コットンツリーの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

コットンツリーの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

コットンツリーの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 繊細
  • 偉大さ
  • 私を包んで
  • 崇高
  • 優秀
  • 有用

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

コットンツリーの花言葉は「優秀」「私を包んで」「偉大さ」「有用」「崇高」「繊細」

コットンツリーはコットンフラワーとも呼ばれ、「優秀」「私を包んで」「偉大さ」「有用」「崇高」「繊細」という花言葉があります。

「私を包んで」「繊細」は、コットンツリーのふわふわした白い綿(ワタ)の可愛らしい雰囲気を表します。クリスマスのオーナメントや結婚式のドライフラワーブーケとして人気です。隣の国、韓国では、ドラマで使用されて以来、大切な人へ贈る花束の定番だそうです。

国連は、2021年から毎年10月7日を※World Cotton Day(世界コットンデー)に承認しました。

コットンツリーの多くの利点は、世界で認められています。それは「優秀」「偉大さ」「有用」「崇高」といった花言葉の通りとも言えます。

※出典:”World Cotton Day 7October”国連.(アクセス日2023.9.18)

花束の通販

コットンツリーの花言葉は色によって違うの?

コットンツリーは、色による花言葉の違いがありません。

コットンツリーの花は、色が変化する特徴を持ちます。よって、色による花言葉は意味を成さなくなってしまうからです。

コットンツリーの怖い花言葉

コットンツリーには、怖い花言葉は全くありません。安心して贈り物にできますね。

コットンツリーの花言葉の由来

「優秀」「偉大さ」「有用」などの花言葉は、コットンツリーには多様な用途があり、人びとの生活に役立つことが由来です。具体的には、綿(ワタ)は糸や織物に、種子は食用油や石鹸などに、搾油後の粕は精製し肥料や飼料にと、利用できます。

「私を包んで」「繊細」という花言葉の由来は、開花後に顔を出すコットンボールの部分が、繊細な繊維で出来ていて、種をすっぽり包んでいるからです。

コットンツリーは、開花時も、綿(ワタ)を付けてからも、どちらも美しいため、「崇高」などといった花言葉は、その姿を表現しているようです。

コットンツリーの花言葉に似ている花は?

「優秀」という花言葉に似ている花

  • 「聡明」ムラサキハナナ
  • 「美点の持ち主」ハクサンチドリ
  • 「叡智」エンレイソウ(延齢草)

「私を包んで」という花言葉に似ている花

  • 「抱擁」クマザサ
  • 「守護」トリテレイア(ブローディア)
  • 「私を愛して」チグリジア

「偉大さ」という花言葉に似ている花

「崇高」という花言葉に似ている花

コットンツリーの花言葉と真逆の意味の花

オダマキには、「優秀」の逆の「愚か」という花言葉があります。

アザミは、「私を包んで」とは逆に「触れないで」「独立」という花言葉を持っています。

【英語版】コットンツリーの花言葉

英語版のコットンツリーの花言葉は「富と幸福の約束」です。

コットンツリーの栽培から、もたらされる綿(ワタ)、種、粕は、衣や食の様々なものに活用できるので、富と幸福の糧となります。

コットンツリーは、昔から、英語圏であるアメリカをはじめ世界中の人びとの暮らしを、支えてきたことが由来となっています。

その他にも、コットンツリー栽培から得られる恵みを表した「母の愛」という花言葉もあるようです。

花束の通販

コットンツリーは誕生花の花なの?

コットンツリーは8月30日」「10月18日」「10月21日」「12月12日誕生花です。

コットンツリーの名前の由来

コットンツリーは、花が咲いた後に実がはじけて、コットンが顔を出します。

その頃は、緑色の茎は、すっかり茶色の枝と化しています。

その姿がツリー(木)に見えることが、名前の由来です。

また、コットンツリーは、「コットンフラワー」または「綿花」とも呼ばれています。

それは、コットンが花に見えることが由来です。

英名の由来

英名は、「Cotton tree(コットンツリー)」「Cotton flower(コットンフラワー)」、または「Cotton(コットン)」です。

名前の由来は、上記で説明した日本語カタカナ表記と、同じ意味になります。

和名の由来

コットンツリーの和名は「綿(ワタ)」「木綿(モメン)」です。

綿(ワタ)の由来

昔の日本で「綿(ワタ)」を作る方法は、蚕(カイコ)から作る真綿(マワタ)のみでした。そこで、綿は蚕から糸をつなげて絹を作るという意味が由来です。

木綿(モメン)の由来

コットンツリーは、奈良時代に渡来した後、戦国時代以降に栽培が普及し始め、「綿(ワタ)」と呼ばれるものが2種類になりました。蚕(カイコ)の繭(マユ)から出来る棉と、コットンツリーからなる棉です。

よって、コットンツリーからなる「綿(ワタ)」は、植物のため、木という文字を使い、「木綿(モメン=コットン)」になります。今は木綿をモメンと読みますが、当初はモクメンと言われていたそうです。

一方で、蚕(カイコ)の繭(マユ)は、通常、絹(キヌ=シルク)となる生糸を作り出します。しかし、絹糸作りに不向きだと判断された繭からは、「綿(ワタ)」が作られるのです。そのようにして、繭から出来た「綿(ワタ)」は、「木綿(モメン)」と区別し、真綿(マワタ)と呼ばれています。

正式な学名

コットンツリーの正式な学名は、品種によって複数ありますが、「Gossypium arboreum」が最もよく知られています。

「Gossypium」とは、「Gossypium(腫れもの)」というラテン語が語源です。コットンツリーの実の膨らみを、腫れていると表現しています。「Arboreum」は、ラテン語で木のように見えるという意味です。

コットンツリーってどんな花?

原産国アジア、中南米、アフリカ
科・属アオイ科・ワタ属
タイプ日本の気候では1年草(本来は多年草)
花のサイズ直径5cm程度
香りホワイトムスクやリネンのような優しい香り
草丈60~150cm
開花時期7月~9月
旬の季節10月~12月頃
花持ち日数花の場合1日~2日
出回り時期10月~12月

コットンツリーの花の見た目は、同じアオイ科のオクラ、ハイビスカス、ムクゲフヨウによく似ています。

花色は、淡黄(クリーム色)、白、紫色などの品種があります。コットンツリーの花には、紫外線や温度でアントシアニンが出る特徴があるため、1日の中で、ピンク、濃いピンク、紅色などへと変色しながら開花を終えます。

花が咲き終えて約1カ月後、どんどん大きくなった実がはじけて、コットンボールが顔を出します。

その棉(ワタ)の部分は、種を包むように出来る種子毛です。

白色のコットンボールが有名ですが、稀に、赤、茶、緑色などの品種もあります。

コットンツリーの風水

風水では、コットンツリーをはじめドライフラワーは陰の要素があるとされるため、風通しの良い所に飾るとよいでしょう。

風通しの良い所は、陰の気が溜まりにくいためです。

具体的には、気のパワーがたくさん必要な玄関、トイレ、寝室に飾ることは、あまりおすすめできません。

リビングなど、風の流れが良い部屋に飾ることがベストです。

コットンツリーの飾り方

コットンツリーは、ドライフラワーとして水が無くても飾れるので、インテリアに最適です。単独で花瓶に挿したり、生け花や切り花に添えたり、さまざまなアレンジに合います。

花束はもちろん、他のドライフラワーと組み合わせて、クリスマスツリーやリースとして飾るのにもピッタリです。

寒い季節に、ふんわり温かい雰囲気を演出できます。

ふわふわのコットンボールの部分だけを、バスケットに無造作に入れただけでも、かわいいオブジェの完成です。

好きな香りのアロマオイルを数滴垂らして楽しむこともできます。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES