花を贈る

社長の就任祝いに胡蝶蘭を贈るマナーは?相場や贈るタイミングも解説

2023年7月20日

社長の就任祝いに胡蝶蘭を贈るマナーは?相場や贈るタイミングも解説

新任社長への祝い品選びに迷ったら、格式ある胡蝶蘭を贈るのがおすすめです。

「喜ばれる胡蝶蘭のサイズや色は?」「いくらの胡蝶蘭を贈る?」など悩む方も多いでしょう。

本記事では、新任社長社長に胡蝶蘭がふさわしい理由、贈るタイミングやマナー、おすすめの胡蝶蘭4選などを解説します。

HanaPrime(ハナプライム)では、社長へ送るのにふさわしい胡蝶蘭も取り揃えていますので、チェックしてみてください。

\ 送料・立て札無料 /

胡蝶蘭の通販はHanaPrime

目次

社長の就任祝いに胡蝶蘭を贈る理由は?

社長の就任祝いに胡蝶蘭を贈る理由は?

社長の就任祝いに胡蝶蘭を贈る理由は何でしょうか?

胡蝶蘭は美しい見た目に加え、花言葉や鉢植えが持つ意味によって新社長の門出を祝うだけでなく、さらには新社長の人脈の広さをも表す象徴とも言えます。

その意味や贈るメリットを理解し、より良い関係性を築くきっかけにしましょう。

花言葉が新しい出発を祝うのにぴったり

胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」であり、新しい門出を祝うのにぴったりです。

胡蝶蘭の花びらは蝶のように美しく広がり、その姿から「美しい蝶が幸福を運んでくる」というイメージが生まれました。
このような美しい見た目も胡蝶蘭の魅力です。

そして、「幸せが飛んでくる」という花言葉は、新たな門出や挑戦を迎える人にとって喜ばれるメッセージを伝えるため、社長の就任祝いに適しています。

胡蝶蘭の花言葉とその美しい姿は、新たな門出を祝う社長への贈り物としてふさわしいと言えます。

鉢植えにも地位や業績の安定・継続を願う意味がある

胡蝶蘭が鉢植えで贈られるのは、根を張る象徴として深い意味があるからです。

「根を張る」は、「根付く=根を張って仕事をする」という意味から来ています。

胡蝶蘭は、社長が長く安定した地位を保ち、企業の業績が継続的に成長するという願いを込めた象徴的な贈り物です。

今の幸せを願いつつさらなる活躍を願うというメッセージが伝えられるため、鉢植えの胡蝶蘭はとても縁起が良く、社長の就任祝いに対する贈り物として最適です。

胡蝶蘭は新社長の人脈の広さを表す

就任祝いに贈られる胡蝶蘭の数は、新しく社長になった人物の広範な人脈を象徴するとされています。

また、胡蝶蘭の大きさは付き合いの深さを象徴しており、新任社長の人望の厚さを表しているとされています。

つまり、胡蝶蘭は単なるお祝いの象徴ではなく、新社長の人望の厚さや人脈の広さを暗に示す役割も果たすのです。

胡蝶蘭の大きさは、送り手からの深い敬意や信頼の大きさを示すことができるため、大きな胡蝶蘭は新社長の門出を祝う贈り物にぴったりです。

見た目が美しく花もちも良い

