サフランの花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

サフランの花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

サフランの花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 歓喜
  • 喜び
  • 節度の美
  • 陽気

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

サフランの花言葉は「喜び」「陽気」「歓喜」「節度の美」

サフランの花言葉「喜び」「陽気」「歓喜」「節度の美」です。

古代・中世ヨーロッパ時代、サフランの花の成分には酒のように人を酔わせて「陽気」になり「歓喜」の舞を踊るほどの効果から愛用されていたようです。

しかし、過度にサフランを使用すると脳や神経に害を及ぼすという教訓を込めて「節度の美」と言われています。

良い香りと紫色の美しい花びらが、人々を喜ばせることから「喜び」と付けられたように、お相手の方を喜ばせるプレゼントとしておすすめです。

花束の通販

サフランの花言葉は色によって違うの?

サフランの花は一色のみで、鮮やかな美しい紫色をしています。

花の中央から、赤く細長い雌しべが3本伸びているのが最大の特徴です。

乾燥させた赤い雌しべをスパイスや染料として、広く使用されています。

サフランはクロッカス属の一種で秋に咲きます。

同属のクロッカスは早春に咲き、黄色・白・紅色等がありますが、サフランとは別種類に分けられます。

サフランの怖い花言葉

古代ギリシアの人々はサフランを鎮痛を抑える薬として使用し、悪酔いを防ぎ爽快な気分にさせる効果があると言われ珍重されました。

その一方で、効き目が強すぎると脳神経や体に悪影響を及ぼす恐れがあることから「過度をつつしめ」や「濫用するな」という花言葉があります。

警告の意味を込めた言葉から由来され、花言葉を添える際はポジティブなメッセージを添えるなど配慮が必要です。

サフランの花言葉の由来

サフランの歴史は紀元前3000年前からと歴史は長く、古代ヨーロッパでは乾燥させたサフランを鎮静作用のある薬、また鮮やかな色彩が生まれる染料として用いられました。

サフランの染料から出る独特の黄色は高貴を証明する色として、王族のみが使用できたのです。

日本でも明治時代以降にサフランの球根が輸入をきっかけに、一般的に栽培されはじめ広く親しまれるようになります。

このように古代から暮らしのなかに根付いた花として、「喜び」「陽気」「歓喜」「節度の美」や「濫用するな」などの花言葉が誕生しました。

サフランの花言葉に似ている花は?

「喜び」という花言葉と同じまたは似ている花

「陽気」という花言葉に似ている言葉

「歓喜」という花言葉に似ている言葉

「節度の美」という花言葉に似ている言葉

  • 「つつしみ深さ」スミレ
  • 「慎み深い」ツバキ(赤)

サフランの花言葉と真逆の意味の花

ルリタマアザミには「傷心」、ムスカリには「失意」やフサスグリには「あなたの不機嫌が私を苦しめる」など、サフランの「喜び」や「歓喜」とは真逆の意味の花言葉があります。

またサフランの花言葉「陽気」とは真逆と取れるキンセンカの「失望」、ラベンダーには怖い花言葉として「不信感」という言葉が代表的です。

「節度の美」に相反してアツバギクは「怠惰」という花言葉を持っています。

贈り物で選ぶ際には、組み合わせに気をつけたほうが良いでしょう。

【英語版】サフランの花言葉

英語でサフランの花言葉は「mirth(歓喜)」「beware of excess(過度をつつしめ)」「Do not abuse(濫用するな)」です。

日本での花言葉と同じで、古代ヨーロッパからサフランのイメージは広く伝えられてきました。

花束の通販

サフランは誕生花の花なの?

サフランは9月11日と11月4日誕生花です。

ギリシア神話の一説には、秋の季節の花との別れを惜しむ子羊たちのために素敵なベッドを与えて欲しいと、牧場の妖精が花の女神フローラにお願いすると、秋の花サフランでできたベッドを子羊たちにプレゼントしたという話があります。

秋生まれの方にこんなエピソードを添えて、贈られるのも素敵でしょう。

サフランの名前の由来

サフランの名前はアラビア語で「黄色」の意味がある「Zafran(ザファラン)」が語源と言われています。

サフランはアヤメ科クロッカス属の花で、クロッカスはギリシア語で糸を意味する「Krokos」から付けられたことから、赤い糸のように伸びた雌しべを持つ花属としてサフランの特徴と共通しているようです。

英名の由来

英語では植物のサフランは「Saffron crocus(サフランクロッカス)」と呼び、乾燥させハーブの状態を「Saffron(サフラン)」と分けています

和名の由来

サフランの和名は「番紅花」で、江戸時代に婦人病の生薬として伝わった際に名付けられました。

明治時代に球根が輸入される以前は、紫色の花を持つサフランの存在は知られていませんでした。

正式な学名

サフランの正式な学名は「Crocus sativus L」です。

西アジア原産のアヤメ科クロッカス属の多年草サフランは、スウェーデンの植物・生物学者カールフォンリンネが分類したと言われています。

サフランってどんな花?

原産国ヨーロッパ南部から西アジア
科・属アヤメ科クロッカス
タイプ多年草
花のサイズ5cm
香り華やかな香り
草丈10~15cm
開花時期10~11月
旬の季節秋~初冬
花持ち日数2週間
出回り時期10~11月

サフランは香りや色付けのスパイスとして有名ですが、紫色で香りの良い花を咲かせることで園芸としても人気があります

球根の植え付けは8~9月初めに行い、水はけのよい土を使用し日当たりの良い場所で育てましょう。

病気や害虫の心配もなく育てやすく、開花するまでは水耕栽培や飾り鉢に入れて室内で育てることもできます。

極寒の環境では育ちにくいため、初秋から温度の低い地域では花の周りに覆いを付けるか、室内などに移動させます。

それ以外の地域は、サフランには耐寒性があるので日差しに注意すれば問題がありません。

サフランの風水

サフランの花は風水上、西に向いた玄関に飾ると良いと言われています。

金運アップとお金に対する意識を強め、浪費癖をなくす効果があるようです。

実りの秋と言われるように、秋は金運上昇の願いが叶いやすいためサフランは最も適しています。

サフランイエローと呼ばれる鮮やかな黄色は宝くじ運や金運力を高めますので、花の咲かない時期でも乾燥させた雌しべを玄関に置くだけで効果を発揮するでしょう。

サフランの飾り方

サフランの球根は8月初旬からお店に出回ります。

球根は小さな玉ねぎのような可愛らしい形をして、根の部分もあまり長く広がりません。

そのため、小さい鉢に植えても花を咲かせるので、広い庭のない家庭でもベランダや玄関のポーチに棚や台を置いて育てることができます

クラシックなバスケットに球根を詰めて、オシャレなインテリアとして飾ることも可能です。

またサフランは水耕栽培ができるので、室内で花が咲くまでの成長を見守ることができます。

ガラスコップでも代用できますが、小サイズの水耕栽培用の容器を用意すると育てやすく、見た目も華やかになるのでおすすめです。

胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES