オオアラセイトウの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

オオアラセイトウの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

オオアラセイトウの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 癒し
  • 優秀
  • 知恵の泉
  • 仁愛

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

オオアラセイトウの花言葉は「知恵の泉」「優秀」「仁愛」「癒し」

オオアラセイトウの花言葉は「知恵の泉」「優秀」「仁愛」「癒し」

オオアラセイトウの花言葉「知恵の泉」「優秀」「仁愛」「癒し」です。

「知恵の泉」「優秀」からは知的で優れた印象を受けます。

「仁愛」は情け深い心でいつくしむ、思いやるという意味です。

優しく思いやりのある人や、知的なイメージの人にぴったりな花言葉になっています。

どれもよい意味の花言葉なので、贈り物としてもおすすめです。

花言葉をメッセージに添えて贈れば、きっと喜ばれるプレゼントになるでしょう。

花束の通販

オオアラセイトウの花言葉は色によって違うの?

オオアラセイトウの花言葉は、色による違いはありません。

オオアラセイトウの花は淡い紫から赤紫色と多少の色幅がありますが、どれも同じ花言葉になります。

オオアラセイトウの怖い花言葉

オオアラセイトウには怖い花言葉はありません。

怖い花言葉やマイナスなイメージの花言葉はないので、プレゼントする際にも安心して贈ることができます。

オオアラセイトウの花言葉の由来

オオアラセイトウの花言葉は「知恵の泉」「優秀」「仁愛」「癒し」です。

「知恵の泉」「優秀」「仁愛」という花言葉は、オオアラセイトウを食料として広めた中国の軍師、諸葛孔明が由来になっています。

天才的な頭脳を持つ軍師として、知略を巡らせ数多くの戦に勝利してきた諸葛孔明の知的なイメージから「知恵の泉」「優秀」という花言葉がつけられました。

また「仁愛」は、諸葛孔明の人柄が由来となっています。

武将である劉備の遺言を守り、忠義心をもって尽くす姿や、つつましい生き方から、情け深い心で思いやりがあることを意味する「仁愛」という花言葉がつけられました。

「癒し」は、戦時中に日本兵が、中国各地の戦地で一面に咲くオオアラセイトウの美しさに癒されたことが由来とされています。

オオアラセイトウの花言葉に似ている花は?

オオアラセイトウの花言葉「知恵の泉」「優秀」「仁愛」「癒し」に似ている花と花言葉を以下で紹介します。

「知恵の泉」に似ている花

  • 「知恵」サルビア
  • 「知性」ブルーベリー
  • 「知性」アストランティア
  • 「豊富な知識」ソリダスター
  • 「機知に富む」ナンテン

「優秀」に似ている花

「仁愛」に似ている花

  • 「治癒」ノコギリソウ
  • 「穏やか」ウスベニアオイ
  • 「温和」ハナカイドウ
  • 「柔和」ジャスミン(白)

オオアラセイトウの花言葉と真逆の意味の花

オオアラセイトウの花言葉「仁愛」と真逆の意味の花として、サワギキョウの「悪意」という花言葉があります。

また、「癒し」と対照的な意味を持つ花言葉に、シャクナゲの「危険」があります。

【英語版】オオアラセイトウの花言葉

花言葉ではありませんが、海外ではオオアラセイトウは日本と中国の間における平和と友好のシンボルとされています。

戦時中、中国の戦地で一面に咲くオオアラセイトウに魅せられた日本兵が、戦後に種を日本に持ち帰り広めたことが由来です。

花束の通販

オオアラセイトウは誕生花の花なの?

オオアラセイトウは、2月15日2月18日3月14日4月4日4月5日12月12日誕生花です。

春に花が咲くオオアラセイトウの旬の季節にあわせた日にちになっています。

オオアラセイトウの名前の由来

オオアラセイトウの名前は「大紫羅欄花」と書き、花姿がストックに似ていることが由来になっています。

ストックは別名「アラセイトウ(紫羅欄花)」といい、一重から八重の花をつけるアブラナ科の花です。

オオアラセイトウの花姿が、一重咲きのストックに似ていることから名前が付けられました。

以下、学名や英名、和名の由来を紹介します。

英名の由来

オオアラセイトウの英名は「Chinese violet cress」です。

「chinese」は「中国の」を意味し「violet」は「紫」を意味しています。

「cress」は「クレソン、または、アブラナ科の辛みのある食用植物の総称」を意味する言葉です。

オオアラセイトウは中国原産で紫色の花が咲き、若葉や花が食せるため「Chinese violet cress(中国の紫色のクレソンのような食用植物)」と名付けられました。

和名の由来

オオアラセイトウには標準和名の「大紫羅欄花(オオアラセイトウ)」のほかに、「紫花菜(ムラサキハナナ)」「諸葛菜(ショカッサイ)」という和名があります。

「ムラサキハナナ」という和名は、菜の花に似た紫色の花を咲かせることが由来です。

また、菜の花と同様に花が食用にできることや、種から油が取れることにも因んでいます。

「諸葛菜(ショカツサイ)」という名前は、軍師の諸葛孔明が由来になっています。

オオアラセイトウは比較的簡単に育てることができ、花や葉も食べることができます。

諸葛孔明が戦での食糧不足を解消するために、食用として陣営で種を撒いて栽培し、広めたという話が元になり「諸葛菜」と名づけられました。

正式な学名

オオアラセイトウの学名は「Orychophragmus violaceus」です。

「violaceus」は「紫」を意味し、「Orychophragmus」は「orych(掘り出す、穴)」と「phoragmus(隔壁、垣根)」の二つの言葉が合わさった言葉で、オオアラセイトウ属を意味します。

オオアラセイトウは「ハナダイコン」と呼ばれることもありますが、オオアラセイトウとハナダイコンは別種になります。

ハナダイコン(学名「Hesperis matronalis」)は西アジア・ヨーロッパ原産、アブラナ科ハナダイコン属の多年草です。

オオアラセイトウとハナダイコンを混同しないようにしましょう。

オオアラセイトウってどんな花?

花名オオアラセイトウ
科・属アブラナ科・オオアラセイトウ属
タイプ一年草(越年草)
和名大紫羅欄花(オオアラセイトウ)
学名Orychophragmus violaceus
英名Chinese violet cress
開花時期3月~5月
花色紫、淡い紫、赤紫色
草丈50~60cm
原産国中国

オオアラセイトウはアブラナ科の一年草です。

春になると、伸ばした茎の先に紫色のかわいい花をたくさん咲かせます。

初夏になると果実の中にたくさんの種子ができ自然に裂けて出てくるので、来年用の種も採取することができます。

軍師である諸葛孔明が食用として広めたことが由来で諸葛菜(ショカッサイ)とも呼ばれ、若い葉や花を食べることができます。

また、紫花菜(ムラサキハナナ)の別名が示すように、菜の花と同様に種から油が取れるのが特徴です。

オオアラセイトウの風水

風水では、刺激的な赤色と冷静さを表す青色が組み合わさった紫色は、「火の気」を持つとされています。

外に向けた情熱と内に秘めた精神性のバランスがよく、感性を刺激し芸術性を高める色とされているため、クリエイティブな仕事をする人に向いています。

南の方角に飾って勝負運アップ

「火」の気をもつ紫色の花を咲かせるオオアラセイトウは、同じく「火」の気をもつ南の方角と相性がぴったりです。

南の方角に置くことで感性が研ぎ澄まされ、勝負運や人気運、美容運アップに期待ができます。

また、家庭運や健康運に関わる南西の方角とも相性がよいです。

社会的地位を上げたいなら玄関に

昔から紫は高貴な人が身に着けていた色とされ、社会的地位を上げるパワーを持ちます。

玄関に飾ることで家の格や住人の格が上がる効果も期待できます。

切り花を飾る際は、水をきれいに保つことが風水上大事なので、こまめに水をかえるなど、清潔にすることを心がけるようにしましょう。

オオアラセイトウの飾り方

ふんわりとしたかわいい花をたくさん咲かせるオオアラセイトウは、花瓶に生けるのがおすすめです。

ビタミンカラーのイエローの花と一緒に生けると紫色の花が引き立ち、部屋の雰囲気も華やかな印象になります。

もちろん単体で生けるのもおすすめで、葉のグリーンと伸びやかな花茎のフォルムが楽しめます。

また、花鉢で玄関に飾ったり、繁殖力を生かして庭に植えたり、様々な楽しみ方ができます。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES