マンサクの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

マンサクの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

マンサクの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 魔力
  • 神秘
  • おまじない
  • ひらめき
  • 幸福の再来
  • 呪文
  • 豊作

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

マンサクの花言葉は「ひらめき」「神秘」「呪文」「魔力」「幸福の再来」「豊作」

マンサクには、「ひらめき」「神秘」「呪文」「魔力」「幸福の再来」「豊作」という花言葉があります。

「ひらめき」という花言葉は、ひらめきを大切にするアーティストなどへの贈り物に適しています。

「幸福の再来」は感謝の気持ちをこめて身近な人に贈るのがおすすめです。

花束の通販

マンサクの花言葉は色によって違うの?

マンサクは花の色によって、違う花言葉があります。 

  • 「豊作」黄色のマンサク
  • 「魔力」オレンジ色のマンサク
  • 「ひらめき」金色のマンサク

マンサクの怖い花言葉

マンサクには、「呪文」「おまじない」という、一見怖いイメージの花言葉が付いています。

マンサクは、怖い存在というより神秘的な力があると信じられており、この花言葉は昔から枝を占いに使用していたことに由来しています。

むしろ、日本では古くから新春のお祝い事に添えられる、縁起の良い花として親しまれて います。

マンサクの花言葉の由来

「ひらめき」の由来は、マンサクの花びらが細くカールしており、はじけた(ひらめいた)ように見えるところからきています。

「神秘」「呪文」「魔力」の由来は、昔からマンサクには神秘的な力が宿ると思われていて、占いの道具として使用されていたからです。

「豊作」の由来は、マンサクは昔から豊作を占う植物として親しまれ、花数が多ければ多いほどその年は豊作になると言われているからです。 

「幸福の再来」の由来は、毎年早春になると沢山の花を咲かせ、春の訪れを知らせてくれることからきています。

マンサクの花言葉に似ている花は?

「神秘」という花言葉に似ている花

「幸福の再来」という花言葉に似ている花

  • 「幸せの再来」スズラン 
  • 「また逢う日を楽しみに」ネリネ
  • 「再会」サネカズラ、ハーデンベルギア、彼岸花
  • 「あなたに会いたくてたまらない」カーネーション(赤)
  • 「うれしい知らせ」ハナショウブ

マンサクの花言葉と真逆の意味の花

「幸福の再来」とは真逆の意味を持つ花言葉

  • 「あなたの死を望みます」スノードロップ
  • 「裏切りのもたらす死」ハナズオウ
  • 「報復」アザミ
  • 「復讐」クロユリ・クローバー

「神秘」と真逆の意味を持つ花言葉

どちらもあまりいい意味の花言葉ではないので、贈り物に使うのはさけたほうが良いでしょう。

【英語版】マンサクの花言葉

英語版マンサクの花言葉は、「a spell(呪文、魔力)」です。

これは、アメリカ先住民がマンサクの枝を占いに使用していたのが理由です。

花の形が魔女の髪の毛のようで、葉がハシバミに似ているからだといわれています。

また、「霊感」という花ことばもあります。これは、アメリカではマンサクの葉・樹液に止血や消炎作用があるとされ、治療薬として使用されていたことに由来します。

花束の通販

マンサクは誕生花の花なの?

マンサク1月6日1月8日1月31日3月21日
赤花マンサク2月12日

縁起物の花なので、誕生日プレゼントとして贈ると喜ばれるでしょう。

マンサクの名前の由来

英名の由来

マンサクの英名は「Japanese witch hazel」で、「witch hazel」は「魔女のハシバミ」という意味です。

これは、細くカールした花弁が魔女の髪を思わせることや、マンサクの枝が魔女の杖や占いの道具として使われていたことから、その名がつけられたと言われています。

海外でハシバミは神秘的な力を持つとされ、その枝は占い棒として使われ、水脈や鉱脈探 し、迷った旅人の道案内にも利用されてきました。

中世以降はダウジング(棒を使って地下水脈を探し当てる方法)にも用いられ、豊穣や子孫繁栄のシンボルとされてきました。

また、イギリスではハシバミの実(ヘーゼルナッツ)を使った恋占いも有名です。

こうしたハシバミの神秘性がマンサクの神秘性に似ていることから、その学名が付けられたと言われています。

和名の由来

マンサクの和名は「マンサク(万作・満作)」で、春の始まりに咲くことから「まず咲く」、「真っ先」という言葉が変化して名付けられたと言われています。

また、枝いっぱいにたくさんの花を咲かせることから、「満咲き」という言葉が変化して名付けられたという説もあります。

さらに、多くの花が咲くと豊作になるとされることから、作物の豊作を祈願して名付けられたそうです。

正式な学名

マンサクの正式な学名は「 Hamamelis japonica(ハマメリス・ジャポニカ)」です。

似た花をつけるトキワマンサク(学名:Loropetalum chinense)は、同じマンサク科ですが、マンサク科トキワマンサク属で別の種です。

マンサクってどんな花?

原産地日本
科・属マンサク科・マンサク属
タイプ落葉小高木樹
花のサイズ約2㎝
香り
樹高3~6m
開花時期2月~3月
旬の季節
花持ち日数1~2か月
出回り時期1月~3月

マンサクは、寒さの残る2月ごろから春の訪れを告げるように開花を始め、秋には美しい紅葉楽しめる花木です。

古くから日本人の生活に根ざしており、花が多い年は豊作、花が少ない年は不作になるという言い伝えがあり、現在では縁起のいい庭木として親しまれています

寒さや暑さに強く比較的育てやすいだけでなく、花としても人気があり、1月初旬から3月下旬ごろまで流通しており入手可能です。

近年品種改良が進み、オレンジやレモン色の花が咲く品種も生まれてきています。

マンサクの風水

風水において、黄色は金運・家庭運・健康運を高める色とされており、赤色は勝負運や仕事運を高める色とされています。

  • 金運を向上させたい場合は、西の方角に黄色い花が咲くマンサクを飾る
  • 家庭運や健康運を向上させたい場合は、南西の方角に黄色い花が咲くマンサクを植える
  • 勝負運や仕事運を向上させたい場合は、東側に赤い花のマンサクを飾る

風水では方角ごとにそれぞれ異なる運勢を司り、また運気を高めるための色があります。

どの方角に何色のマンサクを飾るかによって、向上させたい運気が変わってきます。

マンサクの飾り方

マンサクの花は甘い香りが特徴的で、紅葉した葉を飾ることで秋の雰囲気を演出することができます

  • 枝の自然な形を活かして陶器の一輪挿しに挿すと、素朴でありながらスタイリシュに飾ることができる
  • 数本を枝の形を活かしてダイナミックに大きな壺に生けると、動きが出て存在感が際立つ
  • ハート形の愛らしい葉は、一輪挿しにすることでモダンなアクセントになる

花だけでなく枝も魅力的なマンサクは、生け花の定番素材として愛されています。

ナチュラルな印象のマンサクは、陶器製の花器との相性が抜群で、大胆かつ繊細なアレンジが楽しめるでしょう。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES