花を贈る

胡蝶蘭の最高級ランクは色?本数?一番良い商品を贈りたい人へ

2023年4月14日

胡蝶蘭の最高級ランクは色?本数?一番良い商品を贈りたい人へ

胡蝶蘭は、華やかな見た目と長持ちする品質から、高級な贈り物としても人気の高いお花です。

最高級の胡蝶蘭を贈るにあたり「胡蝶蘭の最高級の色、本数、形は?」など見分け方が気になる方もいるでしょう。

本記事では、胡蝶蘭のランクや価格の決定要因、最高級の胡蝶蘭を贈る際のポイントを詳しく解説します。

最高級の胡蝶蘭は、贈る相手への特別な想いを伝えるのにぴったりのアイテムです。

HanaPrimeでも高級な胡蝶蘭を数多く取り揃えておりますので、ぜひ御覧ください。

\ 送料・立て札無料 /

胡蝶蘭の通販はHanaPrime

目次

最高級の胡蝶蘭になるための5つの条件

胡蝶蘭はその美しさから多くの人に愛されていますが、どんな条件でそのランクが決まるのでしょうか?

最高級品となるためには5つの条件があります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

① 本数(立ち数)は7本か10本が最高級ランク

胡蝶蘭のランクはその立ち数、つまり茎の本数に大きく関連します。

最高級とされる胡蝶蘭は一般的に7本立ちか10本立ちで、その見事な豪華さが特徴です。

7本立ちの胡蝶蘭は、70輪以上の花が咲き、その縦横に広がる様子はまさにゴージャスと形容するのにふさわしいです。
価格相場は5万円程度で、その大きさから、重要な取引先の社長就任祝いや開業祝いなど、その多くが特別な贈り物として用いられます。

さらに豪華な10本立ちの胡蝶蘭となると10万円以上になる場合もあります。
その鉢一つに10本の茎が並び、輪数はそれぞれの茎につぼみを含めて100個程度にもなります。
満開の際の存在感は圧倒的。

このように胡蝶蘭の本数は胡蝶蘭のランクに大きく影響します。

② 輪数は90輪以上で大輪

胡蝶蘭が最高級品と定められるには、輪の大きさと数の多さが重要です。

最高級とされる胡蝶蘭は大輪で90輪以上ある場合が多いです。

胡蝶蘭の花の大きさは大輪、中輪、ミディの3つに区分され、その中でも大輪は花の大きさが10~15cmあり、ひときわ目立ちます。
それぞれの価格帯や贈られるシーンも異なりますが、その中でも大輪は特に社長就任祝いや当選祝いなど、重要な場面で選ばれることが多いです。

また、花の大きさに加え、その輪数も重要です。
通常、1本の胡蝶蘭が咲かせる輪数は30~50輪程度である一方、最高級品の胡蝶蘭は90輪以上咲かせる場合が多いです。
輪数が多ければ多いほど、その胡蝶蘭がしっかりと栽培され、最高級品として管理されてきた証拠と言えます。

③ 花が厚く、大きさが揃っている

胡蝶蘭が最高級品とされるためには、花の状態も重要です。

最高級胡蝶蘭の花の特徴

  • 一つひとつの花弁が肉厚で張りがある
  • 大きさが均一
  • 時間が経ってもそれぞれの花の大きさが揃っている

これらの特徴を持つ胡蝶蘭は、最適な生育環境のもとで大切に育てられた最高級の胡蝶蘭です。

胡蝶蘭は位置が上のお花から順番にしぼんでいきますが、時間が経ってもそれぞれの花の大きさが揃っている胡蝶蘭は、開花剤やホルモン剤を使わずにじっくりと育てられた証拠です。

一方、適切な温度や湿度で育っていない、ホルモン剤が使われてるなど、生育環境が適切でない場合、花弁は反り返ったり病気になりやすく、短期間でしぼみやすいという特徴があります。

④ 葉に光沢があり、先端が少し垂れている

最高級の胡蝶蘭は、葉の質感や形状に以下のような特徴があります。

最高級胡蝶蘭の葉の特徴

  • 葉肉が厚く、張りがある
  • シワのない光沢のある葉
  • 葉の先端が少し垂れている

葉っぱがこのような特徴をもつ胡蝶蘭は、花もちも良く長く楽しめます。

胡蝶蘭の購入時には葉の状態も入念に観察しましょう。

⑤ 品質の良い苗から育てている

胡蝶蘭の質は、その育成に使われる苗木の品質に大きく関わっています。

胡蝶蘭の育成に使われる苗には大きく分けて、「実生苗(みしょうなえ)」「メリクロン苗」という2つの苗があります。

実生苗(みしょうなえ) 種子から発生した苗木のこと。
育成には時間と労力が必要。
メリクロン苗 一度開花した胡蝶蘭をクローン化(複製)した苗木のこと。
美しい花を持つ胡蝶蘭と全く同じ胡蝶蘭を栽培できる。

現在の胡蝶蘭栽培では、「メリクロン苗」が主流となっています。

これは一度開花した胡蝶蘭の苗をクローン化し、同一の特性を持つ胡蝶蘭を大量生産する方法です。
この方法により、美しい花を持つ品質の良い苗と全く同じ胡蝶蘭を、低価格で市場に提供することができます。

さらに、成長点(細胞分裂を活発に行い、植物を成長させる部分)にウイルスが存在しないため、メリクロンで作られた苗はほとんどウイルス感染のリスクがありません。
そのため、奇形の誕生も抑制され、美しい花を持つ個体を安定して量産できます。

HanaPrimeで提供している胡蝶蘭は、このメリクロン苗を利用した農園から仕入れています。

これにより、高品質な胡蝶蘭をお手頃価格で安定して提供することが可能となりました。

HanaPrimeで最高級の胡蝶蘭を探す

胡蝶蘭が他の花と比べて高級で値段が高い理由

胡蝶蘭が他の花と比べて高級で値段が高い理由胡蝶蘭が他の花と比べて高級で値段が高い理由は3つあります。

胡蝶蘭が高級で値段が高い理由

  1. 高い栽培コスト
    胡蝶蘭の発芽は困難で、成長に適した環境を維持するためのコストが高い。
  2. 飾りつけにプロの熟練の技が必要
    胡蝶蘭の美しいカーブを描く茎や出荷前の3本立て等の飾りつけにプロの技術が必要。
  3. 法人からの高い需要
    開店祝いや社長就任祝いなどの贈呈用として、高額な物への需要が高く相場も高くなっている。

以上のような理由から、胡蝶蘭は他の花と比べて高級で、価格も高くなります。

特に最高級のものでは、1鉢で百万円を超えるものも存在します。

胡蝶蘭は美しさだけでなく、栽培にかける労力や技術、贈り物としての需要が、価格を高くする要因となっています。

胡蝶蘭の色の定番は6種類、色で値段は変わるがランクは変わらない

胡蝶蘭には定番色が6種類あり、色によって価格が異なります。

胡蝶蘭の色 価格帯(大輪25輪~35輪程の場合)
白、ピンク、赤リップ(定番色) 10,000~25,000円前後
黄色、青、紫(新しい品種) 15,000~30,000円前後

新しい品種の黄色、青、紫は希少性から少し高価になりがちですが、実は色によるランクの差はありません。

むしろランクを決める条件としては品質や本数などの方が重要です。

それぞれの色が持つ意味や魅力、価値を深く掘り下げていきましょう。

① 定番の白色胡蝶蘭は「純粋」を象徴する

白い胡蝶蘭は、「清純」「純粋」を意味します。

どんなシーンでも合うその色は、贈られる人や状況を選びません。

純粋な感情を表すために白い胡蝶蘭を選ぶことで、贈り先へ誠実な気持ちを伝えられます。

また、白の胡蝶蘭はその透明な白さから花嫁の純白を連想させるため、結婚式の祝い花としても人気です。

価格は、流通量が多いこともあり、安価なものなら数千円程度で手に入りますが、高価なものとなると、他の色と変わらず10万円前後と幅広いです。

② 鮮やかなピンクが織り成す情熱「あなたを愛します」

ピンク色の胡蝶蘭は、その鮮やかな色合いと共に、「あなたを愛します」という深いメッセージを伝えます。

花言葉の力を借りて、言葉にできない感情を送り届けることができるのが、この花の魅力です。

また、「愛します」という言葉を「親愛」と捉えれば、母の日などの女性への贈り物にも最適です。

ピンク色の胡蝶蘭はその美しさと明るさから、ピンクの胡蝶蘭は空間を一気に明るく、温かな雰囲気に変える力があります。

価格は、ピンク色の胡蝶蘭も白色の胡蝶蘭と同様に流通量が多いため、白色の胡蝶蘭と同程度です。

③ 「縁起の良い」紅白の配色が個性的な赤リップ

赤リップなどの新しい品種の胡蝶蘭には、独自の花言葉はありません。

しかし胡蝶蘭の赤リップはその鮮烈な紅白色合いから、縁起が良いとされています。

赤リップの胡蝶蘭は白に映える赤が活気の良さを伝え、贈る人へ前向きな気持ちを伝えることができます。

価格は、白やピンクよりかは生産している農家が少ないため、比べた場合少し高めになります。

④ 鮮やかな黄色の胡蝶蘭は「幸運」を招き「活気」を注ぐ

黄色の胡蝶蘭は「幸運」「金運」を象徴し、商売繁盛を連想させます。

この鮮やかな色彩は太陽を思わせる明るさで、知性や活力などの意味を持ちます。

そのため結婚式や出産祝いよりも、開店祝いや開業祝い、新築祝いなどのお祝い事に特に最適です。

さらに、黄色は「ユーモア」「ポジティブ」「アクティブ」などのイメージを強く持つ色でもあるため、賑やかな店を開く場合、黄色い胡蝶蘭を贈れば、店舗全体に活気が広がるでしょう。

価格は、希少性が高く同じ輪数でも定番色(白、ピンク)よりも高価なものが多いです。

⑤ 青色胡蝶蘭は「誠実さ」を象徴し「信頼」を深める

青色の胡蝶蘭は「信頼」「誠実」「尊敬」を象徴し、贈る相手への敬意と信頼を表現出来る贈り物です。

その落ち着いた色合いは、あらゆるシーンで気品を放つでしょう。

青色は一般的に企業のイメージカラーとして用いられることが多く、誠実さを強く象徴します。そのため、青色の胡蝶蘭はビジネスの場面や公式なシーンでの贈り物として選ばれることが多いです。

価格は、青色系は特に希少性が高いことから、安くても数万円以上のものが多いです。

⑥希少性が魅力の紫胡蝶蘭は「高貴」の象徴

紫色の胡蝶蘭は、その希少性も相まって「高貴」を象徴します。

紫という色は、その神秘的で妖艶な色合いから、クレオパトラも愛したと言われており、また日本では紫は聖徳太子が定めた冠位十二階の最上位を示す高貴な色とされています。

西洋でも紫の染料は非常に貴重で、一般の人々の手が届かないほどでした。

そのため、紫色の衣類は高貴な身分の人々だけが身につけており、これも紫=高貴というイメージを定着させたと言われています。

紫色の胡蝶蘭はまだ花言葉すら無いほど新しい品種で、その流通量も極めて少ないため、一般的な色の胡蝶蘭よりも希少性が高いです。

希少性がその高貴さを更に引き立て、紫の胡蝶蘭は非常に特別な品種とされています。

価格は、黄色や青色同様、希少性が高く数万円からです。

HanaPrimeでは、高品質・低価格で提供することをモットーにしており、蝶蘭の色による価格差をつけていません。

また、国内でも有数の胡蝶蘭農園と独占契約を結んで直接仕入れているため、余計なコストを削減して、最高の品質をお求めやすい価格でお客様に提供することができます。

>>お気に入りの色の胡蝶蘭を探す

最高級品の胡蝶蘭の価格の相場は5万円以上

最高級の胡蝶蘭の価格は通常、5万円以上となります。

価格には様々な要素が影響し、その中でも特に「サイズ」「本数」が大きな要素となります。

以下に、大輪サイズと中輪ミディサイズの胡蝶蘭の相場と、7~10本立ちの最高級胡蝶蘭の価格を比較しました。

胡蝶蘭のサイズ・本数 価格
【中輪ミディサイズ】3~5本立ち 6,000円~20,000円
【大輪サイズ】3~5本立ち 10,000円~50,000円
【大輪サイズの最高級】7~10本立ち 50,000円~100,000円以上

胡蝶蘭の中でも、50,000円~100,000円以上という価格帯の最高級品は、その見事な美しさと共に価格も際立っています。

花の数や本数が多いだけでなく、鉢には高級な焼き物が用いられることもあり、一般的な胡蝶蘭とは一線を画す特別感と高級感を持っています。

これらは特別な場面で贈るにふさわしい一品と言えるでしょう。

>>HanaPrimeで品質の良い大輪サイズの最高級胡蝶を探す

おすすめの最高級胡蝶蘭

おすすめの最高級胡蝶蘭最高級の胡蝶蘭をお探しのあなたへ、極上の美しさと品質を誇る選りすぐりの胡蝶蘭をご紹介します。

エレガントな大輪と見事な色鮮やかさで、誰もが感嘆の声を上げるような魅力溢れる胡蝶蘭をお見逃しなく。

大輪 140輪以上 10本立ち 白

10本立ちで140輪以上の胡蝶蘭は、その高さと幅からなる壮観な姿が特徴で、その存在感は圧倒的です。

その広がりからくる迫力は、広いスペースを持つ企業やレストランなどの特別な贈り物としても適しています。

お祝いからお悔みまで、さまざまなシチュエーションに対応できるという長所も持っており、贈り物を選ぶ際に迷ったときは、白の胡蝶蘭を選択すると間違いないです。

胡蝶蘭 大輪 140輪以上 10本立ち 白
胡蝶蘭 大輪 140輪以上 10本立ち 白

♦140輪以上保証 ♦1本あたり14輪~15輪 ♦安心の品質保証7日間

特注品となるこちらの白色胡蝶蘭は、10本立ちで140輪以上の花が咲き、豪華さと美しさの両方を兼ね備えています。かなり大きくてボリュームがある商品ですので、開店祝いやビジネスシーンに最適な商品となっています。送料無料でお送りします。

詳しく見る

胡蝶蘭 大輪 120輪以上 10本立ち 白

10本立ちで120輪以上の胡蝶蘭は、その大迫力の高さと幅から、広いスペースを持つ企業や飲食店への特別な贈り物として適しています。

上品さと華やかさが際立つ大輪の花々は、開店祝いや移転祝い、上場祝い、シンポジウム、博覧会、駅の式典といったさまざまなお祝い事にふさわしいです。

ただしその大きさゆえ、贈る前に置き場所のスペースを確認することが重要です。

胡蝶蘭 大輪 120輪以上 10本立ち 白
胡蝶蘭 大輪 120輪以上 10本立ち 白

♦120輪以上保証 ♦1本あたり12輪~13輪 ♦安心の品質保証7日間

10本立ちで120輪もの花が咲くこちらの商品は特注品となっています。最も大きくて豪華な胡蝶蘭を、大切な方に贈られてみてはいかがでしょうか。ただ大きいだけでなく、1本1本気品のある作りとなっています。贈られた方は喜ばれるに違いありません。

詳しく見る

胡蝶蘭 大輪 90輪以上 7本立ち ピンク

最高級の品質を誇る7本立ちの大輪ピンク胡蝶蘭は、その高級感あふれるピンクの色彩がひときわ鮮やかに目を引き、空間を一瞬で華やかに彩ります。

法人様からも多くの支持を受けているその存在感は一見の価値ありで、大規模な祝い事に特に最適です。

特に大切な記念日や母の日など華やかな祝いの場には、あなたを愛するという花言葉が込められたピンク色が特に女性に喜ばれます。

また、ビジネスシーンや上場祝い、開院祝いなど、重要な場面での贈り物としてもおすすめです。

胡蝶蘭 大輪 90輪以上 7本立ち ピンク
胡蝶蘭 大輪 90輪以上 7本立ち ピンク

♦90輪以上保証 ♦1本あたり13輪~14輪 ♦安心の品質保証7日間

7本立ち90輪以上ピンクの胡蝶蘭です。7本立ちの中でもピンクは珍しく、ひときわ目立つ胡蝶蘭になります。圧倒的な存在感ががあるので、盛大なお祝いに大変人気があります。

詳しく見る

最高級品の胡蝶蘭に関するよくある質問

華やかさと高級感を兼ね備えた最高級品の胡蝶蘭は、その魅力を理解するほどに深みが増します。

しかし、胡蝶蘭の価格や品質、色などについて多くの疑問が浮かぶことでしょう。

これらのよくある疑問について詳しく解説していきます。

そもそも何で胡蝶蘭の値段って高いの?

胡蝶蘭の価格が高いのは、高い栽培コスト専門的な装飾技術高価な品の需要の高さが背景にあります。

自力での発芽が困難な胡蝶蘭は適切な環境維持のために多くのコストが必要となり、さらに独特のカーブを描く茎の装飾は専門技術を必要とします。

また、開店祝いや新社屋の祝いなどの贈り物として需要があり、企業間でのお祝いにも用いられるために高価でも購入されやすいです。

これらが胡蝶蘭が他の花より高級である理由です。

白色以外の胡蝶蘭でも品質は高いの?

胡蝶蘭の色は多数存在し、色によって価格帯は異なるものの、白以外の胡蝶蘭も品質が非常に高いと言えます。

その理由は、白以外の胡蝶蘭の多くは品種改良や染色により生み出されており、その生産過程において科学的知識と高度な技術が使われているからです。

品種改良をする事によって特定の病気や害虫に対する抵抗力を強化したり、特定の気候や土壌条件により適応した胡蝶蘭を生み出す事が可能です。

そのため、品種改良で作られた胡蝶蘭は品質が高いと言えます。

また、染色による胡蝶蘭も、その特許技術は世界でもごく限られた企業しか保有しておらず、そのような貴重な技術を用いて作られた色の胡蝶蘭も変わらず品質が高いと言えます。

流通量に差がある事などの理由で、色によって価格は変わるかもしれませんが、品質は全ての色で一貫して高く、それぞれが胡蝶蘭の魅力を最大限に引き立てています。

一番高い色は何色?

輪数を揃えて色のみで比較した場合、新しい品種である青や紫色などの胡蝶蘭が一番高い傾向があると言えます。

同じ大きさ・輪数で色ごとの価格を比較しました。

胡蝶蘭の色 価格帯(大輪25輪~35輪程の場合)
白、ピンク、赤リップ(定番色) 10,000~25,000円前後
黄色、青、紫(新しい品種) 15,000~30,000円前後

ただし、白やピンクなどの定番の胡蝶蘭は10本立て20本立てなどボリュームの大きい商品も多く、商品単位で比較すると白やピンクの方が高価な場合もあります。

一番珍しい色は何色?

胡蝶蘭の中で最も珍しい色は、赤色、青色、黄色です。

その3色の中でも特に注目すべきは、タイダパールという品種が持つワインレッド、ルーエレガンスが持つ青色、そしてフォーチュン・ザルツマンの美しいイエローグリーンです。

特に、フォーチュン・ザルツマンのもつ色は別格と言える存在で、その珍しさと美しさから一度はチェックしてみる価値があります。

HanaPrimeでは高品質のフォーチュン・ザルツマンを取り扱っているので、チェックしてみてください。

>>HanaPrimeのフォーチュン・ザルツマンをチェックする

珍しい胡蝶蘭の方が高いの?

黄色や青、紫といった珍しい色の物は価格が高くなる傾向にありますが、胡蝶蘭そのものの品質や本数の方が値段に大きく影響します。

そのため、贈り物として最高級の胡蝶蘭を選ぶ際には、色だけに注目するのではなく、品質や本数にも注目して選んでいくことが大切となります。

胡蝶蘭にブランド品はあるの?

胡蝶蘭にもブランド品は存在します

例として、世界らん展で金賞を受賞した胡蝶蘭が挙げられます。

世界らん展は日本中から数多くの種類の蘭が集まる世界最大級の蘭のイベントであり、ここで受賞することは、その品質と美しさが日本中から認められた証です。

特に金賞を受賞した胡蝶蘭には、確固たるブランドとしての価値があります。

また、独自の育成方法や品種改良を行っている蘭園も存在します。

そのような蘭園が提供する胡蝶蘭の品質は、一般的な胡蝶蘭とは一線を画すものであり、これらもまた一種のブランド品です。

>>HanaPrimeで高品質な胡蝶蘭を探す

最高級品の胡蝶蘭をプレゼントする際の注意点

最高級品の胡蝶蘭をプレゼントするとき、どのような配慮が必要なのかについて紹介します。

相手に迷惑をかけずにしっかり喜んでもらうためのポイントを押さえていきましょう。

最高級品を贈るべきシーンや相手なのかを考える

胡蝶蘭をプレゼントする際は、相手の状況や環境を考えることが大切です。なぜなら、最高級品の胡蝶蘭を贈ることで、場合によっては相手に気を遣わせたり、場違いに見える可能性があるからです。

例えば以下のシーンにおいては、場違いに見える可能性が高いです。

  • そこまで重要では無い取引先の開店祝い
  • 親しい友人や家族の新築祝い
  • 退職祝い
  • 小規模な飲食店のお祝い

一方、以下のようなシーンでしたら、最高級品の胡蝶蘭がふさわしいです。

  • 重要な取引先の新規上場祝い
  • 初めて当選した選挙の当選祝い
  • 取引先や取引先の社長の叙勲祝い

>>選挙の当選祝いで胡蝶蘭を贈る時のマナーと注意点を知る

>>上場祝いに胡蝶蘭を贈る際のマナーと注意点を知る

最高級の胡蝶蘭を贈るかどうかは、相手の状況やニーズをよく考慮して決めましょう。

贈り先に飾るスペースがあるかを事前に確認する

贈り物として最高級の胡蝶蘭を選ぶとき、視覚的なインパクトを求めて大型のものを選びたくなりますが、贈り先のスペースが足りていなければ、贈られた側にとっては迷惑にもなってしまう可能性があります。

事前に贈り先のスペースを確認し、適切な大きさの胡蝶蘭を選びましょう。

スペースが制限されている場合は、卓上サイズのコンパクトな胡蝶蘭を選ぶことも一つの方法です。

>>卓上サイズのミディ・ミニ胡蝶蘭を探す

金額だけで判断せず条件に合致しているのか確認する

胡蝶蘭の最高級品を選ぶ際には、高い金額が最高級の証だとは限らない事を頭に入れておいてください。

大切なのは、最高級品の条件に合致しているかどうかを確認することです。

以下に、最高級品とされる胡蝶蘭の具体的な条件を示します。

最高級胡蝶蘭の条件

  • 本数(立ち数)
    7本立ちか10本立ち
  • 輪数
    大輪で90輪以上
  • 花や状態
    花弁が肉厚で張りがあり、大きさが均一
  • 葉の状態
    シワのない光沢であること、先端が少し垂れていること
  • 苗の品質
    品質の高い苗から栽培され、適切な時間とコストをかけて育てられている

最高級の胡蝶蘭を選ぶ際は、上記のポイントを意識し、購入前にこれらの条件に合致しているかどうかを確認しましょう。

HanaPrimeは国内でも有数の胡蝶蘭農園と独占契約を結んでおり、上記の最高級品の条件に該当する胡蝶蘭をお手頃価格で提供しています。

最高級品の胡蝶蘭を贈る際には、ぜひHanaPrimeのサービスをご利用ください。

>>HanaPrimeで高品質な胡蝶蘭を探す

最高級品の胡蝶蘭をプレゼントして特別な気持ちを伝えよう

最高級品の胡蝶蘭をプレゼントして特別な気持ちを伝えよう胡蝶蘭の価格やランクがどのように決まるのか、最高級の胡蝶蘭を選ぶ際のポイントについて説明しました。

胡蝶蘭は、その美しさと豪華さから特別な日や贈り物に選ばれることが多く、贈る相手への想いを形にすることができます。

最高級の胡蝶蘭を選ぶ際には、立ち数や輪数、花の質や苗の品質などを確認することが大切です。

それに加えて、贈り先やシーンに合わせて適切な色を選ぶことも忘れないようにしましょう。

特別な気持ちを伝えるために、HanaPrimeのECサイトで最高級の胡蝶蘭を見つけてみてください。

豊富な品揃えから、あなたの思いを形にするぴったりの胡蝶蘭がきっと見つかるはずです。

\ 送料・立て札無料 /

胡蝶蘭の通販はHanaPrime

-花を贈る
-,

© 2024 HanaPrimeマガジン