胡蝶蘭の通販

花を贈る

お供え花|ペットのお悔やみにおすすめのお花7選

2022年7月13日

お供え花|ペットのお悔やみにおすすめのお花7選

ペットも人間と同じ葬儀や法要を行い、お供えとしてお花やお供物を用意することで、家族と共に大切なペットの癒やしにも繋がります。

「ペットのお供え花はどう選べばいい?」「ペットロスに苦しむ友人にもお花を贈ってあげたい」など、考えている方も少なくないでしょう。

本記事では、ペットにお供えするお花の選び方、ペットの供養に適した7種類のお花、お悔やみ花の贈り方について解説します。

最愛のペットを亡くされた方や、知人友人のペットのお墓参りされる方は、ぜひ参考にしてみてください。

HanaPrimeでは、ペットのお供え花で紹介するお花も取り揃えています。

\ 送料・立て札無料 /

ペットのお供え花を探す

目次

ペットの葬儀や法事・法要の考え方と流れは?ヒトとはどう違う?

まずは、ペットの葬儀や法事に関する考え方や、ペット葬の大まかな流れについて解説します。
お花を用意するタイミングを把握するためにも、基本的な点を確認しておきましょう。

ペットの死後の世界観「虹の橋」とは

亡くなったペットのその後を語る際に、「虹の橋」というひとつの詩がよく引き合いに出されます。
亡くなったペットは天国の手前にあるとされる「虹の橋」のたもとで飼い主を待っていて、飼い主の死後そこで再会し、一緒に虹の橋を渡って天国へ行く…というお話です。
中にはこの世界観を受け入れがたい飼い主さんもいますが、ペットが明るく楽しい場所で自分を待ってくれている、という考え方はペットロスに苦しむ多くの人を救っています。

虹の橋で待っているペットにお花をあげる感覚でお供えをすると、前向きな気持ちになれるはずです。

ペットの葬儀の流れと埋葬の方法

ペットの葬儀の流れは、ヒトの場合とほとんど変わりません。
身を清め、葬儀まで冷却処理をして安置。棺に入れて葬儀で最後のお別れをした後に、火葬しお骨を埋葬します。

埋葬の方法は飼い主さんによって異なり、ペット霊園にお墓を建てて埋葬したり、共同墓地に埋葬してもらったりと、決まったルールはなく自由な選択ができます。
自宅の庭に埋葬、散骨することも可能ですが、その場合は近隣の迷惑にならないよう注意が必要です。
また、火葬後に埋葬をせず、仏壇にお骨を保管しておく手元供養という選択肢もあります。

ペットの法事・法要の種類と年間スケジュール

火葬前の葬儀だけでなく、その後もペットを供養するタイミングがあります。
法事・法要の種類や期間も、ヒトの場合を踏襲しています。

主には亡くなってから49日後の49日、1周忌、3回忌など命日前後に行う年周忌、毎年の夏のお盆、秋のお彼岸などです。

その他、ペットの誕生日や月命日といった特別な日は、お供えも豪華にするといいでしょう。

特別な日のためのペットのお供え花を探す

胡蝶蘭の通販

ペットに贈るお供え花やお悔やみ花の選び方

ペットに贈るお供え花やお悔やみ花の選び方亡くなったペットに贈る花の種類には、決まったルールやマナーはありません。
ですが、お花の選び方を工夫するとペットへの感謝やお別れの気持ちがよりよく伝わります。
ここでは、ペット供養に贈るお花の選び方を、6つのポイントに分けて解説します。

① ペットの毛色やイメージから選ぶ

ペットの毛色が茶色だったらオレンジ系、クリーム系だったら白や黄色、灰色だったら青系など、毛色に合わせて選ぶのもおすすめです。
毛の色だけでなく、生前のペットの性格や行動、性別のイメージに合わせて選ぶのも良いでしょう。具体的な例を表でまとめました。

花の色 ペットのイメージ
可愛らしいイメージの女の子のペット ピンク・レッド系
元気に走り回っていた活発なイメージのペット イエロー・オレンジ系
賢くて知的なイメージのペット ブルー・パープル系
清楚な雰囲気で落ち着いたイメージのペット ホワイト系

② ペットとの思い出に関わるお花から選ぶ

ペットと散歩する道で咲いていた花、ペットと一緒に行った旅行先で見た花など、ペットとの思い出に関わる花から選ぶのもおすすめです。
過去にペットと一緒に撮った写真を見返してみたり、日記を読み返したりして思い出してみてください。
きっとあなたとペットだけの特別なお花や色が見つかるはずです。

③ ペットのお供えにふさわしい花言葉から選ぶ

お供えのお花を選ぶ際は、花に付けられた花言葉を意識するとより意味のある贈りものになります
ペットのお供えにふさわしい例として、「真の友情」という花言葉のあるゼラニウムや、「感謝」という花言葉がついたピンク色のカーネーションなどがおすすめです。

④ 飾るスペースを考慮したサイズにする

ペットの場合、葬儀後も霊場にお墓を建てずに自宅の庭や家の中の小さい仏壇で供養するケースも多いです。
お骨を自宅で供養する場合には、限られたスペースでも飾りやすいような小ぶりのアレンジメントやミニ花束から選んでみてください。

⑤ 日々のお供えでお花のスタイルや色にNGはない

ペットの供養として日々お供えするお花に関しては、スタイルや色に「これは避けるべき」というNGはありません。
花束、アレンジメント、鉢植えなどさまざまなスタイルでよく、色も自由で構いません

⑥ 1周忌などの節目では普段と異なるお花をお供えする

1周忌などの節目の供養の時には、いつもとは違うお花にすると天国のペットも喜んでくれるかも知れません。
少し豪華な花束や、それまでに買ったことのない種類のお花を選んでみてください。
花と一緒に大好きだったおやつや食べ物をお供えするのもおすすめです。

ペットのイメージに合ったお供え花を探す

ペットのお供え花・お悔やみ花を選ぶ際のタブー集

お供えするタイミングや場所によっては、あまり適していない花の種類があります。
ここでは、タブーとされるお供え花・お悔やみ花を場面別に紹介します。

条件 適していない花の種類
他にペットを飼っている場合 中毒症状を起こす可能性のあるユリ科植物やあじさい、トゲが危険なバラ類
自宅の庭に埋葬した場合 球根を掘り起こすことになるチューリップやスイセン
火葬の副葬品として棺に入れる場合 骨に色が移る可能性のある濃い色の花
ペット霊園の墓地に供花を持参する場合 他の家族が不快に感じる可能性のある匂いがきつい花や派手過ぎる花

他にペットを飼っている場合

亡くなったペット以外にもペットを飼っている家でお花をお供えする場合には、ペットが誤飲したり触った際に傷ついたりする可能性のある種類は避けましょう。

例えば、犬や猫が誤って食べてしまうと中毒症状を起こす可能性のあるユリ科の植物やアジサイなどが挙げられます。
中毒症状を起こす恐れのあるお花には、以下のようなものがあります。

花の種類 中毒症状の一例
ユリ科(ユリ、チューリップ、ヒヤシンスなど) 下痢や嘔吐など消化器症状、急性肝不全
アジサイ 消化器症状や痙攣など神経症状
ポインセチア 皮膚炎や消化器症状
パンジー 嘔吐や神経症状

その他トゲが危険なバラ類も避けるのが無難です。

自宅の庭の埋葬した場所へお供えする場合

骨を自宅の庭に埋葬した場合、お供えだけでなく周囲に花を植えて花畑で飾ってあげるのも1つの方法です。
ただ、チューリップ、スイセンのような球根を掘り返す必要がある種類は、埋葬した骨を傷つけてしまう可能性があるので避けましょう。

火葬の副葬品として棺(ひつぎ)に入れる場合

火葬の際にペットと一緒に棺にお花を入れて燃やしてあげる場合には、花の色選びに注意が必要です。
赤や紫といった色の濃い花だと、火葬の際に遺骨に色が移ってしまう可能性があるからです。
火葬の副葬品には、白やピンクといった色の薄い花を選びましょう。

ペット霊園の墓地に供花を持参する場合

ペット霊園の共同墓地に持参するお花も、基本的に種類は自由です。
ですが、霊園のお供えは同じ墓地を訪れる多くのご家族の目にふれます。
不快に感じる人がいないよう、匂いがきつい花や派手過ぎる花は避けましょう。

タブーを避けてペットのお供え花を探す

ペットの供養におすすめのお花の種類7選

どんなお花でも構わないと言われると、かえってどんな花を選べばいいか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?
そこで、ペットの供養におすすめのお花を7種類厳選しました。
花言葉の意味に焦点を置き選んだので、紹介する花を中心に花束やアレンジメントを選んでみてください。

菊(キク) さまざまなアレンジメントで活躍する

菊は花持ちがよく花びらが散らからないため、お供えの定番になっているお花です。
菊は種類も豊富で、和風だけでなく洋風な花束にも活躍します。
ペットの仏壇は必ずしも和風とは限らないので、アレンジメントの幅が広いのは大きなメリットです。

供花 そのまま飾れる花束 #1445 size:60
供花 そのまま飾れる花束 #1445 size:60

♦清涼感のある可憐なお供え花束

そのまま飾れる供花 花束 #1445 size:60を無料のメッセージカードをつけて全国に最短当日に出荷します。故人のご冥福を祈り、心に寄り添う優しい色合いでお作りした癒やしのお花をお届けします。お供え、お悔やみ、ご霊前用、枕花、お盆などにご利用いただけます。

詳しく見る

百合(ユリ) 特別な日のお供えにおすすめ

華やかで高貴な雰囲気漂う百合も、お供え花の定番のひとつ。
ボリュームがあり花束に入れると豪華になるので、1周忌や誕生日など普段よりも特別なお供えにしたい時などに選ぶ花としてもおすすめです。

ただし、百合は犬や猫が誤って食べてしまうと中毒症状を起こす可能性があります。
他にペットを飼っている家庭ではお供えするのは止めましょう。

供花 花束 #1702 size:100
供花 花束 #1702 size:100

♦優しい色合いの可愛らしいお供え花束

供花 花束 #1702 size:80を無料のメッセージカードをつけて全国に送料無料で最短当日に出荷します。故人のご冥福を祈り、心に寄り添う優しい色合いでお作りした癒やしのお花をお届けします。お供え、お悔やみ、ご霊前用、枕花、お盆などにご利用いただけます。

詳しく見る

トルコキキョウ(リシアンサス) ペットへの変わらぬ永遠の愛を示す花

夏の暑さに強いトルコキキョウは、特にお盆のお供え花として人気の高いお花です。
白いトルコキキョウの花言葉は「永遠の愛」。亡くなった後も変わらない飼い主さんからペットへの愛を込めてお供えできます。

そのまま飾れる供花 花束 #1120 size:80
そのまま飾れる供花 花束 #1120 size:80

♦心安らぐ優しいお供え花束

そのまま飾れる供花 花束 #1120 size:80を無料のメッセージカードをつけて全国に送料無料で最短当日に出荷します。故人のご冥福を祈り、心に寄り添う優しい色合いでお作りした癒やしのお花をお届けします。お供え、お悔やみ、ご霊前用、枕花、お盆などにご利用いただけます。

詳しく見る

カーネーション 感謝の気持ちを伝える可憐な花

カーネーションは暑い時期でも花が長持ちするため、お供え花の定番となっています。
中でもピンクのカーネーションには「感謝」という花言葉がついているので、飼い主さんに優しく寄り添ってくれたペットに贈る花としてふさわしいでしょう。

花束  そのまま飾れるブーケ #734 size:60 PNK
花束 そのまま飾れるブーケ #734 size:60 PNK

♦可愛らしく優しい花束♦手軽にそのまま飾れるスタンディングブーケ

花束 そのまま飾れるブーケ #734 size:60をお祝いやプレゼント用に無料のメッセージカード付きで最短当日に出荷します。おしゃれでアイディア性のある花束で気持ちを晴れやかにお部屋を華やかに彩ります。

詳しく見る

バラ 心からの尊敬を込めて贈る愛の花

バラ全体の花言葉は「情熱」「愛情」。花そのもののイメージ通り、愛の花の代表です。
特に白い花はお供えの花としては色味も自然、かつ「純愛」「心から尊敬」というペットへの気持ちを示すのにふさわしい花言葉がついています。

ただし、バラは鋭いトゲがあるため、他のペットが触れて怪我をしてしまう恐れがあります。
自宅で犬・猫を放し飼いにしているのであれば避けましょう。

花束 そのまま飾れるブーケ #738 size:60 WHT
花束 そのまま飾れるブーケ #738 size:60 WHT

♦涼し気で爽やかな色合いの花束♦手軽にそのまま飾れるスタンディングブーケ

花束 そのまま飾れるブーケ #738 size:60をお祝いやプレゼント用に無料のメッセージカード付きで最短当日に出荷します。おしゃれでアイディア性のある花束で気持ちを晴れやかにお部屋を華やかに彩ります。

詳しく見る

ガーベラ 究極の愛の花

ビタミンカラーの可憐な花でペットを明るく包んでくれるガーベラもおすすめの種類です。
黄色いガーベラには、「究極の愛」という花言葉もついています。
ペットを心から愛している飼い主さんにとって、これ以上の花言葉はないでしょう。

花束 そのまま飾れるブーケ #735 size:60 YEL
花束 そのまま飾れるブーケ #735 size:60 YEL

【父の日おすすめ】♦ビタミンカラーで明るくなる花束♦手軽にそのまま飾れるスタンディングブーケ

花束 そのまま飾れるブーケ #735 size:60をお祝いやプレゼント用に無料のメッセージカード付きで最短当日に出荷します。おしゃれでアイディア性のある花束で気持ちを晴れやかにお部屋を華やかに彩ります。

詳しく見る

ヒマワリ 飼い主を慕っていたペットをしのんで

ヒマワリには「愛慕(あいぼ)」という花言葉がついています。互いに想い合っていたペットと飼い主さんの関係を表現してくれる花言葉です。
町中で見かけることも多く印象に残る花ですので、ペットとの思い出の花のひとつとなっている場合も多いでしょう。

花束 スタンダードブーケ #686 size:100
花束 スタンダードブーケ #686 size:100

【父の日おすすめ】♦明るく爽やかで元気をくれる花束

花束 スタンダードブーケ #686 size:100をお祝いやプレゼント用に無料のメッセージカード付きで最短当日に出荷します。明るく爽やかで元気をくれる花束で気持ちを晴れやかにお部屋を華やかに彩ります。

詳しく見る

【ペットロス】ペットを亡くした友人や親戚にお花を贈る際の注意点

家族の一員であったペットを亡くした飼い主さんは、簡単には乗り越えられない深い悲しみを抱えています。
ペットロスで精神的な負担を感じている友人や親戚にお花を贈る際には、以下の5つの注意点を念頭に置いて選びましょう。

① ネガティブな意味の花言葉のお花を避ける

もらった相手が意味を重く捉えてしまうかも知れないので、ネガティブな意味の花言葉のお花は避けましょう。
赤いシクラメンの「嫉妬」や、アネモネの「はかない恋」、黄色いカーネーションの「軽蔑」などが挙げられます。

② 負担のかからないようにアレンジメントがおすすめ

ペットロスで苦しんでいる時には、花瓶を用意して切り花を飾るだけでも億劫(おっくう)に感じてしまいます。
相手の負担をできるだけ減らすためにも、もらった時のままの状態で飾れるアレンジメントがおすすめです。

HanaPrimeではもらった時のままの状態で飾れる仏花を多数用意しているので、ペットのお供え花選びの参考にしてください。

そのまま飾れる仏花 花束 #1116 size:80
そのまま飾れる仏花 花束 #1116 size:80

♦心安らぐ優しい色彩のお供え花束

そのまま飾れる供花 花束 #1116 size:80を無料のメッセージカードをつけて全国に送料無料で最短当日に出荷します。故人のご冥福を祈り、心に寄り添う優しい色合いでお作りした癒やしのお花をお届けします。お供え、お悔やみ、ご霊前用、枕花、お盆などにご利用いただけます。

詳しく見る

③ お悔やみ花やお供え花はいつ渡す?

お悔やみ花を渡すタイミングは相手の心境次第という面もありますが、できるだけ早いタイミングがいいでしょう。
訃報を受け取った直後に贈るお花には、ペットが愛されていたという事実が伝わり悲しんでいる飼い主さんを元気づける効果があります。
ただし、飼い主さんの側から「ペットの死についてしばらく触れないで欲しい」などと言われた場合には2~3週間の時間を置き、相手の心境や身辺が落ち着いた頃合いを見計らいましょう。

④ お悔やみメッセージの書き方と文例

お悔やみメッセージは、飼い主さんとペットとの思い出を交えて自由に書いて構いません。
一言だけのメッセージと長い手紙のどちらでも、悲しみを和らげる効果を発揮するでしょう。

ただし、「早く元気になって」という言葉は避けましょう。
ペットロスで苦しんでいる人にとっては、かえって重荷になってしまう言葉だからです。

メッセージの文例をいくつか紹介します。

お悔やみメッセージの文例

「〇〇ちゃん、しっぽの先だけ白いのがすごくかわいかったね。この花束も白いお花で選んでみたよ」
「旅行で一緒にヒマワリ畑に行った時、○○ちゃんも楽しそうだったね。天国でも○○ちゃんが楽しく過ごせるように、このヒマワリのお花をお供えしてあげてね」

その他、ギフト花のメッセージを作成する際には以下のページも参考にしてください。

メッセージカードの書き方を見る

⑤ ペットのお供え花やお悔やみ花の相場は3,000円~5,000円

ペットへ贈るお供え花の価格が相場に対して高すぎると、もらった相手が負担に感じてしまうかも知れません。

ペットへのお供え花やお悔やみ花を購入する際の価格は、3,000円程度が相場です。
贈る相手や亡くなったペットとの関係性が深い場合には、少し高めの5,000円程度を目安に選ぶといいでしょう。

特別な日のためのペットのお供え花を探す

ペットのお供え花やお悔やみ花に関するよくある質問

ペットのお供え花やお悔やみ花に関するよくある質問最後に、ペットのお供え花やお悔やみ花を選ぶ際に多くの人が気にかける点について、Q&A形式で紹介します。

ペットのお供えにプリザーブドフラワーは贈っていいの?

プリザーブドフラワーは必ずしもNGではありません。
ですが、生花以外のお花は「死」を連想させてしまう可能性があります。
どうしてもという理由が無いのであれば、生花を贈るのがいいでしょう。

お寺や霊園での葬儀や供養祭での供花のマナーは?

お寺や霊園の葬儀や供養祭の際には、霊園側で専用のお花を用意している場合があります。
葬儀に参列する際に持参していいか事前に霊園に確認しましょう。

棺に入れる花の本数は?どれくらい入れたらいい?

一緒に火葬する副葬品の花の本数上限は、棺の大きさに左右されます。
小型のペットか大型のペットかによっても棺のサイズが変わる他、火葬場によって用意している棺のサイズも異なります。
あまり多くならないよう注意するだけでなく、入れられる花の本数について火葬業者に事前に問い合わせておくとより安心です。

特別な日のためのペットのお供え花を探す

大切なペットを想う気持ちをお供え花やお悔やみ花に託そう

大切なペットを想う気持ちをお供え花やお悔やみ花に託そうペットの葬儀の流れはヒトと基本的には変わりません。
お花を供えるタイミングも、棺の中に入れる副葬品として、日々のお供えや一周忌・お盆などの特別な日のお供えとしてなど、ヒトと同じと考えていいでしょう。

ペットを想う気持ちを託せるよう、思い出の花やペットの毛色に似た花を選んでみてください。
また、ペットを亡くした友人や親戚に花を贈るのであれば、飾るのに負担のかからないアレンジメントがおすすめです。

豊富なラインナップがそろう花と植物のギフト通販サイトHanaPrimeなら、さまざまな色味やスタイルからお花が選べます。

HanaPrimeでは配送前に商品の写真を無料でお送りしています。
亡くなったペットのイメージに沿ったお花かどうかを自分の目で確かめてから贈りたいという方にも、安心して利用していただけます。

胡蝶蘭の通販

-花を贈る
-,

© 2024 HanaPrimeマガジン