可能日の確認は不可欠です。

これは、生花をなるべく鮮度の保った状態で、取引先へ届けてもらうためです。

例えば、ショップが年末年始に休業する場合もあるため、事前に営業日やお届け可能日を確認し、配達したい日に合わせて注文することが重要です。

HanaPrimeでは、生花は月曜日・水曜日・金曜日に入荷しているため、入荷日に合わせて出荷したほうが鮮度の良い状態でお届けできます。

そのため、月曜日・火曜日のお届け日指定での発送はしておりません。

メッセージカードやラッピングを用意する

取引先へのお歳暮として、お花を贈る際はメッセージカードやラッピングを添えることが大切です。

美しいラッピングは、お花を豪華に彩るだけでなく、心のこもった贈り物であることを印象付けます

そして、メッセージカードで日頃の感謝の気持ちを綴ることで、より親密な関係に深めることができるでしょう。

HanaPrimeでは、無料でメッセージカードを付けることができます。

ぜひ、取引先へ贈るお歳暮のお花にメッセージカードを付けて、相手に気持ちを伝えてみてください。

お歳暮に贈るおすすめのお花を探す

取引先へのお歳暮のお花に関するよくある質問

最後に、取引先へのお歳暮のお花に関しての質問を紹介します。

  • 取引先にお歳暮としてお花を贈るのは常識?
  • お花は手渡しと郵送どちらがいい?
  • お花を贈る時期が過ぎてしまったら?

順番に解説します。

取引先にお歳暮としてお花を贈るのは常識?

ビジネスシーンにおいて、お歳暮ではお花がよく贈られます。

お花は、個人の好みに左右されることなく贈ることができ、見た目の美しさや香りによる癒やしの効果で、喜ばれます。

また、お花は、一定期間すると自然に枯れたり、保管などの手間がかからないため、ビジネスシーンでは特に好まれます。

お花は手渡しと郵送どちらがいい?

取引先へお歳暮としてお花を贈る場合、手渡しでも郵送でもどちらでも構いません

ただし、新鮮な状態でお花を贈ることが大切です。傷んでしまったお花が届いた場合、自身もお相手も悲しい気持ちになってしまいます。

相手に贈りたい日にちを決め、逆算することでお花屋さんに注文する日を決定しましょう。

生花であるため、お相手が不在の場合、お花の傷みにつながってしまいます。

そのため、お届け先のご在宅・お受け取り可否を必ずご確認の上、注文しましょう。

お花を贈る時期が過ぎてしまったら?

もしお歳暮としてお花を贈る時期が過ぎてしまっても心配する必要はありません。

基本的には、1月7日までは「御年賀」、1月7日以降は「寒中見舞い」として贈ります。

ただし、地域によって時期が異なり、基本的に御年賀は関東は1月7日まで、その他地域は1月15日までを松の内とする地域や、1月10日までとする地域など様々です。

そのため、贈りたい相手の地域性によって、御年賀はいつまでか調べる必要があります。

また、寒中見舞いは、松の内が終わってから立春までとされています。

寒中見舞いは1月8日から2月3日まで、および地域によっては1月11日・1月16日から2月3日までに贈りましょう。

御年賀・寒中見舞いに贈るおすすめのお花を探す

取引先へのお歳暮は心を込めたお花で感謝を伝えよう!

取引先へのお歳暮は心を込めたお花で感謝を伝えよう!今回の記事では、取引先のお歳暮に人気のお花ランキングTOP5を紹介しました。

取引先へ贈るフラワーアレンジメントは、種類によって大きさ・性質・香りなど様々です。

ビジネスシーンにおいて、お花はよく贈られるアイテムであり、心を込めて感謝を伝えることができる手段でもあります。

取引先に贈るお歳暮のお花の選び方や注意点を参考にして、素敵なお花を選んでみてください。

HanaPrimeでは、新鮮で豪華なフラワーアレンジメントを他の通販サイトに比べて、お手頃な価格で提供しています。

ぜひHanaPrimeで、取引先へお歳暮として贈るお花を探しましょう。

豪華で素敵なフラワーアレンジメントを探す

-花を贈る
-, ,

© 2024 HanaPrimeマガジン