胡蝶蘭はその豪華な外観と花もちが良いという特性が評価され、慶事の贈り物の定番です。

胡蝶蘭の花は、その名前が示す通り、蝶が舞い踊るような華やかな美しさを備えています。

この華やかさは、新たなスタートを切る社長への祝いの気持ちを表現するのにぴったりです。

さらに胡蝶蘭は1ヶ月程度は花が咲き続けるため、祝いの場面だけでなく、その後も長く楽しむことができます。

それに加え、胡蝶蘭の花粉や香りが少ないという特性も、事務所や会議室など、場所を問わず飾ることができるという大きなメリットとなります。

贈り先の社長や企業とより良い関係を築くチャンス

贈り先の社長や企業とより良い関係を築くチャンスを作れることも、新社長の就任祝いに胡蝶蘭を贈る理由の一つです。

就任祝いは新しいスタートであり、節目に対する心からのお祝いの気持ちが贈り物として形に残ることで、新社長や企業からの印象も良くなる事でしょう。

そして、それが良好な関係を築く上での大きなステップとなります。

加えて、胡蝶蘭は贈り主の名前の書かれた立て札とともにエントランスや入り口付近など目立つ場所に飾られますので、ビジネスの世界では有効なアピールとなります。

社長就任祝いに胡蝶蘭を贈るベストなタイミングと注意点

社長就任祝いに胡蝶蘭を贈る際、その最適なタイミングと注意点を押さえておくことが大切です。

就任式の有無や開催場所、縁起の日、贈るタイミングなど、様々な要素を考慮し、お祝いの気持ちや感謝の気持ちを最大限に伝えられるような贈り方をご紹介します。

就任式の有無や開催場所によって異なる

社長就任祝いとして胡蝶蘭を贈る際のタイミングは、就任式の有無と場所によって大きく異なります。

状況 タイミング 届け先
就任式が開催される場合 前日もしくは当日の午前中 会場
就任式が行われない場合 就任日の午前中かそれ以降 会社宛

就任式が開催される場合、胡蝶蘭の配送は前日もしくは当日の午前中に届くように手配しましょう。

その際は、胡蝶蘭は直接会場へ送るようにしてください。

なお、会場によっては受け取り時間や生花の取り扱いに制約がある場合がありますので、必ず事前に確認しましょう。

また、自身が就任式に参列するのであれば、胡蝶蘭を持参するのも一つの方法です。

就任式が行われない場合のタイミングとして、新任の社長の就任日の午前中に届くように手配することが一般的です。その際、胡蝶蘭を会社へ送ってください。

どの場合も新任の社長の就任を祝うという目的を忘れず、適切なタイミングとマナーを心掛けましょう。

「仏滅」を避け可能であれば「大安」に贈る

社長就任祝いの胡蝶蘭は「仏滅」を避け、「大安」に贈るのが理想的です。
しかし、最終的な判断は贈る側と贈られる側の考え方や事情によります。

現代では六曜を気にする方も少なくなってきており、必ずしも「仏滅」を避けるべきとは限らないからです。

縁起を気にするなら「大安」の日を選ぶのが最適ですが、贈る側であるあなたと贈り先の企業・社長の価値観によっては、贈る日を優先して「仏滅」の日に贈っても問題ありません。

