花を贈る

開業祝いに胡蝶蘭を贈る際のマナーは?相場や贈り方を解説

2023年4月7日

開業祝いの贈り物として胡蝶蘭は人気を集めています。
また、開業祝いに胡蝶蘭を贈る際はマナーを守って贈ることが大切です。

しかし、「開業祝いに胡蝶蘭を贈る場合のマナーや相場を知りたい」
「胡蝶蘭を贈る際のタイミングがわからない」
「そもそもなぜ開業祝いの贈り物として胡蝶蘭が選ばれるのか気になる」

このようにお悩みの方は多いのではないでしょうかではありませんか?

今回の記事では、開業祝いの贈り物として胡蝶蘭が選ばれる理由に加え、贈る際のマナーやタイミング、相場などを紹介します。
マナーを守って胡蝶蘭を贈り、お祝いの気持ちを届けましょう。

HanaPrimeでは、開業祝いの贈り物としてぴったりの胡蝶蘭を数多く取りそろえています。
ぜひ、HanaPrimeで素敵な胡蝶蘭を選んでみてはいかがでしょうか。

開業祝いにぴったりの胡蝶蘭を探す

目次

開業祝い・開店祝い・開院祝いの違い

開業祝いに似ている言葉として、開店祝い・開院祝い・開設祝いがありますが、それぞれ意味が異なります。
意味の違いを以下の表にまとめました。

お祝いの文言 意味
開業祝い 新規に事業や商売をはじめることに対するお祝い
開店祝い 店舗を構えて営業をはじめることに対するお祝い
開院祝い 病院・クリニック・治療院などの医療施設を開院することに対するお祝い
開設祝い 事務所・営業所・支店を設立することに対するお祝い

開業祝いを含めた開店祝いや開院祝いなどのお祝い事で胡蝶蘭を贈る際は、立て札をつけることがマナーとされています。
立て札とは、胡蝶蘭などお祝いのお花とともに添えられて立っている名札のことです。

立て札には、お祝いの文言を記載する必要があります。
表でまとめたように、業種や業態により、お祝いの文言が異なります。
意味の違いを理解して、正しいお祝いの文言を記載するようにしましょう。

開店祝いに胡蝶蘭を贈る際のマナーや相場を解説

開院祝い・開局祝いの胡蝶蘭の贈り方やマナーは?相場はいくら?

開業祝いの贈り物として胡蝶蘭が選ばれる6つの理由

開業祝いの贈り物として胡蝶蘭は人気です。
胡蝶蘭が選ばれる理由として、以下の6つが挙げられます。

■胡蝶蘭が選ばれる理由

  • 縁起の良い花言葉がある
  • 花粉や香りが少ないため病院や飲食店にも贈れる
  • 豪華で存在感があるため集客効果がある
  • 花持ちが良いため長期間楽しめる
  • 1年中栽培されていて季節を選ばない
  • 贈り先との関係強化や取引拡大につながる

胡蝶蘭が選ばれる6つの理由を詳しく解説します。

胡蝶蘭の通販はHanaPrime

① 縁起が良い花言葉がある

開業祝いの贈り物に胡蝶蘭が選ばれる理由として「幸福が飛んでくる」という縁起が良い花言葉があることが挙げられます。
胡蝶蘭を贈ることにより、新規の事業や商売の発展を願う気持ちを伝えられます。
胡蝶蘭は縁起が良い花言葉があることから、開業祝いのほかにもさまざまなお祝い事の際の贈り物として人気です。

さらに、鉢植えには「根付く」という意味があります。
お花のなかでも胡蝶蘭の鉢植えは「幸せが根付く」という願いが込められていて、開業祝いを含む多くのお祝い事の贈り物に選ばれています。
開業祝いに贈るお花に迷った場合は、縁起が良い花言葉をもつ胡蝶蘭を選びましょう。

② 花粉や香りが少ないため飲食店や病院にも贈れる

胡蝶蘭は、花粉や香りが少ないため、シーンを問わず飲食店や病院などに贈れることも選ばれる理由のうちの1つです。
胡蝶蘭の花粉は、外から見えない構造になっていて、飛散する恐れがありません。

さらに、強い香りもないため、香りに敏感な方がいても安心です。
花粉や香りに気を使う飲食店や病院のほか、オフィスなど場所を選ばず飾りやすい傾向にあります。

③ 豪華で存在感があるため集客効果がある

胡蝶蘭は、お花のなかでもとくに豪華でひときわ目立つため、飾ることにより集客効果があります。
名前の由来どおり、蝶が舞っているような花姿であり、ボリュームやサイズが大きければ大きいほど豪華さが増します。

また、オフィスや店内に飾るだけで、華やかで明るい雰囲気を演出できるお花です。
胡蝶蘭の豪華さや存在感は、多くの人々の関心を惹きつけることに加え、新規の事業や商売に向けてポジティブな気持ちを掻き立てるため、開業祝いのプレゼントにおすすめします。

④ 花持ちが良いため長期間楽しめる

ほかのお花と比べて、胡蝶蘭は花持ちが良く、長期間楽しめる点も開業祝いの贈り物として選ばれる理由です。
一般的なお花は数日から数週間ほどの寿命であることが多い傾向ですが、胡蝶蘭の寿命は1〜3か月ほどといわれています。

また、お手入れが簡単である点も魅力です。
水交換は、1週間で良いため、お花のお手入れが苦手な方や開業したばかりで忙しい方でも手間をかけることなく、長くお花を楽しんでもらえます。

胡蝶蘭は、花持ちが良いことに加え、お手入れしやすいため、贈る相手の負担を心配せずに済むため、開業祝いの贈り物にぴったりです。

⑤ 1年中栽培されていて季節を選ばない

胡蝶蘭は、1年中栽培されていて、贈る季節を選ばないことも開業祝いの定番である理由のうちの1つです。
基本的にお花には1番美しく咲く旬がありますが、胡蝶蘭は温室栽培により全国各地でいつでも生産されています。
どの時期でも美しく咲いた胡蝶蘭を購入でき、季節感を気にする必要もありません。
開業祝いに贈るお花選びに迷った場合は、旬がなく、いつでも美しいお花を咲かせている胡蝶蘭を購入することをおすすめします。

⑥ 贈り先との関係強化や取引拡大につながる

開業祝いに胡蝶蘭を贈ることにより、贈り先との関係強化や取引拡大につながります。
胡蝶蘭は、先述したとおり、豪華で存在感があり、印象に残りやすいため、新規に事業や商売をはじめることを祝う気持ちや今後も良い関係を築きたいと願う気持ちを表現できることが考えられるためです。

胡蝶蘭を贈る際に添える立て札には、贈り主名を記載するため、宣伝効果を期待できる点も魅力です。
贈り先のオフィスや店舗などへ訪れた方たちに、贈り先との関係性が良好であることを示せることに加え、名前を知ってもらう機会になります。

飾ることにより人目につきやすい胡蝶蘭は、贈り先との良好な関係の維持や取引の拡大などにつながるため、開業祝いの贈り物として選ばれるお花です。

開業祝いに胡蝶蘭を贈る際のマナーやタブー

開業祝いのギフトとしてぴったりな胡蝶蘭ですが、贈る際にはマナーを守り、タブーを避けることが大切です。
開業祝いに胡蝶蘭を贈る際の注意点として、以下の5つが挙げられます。

■胡蝶蘭を贈る際の注意点

  • 生花を贈って良いか事前に確認する
  • 贈り主がわかるように立て札をつける
  • 飾るスペースがあるかを事前に確認する
  • 赤色の胡蝶蘭は赤字や火事を連想させるのでNG
  • メッセージカードにお祝いや応援の気持ちを書く

それぞれ詳しく解説します。
注意点をしっかりと理解して、正しく贈りましょう。

① 生花を贈って良いか事前に確認する

開業祝いに胡蝶蘭を贈る際の注意点として、生花を贈って良いか事前に確認することが挙げられます。
なぜなら、生花は「お手入れが大変」「花粉や香りが付き物」などのイメージを持っている方が多く、迷惑であると感じる可能性も考えられるためです。

実際、胡蝶蘭は、お手入れが簡単なことに加え、花粉や香りが少ない点が魅力です。
しかし、胡蝶蘭について詳しく知らない方やお手入れを手間に感じる方にとって、生花を贈られることは負担だと思う可能性も考えられます。

胡蝶蘭は、豪華で上品な花姿であり、開業祝いの贈り物にぴったりですが、相手が喜んでくれなければ贈る意味がありません。
祝福する気持ちを込めて贈る開業祝いのプレゼントは相手が喜んでくれるものを選ぶことが重要です。
事前に生花を贈っても問題ないか確認しておきましょう。

② 贈り主がわかるように立て札をつける

胡蝶蘭を贈る際は、贈り主がわかるように立て札をつけることがマナーとされています。
理由は、立て札がなければ贈り主がわからず、相手が困ってしまうためです。
立て札には「祝 御開業」や「祝開業」などのお祝いの文言と贈り主名を記載します。
立て札をつけることにより、相手が誰からの贈り物かひと目でわかります。

また、立て札には必要に応じて贈り先名も記載しましょう。
胡蝶蘭を見た人たちへ会社名や店舗名をアピールでき、宣伝効果を期待できるため、贈り先に喜ばれます。
立て札をつける際は、とくにお祝いの文言や贈り先名を間違えてしまうと失礼にあたるため、漢字やローマ字の間違いなどには注意が必要です。

立て札の種類には、紙札と木札があります。
友人や身近な方であればカジュアルな印象を与える紙札、法人ギフトであれば高級感のある木札がおすすめです。
HanaPrimeでは、無料の立て札の提供も行っています。
開業祝いの贈り物として胡蝶蘭を選ぶ場合は、贈り先が誰からの贈り物かひと目でわかるように立て札をつけましょう。

HanaPrimeで開業祝いに贈る胡蝶蘭を探す

③ 飾るスペースがあるかを事前に確認する

胡蝶蘭を飾るスペースがあるか事前に確認することも大切です。
なぜなら、胡蝶蘭は飾って楽しむものであり、飾るスペースがないにもかかわらず贈ってしまうと相手の迷惑になる恐れがあるためです。

胡蝶蘭のサイズはさまざまであり、本数や花の大きさにより異なります。
本数とは、茎の数を示していて「3本立ち」や「5本立ち」などと表現します。
花の大きさは、小さいものから順にミディ・中輪・大輪の3種類です。
胡蝶蘭のサイズの目安を表にまとめました。

本数 横幅
3本立ち 40cm〜60cm
5本立ち 70cm〜90cm

 

花の大きさ 高さ
ミディ 50cm〜70cm
中輪・大輪 70cm〜110cm

胡蝶蘭の本数が多ければ多いほど、花の大きさが大きければ大きいほど豪華で見栄えが良くなりますが、その分飾るスペースを確保しなければなりません。
胡蝶蘭を贈る際は、事前に飾るスペースがあるか、どのくらいのサイズであれば飾れるか確認しておきましょう。
飾るスペースが限られている場合は、卓上に飾れるようなコンパクトなサイズがおすすめです。

ミディ胡蝶蘭 2本立ち アマビリス
ミディ胡蝶蘭 2本立ち アマビリス

♦ミディ・中輪胡蝶蘭

詳しく見る

④ 赤色の胡蝶蘭は赤字や火事を連想させるのでNG

開業祝いに赤色の胡蝶蘭を贈ることはタブーとされています。理由は、赤字や火事を連想させる色であるためです。

また、胡蝶蘭を贈る際は、ラッピングすることが一般的ですが、花色と同様に赤色は避けてください。HanaPrimeでは、無料でラッピングサービスを行っており、さまざまなカラーを用意しています。

タブーである赤色の胡蝶蘭やラッピングは避けつつ、贈り先の雰囲気やイメージカラーに合うものを選びましょう。

⑤ メッセージカードにお祝いや応援の気持ちを書く

開業祝いに胡蝶蘭を贈る場合は、メッセージカードにお祝いや応援の気持ちを書くことをおすすめします。
メッセージカードを添えることにより、一層気持ちを伝えられ、贈る相手にも喜んでもらえるためです。
書き方に形式はないため、贈る相手との関係性を考慮しながら自由に記入しましょう。

ただし、忌み言葉は避ける必要があります。
忌み言葉とは、縁起が悪いことを連想させる言葉のことです。
例として、次のような言葉があります。

連想させるもの 忌み言葉
火事 赤・火・煙・燃える・焼く・焦げるなど
赤字・経営不振 赤・傾く・倒れる・散る・崩れるなど

上記は忌み言葉の一例です。
メッセージカードを書く際は、ネガティブな印象を与えないように忌み言葉を調べておくことをおすすめします。

メッセージカードの書き方を見る

HanaPrimeでは、無料でメッセージカードを提供しています。
祝福や応援の気持ちをより一層伝えるために、忌み言葉を避けつつ、メッセージを添えましょう。

開業祝いに胡蝶蘭を贈るタイミングの注意点

開業祝いに胡蝶蘭を贈る場合は、タイミングに注意しなければなりません。
贈るタイミングで注意することは、次のとおりです。

■胡蝶蘭を贈るタイミングの注意点

  • 開業当日は忙しいため前日までに届ける
  • 開業後に贈るなら1週間以内に届ける
  • 1か月以上遅れるなら「祝 御発展」として贈る

それぞれ詳しく解説します。
事前に贈るタイミングの注意点を理解して、マナーを守って贈りましょう。

開業当日は忙しいため前日までに届ける

開業祝いに胡蝶蘭を贈る際は、開業前日までに届けましょう。
開業当日は忙しくなることが予想され、受け取ったり飾ったりすることが負担になる可能性があるためです。
また、胡蝶蘭はインテリアとしての役割も持つため、前日までに届けることにより、開業当日から早速、華やかな雰囲気を演出できるメリットがあります。

開業1週間から前日までに贈ることが一般的ですが、とくに開業前日がおすすめです。
早く贈った場合、オフィスや店舗の家具が未配置のため、胡蝶蘭を飾るスペースの確保ができないことも考えられます。
開業前日であれば、家具の配置や部屋とのバランスを考慮しながら、飾るスペースを決められます。

可能であれば、贈る相手の都合を考慮して、事前に配送希望日時を確認しておきましょう。
難しい場合は、忙しい開業当日を避けて、前日までに届けることをおすすめします。

開業後に贈るなら1週間以内に届ける

開業後に贈る場合は、1週間以内に届けましょう。
開業後1週間ほどは、お祝いの雰囲気も続いていて、訪れる人も多い傾向にあり、豪華で存在感のある胡蝶蘭が空間を盛り上げてくれるためです。

開業日までに贈り物の準備が間に合わなかったり、開業後に知らせを聞いたりした場合は、できるだけ早く贈ることが大切です。
万が一、開業後1週間以内に届けることが難しい場合は、1か月以内であれば開業祝いとして贈れます。

あらかじめ開業日までに贈ることが難しいとわかっている場合は、贈り先に事前に伝えておくと好印象です。
また、数日から1週間以内の遅れであれば問題ありませんが、さらに遅れる場合は、理由や謝罪などを記載したメッセージカードを添えましょう。

基本的には、祝福や応援の気持ちを込めて、開業前日までに贈れるように準備を行うことが大切です。
万が一、開業日に間に合わない場合は、できるだけ1週間以内に届けるようにしてください。

1か月以上遅れるなら「祝 御発展」として贈る

1か月以上遅れる場合は、お祝いの文言を「祝 御発展」として贈ってください。
なぜなら、開業日から長い日数が経過したにもかかわらず、開業祝いとしてギフトを贈ることは失礼にあたるためです。

開業日から1週間以上経過してしまった場合は、焦って開業祝いとして贈ることなく、お祝いの文言を「祝 御発展」にして余裕をもたせて届けることも1つの手です。
もしくは、1周年の際に改めて贈ることもおすすめします。

開業日から1か月以上経過してしまったが1周年を迎える前に贈りたい場合は、失礼にならないようにお祝いの文言を「祝 御発展」としてギフトを贈りましょう。

開業祝いに贈る胡蝶蘭の相場


開業祝いに贈る胡蝶蘭の相場は、贈り先との関係性により異なります。
関係性による相場は、表のとおりです。

関係性 相場
取引先 10,000円~50,000円
友人・知人 5,000円~10,000円
身内 10,000円~20,000円

相場より安ければ相手に対して失礼になる一方、高くてもお返しなどで負担をかけてしまう可能性があります。
関係性による相場について、詳しく解説します。
胡蝶蘭の価格はさまざまであり、花の大きさや本数などにより異なるため、相場を考慮しながら選びましょう。

胡蝶蘭の通販はHanaPrime

取引先に贈るなら10,000円~50,000円

取引先に贈るなら、相場は10,000円~50,000円です。
相場の開きが大きい理由として、贈り先の会社の規模や関係の深さにより異なることが挙げられます。
一般的な取引先であれば10,000円~30,000円、重要な取引先であれば30,000円~50,000円が相場だといわれています。

10,000円~30,000円であれば、大輪で輪数が37〜60個ほどの3本立ちが目安です。
輪数とは、1つの茎についているお花の数のことを示します。
30,000円~50,000円であれば、大輪で輪数が60〜90個ほどの5本立ちが目安です。

また、贈り先の業種によっても相場が異なります。
業種別の相場は、次のとおりです。

業種 相場
飲食店 10,000円~30,000円
美容院 10,000円~30,000円
不動産 20,000円~30,000円
介護サービス 20,000円~30,000円
薬局・クリニック 30,000円~50,000円
大企業の店舗やオフィス 30,000円~50,000円

胡蝶蘭を贈る際、価格帯に迷った場合は、業種別の相場にも注目してみましょう。
取引先に贈る胡蝶蘭の相場は開きが大きいですが、関係性や業種別による相場に加え、贈り先の飾るスペースを考慮しつつ、できるだけ豪華で見栄えの良い胡蝶蘭を選ぶことをおすすめします。

友人・知人に贈るなら5,000円~10,000円

友人・知人に贈るなら、相場は5,000円~10,000円です。
5,000円~10,000円であれば、ミディの2本もしくは3本立ちの胡蝶蘭が目安となります。
コンパクトではありますが、可愛らしく飾るスペースを取らない点がメリットです。

HanaPrimeでは、より存在感がある大輪で輪数が27〜30個ほどの3本立ちの胡蝶蘭も5,000円~10,000円以内で購入できます。
相場を考慮しつつ、贈り先にぴったりの胡蝶蘭を見つけてください。

身内に贈るなら10,000円~20,000円

身内に贈るなら、相場は10,000円~20,000円です。
10,000円~20,000円であれば、大輪で輪数が30〜45個ほどの3本立ちやミディの5本立ちが目安です。

また、開業祝いに胡蝶蘭を贈る際は、立て札をつけることがマナーとされていますが、身内に贈る場合は、メッセージカードを添えるだけでも問題ありません。
形式張らずにカジュアルに贈れます。

開業祝いにぴったりの胡蝶蘭を探す

開業祝いに胡蝶蘭を贈る際によくある質問

開業祝いに胡蝶蘭を贈る際のよくある質問として、次の8つが挙げられます。

■胡蝶蘭を贈る際のよくある質問

  • 開業祝いに胡蝶蘭はなぜ贈るの?
  • 胡蝶蘭の色で気を付けることはある?
  • いつまでに届ければいいの?開業日?それとも前日?
  • 開業して開店した場合は開業祝い?開店祝い?
  • 医院・クリニックや薬局の場合は開業祝い?開院祝い?
  • おしゃれでおすすめの胡蝶蘭はある?
  • 開業祝いに5,000円の胡蝶蘭を贈るのは失礼じゃない?
  • 10,000円の胡蝶蘭でおすすめはある?

よくある質問について詳しく解説します。
疑問を解決して、気持ちを込めて胡蝶蘭を贈りましょう。

開業祝いに胡蝶蘭はなぜ贈るの?

開業祝いに胡蝶蘭を贈る理由として、次の6つが挙げられます。

■胡蝶蘭が選ばれる理由

  • 縁起の良い花言葉がある
  • 花粉や香りが少ない
  • 豪華で存在感がある
  • 花持ちが良いため長期間楽しめる
  • 1年中栽培されていて季節を選ばない
  • 贈り先との関係強化や取引拡大につながる

胡蝶蘭には「幸福が飛んでくる」という縁起の良い花言葉があります。
さらに、鉢植えには「根付く」という意味があることから、胡蝶蘭を贈ることにより「幸せが根付くように」という気持ちを込めて贈れます。

また、胡蝶蘭は、花粉や香りが少ないため、シーンを問わず飲食店や病院などにも飾れる点が魅力です。
においに敏感な方や花粉症の方がいても気にせず贈れます。

ほかには、胡蝶蘭は蝶が舞うような花姿であり、豪華で目立つため、集客効果があることも選ばれる理由です。
さらに、オフィスや店内に飾るだけで華やかで明るい雰囲気を演出できます。

花持ちが良く、長期間楽しめる点もポイントです。
水交換は1週間に1度で良く、お手入れが簡単なため、贈る相手に負担をかけることもありません。

1年中栽培されているため、季節を選ばず贈れることも開業祝いの定番である理由です。
旬がなく、どの時期に購入しても、美しいお花を咲かせています。

また、胡蝶蘭を贈ることにより、贈り先との関係強化や取引拡大につながることが期待できます。
豪華で存在感があることから、印象に残りやすく、お祝いや応援の気持ちをより一層表現できるためです。

このように胡蝶蘭は、開業祝いの贈り物にぴったりなお花です。
開業祝いの贈り物選びに迷った場合は、胡蝶蘭を選ぶことをおすすめします。

胡蝶蘭の通販はHanaPrime

胡蝶蘭の色で気を付けることはある?

開業祝いに胡蝶蘭を贈る際は、赤色を避けましょう。
なぜなら、赤色は火事や赤字を連想させ、縁起が悪いといわれているためです。
花色だけではなく、ラッピングやリボンなどに赤色を使用することも避けてください。

贈り先の会社や店舗のイメージカラーが赤の場合は、赤リップの胡蝶蘭がおすすめです。
胡蝶蘭の花弁の中心にある部位をリップと呼びます。
白い花弁と赤く色づいたリップを持つ胡蝶蘭は、紅白を連想させ、開業祝いの贈り物にぴったりです。

赤リップの胡蝶蘭を探す

また、胡蝶蘭の花色に迷った場合は、定番の白を選びましょう。
白の胡蝶蘭の花言葉は「清純」であり、気品があふれています。

ほかには、ピンク色や黄色などがあります。
縁起が悪いといわれている赤色は避けつつ、贈る相手にぴったりの花色を選んでください。

いつまでに届ければいいの?開業日?それとも前日?

開業祝いに贈る胡蝶蘭は、開業前日までに届けることが一般的です。
理由として、開業当日は忙しく、受け取りや設置が負担になる可能性があることが挙げられます。

最適なタイミングは、開業前日です。
開業前日であれば、家具の配置などの準備が完了している可能性が高く、部屋とのバランスを考えながら胡蝶蘭を飾れます。
早く贈りすぎても飾るスペースの確保が難しいことも考えられるため、早くても開業1週間前にしておきましょう。

また、万が一、開業日に遅れてしまう場合は、なるべく1週間以内に贈ってください。
1週間以内であれば、訪れる人も多く、胡蝶蘭がお祝いの雰囲気を盛り上げてくれます。

開業後1週間過ぎた場合でも、1か月以内であれば、開業祝いとしてギフトを贈っても問題ありません。
なるべく良い印象を与えるために、開業日に間に合わないとわかった時点で、贈り先に連絡を入れることをおすすめします。
開業日を過ぎて贈る際は、遅れた理由や謝罪のメッセージを添えましょう。

開業後1か月以上経過している場合は、お祝いの文言を「祝 御発展」にする必要があります。
開業祝いとして贈ることは、贈り先に対して失礼になるためです。

開業祝いの胡蝶蘭は、開業1週間前から前日までに贈ることが一般的です。
なるべく開業日を過ぎることがないように事前に手配しておきましょう。

開業して開店した場合は開業祝い?開店祝い?

開業して開店した場合は、開店祝いとして贈りましょう。
開店祝いは、店舗を構えて営業をはじめることに対するお祝いです。
一方で、開業祝いは、新規に事業や商売をはじめることに対するお祝いです。
開業したあと、飲食店や雑貨店などの店舗をオープンした場合は、開店祝いが適切といえます。

開店祝いに胡蝶蘭を贈る際のマナーや相場を解説

開店祝いは小売業や飲食業、さらに美容院や不動産屋などが新規開店や改装・リニューアルした時のお祝いを指します。 開店祝いとしてよく選ばれるのが胡蝶蘭です。 格式高く華やかでスタートを飾るのにふさわしいお ...

続きを見る

医院・クリニックや薬局の場合は開業祝い?開院祝い?

医院・クリニック・薬局に贈る場合は、開院祝いとして贈ることが一般的です。
開院祝いは、医院やクリニックなどの医療施設を開院することに対するお祝いであるためです。

開業祝いや開院祝いなど言葉が似ていて、意味が混同しやすい傾向にあります。
それぞれ異なる意味があるため、間違えないように贈ることが大切です。

医院・クリニック・薬局はどの医療施設を開院したことをお祝いするなら、お祝いの文言は開院祝いにしましょう。

開院祝い・開局祝いの胡蝶蘭の贈り方やマナーは?相場はいくら?

「開院祝い」や「開局祝い」は、病院、クリニックや薬局などが新規開業や改装・リニュアールした時のお祝いです。 そんなお祝いでよく贈られるのが「胡蝶蘭」。贈り先の門出を華やかに飾ることができます。 でも、 ...

続きを見る

おしゃれでおすすめの胡蝶蘭はある?

おしゃれな胡蝶蘭を贈りたい場合は、赤リップをおすすめします。
白い花弁に囲まれて赤く色づいたリップがひときわ目立ち、かわいらしくおしゃれな印象を与えるためです。

赤リップの胡蝶蘭は、花弁とリップの色から紅白を連想させるため、おめでたい開業祝いの贈り物としても適しています。
お祝い事に贈る胡蝶蘭は、流通量が多く無難な白色が人気ですが、赤リップは定番と異なるものを贈りたい方にぴったりです。

赤リップの胡蝶蘭を探す

開業祝いに5,000円の胡蝶蘭を贈るのは失礼じゃない?

開業祝いに5,000円の胡蝶蘭を贈ることが失礼になるかは贈り先との関係性によります。
なぜなら、贈り先との関係性により相場が決まっているためです。

友人や知人へ開業祝いを贈る場合の相場は、5,000〜10,000円であるため、5,000円の胡蝶蘭でも問題ありません。
しかし、取引先へ贈る場合の相場は10,000~50,000円、身内に贈る場合の相場は10,000~20,000円であり、5,000円の胡蝶蘭を贈ると失礼にあたる可能性があります。

開業祝いに胡蝶蘭を贈る際に大切なことは、祝福や応援する気持ちを込めることですが、贈り先と良好な関係を築くために、相場相応のものを選びましょう。

10,000円の胡蝶蘭でおすすめはある?

10,000円でおすすめの胡蝶蘭は、次の商品です。

胡蝶蘭 大輪 27輪〜30輪 3本立ち 白
胡蝶蘭 大輪 27輪〜30輪 3本立ち 白

♦27輪以上保証 ♦1本あたり9輪~10輪 ♦安心の品質保証7日間

3本立ちで30輪程度の花が咲いている姿は、見る人の心を一瞬でとらえます。華やかな印象を持ちながらも、お手軽な価格となっております(送料無料)。白色の胡蝶蘭はお祝いのギフトからお悔やみの供花までどんなシーンでもご利用いただけます。

詳しく見る

10,000円と低価格でありながら、品質が良い胡蝶蘭です。
3本立ちで輪数は少なめですが、大輪であり1本あたり9〜10輪咲いているため、華やかな印象を与えます。
定番の白色で、清潔感や上品さがあり、シーンを選ばずに贈れる点も魅力です。

HanaPrimeでは、高品質の胡蝶蘭を豊富に取りそろえています。
さらに、低価格で提供しているため、ほかの通販サイトと比較して、同じ予算でもより一層豪華で存在感のある胡蝶蘭を贈れます。
ぜひ、予算に合う胡蝶蘭を探してみてください。

開業祝いで胡蝶蘭以外におすすめのお花と植物

開業祝いの贈り物として胡蝶蘭は定番ですが、ほかにもおすすめのお花や植物があります。
観葉植物・スタンド花・花束について紹介します。
胡蝶蘭以外も気になる方は、参考にしてください。

観葉植物

胡蝶蘭以外のおすすめのうちの1つに観葉植物があります。観葉植物は、鉢に植えられていることが一般的であり、根付くという意味を込めて贈れるためです。

観葉植物のなかには、開業祝いに適した花言葉を持つものがあります。開業祝いの贈り物にぴったりな観葉植物の花言葉を表にまとめました。

観葉植物 花言葉
ポトス 永遠の富
サンペリア 永久
モンステラ 壮大な計画・嬉しい便り

また、縁起の良い別名をもつ観葉植物も開業祝いの贈り物に適しています。ドラセナ・マッサンゲアナは「幸福の木」とも呼ばれており、人気のある観葉植物です。パキラは、「発財樹」という別名があり、金運や仕事運などの運気をあげるとされています。

観葉植物は緑色のものが多く、空間に癒やしを与えてくれます。さらに、胡蝶蘭と同様、長持ちしやすい傾向です。胡蝶蘭以外のお花や植物を検討している方は、縁起の良い観葉植物を選んでみてはいかがでしょうか。

開店祝い・開業祝いにおすすめする縁起のよい観葉植物5選!選び方のポイントも紹介

開業祝いや開店祝いに胡蝶蘭を始めとしたお花を贈る方は多いです。しかしその後の管理の大変さや、他の方と被ってしまうことなどを考えて躊躇してしまう方もいるのではないでしょうか。 そんな方におすすめなのが、 ...

続きを見る

スタンド花

胡蝶蘭のように豪華で存在感のあるものを贈りたいなら、スタンド花がおすすめです。
スタンド花とは、スタンド台にのせた花器に切り花を飾りつけた大型のフラワーアレンジメントのことです。
スタンド花のサイズは、横幅が90cmほど、高さが180cmほどであり、ひときわ目立ちます。
オフィスや店舗の前に飾ることにより、多くの人々の視線が集まるため、宣伝効果を期待できる点が魅力です。

また、スタンド花には胡蝶蘭を贈る際と同様、立て札をつけることがマナーとされています。
立て札には贈り主名を記載するため、贈り先だけではなく贈り主の宣伝効果にもつながるメリットがあります。

ただし、サイズが大きく場所を取るスタンド花は、贈られると迷惑になる可能性も考えられるため、注意が必要です。
スタンド花を贈る際は、飾るスペースを確保できるか贈り先に確認しましょう。

開店祝い・開業祝いのスタンド花を選ぶポイントは?失敗しない贈り方とおすすめ4選

開店や開業のお祝いとして祝福とエールの気持ちを贈るスタンド花。道行く人の目を引くスタンド花は、店舗のニューオープンを周囲に宣伝する効果も抜群です。 ただ、贈り物選びは楽しい反面、気を遣うことが多いもの ...

続きを見る

花束

開業祝いの贈り物として胡蝶蘭以外のものを選ぶなら、花束もおすすめです。
花束は、複数の切り花を1つに束ねたものであり、数本ずつにわけて飾ることもできるため、スペースに合わせてボリュームを調節できます。
胡蝶蘭やスタンド花などと比較して、持ち運びが簡単であるため、直接手渡ししたい場合にもぴったりです。

ただし、花束を飾る際には、花瓶の準備や生け直しが必要であるため、相手の負担になる可能性が考えられます。
花束を贈る場合は、花瓶の有無や生け直しが可能か確認しておきましょう。

開店祝い・開業祝いにおすすめの花束

開店祝いや開業祝いに花束を贈りたいけれど、花の種類の選び方がわからない…。 こんな風に、花束選びに関する悩みはありませんか? 特に、初めて花束を贈る場合は、他にもどういったことに気をつければいいのかが ...

続きを見る

開業祝いの胡蝶蘭はマナーを守って贈ろう

今回の記事では、開業祝いの贈り物として胡蝶蘭が選ばれる理由のほか、贈る際のマナーやタイミング、相場などを紹介しました。
胡蝶蘭は、縁起の良い花言葉を持つことや豪華で存在感があることなどさまざまな点で開業祝いの贈り物に適しています。

ただし、贈る際には、マナーを守り、タイミングを考慮して届けることが大切です。
贈る相手に喜んでもらえるように、気持ちを込めて、正しく贈りましょう。

HanaPrimeでは、開業祝いにぴったりの高品質の胡蝶蘭を低価格で提供しています。
立て札やメッセージカード、ラッピングも無料です。
ぜひ、HanaPrimeで開業祝いに贈る胡蝶蘭を探してみてはいかがでしょうか。

-花を贈る
-, ,

© 2023 HanaPrimeマガジン