花と植物を贈る

葬儀・お供え用のスタンド花をおくる際の注意点!おすすめ生花店も紹介

葬儀会場内や祭壇に飾られている花は、「供花(きょうか/くげ)」と呼ばれる、故人へのお供え用の花であり、故人への弔意を込めておくる、いわば最後のギフトです。故人の親族や親しかった友人などが、供花としてスタンド花をおくるのが一般的です。スタンド花は自立するので床にそのまま設置できるメリットがあり、遺族にも喜ばれます。訃報を受け、もし葬儀に参列できない場合は、供花をおくってお悔やみの気持ちを伝えましょう。そこで、葬儀でスタンド花をおくるときの注意点と、供花の手配におすすめのフラワーショップを紹介します。

葬儀でスタンド花をおくるときの注意点とは?まずは遺族への意向確認から

【注意点1】遺族から了承を得るとともに、葬儀場にも確認する

葬儀でスタンド花をおくるときは、まず、遺族側に意向を確認し、了承を得た上で手配するのがマナーです。

故人の遺言、葬儀スタイル、会場都合などにより、供花を受け付けない場合があるため、手配の前に必ず確認しましょう

遺族に直接確認するのが難しい場合は、担当の葬儀会社にたずねるのがおすすめです。

遺族から了承が得られたら、葬儀場にスタンド花の手配方法について確認します。

葬儀場によっては、指定業者に依頼した供花しか受け付けてもらえない場合があるため、必ず確認が必要です

家族葬が執り行わる場合、遺族が香典、供物、供花などを辞退するケースが増えています。

その場合、遺族に確認した上で、葬儀後に故人宅の祭壇用に供花をおくるのもおすすめです。

【注意点2】スタンド花を手配するタイミングは早すぎても遅すぎてもNG

スタンド花は、通夜がはじまる前までに設置が完了するのがのぞましいため、ギリギリのタイミングで届かないように配慮して手配しましょう

ただし、あまりに早すぎると、事前に準備していたという印象を与え、遺族に不快な思いをさせる場合があるため注意が必要です

また、スタンド花を手配するのは訃報を受けた後でも問題ありませんが、到着が遅くなるのも好ましくないため、花屋やネットショップなどに注文する場合は、通夜前の設置に間に合うかを必ず確認しましょう。

うまくタイミングが合わず、葬儀までに間に合わないときは、葬儀後におくるのも1つの方法です。

一般的に、葬儀の後、遺族の自宅では遺骨安置のために後飾りの祭壇を設置するので、その祭壇に供える花をおくりましょう。

後飾り用には、スタンド花ではなく、花持ちがよい卓上タイプの供花が適しています

なお、後飾り用の供花も、葬儀でおくるスタンド花と同様に、遺族の意向を確認した上でおくるのが理想です。

【注意点3】葬儀の形式に適した種類の花を選ぶ

スタンド花を含む供花は、葬儀のスタイルにより、それぞれふさわしい種類が異なります。

葬儀の形式は、主に「仏式」「神式」「キリスト教式」の3つがあり、使用する花の種類はそれぞれ以下の通りです。

・仏式:白色をメインとした菊、百合、胡蝶蘭、カーネーション、デンファレなど
・神式:白い菊、または仏式と同様
・キリスト教式:カーネーション、百合、スプレー菊などの洋花を使った生花のフラワーアレンジメント(籠盛り)

仏式、神式の葬儀で使われる花の種類はほぼ同じであり、白色をメインに使用するほか、薄いピンク色や紫色の花や、プリザーブドフラワーが採用されるケースもあります。

故人が好きだった花を加えても喜ばれるでしょう。

また、仏式や神式で生花をおくるときは、一般的に白黒または黒の水引、リボンなどをかけます。

一方、キリスト教式は、生の洋花を使い、籠盛りにする以外に、特に厳しい決まりはありません。

花のカラーは白以外でも問題なく、色花も使われます。

なお、キリスト教式では、葬儀場ではなく、自宅に供花をおくるのが一般的です。

スタンド花は、葬儀の形式にふさわしいものを選ぶことに加え、ほかの供花と統一感があることも大切です

目立ちすぎて周囲から浮かないように、使う花の種類や色合いに注意しましょう。

心配な場合は、葬儀会社へ手配を依頼すると無難です。

【注意点4】立札(名札)をつけ、連名でおくるは「○○○一同」と記載する

スタンド花には、「」「御供」などの文言とともに、依頼者の名前を記載した「立札(名札)」をつけるのが一般的です。

個人でおくる場合は個人名、法人は会社の正式名称を記載します。

3名以上の連名や、会社の部署単位などでおくるときは、個々の名前を書くのではなく、「○○○一同」と記載するのがマナーです。

【注意点5】一般的な相場に適した価格のスタンド花を選ぶ

葬儀で使われるスタンド花の価格は、1基あたり、15,000~20,000円ほどが相場です。

高額であればよいわけではなく、かえって遺族に気を使わせないように、一般的な相場の価格帯で選ぶのがおすすめです。

また、手配するのは1基でも問題ありませんが、一対(ペア)でおくる場合は2基分の代金が必要になる点にも注意しましょう。

なお、一対の場合は、2基で20,000円までにおさめるようにします。

供花は香典や供物と同等の扱いであり、どれか1つでよいとの考え方があるものの、親族や親しい友人などであれば、複数をおくる方が多く見られます

葬儀・お供え用のスタンド花を販売しているフラワーショップを地域別に紹介

【北海道】札幌市の葬儀花専門店「Funeral Flower Service(フューネラルフラワーサービス)」

「Funeral Flower Service(フューネラルフラワーサービス)」は、スタンド生花やアレンジメントなど、葬儀向けの花を取り扱っている専門店です。

午前中までに注文すると、当日配達が可能なため、急ぎの場合に便利です。

ご注文後、2日目以降の配送日指定もできます。

北海道内は送料無料で配送してもらえるほか、一部の地域を除く全国配送(送料別途)も可能です。

【基本情報】
・公式サイト:https://flower-net.com/
・所在地:〒006-0035札幌市手稲区稲穂5条3丁目7-13
・当日配達:あり(AM11:59までの注文で当日配達)
・配送地域:全国(沖縄県と一部の離島を除く)
・送料:北海道内…無料、その他…一律1,320円(税込)

【東北】福島県福島市「花の店 はなせん」

福島県福島市にある「花の店 はなせん」では、葬儀向けのスタンド花のほか、アレンジメントや花束なども取り扱っています。

全国配送も受け付けていますが、商品により、配送が福島市内に限定されてるものもあります。

【基本情報】
・公式サイト:http://www.hanasen-net.com/
・所在地:〒960-8031福島県福島市栄町12-21
・当日配達:-
・配送地域:全国(沖縄県と一部の離島を除く)
・送料:福島市内…3,000円以上購入で無料、その他…地域により異なる

【関東】群馬県前橋市「花助(Hanasuke)」

群馬県前橋市にある「花助(Hanasuke)」は、取り扱っているスタンド花の種類が豊富です。

商品により、全国の提携店から届くもの、即日配送に対応しているものなどがあります。

17時までに注文すると即日配送になり、翌日の午前中に間に合わせたいときに便利です。

【基本情報】
・公式サイト:https://www.hanasuke.jp/
・所在地:〒371-0022群馬県前橋市千代田町3-7-10
・当日配達:-
・配送地域:全国(北海道・沖縄県を除く)
・送料:原則送料無料(一部商品や特別配達の場合は送料)

【関西】京都府京都市「フローリスト 花えん(Kaen)」

京都府京都市の「フローリスト 花えん(Kaen)」では、葬儀向けのスタンド花のほか、各種法要のお供え用にぴったりなアレンジメントや花束なども取り扱っています。

定番デザインから選べるほか、希望の色味やイメージなどに対応してもらえるのも魅力です。

【基本情報】
・公式サイト:https://www.kaensh.com/
・所在地:〒612-0875京都府京都市伏見区深草枯木町43-23
・当日配達:-
・配送地域:全国(北海道、東北、沖縄、離島は生花の配送不可)
・送料:地域、商品の購入価格により異なる

【九州】福岡県福岡市「フローリストらんらん」

福岡県福岡市にある「フローリストらんらん」は、スタンド花を含むすべての商品を全国無料で配送しています。

13時までの注文で当日配送が可能なため、突然の訃報を受けても安心です。

また、17時までに注文すれば、翌日午前中の配送指定が可能です。

【基本情報】
・公式サイト:https://flower-net.com/
・所在地:〒812-0026福岡県福岡市博多区上川端町9-174
・当日配達:あり(13:00までの注文で当日配達)
・配送地域:全国
・送料:全国送料無料(一部地域は別途)

まとめ

葬儀で供花をおくるときは、スタンド花が喜ばれます。ただし、故人の意思や遺族側の意向で受け取りを辞退している場合があるため、手配の前に確認が必要です。特に、葬儀が家族葬のスタイルであるときは注意しましょう。スタンド花は、葬儀場によっては、近くのフラワーショップやネット通販などで注文した商品をおくることも可能です。お供え用のおしゃれなアレンジメントや花束などをお求めの際は、花と植物のギフト通販サイト「HanaPrime(ハナプライム)」をぜひご利用ください。

購入はこちら▶▶▶【HanaPrime公式サイト

ギャラリー▶▶▶【HanaPrime公式Instagram

お花のサブスク▶▶▶【HanaPrimeお花の定期便

-花と植物を贈る
-, ,

© 2022 HanaPrimeマガジン