ハナモモの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

ハナモモの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

ハナモモの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 気立てのよさ
  • あなたに夢中
  • 恋のとりこ

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

ハナモモの花言葉は「気立てのよさ」「恋のとりこ」「あなたに夢中」

ハナモモの花言葉は「気立てのよさ」「恋のとりこ」「あなたに夢中」

ハナモモの花言葉「気立てのよさ」「恋のとりこ」「あなたに夢中」明るく華かな外見から連想されるポジティブな意ものです。

特に「恋のとりこ」と「あなたに夢中」は、愛する人やパートナーへの深い愛情を象徴しています。

また「気立てのよさ」は、人の内面の美しさや優れた人格を称える花言葉です。

これらの花言葉を持つハナモモをプレゼントとして贈ることで、感謝や尊敬の気持ちを友人や尊敬する人に効果的に伝えることができるでしょう。

花束の通販

ハナモモの花言葉は色によって違うの?

ハナモモの花は、ピンク色・白色・赤色がありますが、一般的に色によって異なる花言葉はありません。

ハナモモの怖い花言葉

ハナモモの花言葉には、怖い意味合いを持つものはありません。

春の訪れや若さと美しさの象徴として、古くから詩や文学で頻繁に題材にされています。

ハナモモの花言葉の由来

ハナモモの花言葉「気立てのよさ」は、桃が女性への敬愛の象徴とされることに由来しています。

桃の漢字は、木偏に兆(きざし)を組み合わせた形であり、桃が多くの実をつけることから子のきざし子宝、多産を象徴し、縁起が良い花とされてきました。

これが女性を象徴する「気立ての良さ」へとつながっています。

また「恋のとりこ」「あなたに夢中」という花言葉は、ハナモモの華やかで鮮やかな美しさが由来です。

ハナモモの花は、チャーミングで華やかな魅力と圧倒的な存在感で見る者を魅了し、夢中にさせます。

これらの花言葉は、ハナモモが春の訪れと共に華やかに咲き誇る様子と、その花が持つ美しさや魅力が人々の心に与える強い影響から来ていると言えます。

ハナモモの花言葉に似ている花は?

ハナモモに似ている花言葉を持つ花を紹介します。

「気立てのよさ」に似ている花言葉

  • 「母の愛」カーネーション(ピンク)
  • 「優美」ラベンダー 
  • 「高貴」「純粋」「無垢」ユリ(白)
  • 「優美な女性」桜 

「恋のとりこ」「あなたに夢中」に似ている花言葉

ハナモモの花言葉と真逆の意味の花

ハナモモとは真逆の意味の花言葉を持つ花を紹介します。

「気立てのよさ」と真逆の意味の花言葉

「恋のとりこ」「あなたに夢中」と真逆の意味の花言葉

【英語版】ハナモモの花言葉

西洋では、モモの花全般にI am your captive(私はあなたの虜)」unequaled qualities(比類なき素質)」という花言葉があります。

花束の通販

 ハナモモは誕生花の花なの?

ハナモモは3月3日4月12日4月14日誕生花です。

ハナモモの美しい花が見頃となるこの時期に、誕生花として設定されています。

ハナモモの名前の由来

ハナモモは、桃の花を美しく品種改良したもので、名前もそこから来ています。

古代中国では、桃には邪悪を払う力があるとされ、不老不死の薬の実るという伝説も存在しています。

「桃花源記」では、理想郷としての桃花源(桃の花が咲き乱れる地)が描かれており、それゆえに、理想の花を求めて品種改良が盛んに行われたのでしょう。

英名の由来

ハナモモの英名は「Hana peach」「Flowering Peach」です。

「Hana peach」の由来は、桃が美しい花を咲かせることに由来しています。

「Hana」は日本語で「花」を、「Peach」は英語で「桃」を意味し、この英名は、江戸時代に日本で品種改良されたことにちなんで付けられました。

一方、「Flowering Peach」の由来も、美しい花を咲かせる桃を指しています。

「Flowering」は英語で「花を咲かせる」という意味で、「Peach」は「桃」です。

これらの言葉を組み合わせると、「花咲く桃」または「開花する桃」という意味になります。

和名の由来

和名は花桃(ハナモモ)です。

植物分類上は桃と同じですが、一般的な食用の桃とは少し異なり、実がなることもありますが硬くておいしくありません。

花を鑑賞する目的で品種改良された桃であることから「ハナモモ」と名付けられました。

正式な学名

ハナモモの正式な学名は「Prunnus persica」です。

ハナモモってどんな花?

原産国中国
科・属バラ科サクラ属スモモ属
タイプ落葉高木
花のサイズ2㎝~3㎝
香り香りはある
草丈5m~8m
開花時期4月
旬の季節1月~4月
花持ち日数約2週間
出回り時期1月~3月

古代中国でハナモモは、桃が災厄を払い福をもたらすと信じられていました。

日本には弥生時代に渡来し、平安時代頃から3月3日の桃の節句で観賞されるようになりました。

植物分類上は食用の桃と同じですが、花を鑑賞する目的で品種改良されており、実は小さく食用には適していません。

品種改良は江戸時代から始まり、多くの園芸品種はその時代に作り出されました。

花の色にはピンク、白、赤、1本の木に赤と白の花が咲く咲き分けがあり、枝垂れ性やほうき立ち性など様々な樹形が存在します。

一部の品種は切り花としても利用され、花付きが良く華やかなハナモモは、春の訪れを象徴する花として人気があります。

ハナモモの風水

風水において、方角と花の色を組み合わせて考えると、特定の運気を強化できます。

ハナモモの花の色を方角と絡めて考えると、以下のようなアプローチが可能です。

方角花の色効果のある運気
東(「木」の気)赤や白の花仕事運、恋愛運、成功運
南東(「木」の気)ピンクの花結婚運、交流・交際運
西(「金」の気)白色の花金運、恋愛運、商売運

 

いい運気を呼び込むためには、定期的に花の水を変え、周囲もこまめに掃除し悪い運気をため込まないようにすることも大切です。

また、花は枯れると悪い運気を呼び込むようになるので、完全に枯れる前に処分しましょう。

ハナモモの飾り方

ハナモモを飾る際には、その華やかな花の自然な美しさを引き立てるよう心がけましょう。

ハナモモの花を飾るためのいくつかのアイデアを紹介します。

アレンジメントの一部として

他の花や緑と組み合わせて、春らしいパステルカラーの花や緑の葉を加えることで、豊かな色彩の組み合わせを楽しむことができます。

和室やリビングでの飾り方

和室やリビングの目立つ場所にハナモモの花を飾り、日本の伝統的な花器を使用すると風情が感じられます。

モダンなインテリアの部屋の場合は、シンプルなデザインの花瓶を使用すると春の訪れを感じさせる装飾になります。

エントランスや玄関での使用

エントランスや玄関にハナモモの花を飾ることで、訪れる人々に暖かい歓迎の印象を与えます。

大きな壺に大胆に活けるか、小さな枝を一輪挿しで活けると良いでしょう。

また、花の寿命を延ばすためには、直射日光や高温を避け定期的に水を交換して花の鮮度を保つことが重要です。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES