花を贈る

選挙の陣中見舞いに贈る胡蝶蘭の金額の相場は?マナーと注意点について詳しく解説

2023年8月7日

選挙の陣中見舞いに贈る胡蝶蘭の金額の相場は?マナーと注意点について詳しく解説

選挙に出馬する家族や友人を応援したい、そんな気持ちから陣中見舞いを贈る人も多いのではないでしょうか。

陣中見舞いには、縁起の良い胡蝶蘭が選ばれることが多いですが、選挙に関する事柄は公職選挙法や政治資金規正法によって厳密に取り決められています。

そのため、「胡蝶蘭は贈っていい?」「贈ってはいけないものや、気をつけるべきことは?」など気になる方も多いでしょう。

本記事では、選挙の陣中見舞いに胡蝶蘭を贈る際に気を付けたいポイントとマナー、法律などを解説します。

\ 送料・立て札無料 /

陣中見舞いに最適な胡蝶蘭を探す

目次

選挙の陣中見舞いとは?選挙期間はいつからいつまで?

 

「陣中」には、「陣地」や「戦場」という意味があります。
選挙を戦いに例えて、当選に向かって奮闘する候補者を鼓舞したり、労う(ねぎらう)意味を込めて贈るのが陣中見舞いです。

選挙においては出馬ではなく、当選することが目標になります。
そのため出馬の際には、出馬祝ではなく陣中見舞いという名目でお祝いを贈るのが一般的です。

主な選挙と選挙期間

選挙期間(選挙運動が可能な期間)は、公職選挙法第129条で「選挙の公示日(告示日)に立候補の届け出をしてから、投票日の前日まで」と定められています

公職選挙法において、個人から候補者への贈り物のすべては選挙運動に関する寄付とみなされます。選挙期間のスタートは、選挙の公示日とされるため、陣中見舞いを贈る際も公示日を過ぎてから手配することが大切です。

また、選挙期間は開催される選挙の種類によって異なります。
選挙期間には、選挙期日(投票日当日)は含まれないことも陣中見舞いを手配する上で注意しておきましょう。

公示日とは?

有権者に、正式に選挙の投票日や候補者が発表される日。

■主な選挙と選挙期間

参議院議員選挙 17日
衆議院議員選挙 12日
知事選挙 17日
都道府県議会議員選挙 9日
政令都市の市長選挙 14日
政令都市の市会議員選挙 9日
政令都市以外の市長・市会議員選挙 7日
町村長選挙・町村議会議員選挙 5日

陣中見舞いに最適な胡蝶蘭を探す

選挙の陣中見舞いに胡蝶蘭が選ばれる5つの理由

選挙の陣中見舞いに胡蝶蘭が選ばれる5つの理由選挙期間中、テレビ放送などで候補者の事務所に豪華な胡蝶蘭が並ぶシーンを見たことがある人も多いでしょう。
陣中見舞いには、縁起物の胡蝶蘭が選ばれることが多いですが、その理由は5つあります。

① 法律遵守の観点から安心して贈れる

胡蝶蘭は、公職選挙法で禁止されている品物に該当する心配がありません

公職選挙法には「何人も選挙運動に関して飲食物を提供することはできない」という法律があります。

この飲食物に関しては、お弁当、菓子、飲料、酒類などが原則差し入れ禁止となっています。
しかし例外としてお茶請けのお菓子(まんじゅうなど)、みかんやりんご程度の果物は認められており、線引きがあいまいです。
万が一、お茶請けだと認識して贈ったお菓子が公職選挙法に違反したと見なされれば選挙違反で検挙されることになり、もちろん当選は取り消しになってしまいます。
その点胡蝶蘭は、余計な心配がいらないので安心して贈ることができます

② お花が長持ちし、選挙期間中はきれいに咲き続ける

胡蝶蘭は日持ちが良く、美しい状態を長く楽しむことができます

選挙が始まってから、開票日までは長くて17日間と長期戦です。
胡蝶蘭なら、お花が咲いた状態を1~2カ月程度楽しむことができるため、陣中見舞いの時期から開票結果が分かるまでの長期間、美しい状態を保つことが可能です。
後日、当選が分かった場合も、変わらない美しさでお祝いムードを盛り上げてくれるのも胡蝶蘭ならではの魅力です。

③ 胡蝶蘭の花言葉と縁起の良さ

陣中見舞いに胡蝶蘭が選ばれる理由の3つ目は「幸福が飛んでくる」という花言葉にあります。

胡蝶蘭の咲き誇る姿が、蝶が舞っているように見えることから、この花言葉がついたとされていて、とても縁起の良いお花として知られています

他にも、鉢植えの「根付く」という意味から「幸福が根付く」や、お花が長持ちすることから「議員としても長く続く」とも言われており、陣中見舞いには胡蝶蘭を贈るのが定番です。
また選挙の陣中見舞いで選ばれることの多い白い胡蝶蘭には「清純」という花言葉もあります
これから、「正しい政治」「クリーンな政治」を目指す候補者のイメージアップにもぴったりなお花です。

陣中見舞いに最適な白い胡蝶蘭を見る

④ 胡蝶蘭は高級感があり選挙にふさわしい

胡蝶蘭は見栄えが良く、上品な高級花として認識されています。
また、事務所に並ぶ胡蝶蘭の数は、候補者の人気の高さや人脈の広さを表すバロメーターです。
事務所に豪華な胡蝶蘭が並ぶことで、多くの人からの期待の大きさを周囲にアピールするという意味でも、選挙において重要な意味を持っています。
また、事務所に胡蝶蘭があることで、明るい雰囲気になり、候補者やスタッフもよりエネルギッシュに活動を行うことができるはずです。

⑤ 胡蝶蘭はお手入れ簡単で多忙な選挙中に好まれる

お手入れが簡単で枯れづらいのも、胡蝶蘭が選ばれる理由です。
胡蝶蘭は面倒なお手入れは不要で、水やりのみで育ちます。
忙しい選挙期間中であっても、相手の迷惑にもなりにくいのがメリットです。

選挙の陣中見舞いに胡蝶蘭を贈る際の5つのマナーと注意点

選挙の陣中見舞いに胡蝶蘭を贈る際には、これから紹介する5つのマナーに気を付けましょう。

① 選挙の公示日以降の大安に贈る

縁起を担いで大安を選んで贈るのが一般的です。
選挙候補者の事務所開きも、大安に行われることが多いのでそのタイミングで手配すのが良いでしょう。
事務所開き当日が大安でない場合は、当日以降、一番近い大安を選んで手配します。

ただし一般的に、事務所の開設は選挙の公示日より前に行われます。
立候補者が、公示日より前に準備を進める場合は事前運動と認識されるのを避けるため「後援会事務所」として支援者に案内が出されます。
このタイミングで陣中見舞いを贈る場合は、

  • 告示前なら「後援会事務所 宛」
  • 告示後なら「選挙事務所 宛」

として手配するように気を付けましょう。

② 立て札とメッセージカードの書き方と注意点

陣中見舞いの胡蝶蘭には、立て札を立てるのがマナーです。
政治の世界は、一般的な会社に比べ、社会的関係性を重んじる傾向にあります。
事務所に並ぶ胡蝶蘭には「あの著名人からも胡蝶蘭が届いている」というような、候補者の人間関係をアピールする意味合いも含まれているので、立て札も重要な役割を担っています。

また、法人から政治家個人への寄付は一切禁止されているため、立札の依頼主も社名は入れず個人名で手配しましょう。
メッセージカードを添える場合は忌み言葉(「滑る」「落ちる」「倒れる」「負ける」などネガティブな表現)は避け、候補者への応援が伝わる明るい文言を心がけましょう。

立て札の書き方

選挙の陣中見舞いの立て札は、基本的には木目調の立て札で手配します。
立て札には「お祝いの文言(表書き)」と「送り主の名」を記載するのが一般的です。

表書き例
陣中御見舞・陣中お見舞い・陣中見舞い・祈御健闘・祈念必勝・祈御当選・祈ご当選など

立て札の書き方を見る

③ 胡蝶蘭と一緒にお酒やお菓子を差し入れする場合は法律に注意

公職選挙法において、候補者にお酒やお菓子(お茶請け程度のお菓子は除く)を差し入れすることは禁止されています。
また選挙事務所には、原則として選挙期間中に受け取ったすべての品物を収支決算報告書に記し、報告する義務があります。
そのため、胡蝶蘭と一緒に品物を贈る際には公職選挙法を順守して慎重に手配することが大切です。

(飲食物の提供の禁止)
第百三十九条 何人も、選挙運動に関し、いかなる名義をもつてするを問わず、飲食物(湯茶及びこれに伴い通常用いられる程度の菓子を除く。)を提供することができない。
ただし、衆議院(比例代表選出)議員の選挙以外の選挙において、選挙運動(衆議院小選挙区選出議員の選挙において候補者届出政党が行うもの及び参議院比例代表選出議員の選挙において参議院名簿届出政党等が行うものを除く。以下この条において同じ。)に従事する者及び選挙運動のために使用する労務者に対し、公職の候補者(参議院比例代表選出議員の選挙における候補者たる参議院名簿登載者で第八十六条の三第一項後段の規定により優先的に当選人となるべき候補者としてその氏名及び当選人となるべき順位が参議院名簿に記載されているものを除く。)一人について、当該選挙の選挙運動の期間中、政令で定める弁当料の額の範囲内で、かつ、両者を通じて十五人分(四十五食分)(第百三十一条第一項の規定により公職の候補者又はその推薦届出者が設置することができる選挙事務所の数が一を超える場合においては、その一を増すごとにこれに六人分(十八食分)を加えたもの)に、当該選挙につき選挙の期日の公示又は告示のあつた日からその選挙の期日の前日までの期間の日数を乗じて得た数分を超えない範囲内で、選挙事務所において食事するために提供する弁当(選挙運動に従事する者及び選挙運動のために使用する労務者が携行するために提供された弁当を含む。)については、この限りでない。
引用:公職選挙法 | 第百三十九条

④ 企業や団体から政治家個人に贈ってはいけない

会社、企業や団体からの政治家個人に陣中見舞い、当選のお祝いなどを贈ることは禁止されています。(政治資金規正法第21条第1項記載)
企業だけでなく、職員団体、労働組合などの団体からの寄付も一切禁止されているので注意が必要です。
選挙の陣中見舞いを贈る際は、会社名は記載せず、複数名で贈る場合であっても「〇〇一同」のような誤解を招く表記は避けます
贈り主の氏名住所なども、必ず個人名義で手配するように気を付けましょう。

⑤ 年間の寄付総額を150万円以内に収める

個人から政治家個人へ寄付できる金額は、総額150万円以内と定められています。
贈答品(胡蝶蘭を含む)は金額に換算され、物品の金額も含めて150万円以内とされているため注意が必要です。

また、5万円以上の寄付に関しては、寄付者の氏名、住所、寄付金額などが国の発行する官報に記載されます。
胡蝶蘭の金額に関しても例外ではないので、高額な胡蝶蘭を贈る場合は官報に記載される可能性があることも認識しておきましょう。

陣中見舞いに最適な大輪の胡蝶蘭を見る

選挙の陣中見舞いの胡蝶蘭の金額の相場と選び方

選挙の陣中見舞いの胡蝶蘭の金額の相場と選び方

選挙の陣中見舞いに贈る胡蝶蘭は、一般的なお祝いに比べると高価なものが選ばれる傾向にあります。
選挙期間中、事務所には数多くの胡蝶蘭が並ぶことが想定されるため、あまりにも大きすぎるものは避け、相場に見合った胡蝶蘭を手配しましょう。

陣中見舞いに贈る胡蝶蘭の相場は3~5万円

陣中見舞いに贈る胡蝶蘭の相場は3~5万円、最も選ばれるスタイルは3〜5本立ちです。
輪数(花の数)が多く、見栄えのする胡蝶蘭を選びましょう。

また、縁起の良さを考慮して4(死)、9(苦)のマイナスなイメージを抱く可能性のある数字の本数は避けるのがマナーです。

クリーンなイメージの白色が王道、黄色は避ける

選挙戦では、候補者の政治に対するクリーンなイメージが大切です。
そのため、選挙の陣中見舞いには白色の胡蝶蘭が選ばれることが最も多くなります
白以外では、親しみやすさを感じられるピンク色であれば選んでも問題ありません。

しかし黄色い胡蝶蘭は「金運アップ・商売繁盛」を期待して贈るケースが多く、「お金」を連想させます。これから選挙活動を行う候補者へのイメージダウンに繋がることも考えられるので、陣中見舞いに選ぶのは避けましょう

事務所のサイズを考慮し、大きすぎる胡蝶蘭は避ける

選挙の陣中見舞いに贈る胡蝶蘭は3~5本立て、50輪以上が一般的です。
7本立て以上の胡蝶蘭は豪華ですが、高さ120cmほど、幅も90cm前後とかなりのスペースが必要になります。
事務所には、他にもたくさんの胡蝶蘭が届くことが想定されるので、あまり大きな胡蝶蘭は置き場所に困ってしまうという事態にもなりかねません。
事前に事務所のサイズを確認し、相手の負担にならないサイズを手配するよう心がけましょう。

胡蝶蘭のラッピングにもこだわる

これからの政治を担う候補者にふさわしい、誠実なイメージのある上品なラッピングが好まれます。
黄色の胡蝶蘭を避ける意味同様、金色や黄色のラッピングは金銭を連想させるため避けます

誠実で落ち着いた印象を与える青系のラッピング、もしくは優しく温かみの感じられるピンク系が人気です。
選挙戦では候補者のイメージカラーを打ち出して選挙活動を行うケースも多いので、その場合はそちらに合わせた色味のラッピングを選ぶと喜ばれるでしょう。

HanaPrimeでは、豊富なラッピングを写真付きの一覧から選ぶことができます。

ラッピングも豊富なHanaPrimeの胡蝶蘭を見る

選挙の陣中見舞いの胡蝶蘭おすすめ定番商品3選

 

HanaPrimeでは陣中見舞いに最適な胡蝶蘭を数多くご用意しています。
その中でも、選挙の陣中見舞いに特に人気のある白い胡蝶蘭、人気トップ3を紹介します。

【1位】胡蝶蘭 大輪 54輪~57輪 3本立ち 白

胡蝶蘭 大輪 54輪~57輪 3本立ち 白
胡蝶蘭 大輪 54輪~57輪 3本立ち 白

♦54輪以上保証 ♦1本あたり18輪~19輪 ♦安心の品質保証7日間

胡蝶蘭 54輪~57輪(蕾を含む)はビジネスシーンのお祝いなどに人気が高い胡蝶蘭です。 開院や開店、親しいの方への贈り物として選ばれます。 40輪台に比べると花綸の数も増えるので、とでも豪華な印象になります。

詳しく見る

選挙の陣中見舞いに最も選ばれることの多い、3本立ち、50輪以上の人気のある胡蝶蘭です。
3本立ちですが、輪数が多いため存在感があり、他の胡蝶蘭に見劣りする心配もありません。
候補者の政治に対するクリーンなイメージを引き立てる、凛とした佇まいが美しく、数多くのお祝いシーンで選ばれています。

【2位】胡蝶蘭 大輪 60輪~70輪 5本立ち 白

胡蝶蘭 大輪 60輪~70輪 5本立ち 白
胡蝶蘭 大輪 60輪~70輪 5本立ち 白

♦60輪以上保証 ♦1本あたり13輪~14輪 ♦安心の品質保証7日間

こちらは商品は、1本あたり約13輪の白色胡蝶蘭が咲く、最高グレードの商品となっています。輪数も多く、幅、高さもありますので、特別な方へ最高の胡蝶蘭を贈られてみてはいかがでしょうか。大変喜ばれること間違いありません。

詳しく見る

広い事務所を構えている候補者や、関係の深い相手に贈りたい、5本立ちの豪華な胡蝶蘭です。
お花のサイズが10cm以上の大輪が60輪~70輪ついているため、その存在感は格別です。
他の胡蝶蘭と比べても華やかなので、候補者も、お花を見るたび、周囲からの応援の大きさを感じることができるはずです。

【3位】胡蝶蘭 大輪 80輪~90輪 5本立ち 白

胡蝶蘭 大輪 80輪~90輪 5本立ち 白
胡蝶蘭 大輪 80輪~90輪 5本立ち 白

♦80輪以上保証 ♦1本あたり16輪~17輪 ♦安心の品質保証7日間

80輪以上の花びらがついている胡蝶蘭は、5本立ちの中でも最も輪数が多く、他に類を見ない最高グレードの商品となっています。喜ばれること間違いなしの商品です。5本立ちの中でもワンランク豪華なこちらの胡蝶蘭を贈られてみてはいかがでしょうか。

詳しく見る

5本立ちの中でも、最もグレードの高い最上級の胡蝶蘭です。
同じ5本立ちでも、60輪程度のものと比べると、圧倒的な豪華さと存在感を感じられます。
親交の深い方の陣中見舞い、または特に思い入れのある相手への贈り物に最適です。
高さは1m以上、横幅も70~80cmと、飾るにはある程度のスペースが必要なので、事務所のサイズを確認してから手配するように気を付けましょう。

陣中見舞いと合わせて祝いたい選挙イベント

選挙に関わるお祝いは、陣中見舞い以外にもあります。
それぞれのタイミングでお祝いの胡蝶蘭を贈ることができるので、陣中見舞い以外のタイミングについても知っておきましょう。

事務所開設祝い

事務所の開設は、一般的に公示日よりも前に行われるのが一般的です。
開設の初日に「事務所開き」が開催されるケースも多いので、そのタイミングでお祝いを持参するという関係者も多くなります。
事務所開き当日は、まだ必要最低限の物品のみしか揃っていないことが多いので、事務所を華やかに彩る胡蝶蘭を贈るのにもおすすめのタイミングです。
胡蝶蘭以外では、縁起物のだるまや招き猫を贈るケースも見受けられます。

事務所開きに最適な胡蝶蘭を探す

出馬祝い

選挙において出馬は出発点です。
出馬する時点では、当選することが目標になるため、出馬祝いは陣中見舞いという名目で手配するのが一般的です。
また選挙の告示日より前の早い段階でお祝いをしたい場合は、公職選挙法で禁止されている事前運動に該当することのないように配慮する必要があります。(告示日より前に、金銭の寄付をすることはできません。)

当選祝い

応援した候補者が無事当選した場合には、当選祝いを贈りましょう。
当選祝いは、当選が確定してから1週間以内に手配するのがマナーです。
できるだけ早く贈りたいものですが、選挙速報で当確の段階では結果が覆るケースもあり得ます。
選挙管理委員会から確実な当選が公表されてから手配しましょう。

ただしこの時期は、多くの人が胡蝶蘭を手配するため、品薄になることも考えられます。当選が確定したら、早めに手配することをおすすめします。

法令遵守!選挙の当選祝いで胡蝶蘭を贈る時のマナーと注意点

当選祝いでは、多くの人が縁起が良く、定番のお花として胡蝶蘭が選ばれます。 選挙に関連する贈り物をする場合は「法律に抵触しない?」「お花を贈る際のタブーは?」など気になることもあるでしょう。 本記事では ...

続きを見る

選挙の陣中見舞いでよくある質問

陣中見舞いの胡蝶蘭はいつ贈る?大安がいいの?

選挙の公示日以降、選挙期間中に手配するのがふさわしいです。
事務所開きが大安であれば、その日に手配します。
大安以外の日取りであれば、公示日以降、一番近い大安に手配するのがベストです。
選挙は、縁起を担ぐという意味で、大安を意識して贈る人が多くなります。

陣中見舞いの表書きはどう書くの?

立て札の表書きには、「陣中御見舞・陣中お見舞い・陣中見舞い」と書くのが一般的です。
それ以外にも、選挙の当選を願って「祈御健闘・祈念必勝・祈御当選・祈ご当選」などと記載することもできます。
陣中見舞いに贈る胡蝶蘭の立て札は、木目調のものを使用しましょう。

選挙の陣中見舞いに現金を贈ってもいいの?封筒・のし袋の書き方は?

挙期間中(公示日から投票日の前日まで)であれば寄付として現金を贈ることができます
ただし、公示日以前の事務所開設時など、選挙期間外に贈ることは公職選挙法違反に該当します。

候補者への贈り物に関して少しでも不安なことがある場合は、各都道府県または各市区町村に設置されている選挙管理委員会に事前に問い合わせて、必ず確認を取っておきましょう

また陣中見舞いに、現金を贈る場合は、紅白縁結びの水引とのしがついているものを選ぶのが一般的です。白い無地の封筒を使用しても問題はありません。

のし袋の表書きは以下の通りです。

  • 「陣中御見舞」「陣中お見舞い」「御当選祈念」など

選挙の陣中見舞いには胡蝶蘭で応援の気持ちを伝えよう!

選挙の陣中見舞いには胡蝶蘭で応援の気持ちを伝えよう!選挙の陣中見舞いを贈る際は、法律を順守した上で、マナーを守って候補者へ応援の気持ちを届けることが大切です。
自分のことを応援してくれる有権者からの胡蝶蘭が事務所に並ぶことは、候補者や選挙スタッフが選挙活動に励む大きなパワーになるはずです。

HanaPrimeでは、選挙の陣中見舞いに最適な胡蝶蘭を数多く取り揃えています。
写真付きの一覧から、お祝いに最適な胡蝶蘭を選ぶことができるので、公式サイトから候補者のイメージにぴったりな胡蝶蘭を探してみてください。

花と植物のギフト通販|【公式】HanaPrime

-花を贈る
-, ,

© 2024 HanaPrimeマガジン