カンガルーポーの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

カンガルーポーの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

カンガルーポーの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 可能性
  • 驚き
  • 好意
  • 不思議
  • 分別
  • 明朗
  • 陽気

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

カンガルーポーの花言葉は「不思議」「驚き」「分別」「陽気」「好意」「可能性」

カンガルーポーには、「不思議」「驚き」「分別」「陽気」「好意」「可能性」という意味の花言葉があります。

「不思議」「驚き」はサプライズを連想させるため、何でもない日のプレゼントや、定番のプレゼントに飽きてしまった場合にも向いています。

「好意」「可能性」という花言葉もあるため、応援したい人に向けて贈るのもおすすめです。

花束の通販

カンガルーポーの花言葉の由来

「不思議」「驚き」は、カンガルーポーのカンガルーの前足のような独特な花の形に由来します。

また、「可能性」「陽気」は、はっきりとしたオレンジやレッドなど、ビビッドな色合いのものからつけられました。

花の名前はもちろんですが、ベロアのような質感の花も個性的であるため、見た目からそのまま花言葉がつけられたとされています。

カンガルーポーの花言葉は色によって違うの?

カンガルーポーの花言葉は、色によって異なります。

日本海外
不思議・驚き不思議
赤・紫可能性・分別開放・理解
黄・オレンジ陽気・明朗陽気・明朗

カンガルーポーの花言葉は、日本と海外でも微妙に意味合いが異なります。

例えば、赤・紫は日本では「可能性」や「分別」を意味しますが、海外では「解放」や「理解」を示します。

カンガルーポーの花言葉に似ている花は?

「不思議」という花言葉に似ている花

「陽気」という花言葉に似ている花

カンガルーポーの花言葉と真逆の意味の花

カンガルーポーの花言葉と真逆の意味の花は、マリーゴールドやキンセンカです。

マリーゴールドとキンセンカは「絶望」の花言葉があり、黄色のカンガルーポーの「陽気」とは真逆の意味になります。

カンガルーポーは誕生花の花なの?

カンガルーポーは2月5日9月9日」「10月3日」「10月31日」「11月1日」「12月4日誕生花です。

カンガルーポーの名前の由来

カンガルーポーという名前の由来は、見た目がカンガルーの前足に似ていることから名付けられています。

英名の由来

英名の「kangaroo-paw(カンガルーポー)」は、独特の花の形が「カンガルーの前足」に似ていることから名付けられました。カンガルーと、動物の足先を意味する英語「paw(ポー)」を組み合わせた名前です。

花束の通販

和名の由来

和名は、英名から「カンガルーポー」と名付けられています。

正式な学名

カンガルーポーの正式な学名は、「Anigozanthos flavidus(アニゴザントス・フラビドゥス)」です。

属名の-Anigozanthos-は、ギリシャ語で「anoigo(開く)+ anthos(花)」という意味があります。

カンガルーポーってどんな花?

原産国オーストラリア
科・属ハエモドルム科・アニゴザントス属
タイプ多年草
花のサイズ2~3㎝程
香りほとんどしない
草丈20~150㎝程
開花時期4月~6月
旬の季節
花持ち日数5~10日程度
出回り時期周年(最盛期2月~12月)

カンガルーポーは、カンガルーの足のような不思議な形の花を年に1度咲かせる多年草です。花や茎にはベルベットのような細かい毛が生えており、筒状の花の先端は6つに分かれています

花屋では通年購入できますが、特に秋のシーズンにハロウィンの装飾用に出回ることが多くあります。

カンガルーポーの飾り方

カンガルーポーは1本でも独特の雰囲気を出せる花なので、一輪挿しで飾るのがおすすめです。

カンガルーのような足をした独自の形であり、色も緑・赤・紫・黄・オレンジと豊富なので、飾る際は色々な花と組み合わせて飾れます。

また、存在感のあるフラワーアレンジメントを作る際に、高さや幅を出す役割もあります。

カンガルーポーのドライな質感に合わせて、ヒマワリや秋色アジサイなど、夏〜秋の花と組み合わせると、統一感のあるアレンジが完成するでしょう。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES