ガウラ(ハクチョウソウ)の花言葉|名前の由来

誕生花

BIRTH
FLOWER

ガウラ(ハクチョウソウ)の花言葉|名前の由来は以下の誕生花です。

花言葉

FLOWER
LANGUAGE

ガウラ(ハクチョウソウ)の花言葉|名前の由来の花言葉は以下になります。

  • 我慢できない
  • 行きずりの恋
  • 清楚
  • 負けず嫌い
  • 繊細な心を傷つけない

\おしゃれな花束がすぐ届く/

花の通販はHanaPrime

ガウラ(ハクチョウソウ)の花言葉は「清楚」「行きずりの恋」「我慢できない」「負けず嫌い」「繊細な心を傷つけない」

ガウラ(ハクチョウソウ)には、「清楚」「行きずりの恋」「我慢できない」「負けず嫌い」「繊細な心を傷つけない」などの花言葉があります。

「負けず嫌い」という意味の花言葉があるので仕事や勉強、スポーツなど、努力を惜しまず何かを頑張っている人へのプレゼントにもおすすめです。

またガウラの白く繊細な見た目から「清楚」「繊細な心を傷つけない」という花言葉があるので、若い方へのちょっとした贈り物にも向いています。

花束の通販

ガウラ(ハクチョウソウ)の花言葉は色によって違うの?

ガウラ(ハクチョウソウ)は品種により、白・ピンク・濃いピンク・赤、白地に縁がピンクのものなどがありますが、色によって花言葉に違いはありません

ガウラ(ハクチョウソウ)の怖い花言葉

ガウラ(ハクチョウソウ)は、比較的良い意味の花言葉が多く、怖い意味の花言葉はありません

しかし「行きずりの恋」という花言葉があり「長続きしない恋」「その場限りの恋」「すぐ別れる」などのイメージがあります。

そのため気になる人や恋人へのプレゼントにはおすすめできません。

ガウラ(ハクチョウソウ)の花言葉の由来

ガウラ(ハクチョウソウ)の花言葉は、その見た目からついたものが多いです。

「我慢できない」「負けず嫌い」は、ガウラ(ハクチョウソウ)が他の植物に負けず劣らず、まっすぐに伸びた花茎にたくさんの花が咲くこと由来しています。

「行きづりの恋」はガウラ(ハクチョウソウ)の花が、白い蝶が飛び回るように咲くため、花から花へ飛び移ることをイメージしてつけられました。

このことから「舞姫」という花言葉もあります。

「清楚」「繊細な心を傷つけない」は、ガウラの白く美しい、清らかなイメージからつけられました。「可憐な少女」という花言葉もあります。

ガウラ(ハクチョウソウ)の花言葉に似ている花は?

「負けず嫌い」という花言葉に似ている花

  • 「困難に負けない」ツワブキ、キンレンカ
  • 「困難に打ち勝つ」サザンカ、ヤドリギ
  • 「決して諦めない」赤のペチュニア、アキランサス

「清楚」という花言葉に似ている花

ガウラ(ハクチョウソウ)の花言葉と真逆の意味の花

「行きずりの恋」という花言葉と真逆の意味の花

「我慢できない」という花言葉と真逆の意味の花

【英語版】ガウラ(ハクチョウソウ)の花言葉

ガウラ(ハクチョウソウ)の英語版の花言葉はありません

しかしガウラ(Gaura)という名前は、ギリシャ語で「堂々とした、立派な、華麗な」という意味の「gauros」が語源となっており、他の植物に負けずたくさんの花を咲かせる姿に由来しています。

そのため日本語の花言葉にある「負けず嫌い」がふさわしいかもしれません。

花束の通販

ガウラ(ハクチョウソウ)は誕生花の花なの?

ガウラ(ハクチョウソウ)は6月9日」「10月8日」の誕生花です。

ガウラ(ハクチョウソウ)の名前の由来

ガウラという名前は、ギリシャ語で「堂々とした、立派な、華麗な」という意味がある「ガウロス」(gauros)が変化して「ガウラ」になりました。

ガウラが、蝶が舞っているような花をたくさん咲かせることを表しています。

またガウラの他の品種でも、蝶のような見た目に関する名前がついています。

  • クリムソンバタフライ→英語でバタフライは「蝶」
  • サマーパピヨン→フランス語でパピヨンは「蝶」
  • フェアリーズソング→英語でフェアリーは「妖精」

英名の由来

ガウラ(ハクチョウソウ)の英名は「White guara」「Bee blossom」です。

「White guara」は、ガウラが白い花をたくさん咲かせることからつけられました。

「Bee blossom」は「蜂の花」という意味で、ガウラの花が、蜂が飛び回っているようにも見えることからつけられました。

和名の由来

ガウラの和名は「白蝶草」(ハクチョウソウ)です。

ガウラは左右対称の4枚の白い花弁と8本の長い雄しべが特徴で、その名の通り、白い蝶のように見えることから来ています。

別名「山桃草」(ヤマモモソウ)とも呼ばれます。この和名は、ガウラの花の色がヤマモモの花の色に似ているためつけられました。

正式な学名

ガウラ(ハクチョウソウ)の正式な学名は「Gaura lindheimeri」です。

「Gaura」はギリシャ語の「堂々とした、立派な、華麗な」という意味から来ており、「 lindheimeri」はドイツの植物学者「Ferdinand Jacob Lindheimer」への献名としてその名がつきました。

ガウラ(ハクチョウソウ)ってどんな花?

原産国北アメリカ
科・属アカバナ科・ガウラ属
タイプ多年草
花のサイズ2~3㎝
草丈30~150㎝
開花時期5~10月
旬の季節春~秋
花持ち日数3日程度
出回り時期4~6月

ガウラ(ハクチョウソウ)は、アメリカのテキサス州などに自生している、白い蝶のような花びらが特徴の多年草です。

繊細で可愛らしい花を咲かせますが、寒さや暑さに比較的強く、こぼれ種でも次々と花を咲かせる強靭さを持っています

ガウラは品種改良により、さまざまな種類があります。

  • マイメロディ:大輪の白花に、葉にはクリームイエローの斑
  • コロナ:ピンクと白のグラデーションの花
  • シスキュー・ピンク:濃いピンクの花
  • サマーパピヨン:他の品種より花がたくさん咲く

ガウラ(ハクチョウソウ)の飾り方と風水

ガウラ(ハクチョウソウ)は白や赤、ピンクの花をたくさん咲かせますが、花持ちは2~3日と短命です。

しかし次々と花を咲かせるため、プランターや花壇に植えれば長い期間楽しむことができます。

またドライフラワーには向いていませんが、押し花やクリアリウムに使用するのはおすすめです。

ガウラ(ハクチョウソウ)の飾り方

ガウラはまっすぐに伸びる茎に、蝶がひらひらと舞うように花が咲くため、ガウラのみを数本花瓶に刺して飾るのがおすすめです。

開花時期が長いので、白をベースとした品種のガウラは、バラなどとも相性が良いとされています。

ガウラ(ハクチョウソウ)と風水

風水にとって、花は飾るだけで運気が上がると言われている開運アイテムです。花にある「生気」は「気」の流れを良くして「悪い気」を浄化する力があります。

ガウラ(ハクチョウソウ)が白・赤・ピンクがあり、それぞれの色ごとの風水効果は下記のとおりです。

  • 浄化作用
  • 夫婦・家族関係を良好に
  • 他の色の風水効果を高める

  • やる気アップ
  • 勝負運アップ
  • 積極的になる

ピンク

  • 全体運アップ
  • 恋愛運アップ
  • 結婚運アップ
胡蝶蘭の通販

一覧へ戻る

オススメの記事

RECOMMENDED ARTICLES