前任者が退任し新社長の就任が正式発表された後に贈る

社長の就任祝いに胡蝶蘭を贈る際の最適なタイミングは、前任者が退任した後、そして新社長の就任が正式に発表された時点となります。

これは、正式な辞令が出る前にお祝いを贈ると、もし辞令が変更となった場合、贈った相手に不快な思いをさせてしまうからです。

また、前任者の社長がいる期間中にお祝いを贈ると、前任者に対しても失礼な行為となる可能性があるためです。

相手を祝う気持ちで贈るのに不快な思いにさせてしまったら本末転倒です。
胡蝶蘭は前任者が退任し、新社長の就任が正式発表された後に贈りましょう。

どうしても事前に贈りたいなら新社長の自宅に贈る

就任祝いとして胡蝶蘭を贈る場合、就任日以降に都合がつかず、かつマナーの観点から会社へ贈ることが難しい場合は、新社長の自宅へ直接贈ることも一つの手です。

前述したように、まだ会社に現職者が在職している場合に、事前に会社へ贈るのは失礼な行為となってしまいます。

そのため新社長の自宅へ直接贈ることで、現社長に対する失礼な行為をさけつつ、かつ新社長との良好な関係を築く上でのマナーを守ることもできます。

就任祝いを贈るのが遅れた場合の対策

もし祝いの贈り物が遅れてしまった場合、会社名ではなく個人名で胡蝶蘭を贈りましょう。

胡蝶蘭を贈ったことで、受け取った先方から個人宛にお礼の連絡が来るはずです。
そのタイミングで遅れたことをお詫びしながら、お祝いの言葉を伝えるのが良いでしょう。

一般的に、新たに社長に就任した方への祝いの胡蝶蘭は、就任日から1週間以内に贈るのが最適とされています。

1週間程度であれば例え遅れてもマナー違反にはならず、丁度良いタイミングと言えるでしょう。

社長の就任祝いに胡蝶蘭を贈る際のマナー

社長の就任祝いに胡蝶蘭を贈る際のマナー

社長の就任祝いに胡蝶蘭を贈る際には、マナーや礼儀をきちんと守ることが大切です。

立札の書き方からラッピングまで、印象を左右するポイントをしっかり押さえ、相手に対する祝福の意をしっかり伝えましょう。

胡蝶蘭を贈るときの立札・木札の書き方

胡蝶蘭を贈る際は、適切な立札・木札の書き方を理解しておくことが重要です。

適切な書き方をすることで、誰からの贈り物であるかが一目でわかり、また、お祝いの用途も明確に伝えることができるからです。

立札・木札は、見た目の美しさだけでなく、情報を適切に伝える役割も果たします。

立札には贈り主名(注文者名)と「頭書き」を必ず記載します。

頭書きの例

  • 「御就任御祝」
  • 「就任御祝」
  • 「社長就任御祝」

頭書きに加え、贈り先の「会社名」「新役職名」「名前」を記載することもあるでしょう。

ただし、これらを全て書く必要はありません

全体の文字数のバランスを見ながら、必要に応じて適切な情報を記載します。

送り主が記載する情報の例

  • 「会社名」
  • 「(代表者)肩書」
  • 「名前」

送り主の情報を記載する場合、右から贈り先名、お祝いの文言、贈り主名を順に記載します。

例えば「御祝 株式会社○○ 代表取締役△△」のように書きましょう。

また、贈り相手との親密な関係の場合は、立札に直接お祝いの言葉を書いたり、メッセージカードを添えるという方法もあります。

ただし、メッセージカードを書く際は、忌み言葉や不吉なイメージのある数字(4や9など)を避けるのがマナーです。

社長就任の祝いに胡蝶蘭を贈る際は、これらの立札・木札の書き方を意識しましょう。

参考:立て札・メッセージカードの書き方

先代社長が亡くなった場合は大々的なお祝いを避ける

先代社長が亡くなって新社長が就任した場合、大々的な祝賀は適さないことがマナーとされています。

新任者の就任が前任者の訃報を受けた結果であるため、会社全体が喪中にあたるという状況を尊重する必要があるからです。

大々的な祝賀は控え、贈り物も控えるのが適切とされています。

さらに、喪中であるという事情を理解した上で、祝電を送るのも避けるべきです。

基本的には内々にお祝いの意を伝える程度に留めるのが無難でしょう。

ラッピングにもこだわる

就任祝いとして贈る胡蝶蘭には、見栄えを良くするために必ずラッピングをしましょう。

ラッピングは贈り物の印象を大きく左右する要素であり、適切なラッピングを選ぶことで、贈る相手にさらに喜んでもらえます。

相手の好きな色を知っている場合や、会社のブランドカラーが明確である場合には、それを取り入れたラッピングを選ぶと良いでしょう。

さらに、贈り先が胡蝶蘭を長期間飾る予定である場合は、ラッピングを外すことをお伝えしてください。

ラッピングを付けたまま水やりを続けると、胡蝶蘭が根腐れを起こす可能性があるためです。

社長就任のお祝いに胡蝶蘭を贈る際は、ラッピングに対する配慮を心掛けましょう。

社長の就任祝いに贈る胡蝶蘭の相場はいくら?

 

社長の就任祝いに贈る胡蝶蘭、その相場はどの程度なのでしょうか。

贈る立場や関係性によって、適切な価格帯は変わってきます。

ここでは、会社から贈る場合と個人として贈る場合に分けて、一般的な相場を解説します。

会社として贈る場合

取引先なら3万円~4万円

会社として取引先の社長の就任祝いに胡蝶蘭を贈る際の相場は、3万円~4万円となっています。

取引先の社長に対して、適切な価格帯の胡蝶蘭を贈ることは、相手に対する尊敬を表すメッセージにもなります。

特に重要な取引先なら5万円前後

特に重要な取引先の社長への就任祝いに贈る胡蝶蘭の相場は、一般的に5万円前後とされています。

取引先の社長へ贈る胡蝶蘭は、その洗練された美しさで、あなたの会社からの尊敬の念や関係性の深さを示す大切な手段です。

特に重要な取引先の社長への祝いでは、その大切な関係性を尊重し、盛大にお祝いをするために、より豪華な胡蝶蘭を選ぶことが一般的です。

その結果として、選ばれる胡蝶蘭の価格帯は通常よりも高くなり、一般的には5万円前後となることが多いです。

会社として特に重要な取引先の社長への就任祝いに贈る際は、相手への敬意を示すためにも、5万円前後の胡蝶蘭を贈りましょう。

個人として贈る場合

知人や同僚なら1万円~2万円

社長就任祝いに知人や同僚から贈る胡蝶蘭の相場は、1万円~2万円程度が適切です。

また、形式よりも近しい関係の人としての心からのお祝いの気持ちをメッセージカードに込めることで、相手により喜んでもらえることでしょう。

親戚なら1万円~3万円

同僚へのお祝いに個人として胡蝶蘭を贈る場合、相場は1万円~3万円です。

安すぎるのもダメですが、高すぎてもむしろ負担になる恐れもあるため、このあたりの価格帯が適切とされています。

社長の就任祝いに贈る胡蝶蘭の選び方

社長の就任祝いに贈る胡蝶蘭の選び方

社長の就任祝いに贈る胡蝶蘭、その選び方はどのような点を重視すれば良いのでしょうか。

胡蝶蘭の色や本数選びにはそれぞれ意味があり、その意味を踏まえて贈ることで胡蝶蘭を通じでお祝いの気持ちを誤解なくしっかり伝えることができます。

ここでは、無難な選び方からおすすめのポイントまでを詳しくご紹介します。

無難なのは白色大輪の胡蝶蘭!赤リップもおすすめ

新社長の就任祝いに適切な胡蝶蘭の色は、「白」または「赤リップ」がおすすめです。

胡蝶蘭は数多くの種類が存在しますが、場面や贈り手を選ばず、多くの方に好まれるのが「白」の胡蝶蘭です。

ビジネスのパートナーや企業間の贈り物として、白色の胡蝶蘭は信頼感や清潔感を象徴し、ビジネスシーンに適しているためです。

特に、就任式の風景に統一感を持たせたい法人の場合、白い胡蝶蘭が重宝されます。

事前に贈り先に色の指定がないかを確認しておくとなおよいでしょう。

また、価格は同じでも品種によっては、色付きの胡蝶蘭より白色の胡蝶蘭のほうが大きいこともあります。

次に推奨する色は「赤リップ」です。

縁起の良さから、赤リップの胡蝶蘭は就任祝いにもぴったりです。

他の人とは一線を画した贈り物を選びたい方には、赤リップの胡蝶蘭や、会社のメインカラーに合わせた胡蝶蘭が印象的でしょう。

本数は「3本立ち」「5本立ち」などの奇数を選ぶ

胡蝶蘭の本数は奇数を選びましょう。

日本の祝い事では、奇数を選ぶと縁起が良いとされているからです。中でも「3本立ち」「5本立ち」が選ばれることが多いです。

  • 「3本立ち」の胡蝶蘭は、一般的な取引先に贈るのに適していて、最もよく選ばれるタイプとなっています。5本立ちや7本立ちに比べて小さいとはいえ、大きな花を選ぶことで、その華やかさは十分に感じられるでしょう。
  • 「5本立ち」の胡蝶蘭は花茎の数が多く、豪華な印象を与えるため、懇意にしている取引先の社長就任のお祝いなど、重要なビジネスシーンには最適です。

HanaPrime(ハナプライム)は、「定番の白色」「赤リップ」「3本立ち」「5本立ち」全て取り揃えています。豊富な品揃えの中から、贈る相手にぴったりの胡蝶蘭を見つけてください。

社長の就任祝いにぴったりな胡蝶蘭を探す

社長の就任祝いにおすすめの胡蝶蘭4選

 

社長の就任祝いに贈る胡蝶蘭、その中でも特におすすめの4種類を紹介します。

定番から個性の出るものまで、それぞれの特徴や、どんな場面で贈ると良いのかなどを解説します。

定番の白色大輪胡蝶蘭

 

社長の就任祝いに贈る胡蝶蘭の定番、「白色大輪」です。

綺麗な白色がビジネスシーンにおける信頼感や清潔感を象徴しており、派手な色合いの胡蝶蘭に比べて落ち着きのある色調であるため、企業間の贈答用として好まれる傾向があります。

42輪以上の「白色大輪」の胡蝶蘭が特におすすめで、その華やかさと豪華さが、新しく社長に就任した方へのお祝いの気持ちをしっかり伝えてくれます。

胡蝶蘭 大輪 42輪~45輪 3本立ち 白
胡蝶蘭 大輪 42輪~45輪 3本立ち 白

♦42輪以上保証 ♦1本あたり14輪~15輪 ♦安心の品質保証7日間

胡蝶蘭 大輪 白色 42輪~45輪は一般的なお祝いで最もに人気のある胡蝶蘭になります。花輪も大きく並びの綺麗な胡蝶蘭をお届け致します。

詳しく見る

女性社長におすすめなピンクの胡蝶蘭

 

新たに就任する女性社長への祝いには、女性らしさと華やかさを兼ね備えたピンクの胡蝶蘭がおすすめです。

ピンク色が大人の女性らしさを引き立て、華やかさと落ち着きを同時に表現してくれます。白や赤リップの大輪胡蝶蘭が企業向けには人気がありますが、少し変わった胡蝶蘭を贈りたい場合や、場を明るくしたい場合には、ピンクの胡蝶蘭がおすすめです。

大輪のピンク胡蝶蘭はその可愛らしさがイベント事やお祝いの場を一層華やかに演出してくれます。その鮮やかな色合いが新鮮で心地よい雰囲気をもたらすでしょう。

胡蝶蘭  大輪 39輪~42輪 3本立ち ピンク
胡蝶蘭 大輪 39輪~42輪 3本立ち ピンク

♦39輪以上保証 ♦1本あたり13輪~14輪 ♦安心の品質保証7日間

ピンク色の胡蝶蘭で3本立ち43輪という、女性に対して最大級のお祝いをする際にうってつけの商品です。ピンクの胡蝶蘭の花言葉は「あなたを愛します」です。プロポーズなど、一生に一度の機会にぜひ贈ってみてはいかがでしょうか。

詳しく見る

個性が出る赤リップの胡蝶蘭

 

赤と白の色合いが縁起を担いでいる赤リップの胡蝶蘭もおすすめです。

昨今ではビジネスの場での栄転祝いや選出祝いとして贈られることが増えており、その存在感から他の胡蝶蘭と並べた時に一際目立つ特徴があります。

胡蝶蘭 大輪 42輪~45輪 3本立ち 赤リップ
胡蝶蘭 大輪 42輪~45輪 3本立ち 赤リップ

♦42輪以上保証 ♦1本あたり14輪~15輪 ♦安心の品質保証7日間

リップを塗っているように見える珍しい配色の胡蝶蘭がこちらの赤リップです。可愛らしいお花ですが、3本立ちで43輪もの花が咲いている姿からはとても優雅な印象も受けます。紅白をイメージされることから、お祝いのギフトに人気があります。

詳しく見る

豪華に贈るなら白色大輪の5本立ち胡蝶蘭

 

社長の就任祝いに贈る胡蝶蘭として、特に豪華に飾りたいなら白色大輪の5本立ちがおすすめです。

その理由は、その輪数の多さと圧倒的な存在感にあります。

また、定番の白色大輪の胡蝶蘭は最も人気があり、一般の方から法人まで幅広く選ばれています。

80〜90輪もの豊かな白い花が咲くこの胡蝶蘭は、会社や飲食店のように広いスペースがある場所への贈り物としても最適です。

また、5本立ちの中でも最も輪数が多いため、圧倒的な存在感があり、特別なお祝いにふさわしいアイテムと言えます。

したがって、社長の就任祝いに贈る胡蝶蘭として、白色大輪の5本立ちは豪華さと存在感を兼ね備えたゴージャスな選択です。

その豊富な輪数と存在感で、祝福の気持ちを一層強く伝えることができるでしょう。

胡蝶蘭 大輪 80輪~90輪 5本立ち 白
胡蝶蘭 大輪 80輪~90輪 5本立ち 白

♦80輪以上保証 ♦1本あたり16輪~17輪 ♦安心の品質保証7日間

80輪以上の花びらがついている胡蝶蘭は、5本立ちの中でも最も輪数が多く、他に類を見ない最高グレードの商品となっています。喜ばれること間違いなしの商品です。5本立ちの中でもワンランク豪華なこちらの胡蝶蘭を贈られてみてはいかがでしょうか。

詳しく見る

社長の就任祝いにピッタリな胡蝶蘭の一覧を見る

就任祝いに胡蝶蘭を贈る時によくある質問

 

就任祝いに胡蝶蘭を贈る際、多くの疑問や不安が浮かぶことでしょう。

社長以外の役職への贈り物、複数の役職交代が同時に起きた場合の対応、胡蝶蘭以外の選択肢についてなど、様々な疑問とその解決法をまとめました。

是非参考にしてみてください。

社長以外(取締役・役員)の就任祝いで贈る場合は?

役員の就任祝いに胡蝶蘭を贈る際の一般的な予算は1万円~3万円が相場となります。

このような場合、立て札やメッセージカードに記述する言葉にも注意が必要です。

「祝 御就任」や「御就任祝い」など、役職を特定しない表現を用いることが望ましいです。

「社長就任御祝」のように、間違った役職を書かないよう気を付けましょう。

役員の就任祝いに胡蝶蘭を贈る場合は、予算設定やメッセージカードの表現に配慮することが重要です。

会長と社長が同時に交代・就任する場合は?

会長と社長が同時に就任する場合の胡蝶蘭の贈り方は、お相手との関係性や予算によるところが大きいです。

基本的には、一人ずつ個別に贈るのが一般的です。

同じ企業内でも、一人一人に尊重と祝いの意を表すため、一つの胡蝶蘭を連名で贈るのではなく、それぞれに一つずつ贈りましょう。

連名で贈ると、省略しているか、纏めてしまっているという印象を与えてしまい、相手にとって失礼になる可能性があります。

そのため一人一人へのお祝いの心を十分に伝えるために、それぞれに胡蝶蘭を手配することが重要となります。

また、会長と社長という役職の違いに応じて、贈り物の予算を変える必要があると思っている方もいるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

予算に余裕がある場合をのぞき、通常は特に価格に差をつけず、会長と社長には同じ価格帯の胡蝶蘭を贈るのが一般的です。

その際、花の色や包装の色などで個性を出すのがおすすめです。

さらに、会長と社長へのお祝いの贈り物は、必ず一人ずつ個別に贈らなければならないというわけではありません。

ご予算に限りがありそれぞれに贈るのが難しいのであれば、「祝 御就任」として、個別ではなく企業全体へ贈るという方法も考えられます。

もちろん、両方とも付き合いがある場合は、それぞれに贈るのが望ましいです。

しかしどちらか一方にしか面識がない場合など付き合いに差がある場合は、一方だけに贈っても問題ありません。

お祝いは気持ちを伝える行為であり、その深さに基づいて贈る・贈らないを選んでも良いということを覚えておいてください。

社長就任祝いで胡蝶蘭以外を贈るのは?

社長就任のお祝いには胡蝶蘭を贈ることが一般的ですので、胡蝶蘭を贈るのが「確実な選択」です。
ただ、他の取引先も胡蝶蘭を贈ると思いますので、「お祝いの気持ちをより一層強く伝えるためにも他の取引先とは違ったものを贈りたい」ということでしたら、胡蝶蘭と一緒に他のプレゼントを贈るのがオススメです。

 

胡蝶蘭と一緒に贈るオススメのプレゼント

  • 「高級万年筆やボールペン」:実用的かつステータスにもなる
  • 「高級グルメ」:社長の家族全員で楽しむことができる
  • 「ワインやシャンパン」:お酒好きに喜ばれる

 

これらの贈り物を胡蝶蘭と一緒に贈ることで、お祝いの気持ちをより一層強く伝えることができます。

社長の就任祝いで胡蝶蘭以外でおすすめのお花

社長の就任祝いで胡蝶蘭以外でおすすめのお花

社長の就任祝いに、胡蝶蘭以外のお花を贈りたいと考えている方へ。

胡蝶蘭とはまた違った印象を与えることができる、花束やフラワーアレンジメント、観葉植物などのおすすめの選択肢をご紹介します。

これらの花や植物選びで、門出を祝福する気持ちを伝えましょう。

花束

社長の就任祝いで直接手渡しする花の選択肢として、胡蝶蘭以外には花束が推奨されます。

職場や自宅への配送ではアレンジメントや胡蝶蘭が主流となりますが、対面でお祝いを伝える場合には花束が適しているのです。

特に親しい関係性で、個人的に贈る場面では花束がよく用いられます。

さらに、花束はアレンジメントと同様に、受け取る人の好みに応じて雰囲気を変えることが可能です。

相手がどのようなイメージを持つ人物であるかを考慮して選んでみると、お祝いの気持ちがより伝わります。

もし相手のイメージを表現するのが難しい場合でも、お祝いにふさわしい明るく華やかな色の花束を選ぶと間違いないでしょう。

就任祝いで直接お花を手渡したい場合は、花束がおすすめです。

花束の渡し方|基本マナーと注意点

お祝いの贈り物にぴったりの花束ですが、マナーやタブーも知っておかないと、せっかくの花束が喜んでもらえなかったり、失礼にあたってしまったりすることがあります。ここでは、花束を贈る場合のマナーやタブーなど ...

続きを見る

フラワーアレンジメント

新任社長の就任祝いには、胡蝶蘭だけでなく、豊かな色彩と花言葉でメッセージを伝えるフラワーアレンジメントも、おすすめの選択肢となります。

胡蝶蘭が白や赤などの単色であるのに対し、フラワーアレンジメントは多彩な色とデザインで、華やかで印象的なお祝いのメッセージを伝えることが可能だからです。

新任社長が女性の場合、ピンク色を取り入れたアレンジメントや「希望」「常に前進」を象徴する花言葉を持つガーベラやトルコキキョウを取り入れたアレンジメントが新たな門出を祝うのにぴったりです。

また、会社のコーポレートカラーや新任社長の好きな色を取り入れることで、他のお祝い花と差別化を図り、先方にさらに強いインパクトを与えることができます。

アレンジメント花を贈りたい!選び方やマナー、タブーを解説

花々を美しく配置しそのまま飾ることができるフラワーアレンジメントは、思いを伝えたいシーンにぴったりの贈り物です。花の種類や色によってお祝いから供花までさまざまなシチュエーションに対応できますが、用途に ...

続きを見る

観葉植物

社長の就任祝いで考えられるお祝いの贈り物は、豪華な胡蝶蘭や華やかなフラワーアレンジメントだけではありません。

機能性、メッセージ性、そして手軽さを兼ね備えているという理由から、観葉植物がその新たな選択肢として人気を博しています。

観葉植物の魅力はその寿命の長さと手間の少なさ。

花々のような派手さはありませんが、長期間楽しむことができ、インテリアとしてもオフィスを彩ります。

加えて、お手入れが楽というのも、忙しい新社長への贈り物としておすすめな点です。

さらに、観葉植物の贈り物には特別な意味が込められています。

そのひとつが、鉢植えの観葉植物が「その場に根付く」ことを象徴するという点です。

これは、社長として新たな地位を引き継いだ人物が、その場所でしっかりと根を下ろし、成功を収めることを願う意味が含まれています。

おすすめの観葉植物としては、幸福を象徴する「幸福の木」の別名を持つドラセナや、「青年の樹」の愛称で親しまれるユッカが挙げられます。

これらは縁起が良いだけでなく、手入れが簡単という点も特徴で、就任祝いの贈り物として注目を集めています。

ギフトで観葉植物を贈りたい!注意すべきマナー・タブーを解説

ギフトとして人気の高い観葉植物は、開店祝いや開業祝いなど、さまざまなお祝いシーンで選ばれています。ギフトにはさまざまなものがありますが、観葉植物を贈るのも選択肢の一つとしてはぜひ考えておきたいものです ...

続きを見る

社長就任祝いに胡蝶蘭を贈るマナーを踏まえて失礼のないように贈ろう

社長の就任祝いに贈る胡蝶蘭には、見た目の美しさだけでなく、縁起の良さなど、様々な意味合いが込められています。

また、贈るタイミングや相場、選び方など、しっかりと理解しマナーを守ることが大切です。

選び方や贈り方のマナーを考慮することで、より心のこもった贈り物になり、新社長にも喜んでもらえることでしょう。

記事の内容を参考に、新社長への感謝や尊敬の気持ちを込めた胡蝶蘭を選んでみてはいかがでしょうか。

その際は、是非HanaPrimeのECサイトで、選び抜かれた質の高い胡蝶蘭をご覧ください。

それぞれの胡蝶蘭には独特の魅力があり、そのどれもが新社長のお祝いにふさわしい逸品ばかりです。

あなたの想いを形にするお手伝いをさせていただければ幸いです。

HanaPrime(ハナプライム)でお花を探す

-花を贈る
-, ,

© 2024 HanaPrimeマガジン