スプレーカーネーションの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

スプレーカーネーションの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

スプレーカーネーションの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 熱心
  • 侮辱
  • 女性の愛
  • 感動
  • 母への愛
  • 集団美
  • 愛の拒絶
  • 清らかな慕情
  • 熱愛
  • 友情
  • 嫉妬
  • 癒し
  • 尊敬
  • 素朴
  • 上品
  • 純粋な愛
  • 永遠の幸福

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

スプレーカーネーションの花言葉は「集団美」「素朴」「熱愛」

スプレーカーネーション花言葉は「集団美」「素朴」「熱愛」です。

1本の茎に複数の花を咲かせるスプレーカーネーションは、母親や愛する人への贈り物として親しまれています。

スプレーカーネーションの原産国は地中海地域で、江戸時代にオランダから日本に渡りました。

現在市場に出回っている内の約6割は外国産です。

花束の通販

スプレーカーネーションの花言葉は色によって違うの?

スプレーカーネーション花言葉は色によって異なります

共通集団美、素朴
熱愛、母への愛、感動
ピンク上品、女性の愛
尊敬、純粋な愛、愛の拒絶
オレンジ熱心、清らかな慕情
友情、嫉妬、侮辱
癒し、純粋な愛
永遠の幸福

スプレーカーネーションの怖い花言葉

「侮辱」や「軽蔑」といった怖い花言葉を持つのは、黄色のスプレーカーネーションです。

イエス・キリストを裏切ったユダが黄色の服を着ていたことからつけられました。

なお、西洋でも黄色のスプレーカーネーションには「あなたに失望しました」「拒絶」などネガティブな花言葉があります。

スプレーカーネーションの花言葉の由来

「集団美」は、1本の茎に美しい花をいくつも咲かせるスプレーカーネーションの姿が由来です。

「素朴」は、一つの大ぶりな花を咲かせるスタンダードカーネーションと比べ、小ぶりな花をいくつも咲かせることからつけられました。

なお、カーネーションの種類は、大きく分けて「スタンダードカーネーション」と「スプレーカーネーション」の二つです。

「熱愛」は、十字架に架けられたイエス・キリストの最期を見守った聖母マリアの涙で誕生した花という言い伝えに由来しています。

スプレーカーネーションの花言葉に似ている花は?

スプレーカーネーションの花言葉に似ている花は次の通りです。

「集団美」という花言葉に似ている花

  • 「集い」ムレスズメ
  • 「団結」ガイラルディア
  • 「協力」ブルーデイジー

「素朴」という花言葉に似ている花

  • 「質素」ハナズオウ
  • 「簡素」ワビスケ
  • 「純朴」イソカンギク

「熱愛」という花言葉に似ている花

  • 「深い愛情」キキョウ
  • 「永遠の愛」アイビー
  • 「燃える心」サボテン

スプレーカーネーションの花言葉と真逆の意味の花

スプレーカーネーションの花言葉と真逆の意味の花を紹介します。

「集団美」という花言葉と真逆の意味の花

「素朴」という花言葉と真逆の意味の花

  • 「派手」ヘレニウム
  • 「華やか」ハイビスカス(ピンク)
  • 「目立たせて」ブローディア

「熱愛」という花言葉と真逆の意味の花

【英語版】スプレーカーネーションの花言葉

スプレーカーネーション全般的な英語版の花言葉は「Fascination(魅力)」「Love(愛情)」「Distinction(卓越)」です。

英語圏でも、スプレーカーネーションは母親への贈り物として使われます。

そのため、花言葉も母親が魅力的で優れた存在であることや愛の象徴であることが由来です。

なお、英語版の花言葉も日本語版と同じく、色によって異なります。

Red(赤)My heart aches for you(あなたに会いたくてたまらない)
Pink(ピンク)A mother’s love(母の愛)
White(白)Innocence(純真)
Orange(オレンジ)Happiness(幸福)
Yellow(黄)You have disappointed me(あなたに失望しました)
Purple(紫)Capriciousness(気まぐれ)
Blue(青)Peace(平和)
花束の通販

スプレーカーネーションは誕生花の花なの?

スプレーカーネーション3月10日、12月2日の誕生花です。

なお、スプレーカーネーションの誕生花は色による違いがありません。

スプレーカーネーションの名前の由来

スプレーカーネーションの「スプレー」は、茎が枝分かれして複数の花を咲かせる様子が由来です。

なお「スプレー(Spray)」には「小枝」という意味があります。

カーネーション」の由来は諸説ありますが、花の色が肉の色に似ていることから、ラテン語で肉を意味する「Carn」にちなんでつけられました。

英名の由来

スプレーカーネーション英名は「Spray Carnation」です。

「Spray」には「先が分かれた小枝」という意味があり、茎が枝分かれして複数の花を咲かせるスプレーカーネーションの姿を表してつけられました。

「Carnation」の由来は次のようにいくつかの説があり、いずれもラテン語が由来とされています。

由来となった単語由来
「Carn(肉)」肉の色に似た赤い花を咲かせることから
「Coronation(戴冠式)」花びらが冠のように見えることから
「Coronation Flower(冠飾り)」古代ギリシャ人が神々にカーネーションの花冠を贈ったことから

和名の由来

スプレーカーネーション和名は「阿蘭陀石竹(オランダセキチク)」や「阿蘭陀撫子(オランダナデシコ)」です。

江戸時代にオランダから日本に入ってきた歴史があることから、和名には「阿蘭陀(オランダ)」が含まれています。

「阿蘭陀石竹」は、葉の形が竹に似ていることが由来です。

「阿蘭陀撫子」は、スプレーカーネーションがナデシコ科・ナデシコ属であることに由来しています。

正式な学名

スプレーカーネーション正式な学名は「Dianthus Caryophyllus ‘Spray Type’」です。

「Dianthus(ダイアンサス)」は、神話に出てくるジュピターを意味する「Dios」と花を意味する「Anthos」が語源とされています。

「Caryophyllus(カリオフィラス)」はスパイスのクローブを指し、クローブに似た香りの花を咲かせることからつけられました。

スプレーカーネーションってどんな花?

原産国南ヨーロッパ、西アジア
科・属ナデシコ科・ナデシコ属
タイプ多年草
花のサイズ3~8cm
香りクローブ(スパイス)の香り
草丈70~100cm
開花時期4~6月、9~10月
旬の季節通年
花持ち日数1~2週間
出回り時期12~翌5月

スプレーカーネーションは、1つの茎に対して小ぶりな花をいくつも咲かせる多年草の園芸品種です。

クローブのように甘くスパイシーな香りを持つことから、西洋では古くから料理や香水の原料に用いられてきました。

最も旬な時期は4月から5月ですが、基本的に一年を通じて流通しています。

なお、花持ち日数は夏で10日前後、冬で2週間前後です。

スプレーカーネーションの風水

スプレーカーネーションには、恋愛運や金運をアップさせる風水効果があります。

玄関に飾ることで良い運気をもたらしてくれるでしょう。

恋愛運を期待したい場合は赤やピンクを、金運を上げたい場合は黄色のスプレーカーネーションを飾るのがおすすめです。

スプレーカーネーションの飾り方

スプレーカーネーションを花瓶に生けて飾る場合は、風通しが良く直射日光が当たらない場所に置きましょう。

茎の先を斜めに切ることで、水を吸う面積が大きくなり花持ちが良くなります。

また、鉢花として飾る場合は、明るく風通しの良い場所を選びましょう。

つぼみの状態のスプレーカーネーションは、日当たりが良くないと枯れてしまうので注意してください。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES