花を贈る

胡蝶蘭の値段は?価格はいくらが相場なの?

2023年4月25日

開店のお祝いなど贈り物としても人気のある胡蝶蘭ですが、購入を検討する際いくらくらいするのかわからない方もいるのではないでしょうか。

「胡蝶蘭って高いって聞くけど実際どのくらいなんだろう」
「どれくらいのサイズを贈るのがいいんだろう」

など初めて購入する場合に気になることは多いと思います。

本記事では胡蝶蘭の価格やサイズ、お祝いに送る際の相場など気になるポイントを解説します。

お祝いに胡蝶蘭を贈ろうとお考えの方はぜひ参考にしてください。

胡蝶蘭の値段をサイズや本数別に解説

胡蝶蘭はの値段は「サイズ」「輪数」「本数」により変化します。同じ3本立ち・5本立ちでも価格は変わるため胡蝶蘭を選ぶ際には、価格面・サイズ双方から検討しましょう。

胡蝶蘭のサイズ別、本数別に値段の相場を紹介します。

大輪サイズは3本立ちから7本立ちまで10,000~70,000円と幅広い

花の大きさが10㎝以上あるものが大輪サイズに分類されます。
本数により全体の大きさは異なりますが高さ80㎝・幅50㎝ほどになる胡蝶蘭もあり、存在感のある華やかさが特徴的です。

一般的な本数は3本立ちと5本立ちですが、7本立ちや10本立ちも販売されています。大輪胡蝶蘭の値段の相場を本数別にまとめました。以下をご覧ください。

3本立ち 10,000~30,000円
5本立ち 30,000~55,000円
7本立ち 60,000~70,000円

3本立ちは1万円台から購入できるため価格を抑えての購入が可能です。5本立ち・7本立ちになると価格は少し高くなりますが、60輪以上の迫力があります。

 

中輪ミディサイズは2本立ちや5本立ちが5,000~20,000円とお手頃価格

中輪ミディサイズは花のサイズ3~10㎝程度、高さ40㎝・幅30㎝程度と大輪サイズより小ぶりになります。飾るスペースが限られる個人経営のお店への贈り物の他、自宅で楽しむのにもおすすめのサイズ感です。
2本立ち・3本立ちのものは10,000円以下から購入できます。
以下ミディ中輪サイズの値段をご覧ください。

2本立ち 6,000~8,000円
3本立ち 9,000~11,000円
5本立ち 15,000~22,000円

高いイメージの胡蝶蘭ですがミディサイズになると手の届きやすい価格帯になっています。
大輪胡蝶蘭よりカラーバリエーションも豊富なため、自身のお気に入りの胡蝶蘭を探してみてください。

 

胡蝶蘭の色によって価格は変わる?


胡蝶蘭には王道の「白」の他、「赤リップ」「ピンク」「紫」「黄色」「青」の色があります。王道の白色と比べ他の色の価格が変わるのか気になるのではないでしょうか?

赤リップ・ピンクは流通量が多いため価格はほぼ変わりません。一方「黄色」「紫」「青」は特殊色と呼ばれており流通量はまだ少ない傾向にあるため、価格が高い傾向にあります。

しかし色のみで価格が決まっているわけではないです。花のサイズ:輪数により価格差がない場合もあります。

色にこだわりたい方は、希望色の胡蝶蘭を探す時間や予算に余裕をもって探しましょう。

胡蝶蘭  大輪 39輪~42輪 3本立ち ピンク
胡蝶蘭 大輪 39輪~42輪 3本立ち ピンク

♦39輪以上保証 ♦1本あたり13輪~14輪 ♦安心の品質保証7日間

ピンク色の胡蝶蘭で3本立ち43輪という、女性に対して最大級のお祝いをする際にうってつけの商品です。ピンクの胡蝶蘭の花言葉は「あなたを愛します」です。プロポーズなど、一生に一度の機会にぜひ贈ってみてはいかがでしょうか。

詳しく見る

お祝いに贈る胡蝶蘭の相場とは

胡蝶蘭は様々な場面への贈り物として人気の花です。
胡蝶蘭をお祝いに贈る時の相場はいくらか気になるのではないでしょうか。

ここからは胡蝶蘭を贈る時の価格相場を紹介します。

友人や取引先へ贈る時の参考にしてください。

取引先や友人の開店祝いに送るなら1~3万円の3本立ち

取引先や友人の開店祝いの相場は1~3万円になります。

1~3万円の価格帯は3本立ちの種類が豊富です。

大きすぎるものは邪魔になってしまう可能性があるため、お店や会社の広さを考慮して選びましょう。

友人の誕生日など個人の贈り物の場合、中輪ミディのコンパクトサイズがおすすめです。

重要な取引先のお祝いに送る場合3~5万円の5本立ち

重要な取引先の開店周年祝いの場合、相場は3~5万円になります。

輪数の多い大輪の5本立ちが華やかさもありおすすめです。

式典がある節目の年などより重要なお祝いの場合は、7本立ちや8本立ちなどさらに大きな胡蝶蘭も検討するといいでしょう。

葬儀や法事に贈る場合5千~3万円の白色胡蝶蘭

胡蝶蘭はお祝いに贈るイメージが強いですが、葬儀や法事などお悔みの場にもおすすめの花です。

お悔みの場に贈る花の相場は5千~3万円になります。

葬儀場に贈る場合は3本立ちや5本立ちの大輪、法事など自宅に贈る場合は場所をとらないミディサイズがおすすめです。

葬儀や四十九日を過ぎるまでは色のついた胡蝶蘭はふさわしくないため、白色を贈りましょう。

宗派によっては胡蝶蘭がそぐわないこともあるため、花を頼む前に葬儀場等への確認をおすすめします。

 

価格やお祝いの相場をもとに胡蝶蘭を選ぼう

胡蝶蘭は「サイズ」「輪数」「本数」「色」と複数の点から価格が決定されます。
友人や取引先に贈る場合は1〜3万円、重要なお祝いの場合は3〜5万円を目安に胡蝶蘭を選びましょう。
近くの花屋さんに相談してもいいですし、近年はオンライン販売も増えています。

オンライン通販での購入はお目当てのサイズ・価格帯の胡蝶蘭を自宅や会社から探せる手軽さもメリットです。購入方法も幅広くあるため、今回紹介したことを参考にじっくり選んでみてください.。

HanaPrimeでは、メッセージカード・立札が無料で利用可能です。配送前に無料で写真を撮ってもらえます。贈り物である胡蝶蘭の状態の確認をしたうえで贈れるため安心です。

また胡蝶蘭が届いた際、一部が枯れていた場合や痛んでいた場合の保証(お届けから7日以内・スタンド花は除く)もあります。

通販での購入をしたことがない方も安心できるサポートが充実してるため、購入の選択肢の1つとしてぜひチェックしてみてください。
花と植物のギフト通販|【公式】HanaPrime

-花を贈る
-,

© 2024 HanaPrimeマガジン