モクレン(木蓮 )の花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

モクレン(木蓮 )の花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

モクレン(木蓮 )の花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 自然を愛する
  • 崇高
  • 持続性

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

モクレン(木蓮 )の花言葉は「自然への愛」「崇高」「持続性」

モクレン(木蓮 )の花言葉は「自然への愛」「崇高」「持続性」

モクレンの花言葉「自然への愛」「崇高」「持続性」です。

「自然への愛」は、空に向かって花を咲かせる様子が春の訪れを喜んでいるようにみえることが由来になっています。

「崇高」は、仏教では神の象徴として用いられる蓮に花の見た目が似ていることからつけられました。

モクレンは世界最古の花と言われており、どんな時代も変わらず花を咲かせてきたことが「持続性」という花言葉の由来になっています。

花束の通販

モクレンの花言葉は色によって違うの?

モクレンの基本色は外側が紫色、内側が白色となっています。

基本色以外にも白いモクレンがあり、白モクレンには「慈悲」「気高さ」という花言葉があります。

色によって花言葉に違いはありますが、どちらもモクレンの美しく、気品溢れる花姿からつけられた花言葉です。

モクレンの怖い花言葉

モクレンに怖い花言葉はつけられていません。

怖い花言葉はありませんが、中国から渡来したモクレンには悲恋の伝説があるとされています。

モクレンの花言葉の由来

モクレンは必ず、上に向いて花を咲かせます。

その様子が、自然や空に春がきて花を咲かせることができる喜びを歌っているようにみえるため「自然への愛」という花言葉がつけられました。

モクレンという名前は、蓮の花の形に似ているのが理由です。「崇高」という花言葉は、蓮の花が仏教の中では崇高な花とされているのが由来となっています。

モクレンは地球に恐竜がいた時代から自生していたことが地層から発見されています。人間が誕生する前から生き抜いてきたことから「持続性」という花言葉がつけられました。

モクレンの花言葉に似ている花は?

モクレンには、美しく上品な花言葉がつけられています。そんなモクレンの花言葉に似ている花を紹介していきます。

「自然への愛」という花言葉に似ている花

  • 「平和の祈り」シンゴニウム
  • 「豊かな実り」タチアオイ
  • 「野生美」ハナシノブ

「崇高」という花言葉に似ている花

「持続性」という花言葉に似ている花

モクレンの花言葉と真逆の意味の花

スイレンには「滅亡」という花言葉があり、モクレンの花言葉「持続性」とは真逆の意味をもっています。

【英語版】モクレンの花言葉

英語版のモクレンの花言葉は「love of nature」「nobility」「perseverance」「dignity」です。

意味は日本の花言葉と同じ意味をもっています。

花束の通販

モクレンは誕生花の花なの?

モクレンは1月8日2月19日3月21日5月7日7月4日誕生花です。

モクレンの名前の由来

モクレンの名前の由来は、蓮の花に似ていることから木に咲く蓮でモクレンと呼ばれるようになりました。

英名の由来

モクレンの英名は「magnolia」です。

magnoliaはモクレン科の総称であり、フランスの植物学者ピエール・マニョルに由来しています。

和名の由来

モクレンの和名は「木蓮」です。

モクレンと呼ばれる前には、ランの花に似ていることに由来してモクランと呼ばれていましたが、徐々にモクレンと呼ばれることが多くなりました。

日本には、モクレンの色から木蓮色(モクランジキ)と呼ばれる色も存在し、中国から渡来して約100年以上経った現在でも、日本にとって親しみある花としてたくさんの人に美しさを届けています。

正式な学名

モクレンの正式な学名は「magnolia liliflora」です。

lilifloraはユリの花を指し、モクレン科のユリという意味になります。モクレンがユリの花のように上向きに花を咲かせることが由来となっています。

モクレンってどんな花?

原産国中国
科・属モクレン科モクレン属
タイプ落葉低木
花のサイズ7~10㎝程度
香り上品に甘く香る
草丈約3~5m
開花時期3月~5月
旬の季節
花持ち日数3~4日程度
出回り時期ほとんど市場に出回らない

モクレン属の花は約250種類あり、日本で見られるモクレン属はそのなかでも数種類だけです。

中国の宮廷でも植えられていた植物で、見た目の上品さと大きく存在感のある花は春に咲く花のなかでも一際目をひく存在となっています。

花が咲くのと同時期に葉も成長をはじめ、花が枯れることには葉が花を隠してしまうほど大きくなるといった特徴があります。

外側が紫色、内側が白色をした花弁が6枚あり、色のコントラストがとても美しいお花です。蕾が北の方角を向くことから、コンパスフラワーと呼ばれることもあります。

モクレンの近くを歩くとふんわりと優しい香りを楽しむことができ、香料として香水などに使用されることもあります。

モクレンの風水

モクレンは風水では金運を高める効果があるとされています。特に白いモクレンは、庭に植えることで「お金に困ることはない」と言われるほどです。

庭に植える場合には、日当たりが良く、家の中でも楽しめる場所にするのがおすすめです。枝が横に伸びていく性質があるため、スペースが充分確保できるところを選びましょう。

お部屋に飾る場合には、金運効果なら部屋の左奥へ、全体運なら部屋の中心にモクレンを飾ることで風水効果が期待できます。

モクレンの飾り方

モクレンは残念ながら、切り花として市場に出回ることはほとんどありません

そのため、モクレンを飾りたい方は庭に植栽し、育てるのがおすすめです。暑さ・寒さにも強い植物のため、育てるのも難しくありません。

春になると甘い香りを漂わせながら、美しい花を咲かせてくれます。

ときどき、盆栽タイプのモクレンが販売されることもありますので、どうしてもお部屋の中で飾りたいと考える方は探してみるといいでしょう。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES