シャコバサボテンの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

シャコバサボテンの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

シャコバサボテンの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • つむじまがり
  • ひとときの美
  • もつれやすい恋
  • 美しい眺め

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

シャコバサボテンの花言葉は「美しい眺め」「ひとときの美」「つむじまがり」「もつれやすい恋」

シャコバサボテンはその名の通り、甲殻類のシャコを連想させるユニークな形状の植物です。

「美しい眺め」「ひとときの美」といった、儚くも鮮やかな花の姿を讃える花言葉があります。

また「つむじまがり」や「もつれやすい恋」という、少し複雑でドラマチックな花言葉もあり、恋愛感情のもつれを象徴しています。

これらの花言葉は贈り物として、贈る方への深い感情を伝えることができますが、一方で誤解を招きやすい花言葉もあるので注意が必要です。

花束の通販

シャコバサボテンの花言葉は色によって違うの?

シャコバサボテンの花の色は赤や白、オレンジ、ピンク、黄色などがありますが、色によって花言葉に違いはありません

シャコバサボテンの怖い花言葉

シャコバサボテンには怖い花言葉はありません

しかし「つむじまがり」や「もつれやすい恋」など、ポジティブとは言えない花言葉もあるので、プレゼントの際にはどのような意味で贈るのかを説明するなど、注意が必要です。

シャコバサボテンの花言葉の由来

シャコバサボテンの花言葉は、シャコバサボテンが持つ独特の魅力と、人々の心に残る印象を反映しています。

「美しい眺め」は、寒い季節は多くの植物が休眠する中で、シャコバサボテンは冬の時期に鮮やかな花を咲かせることに由来しています。

またシャコバサボテンの花は、比較的短い期間しか咲かず、さらに開花時期以外は茎が垂れ下がった状態になるため「ひとときの美」という花言葉がつけられました。

美しさは永遠ではなく、一時的であることを表しています。

「つむじまがり」は、花の形が渦を巻いているように見えることから、このような花言葉が生まれました。

人の感情が渦巻くような複雑さや、予期せぬ方向に進むことを暗示しているとも言われています。

「もつれやすい恋」という花言葉は、シャコバサボテンの茎が絡み合う様子を、恋愛関係の複雑さやもつれにたとえてつけられました。

恋愛は複雑で、解きほぐすのが難しいものであることを表しています。

シャコバサボテンの花言葉に似ている花は?

「美しい眺め」という花言葉に似ている花

  • 「美しい姿」シラン
  • 「美しい装い」アイ
  • 「美しさ」ベラドンナリリー

「ひとときの美」という花言葉に似ている花

  • 「美しい変化」カエデ
  • 「繊細な美」フヨウ
  • 「はかない美」ゲッカビジン

「つむじまがり」という花言葉に似ている花

「もつれやすい恋」という花言葉に似ている花

シャコバサボテンの花言葉と真逆の意味の花

「ひとときの美」という花言葉と真逆の意味の花

  • 「華やかな日々」グロキシニア
  • 「永遠の美」ストック
  • 「永遠の輝き」ホーリー

「つむじまがり」という花言葉と真逆の意味の花

「もつれやすい恋」という花言葉と真逆の意味の花

  • 「信じる恋」エゾギク
  • 「告げられぬ恋」オキナグサ
  • 「純粋な愛」赤のカーネーション

【英語版】シャコバサボテンの花言葉

シャコバサボテンの英語版の花言葉は「偉大」「枯れない愛」「燃える心」です。

「偉大」や「枯れない愛」という花言葉は、シャコバサボテンの満開時の鮮やかな外見だけではなく、1年の中で最も寒く過酷な季節にも花を咲かせる生命力を表しています。

「燃える心」は、クリスマスの季節にその生き生きとした花が象徴する暖かさと情熱を意味しています。

花束の通販

シャコバサボテンは誕生花の花なの?

シャコバサボテンは12月10日12月12日誕生花です。

シャコバサボテンの名前の由来

シャコバサボテンの名前は、その特徴的な茎の形状に由来しています。

茎の節ごとに突起があり、その形が海に住む甲殻類のシャコ(蝦蛄)に似ているため、この名前が付けられました。

さらに、デンマークで品種改良されたことから「デンマークカクタス」とも呼ばれています。

英名の由来

シャコバサボテンの英名は「Christmas Cactus」(クリスマス・カクタス)、「Thanksgiving cactus」(サンクスギビング・カクタス)です。

Cactusはサボテンという意味で、クリスマスの時期に花を咲かせることから、それぞれ「クリスマスのサボテン」「感謝祭のサボテン」という名前がつけられました。

和名の由来

シャコバサボテンの和名は「蝦蛄葉仙人掌」(シャコバサボテン)です。

サボテンのような見た目で葉が蝦蛄(シャコ)に似ているため、その名がつきました。

正式な学名

シャコバサボテンの正式な学名は「Schlumbergera truncata 」(シュルンベルゲラ・トルンカタ)です。

シャコバサボテンの原種を栽培していたフランスの園芸家、シュルンベルガーにちなんでつけられました。

シャコバサボテンってどんな花?

原産国ブラジル リオデジャネイロ州の山脈地帯
科・属サボテン科スクルンベルゲラ属
タイプ多年生の多肉植物(サボテン)
草丈15~40㎝
開花時期11月~12月
旬の季節
花持ち日数短日植物のため、日が短くなると花を咲かせる
出回り時期10月頃

シャコバサボテンは品種改良により100種類もあると言われており、花の色や形も種類によって異なります。

代表的な種類は下記の通りです。

  • ダークマリー:濃い赤色の大型の花
  • コンペイトウ:ピンクや黄色などの金平糖に似た形の花
  • シュルンベルゲラ・ガウチェリアナ:赤やピンク、紫などの長細い筒型の花
  • シュルンベルゲラ・トランカータ:赤やピンク、白などの星型の花

シャコバサボテンの風水

風水においてサボテンは、良い気も悪い気も跳ね返してしまうためあまり良くないとされているアイテムです。

しかし一般的なサボテンとは異なり、シャコバサボテンは葉が下に垂れ下がる性質があるため「陰の気」が強く、リラックス効果があるとされています。

さらに陽の気が強いとされるリビングのテレビの近くに置くことで、陰陽のバランスが整い、運気が上がるとも考えられています。窓際や書斎、デスクの上などもおすすめです。

逆に陰の気が強いとされる玄関などには置かないようにしましょう。

シャコバサボテンの飾り方

シャコバサボテンは四方八方に肉厚な葉を伸ばし、その葉先に鮮やかな花を咲かせます。

この特性を活かすために、ナチュラルまたは北欧風のデザインの鉢植えにするのがおすすめです。

シンプルな鉢でも、色や形が華やかで目立つため美しく見えます。

また葉が地面に触れないようにするため、ハンギングバスケットでの寄せ植えもおすすめです。

ベランダや庭の柵にかけることで、ダイナミックな成長を見せるシャコバサボテンを一層引き立てることができます。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES