花と植物を贈る

お祝いでスタンド花を贈るタイミングはいつ?注文する時の注意点とは

とても豪華で美しい見た目のスタンド花は、大きなお祝い事にぴったりの贈り物です。特にお店の開店祝いや周年祝いなどにスタンド花が選ばれることは多く、店先に飾ってもらえれば、開店して花々しいスタートを切った店舗のムードをより盛り上げることができます。また、ライブ(コンサート)会場に贈るプレゼントとしても、スタンド花はよく見受けられますよね。

特別感たっぷりの贈り物ですから、贈る際には決して失礼のないように努めたいところです。特にスタンド花は大型である分、飾る側にも少し負担をかけてしまうところがあるため、贈るタイミングには注意しましょう。

そこで今回は、お祝いにスタンド花を贈るのはいつが良いのかタイミングを解説しつつ、贈るとき・注文するときの注意点・マナーをあわせてご紹介していきます。

お祝いにぴったりのスタンド花の魅力

まずは、開店祝いや周年祝い、ライブや公演の開催記念のお祝いなどに選ばれやすいスタンド花の魅力から考えてみましょう。

大型のフラワーギフトだからこそ見栄えが良い

スタンド花は、フラワーギフトの中でも非常に目を引く大型の贈り物です。花束(ブーケ)や花鉢よりも大きさがあり、とにかく存在感たっぷりです。大胆に多くの花が飾り付けられているため、見栄えも良いため、わかりやすくお祝いの気持ちをお相手に伝えることができるのも魅力の一つです。その美しい見た目には、特に女性は非常に喜ぶものです。

店舗やイベント会場に華やかさをプラスしてくれる

スタンド花は開店祝いやイベントの開催記念のお祝いとして選ばれることが多いです。そして贈られたスタンド花は直接店舗内やイベント会場内に飾られることがほとんどで、その豪華な見た目で店内・会場内に華やかさをプラスしてくれます。贈られた本人だけでなくゲストも喜ぶものになるため、一緒にお祝いを盛り上げることができると思えるだけでも、嬉しい人は多いのではないでしょうか。

豪華で存在感たっぷりのギフトで自社アピールができる

スタンド花は非常に存在感が強く、目立つのが特徴的です。そのためスタンド花に立て札を添えておけば、どこからの贈り物なのかがわかって自社のアピールにもつながります。「さすが〇〇会社。贈り物も豪華だなぁ」とお相手やゲストに思ってもらえれば、やはり社として誇らしいものです。

ゲストや参加者が花を持って帰ることができる場合も

実はスタンド花に使われている花材は、場合によってはゲストや店舗・会場のスタッフに持ち帰ってもらうことも可能です。スタンド花を受け取った場合、人によってはスタッフや訪れてきたゲストに花を配ることもあると言います。特に1日限りのイベントの場合は、1日の間しか会場に飾っておけませんし、わけて持ち帰ってもらうのも、贈った側としては嬉しいものでしょう。もらった側はそんな楽しみ方ができるのも、スタンド花の魅力になります。

おまかせスタンド花 1段 #336
おまかせスタンド花 1段 #336

♦デザイン・花材はフローリストにお任せのたった一つのスタンド花♦お色の指定ができないスタンド花になります。

リーズナブルな価格の1段スタンド花の商品ページです。花材・デザインはフローリストにお任せ。アットホームなお祝いや演奏会・発表会に大変人気のあるスタンド花です。

詳しく見る

スタンド花をお祝いで贈るときはタイミングに注意する

スタンド花はお祝いシーンにぴったりの特別なギフトですが、大型の生花の贈り物になる分、贈るときのタイミングには注意する必要があります。いつ贈れば良いのかタイミングに迷ったときは、以下のポイントを心得ておきましょう。

スタンド花は長持ちしない

スタンド花は切り花を使ったフラワーアレンジメントになるため、寿命はあまり長くありません。長持ちしたとしても、1週間ほどで枯れてしまうことが多いです。使う花材によってはそれよりも早くしおれてしまう場合もありますし、飾った場所の環境によっては、もっと早くだめになる可能性もあります。

そのため早い段階で贈ってしまうと、開店日当日になる頃にはすっかり花が傷んでしまっているかもしれません。先方の都合なども配慮しつつ、早めに贈りすぎないことは注意していきましょう。

開店祝い・周年祝いでスタンド花を贈るとき

店舗の開店祝いや周年祝いなどでスタンド花を贈るときは、なるべく前日~当日午前中あたりをめどに手配すると良いでしょう。ただ、開店祝いの場合店内にスタンド花を飾ることもありますが、場所を取りやすいため店外に飾るケースは多いです。そうなると、前日のうちから店外に花を出しっぱなしにしておくのはお店的には都合が悪いかもしれません。この場合は当日手配の方が望ましいでしょう。

いずれにしても、あらかじめお祝いにスタンド花を贈ることは伝えたうえで、いつ贈れば良いのかは確認しておく必要があります。当日の場合は開店準備で忙しいときになるでしょうから、具体的に何時頃が良いのかも聞いておきましょう。

イベントやライブの開催記念のお祝いでスタンド花を贈るとき

イベントやライブのお祝いにスタンド花を贈るときも、基本的には先方に贈って良い時間帯を聞いておくことが大切です。イベントの場合、前日は会場に入れないことも多いため、基本的には当日のタイミングで搬入することになるでしょう。

イベント当日は、準備等で非常にバタバタしています。搬入の時間帯は厳守することが求められるため、開催日時と搬入して大丈夫な時間帯を先方に確認しておくことが大切です。

注文のタイミングはいつがベスト?

スタンド花はすぐに手配できるものではなく、作成にもある程度時間がかかります。花材に指定があった場合は、仕入れにも時間はかかるでしょうし、2~3日で済む話ではないでしょう。そのため注文はなるべく早めに済ませておくのがベストです。タイミングとしては、遅くとも1週間前にはフラワーショップに注文しておくのが望ましいです。

スタンド花 1段 イエロ ー系 #345
スタンド花 1段 イエロ ー系 #345

♦あたたかみのある色合いの季節のスタンド花♦使用する花材はフローリストお任せとなります

スタンド花 1段 イエロ ー ID:345をお祝いやプレゼント用に無料の立札つけて送料無料でお届けします。様々な用途に合う豪華でデザイン性の高いスタンド花を取り揃えています。開店祝いや周年祝い、発表会のお祝いなどにお贈りしてみてはいかがでしょうか?

詳しく見る

その他スタンド花を贈るときに気をつけたい注意点・マナー

お祝いにスタンド花を贈る際は、タイミング以外にも注意しておきたいポイントやマナーがあります。その他の注意点を整理しておきましょう。

サイズに気をつける

必ず注意しておきたいのは、スタンド花のサイズです。豪華なスタンド花を贈れば喜ばれますし、贈り主のアピールにも確かにつながります。ですが大きいスタンド花は非常に場所を取りますし、高さがあれば搬入がうまくいかないことも出てきます。せっかく贈ったのに、当日搬入できないとわかったのでは、先方にも気を遣わせてしまいますよね。

そのためスタンド花を贈る際は、必ずサイズを事前に確認しておきましょう。また、あらかじめ「〇cmくらいのスタンド花になるかと思いますが、場所的に問題ないでしょうか?」と先方に確認を取っておくとより丁寧です。

個人からのスタンド花の贈り物は持ち込めない場合も

最近はライブ会場にファン個人がアーティストにスタンド花を贈ることもあり、場合によっては会場に飾ってもらえることもあります。ですが、個人からのスタンド花の贈り物は受け付けてもらえないことも多々あるため、個人で贈る際には事前に確認を取りましょう

受け取ってはもらえるものの、会場に飾ってもらうことはできないかもしれません。もしくは受け取ってもらうこと自体も不可となっているかもしれません。勝手に贈って迷惑をかけないよう、気をつけてくださいね。

まとめ

スタンド花は特別なお祝いやイベントにぴったりのギフトです。大事なイベントやアニバーサリーの際にはきっと喜ばれることでしょう。ただ、スタンド花は場所を取る大型のギフトのため、贈る際にはタイミングやサイズなどに注意する必要があります。スタンド花を贈るときは、マナーを守ってせっかくのお祝いを台無しにしないように気をつけましょう。

HanaPrimeでは、豪華で存在感たっぷりのスタンド花を数多く取り揃えています。花の種類や色などによってお選びいただけるため、初めてスタンド花を贈る方も利用しやすいのがポイントです。ぜひ華やかなスタンド花で、大切な方へお祝いの気持ちを届けましょう。

HanaPrime公式サイト】【HanaPrime公式Instagram

スタンド花 2段 ピンク系 #481
スタンド花 2段 ピンク系 #481

♦可愛らしく華やかに仕上げた人気のスタンド花 ♦デザイン・花材はフローリストお任せとなります。

スタンド花 2段 ピンク ID:481をお祝いやプレゼント用に無料の立札をつけて送料無料でお届けします。様々な用途に合う豪華でデザイン性の高いスタンド花を取り揃えています。開店祝いや周年祝い、発表会のお祝いなどにお贈りしてみてはいかがでしょうか?

詳しく見る

-花と植物を贈る
-,

© 2023 HanaPrimeマガジン